2024/06/04 更新

写真a

ハセ シュウ
長谷 修
HASE Shu
職名
教授
生年
1964年
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0235-28-2842
 
研究室FAX
0235-28-2842
 

研究分野

  • 環境・農学 / 植物保護科学

出身大学

  • 東北大学  農学部  農学科

    1988年03月,卒業

出身大学院

  • 東北大学  農学研究科  農学専攻

    博士課程,1994年03月,修了

取得学位

  • 博士(農学),東北大学,1994年03月

学外略歴

  • 東北大学農学部,助手,1994年06月 ~ 1999年03月

  • 東北大学大学院農学研究科,助手,1999年04月 ~ 2007年03月

  • 東北大学大学院農学研究科,助教,2007年04月 ~ 2008年02月

所属学会・委員会

  • 日本植物病理学会

  • アメリカ植物物病理学会

  • 日本植物生理学会

 

研究テーマ

  • 植物の病害抵抗性誘導機構と生物防除に関する研究

研究経歴

  • 植物ウイルスに対する宿主応答(病徴発現)におけるエチレンシグナル伝達系の解析,1994年04月 ~ 2001年03月

    植物ウイルス、病徴発現、エチレン情報伝達

  • 根圏生息性細菌Pseudomonas fluorescence が介する誘導抵抗性におけるエチレンの役割,1999年05月 ~ 2003年05月

    根圏生息性細菌、誘導抵抗性、エチレン、

  • 植物ウイルスに対する抵抗性反応の分子メカニズム解明,2001年04月 ~ 2008年03月

    植物ウイルス、抵抗性遺伝子、シグナル伝達

  • 生物防除微生物Pythium oligandrum (PO)施用トマトにおける誘導抵抗性機構の解明,2004年04月 ~ 継続中

    誘導抵抗性、シグナル伝達、生物防除

論文

  • 微酸性電解水の通風気化処理によるバラ切り花の灰色かび病の発病抑制,日本植物病理学会報,90(2) 87-93,2024年05月

    高川祐輔, 二階堂 勝, 濵谷 希人, 副島 隆志, 田中 美順, 西沢 隆, 岩岡広樹, Hidayat Alvian Nur, 長谷 修

    共著(国内のみ)

  • 微酸性電解水の通風気化処理がキュウリの成長とうどんこ病の制御に及ぼす影響,園芸学研究,22(1) 71-78,2023年03月

    西沢 隆, 二階堂 勝, 濵谷 希人, 副島 隆志, 田中 美順, 長谷 修

    共著(国内のみ)

  • 葉面濡れセンサーを用いた葉いもちの発生予察,生物と気象,21 74-80,2021年10月

    菅原直人・小林隆・長谷修

    共著(国内のみ)

  • Influence of the terminal left domain on horizontal and vertical transmissions of tomato planta macho viroid and potato spindle tuber viroid through pollen,VIROLOGY,526 22-31,2019年01月

    Yanagisawa Hironobu, Sano Teruo, Hase Shu, Matsushita Yosuke

    共著(国内のみ)

  • Assessment of rice panicle blast disease using airborne hyperspectral imagery. Assessment of rice panicle blast disease using airborne hyperspectral imagery. ,The Open Agriculture Journal,10 3-10,2016年07月

    Kobayashi, T., Sasahara, M., Kanda, E., Ishiguro, K., Hase, S. and Torigoe, Y

    共著(国内のみ)

  • 山形県庄内地方におけるネズミムギいもち病の病原菌の種類,日本植物病理学会報,81(3) 188-193,2015年08月

    鈴木智貴, 脇本寛美, 大竹裕規, 長谷 修, 生井恒雄

    共著(国内のみ)

  • 東北地方南部に自生するイネ科植物から分離したいもち病菌の特徴,日本植物病理学会報,81(2) 136-140,2015年07月

    鈴木智貴, 脇本寛美, 長谷 修, 生井恒雄, 小林 隆

    共著(国内のみ)

  • 山形県庄内地方におけるメヒシバいもち病の発生生態,日本植物病理学会報,80(2) 88-97,2014年05月

    鈴木智貴, 大竹裕規, 長谷 修, 生井恒雄

    共著(国内のみ)

  • 宮城県で採集したオニウシノケグサのいもち病菌の特徴,日本植物病理学会報,79(4) 275-278,2013年11月

    鈴木智貴, 大竹裕規, 長谷 修, 生井恒雄

    共著(国内のみ)

  • 生物防除微生物 Pythium oligandrum 施用イネにおける防御関連遺伝子発現の誘導ともみ枯細菌病菌による苗腐敗症の発病抑制,日本植物病理学会報,79(1) 1-9,2013年02月

    長谷 修, 竹中重仁, 前田征之, 堀武志, 對馬誠也, 生井恒雄

    共著(国内のみ)

  • 生物防除微生物 Pythium oligandrum 施用トマトの病害抵抗性誘導におけるβ-シアノアラニンの役割,日本植物病理学会報,78(4) 309-312,2012年11月

    長谷 修, 竹中 重仁, 高橋 翔, 中保 一浩, 河村 陽子, 生井 恒雄

    共著(国内のみ)

  • Implications of oligomeric forms of POD-1 and POD-2 proteins isolated from cell walls of the biocontrol agent Pythium oligandrum in relation to their ability to induce defense reactions in tomato,JOURNAL OF PLANT PHYSIOLOGY,168(16) 1972-1979,2011年11月

    Takenaka Shigehito, Yamaguchi Keishi, Masunaka Akira, Hase Syu, Inoue Tsuyoshi, Takahashi Hideki

    共著(国内のみ)

  • キュウリホモプシス根腐病に対するクロルピクリンくん蒸剤マルチ畦内処理と抵抗性台木クロダネカボチャの併用による防除効果,日本植物病理学会報,77(4) 278-286,2011年11月

    岩舘 康哉, 勝部 和則, 長谷 修, 生井 恒雄

    共著(国内のみ)

  • Microbial community profiles in intercellular fluid of rice,JOURNAL OF GENERAL PLANT PATHOLOGY,77(2) 121-131,2011年03月

    Takahashi Hideki, Sekiguchi Hiroyuki, Ito Toyoaki, Sasahara Masashi, Hatanaka Noriko, Ohba Atsushi, Hase Shu, Ando Sugihiro, Hasegawa Hiroshi, Takenaka Shigehito

    共著(国内のみ)

  • Identification of a Protein that Interacts with LeATL6 Ubiquitin-protein Ligase E3 Upregulated in Tomato Treated with Elicitin-Like Cell Wall Proteins of Pythium oligandrum,JOURNAL OF PHYTOPATHOLOGY,158(2) 132-136,2010年02月

    Takahashi Hideki, Hase Shu, Kanayama Yoshinori, Takenaka Shigehito

    共著(国内のみ)

  • INF1 Elicitin Activates Jasmonic Acid- and Ethylene-mediated Signalling Pathways and Induces Resistance to Bacterial Wilt Disease in Tomato,JOURNAL OF PHYTOPATHOLOGY,157(5) 287-297,2009年05月

    Kawamura Yoko, Hase Shu, Takenaka Shigehito, Kanayama Yoshinori, Yoshioka Hirofumi, Kamoun Sophien, Takahashi Hideki

    共著(海外含む)

  • Enhanced Defense Responses in Arabidopsis Induced by the Cell Wall Protein Fractions from Pythium oligandrum Require SGT1, RAR1, NPR1 and JAR1,PLANT AND CELL PHYSIOLOGY,50(5) 924-934,2009年05月

    Kawamura Yoko, Takenaka Shigehito, Hase Shu, Kubota Mayumi, Ichinose Yuki, Kanayama Yoshinori, Nakaho Kazuhiro, Klessig Daniel F., Takahashi Hideki

    共著(海外含む)

  • High Level Expression of a Virus Resistance Gene, RCY1, Confers Extreme Resistance to Cucumber mosaic virus in Arabidopsis thaliana,MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS,21(11) 1398-1407,2008年11月

    Sekine Ken-Taro, Kawakami Sayaka, Hase Shu, Kubota Mayumi, Ichinose Yuki, Shah Jyoti, Kang Hong-Gu, Klessig Daniel F., Takahashi Hideki

    共著(海外含む)

  • Involvement of jasmonic acid signalling in bacterial wilt disease resistance induced by biocontrol agent Pythium oligandrum in tomato,PLANT PATHOLOGY,57(5) 870-876,2008年10月

    Hase S., Takahashi S., Takenaka S., Nakaho K., Arie T., Seo S., Ohashi Y., Takahashi H.

    共著(国内のみ)

  • マイクロトムトマトのゲノム情報を活用したPythium oligandrumによる誘導抵抗性の分子機構解明,「ゲノム情報を活用した植物感染生理学の展望」 植物感染生理談話会論文集,44 49-58,2008年08月

    長谷 修, 竹中重仁, 高橋英樹

    共著(海外含む)

  • Overexpression of the Arabidopsis thaliana EDS5 gene enhances resistance to viruses,PLANT BIOLOGY,10(4) 451-461,2008年07月

    Ishihara T., Sekine K. -T., Hase S., Kanayama Y., Seo S., Ohashi Y., Kusano T., Shibata D., Shah J., Takahashi H.

    共著(海外含む)

  • Effects of the combined application of ethephon and gibberellin on growth of rice (Oryza sativa L.) seedlings,PLANT PRODUCTION SCIENCE,10(4) 468-472,2007年10月

    Watanabe Hajime, Hase Shu, Saigusa Masahiko

    共著(国内のみ)

  • The LeATL6-associated ubiquitin/proteasome system may contribute to fungal elicitor-activated defense response via the jasmonic acid-dependent signaling pathway in tomato,MOLECULAR PLANT-MICROBE INTERACTIONS,20(1) 72-81,2007年01月

    Hondo Daisuke, Hase Shu, Kanayama Yoshinori, Yoshikawa Nobuyuki, Takenaka Shigehito, Takahashi Hideki

    共著(国内のみ)

  • Single amino acid alterations in Arabidopsis thaliana RCY1 compromise resistance to Cucumber mosaic virus, but differentially suppress hypersensitive response-like cell death,PLANT MOLECULAR BIOLOGY,62(4-5) 669-682,2006年11月

    Sekine Ken-Taro, Ishihara Takeaki, Hase Shu, Kusano Tomonobu, Shah Jyoti, Takahashi Hideki

    共著(海外含む)

  • Induction of transient ethylene and reduction in severity of tomato bacterial wilt by Pythium oligandrum,PLANT PATHOLOGY,55(4) 537-543,2006年08月

    Hase S., Shimizu A., Nakaho K., Takenaka S., Takahashi H.

    共著(国内のみ)

  • Beta-cyanoalanine synthase as a molecular marker for induced resistance by fungal glycoprotein elicitor and commercial plant activators,PHYTOPATHOLOGY,96(8) 908-916,2006年08月

    Takahashi Hideki, Ishihara Takeaki, Hase Shu, Chiba Ayaka, Nakaho Kazuhiro, Arie Tsutomu, Teraoka Tohru, Iwata Michiaki, Tugane Taneaki, Shibata Daisuke, Takenaka Shigehito

    共著(国内のみ)

  • Indução de resistência sistêmica por rizobactérias e comunicação na rota de sinalização para uma defesa refinada.,Revisão de Patologia de Plantas,13 277-319,2005年01月

    26. Pieterse, C.M.J., Van Pelt, J.A., Van Wees, Ton, J., Verhagen, B.W.M., LÈon-Kloosterziel, K., Hase, S., De Vos, M., Van Oosten, V., Pozo, M., Spoel, S., Van der Ent, S., Koornneef, A., Chalfun-Jun...

    共著(海外含む)

  • Enhanced resistance to Cucumber mosaic virus in the Arabidopsis thaliana ssi2 mutant is mediated via an SA-independent mechanism. ,Molecular plant-Microbe Interactions,17(6) 623-632,2004年06月

    Sekine K.-T., Nandi, A., Ishihara, T., Hase S., Ikegami, M., Shah, J. and Takahashi, H.

    共著(海外含む)

  • Antagonistic interactions between the SA- and JA- signaling pathways in Arabidopsis modulate expression of defense genes and gene-for-gene resistance to Cucumber mosaic virus.,Plant and Cell Physiology,45(6) 803-809,2004年06月

    Ishihara, T., Sakurai, N., Sekine, K.-T., Hase, S., Ikegami, M., Shibata, D. and Takahashi, H.

    共著(国内のみ)

  • Cloning of a cDNA encoding an ETR2-like protein (Os-ERL1) from deep water rice (Oryza sativa L.) and increase in its mRNA level by submergence, ethylene and gibberellin treatments.,Journal of Experimental Botany,55(399) 1145-1148,2004年05月

    Watanabe H., Saigusa, M., Hase S., Hayakawa, T. and Satoh, S.

    共著(国内のみ)

  • Comparative analysis of expressed sequence tags in resistant and susceptible ecotypes of Arabidopsis thaliana infected Cucumber mosaic virus. ,Plant and Cell Physiology,45(4) 470-480,2004年04月

    Ishihara, T., Sakurai, N., Sekine, K.-T., Hase, S., Ikegami, M., Shibata, D. and Takahashi, H.

    共著(国内のみ)

  • Colonization of Arabidopsis roots by Pseudomonas fluorescens primes the plant to produce higher levels of ethylene upon pathogen infection.,Physiological and Molecular Plant Pathology,62(4) 219-226,2003年04月

    Hase S., Van Pelt J. A., Van Loon L.C., and Pieterse C. M. J.

    共著(海外含む)

  • Activation of defense-related gene expression and systemic acquired resistance in Cucumber mosaic virus-infected tobacco plants expressing the mammalian 2'5'oligoadenylate system.,Archives of Virology,148(5) 1017-1026,2003年04月

    Honda, A., Takahashi, H., Toguri, T., Ogawa, T., Hase S., Ikegami1, M. and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • RCY1, an Arabidopsis thaliana RPP8/HRT family resistance gene, conferring resistance to Cucumber mosaic virus required salicylic acid, ethylene and a novel signal transduction mechanism.,Plant Journal,32(5) 655-667,2002年12月

    Takahashi, H., Miller, J., Nozaki, Y., Sukamto, Takeda, M., Shah, J., Hase S., Ikegami, M., Ehara, Y. and Dinesh-Kumar, S.P.

    共著(海外含む)

  • Ultrastructure of necrotic lesions in tobacco leaves locally infected with a variant of Cucumber mosaic virus.,Journal of Phytopathology,150(10) 553-556,2002年10月

    Ishihara, T., Takashi, H., Hase S., Sato, T., Ikegami, M., and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • The genome organization of Pea stem necrosis virus and its assignment to the genus Carmovirus.,Intervirology,45(3) 160-163,2002年10月

    Suzuki, S., Hase, S., Takahashi, H. and Ikegami, M.

    共著(国内のみ)

  • リゾバクテリアによって誘導される全身誘導抵抗性(ISR) のメカニズム. ,生物間相互認識とシグナル伝達 植物感染生理談話会論文集,37 15-24,2001年07月

    長谷 修, Pieterse C.M.J. and Van Loon L.C.

    共著(海外含む)

  • Molecular cloning and characterization of a cDNA for a novel ethylene receptor, NT-ERS1, of tobacco (Nicotiana tabacum L.).,Plant Cell Physiology,42(3) 308-313,2001年03月

    Terajima, Y., Nukui, H., Kobayashi, A., Fujimoto, S., Hase, S., Yoshioka, T., Hashiba, T. and Satoh,S.

    共著(国内のみ)

  • A variant of Cucumber mosaic virus is restricted to local lesions in inoculated tobacco leaves with a hypersensitive response.,Journal of General Plant Pathology,66(4) 335-344,2000年11月

    Takahashi, H., Sugiyama, M., Sukamto, Karasawa, A., Hase, S. and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • Isolation of molecular markers linked to the Cry locus conferring resistance to cucumber mosaic cucumovirus infection in cowpea.,Journal of General Plant Pathology,66(3) 242-250,2000年08月

    Chida, Y., Okazaki, K., Karasawa, A., Akashi, K., Nakazawa-Nasu, Y., Hase, S., Takahashi, H. and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • Characterization of symptom determinants in two mutants of cucumber mosaic virus Y strain, causing distinct mild green mosaic symptoms in tobacco. ,Physiological and Molecular Plant Pathology,56(2) 85-90,2000年02月

    Sugiyama, M., Sato, H., Karasawa, A., Hase, S., Takahashi, H. and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • A novel satellite RNA of cucumber mosaic virus induces unique line-pattern mosaic symptoms in tobacco.,Journal of Phytopathology,148(1) 47-51,2000年01月

    Sato, H., Hase, S., Sugiyama, M., Karasawa, A., Suzuki, T., Takahashi, H. and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • One amino acid change in cucumber mosaic virus RNA polymerase determines virulent/avirulent phenotypes on cowpea.,Phytopathology,89(12) 1186-1192,1999年12月

    Karasawa, A., Okada, I., Akashi, K., Chida, Y., Hase, S., Nakazawa-Nasu, Y., Ito, A. and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • Stimulated ethylene production in tobacco (Nicotiana tabacum L., cv. ky 57) leaves infected systemically with cucumber mosaic virus yellow strain.,Plant Science,131(2) 123-130,1998年02月

    Chaudhry, Z., Yoshioka, T., Satoh, S., Hase, S. and Ehara, Y.

    共著(海外含む)

  • Analysis of the pH effect on infectivity of cucumber mosaic virus.-A Possible role og Ribonuclease.,Annals of the Phytopathological Society of Japan,63(6) 445-449,1997年12月

    Ohno,H., Hase,S. and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • Cry, the resistance locus of cowpea to cucumber mosaic virus strain Y.,Phytopathology,86(9) 946-951,1996年09月

    Nasu, Y., Karasawa, A., Hase, S. and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • Nucleotide sequence of RNA2 of cucumber mosaic virus strain O.,Annals of the Phytopathological Society of Japan,58(5) 789-793,1992年12月

    Hase,S., Karasawa, A., Takahashi, H. and Ehara, Y.

    共著(国内のみ)

  • Light action in the germination of cocklebur seeds. 5. Effects of ethylene, carbon-dioxide and oxygen on germination in relation to light.,Journal of Experimental Botany,38(189) 702-710,1987年04月

    Esashi, Y., Hase, S. and Kojima, K.

    共著(国内のみ)

  • Differential responsiveness in zonal growth of cocklebur seeds axes to CO2, C2H2, O2 and respiration inhibitors.,Plant and Cell Physiology,28(1) 163-169,1987年01月

    Esashi, Y., Hase, S., Kojima, K. and Fuwa, N.

    共著(国内のみ)

  • Light actions in the germination of cocklebur seeds. 4. Disappearance of red light- requirement for the germination of upper seeds subject to anoxia, chilling, cyanide or azide pretreatment.,Journal of Experimental Botany,37(184) 1652-1662,1986年11月

    Esashi, Y., Fuwa, N., Kojima, K. and Hase, S.

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

工業所有権

  • 特許,切り花の殺菌処理方法及び殺菌ユニット,森田 修介,千草 尚,長谷 修,西澤 隆,谷中 沙妃

    出願番号( 特願2018-043496 ) 登録番号( 7242189 ) ,日本国

  • 特許,切り花の殺菌処理方法及び殺菌ユニット,森田 修介,千草 尚,長谷 修,西澤 隆,谷中 沙妃

    出願番号( 特願2022-128139 ) 公開番号( 2022-145911 ) ,株式会社東芝,長谷 修,西澤 隆,日本国

  • 特許,切り花の殺菌処理方法及び殺菌ユニット,森田 修介,千草 尚,長谷 修,西澤 隆,谷中 沙妃

    出願番号( 特願2021-100420 ) 公開番号( 2021-138768 ) ,株式会社東芝,長谷 修,西澤 隆,日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,病害誘導抵抗性を活性化する根圏生息性卵菌の評価と生物防除への応用

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 日本植物病理学会 ,評議員,2023年04月 ~ 継続中

  • 日本植物病理学会 学会誌編集委員会,副編集委員長,2022年01月 ~ 2023年12月

  • 令和6年度日本植物病理学会大会 ,プログラム委員長,2024年09月 ~ 2025年03月

社会貢献活動

  • 最上夜学,2016年01月

    山鹿t大学国際事業家研究センター最上サテライトと山形県最上総合支庁との連携の一環で企画された最上夜学において「植物の誘導抵抗性と生物防除に関する研究」のタイトルで話題提供した。

  • 山形大学農学部夏期セミナー,2009年08月

    高校生を対象とした夏期セミナーにおいて生物生産学コースの担当講師を務めた。セミナーの題目は「植物の伝染病を診断する。-植物病原微生物の観察-」とし、野外に発生している植物病害の罹病植物を採取して、その病原体を顕微鏡などをもちいて観察する実験実習形式で行った。

  • 模擬講義(大学コンソーシアムやまがた主催),2008年10月

    山形県内大学などへの進学率アップを目指すために、大学コンソーシアムやまがたでは高校へ出向き高校生に対しての大学等合同説明会を開催している。その一旦として、新庄南高等学校から山形大学を含む県内の大学などに合同説明会の依頼があり、模擬講義の講師を務めた。講義題目は「植物の病気(植物病理学)」で1から3年生対象に50分間行った。

相談に応じられる分野