基本情報

写真a

吉岡 孝志

YOSHIOKA Takashi


職名

教授

ホームページ

http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Med_Oncology/Med_Oncology.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 放射線科学

  • ライフサイエンス / 消化器内科学

  • ライフサイエンス / 内科学一般

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学部

    1985年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  医学系研究科

    博士課程,1992年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),東北大学,1992年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本癌治療学会

  • 日本臨床腫瘍学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • すべてのがんに対する薬物療法(抗がん剤や分子標的薬)に関する研究を行っていますが、主として3つのテーマを重点的に取り組んでいます。
    (1)消化器がんを中心とした新しい薬物併用療法の研究
    一つの薬物だけでは、充分な治療効果が得られません。より有効性の高い薬物療法の開発をめざして、複数の薬物の効果的な組み合わせを研究しています。
    (2)新しい集学的治療の開発
    がん治療は手術・薬物療法・放射線療法が3つの柱となります。特に薬物療法と放射線治療を適切に組み合わせるとより治療成績が改善されます。適切な併用治療を研究しています。
    (3)薬物の新しい適応診断法・効果評価法の研究
    薬物療法では効果の高い薬剤を選ぶことが大切です。効果の高い薬の選択を行える診断法の開発を行っています。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ポジトロンCTによるがん薬物療法の効果判定,2008年04月 ~ 2011年03月

    ポジトロンCT

論文 【 表示 / 非表示

  • Doxazosin, a Classic Alpha 1-Adrenoceptor Antagonist, Overcomes Osimertinib Resistance in Cancer Cells via the Upregulation of Autophagy as Drug Repurposing,BIOMEDICINES,8(8) ,2020年08月

    Suzuki Shuhei, Yamamoto Masahiro, Sanomachi Tomomi, Togashi Keita, Sugai Asuka, Seino Shizuka, Okada Masashi, Yoshioka Takashi, Kitanaka Chifumi

    単著

  • Impact of individual background on the unmet needs of cancer survivors and caregivers - a mixed-methods analysis,BMC CANCER,20(1) 263,2020年03月

    Watanabe Kaname, Katayama Kayoko, Yoshioka Takashi, Narimatsu Hiroto

    単著

  • Patients with unresectable hormone-positive human epidermal growth factor receptor 2-negative breast cancer who were successfully treated with palbociclib: A case report(和訳中),米沢市立病院医学雑誌,39(1) 25-31,2020年03月

    Sanomachi Tomomi, Hashimoto Toshio, Haga Junichiro, Sato Yoshihiro, Kanno Hirotaka, Saito Junko, Maruta Haruka, Fujikura Kyoko, Fukui Tadahisa, Yoshioka Takashi

    単著

  • 癌性腹膜炎を主たる病変とする原発不明癌の一群の予後解析,山形医学,38(1) 12-18,2020年02月

    木村 恵理, 鈴木 修平, 佐野町 友美, 高橋 鴻志, 渡邉 要, 福井 忠久, 吉岡 孝志

    単著

  • Efficiency score from data envelopment analysis can predict the future onset of hypertension and dyslipidemia: A cohort study,SCIENTIFIC REPORTS,9(1) 16309,2019年11月

    Nakamura Sho, Narimatsu Hiroto, Nakata Yoshinori, Sakaguchi Masahiko, Konta Tsuneo, Watanabe Masafumi, Ueno Yoshiyuki, Ishizawa Kenichi, Yamashita Hidetoshi, Kayama Takamasa, Yoshioka Takashi

    単著

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 切除不能進行性胃癌症例におけるニボルマブのバイオマーカー探索を含めた観察研究,2018年07月 ~ 2022年02月,特定非営利活動法人日本がん臨床試験推進機構,一般受託研究

  • 切除不能進行性胃癌症例におけるニボルマブのバイオマーカー探索を含めた観察研究,2018年07月 ~ 2022年02月,特定非営利活動法人日本がん臨床試験推進機構,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本消化器病学会雑誌,国際会議,2020年10月,重篤なニボルマブ関連大腸炎を生じた進行胃癌症例へインフリキシマブ、顆粒球除去療法を用いて加療した1例 臓器横断的にニボルマブを施行した自験例48例の検討を踏まえて,その他

  • 日本癌治療学会学術集会抄録集,国際会議,2020年10月,当科における原発不明癌患者へのゲノム検査の後方視的検討,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2020年10月,古典的利尿剤であるスピロノラクトンはがん細胞のサバイビン発現を低下させ非DNA損傷性抗がん剤に対する感受性を高める,その他

  • 山形医学,国際会議,2020年08月,EGFRチロシンキナーゼ阻害剤を用いた膠芽腫治療モデルの検討,その他

  • 日本遺伝カウンセリング学会誌,国際会議,2020年06月,当院のがんゲノム検査における遺伝カウンセリング室との関わりの現状,その他

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本癌治療学会,評議員,2009年08月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • がん薬物療法