基本情報

写真a

内藤 整

NAITO Sei


職名

講師

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

  • ライフサイエンス / 泌尿器科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部

    2001年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学系研究科

    博士課程,2011年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2010年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内視鏡外科学会

  • 日本泌尿器内視鏡外科学会

  • 米国癌学会

  • 米国泌尿器科学会

  • ヨーロッパ泌尿器科学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腎癌の予後と予後因子
    腎癌の分子機構の解明
    腎癌薬物治療耐性化機構の解明

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 腎細胞癌の予後研究,2003年02月 ~ 継続中

    腎細胞癌,予後

  • 膀胱癌におけるGSK-3βの発現と機能の解析,2008年04月 ~ 2015年03月

    膀胱癌,GSK-3β

  • 腎癌おけるmTOR/4EBP1経路の研究,2014年04月 ~ 継続中

  • 腎癌におけるLDLと薬物抵抗性の解明,2016年04月 ~ 継続中

  • 腎癌におけるAnkrd1の機能解析,2016年04月 ~ 継続中

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Impact of prior intravesical bacillus Calmette-Guerin therapy on the effectiveness of pembrolizumab for patients with metastatic urothelial carcinoma.,Urologic oncology,2021年08月

    Taoka R, Kobayashi T, Hidaka Y, Abe H, Ito K, Kojima T, Kato M, Kanda S, Hatakeyama S, Matsui Y, Matsushita Y, Naito S, Shiga M, Miyake M, Muro Y, Nakanishi S, Kato Y, Shibuya T, Hayashi T, Yasumoto H...

    単著

  • Subgroup analysis of the AFTER I-O study: a retrospective study on the efficacy and safety of subsequent molecular targeted therapy after immune-oncology therapy in Japanese patients with metastatic renal cell carcinoma.,Japanese journal of clinical oncology,2021年08月

    Tomita Y, Kimura G, Fukasawa S, Numakura K, Sugiyama Y, Yamana K, Naito S, Kaneko H, Tajima Y, Oya M

    単著

  • Outcomes of axitinib versus sunitinib as first-line therapy to patients with metastatic renal cell carcinoma in the immune-oncology era,CANCER MEDICINE,10(17) 5839-5846,2021年07月

    Numakura Kazuyuki, Muto Yumin, Naito Sei, Hatakeyama Shingo, Kato Renpei, Koguchi Tomoyuki, Kojima Takahiro, Kawasaki Yoshihide, Kandori Syuya, Kawamura Sadafumi, Arai Yoichi, Ito Akihiro, Nishiyama H...

    単著

  • Impact of histological variants on outcomes in patients with urothelial carcinoma treated with pembrolizumab: a propensity score matching analysis,BJU INTERNATIONAL,2021年07月

    Kobayashi Mizuki, Narita Shintaro, Matsui Yoshiyuki, Kanda Souhei, Hidaka Yu, Abe Hiroyasu, Tsuzuki Toyonori, Ito Katsuhiro, Kojima Takahiro, Kato Minoru, Hatakeyama Shingo, Matsushita Yuto, Naito Sei...

    単著

  • Adjuvant heparinization before manipulation of artery reduces early failure in primary arteriovenous fistula for end-stage renal disease patients,CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY,2021年07月

    Nishida Hayato, Fukuhara Hiroki, Nawano Takaaki, Kanno Hidenori, Yagi Mayu, Yamagishi Atsushi, Sakurai Toshihiko, Naito Sei, Kato Tomoyuki, Kudo Kosuke, Ichikawa Kazunobu, Tsuchiya Norihiko

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 【腎癌-最新の診断と治療-】診断と治療 転移巣切除の意義,(株)日本臨床社,日本臨床,79(5) 711-718,2021年05月

    内藤 整

  • 腎移植における尿中DPP4と移植腎Banff scoreの関連性についての検討,(一社)日本移植学会,移植,54(総会臨時) 276,2019年09月

    山岸 敦史, 西田 隼人, 福原 宏樹, 伊藤 裕美, 成澤 貴史, 菅野 秀典, 八木 真由, 黒田 悠太, 櫻井 俊彦, 内藤 整, 川添 久, 山辺 拓也, 加藤 智幸, 土谷 順彦, 城 謙輔

  • Thiel法で固定した献体によるロボット支援下腎移植トレーニング,(一社)日本移植学会,移植,54(総会臨時) 234,2019年09月

    西田 隼人, 山岸 敦史, 福原 宏樹, 櫻井 俊彦, 内藤 整, 川添 久, 山辺 拓也, 加藤 智幸, 土谷 順彦

  • 腎癌におけるFGFR4の発現と治療標的としての可能性について,腎癌研究会,腎癌研究会会報,(49) 52,2019年07月

    成澤 貴史, 内藤 整, 伊藤 裕美, 櫻井 俊彦, 一柳 統, 加藤 智幸, 土谷 順彦

  • 有転移腎癌症例に対する定期的頭部CT検査の有用性の検討,腎癌研究会,腎癌研究会会報,(49) 52,2019年07月

    内藤 整, 成澤 貴史, 加藤 智幸, 土谷 順彦

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 山形大学医学部学術奨励賞銀賞,2011年,日本国,山形大学医学部,内藤整

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,分子サブタイプとメタボロミクスに基づく尿路上皮癌の診断・治療標的分子の探索

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,新規免疫療法治療効果予測因子としてのGPI-80を用いたMDSCの発現・機能解析

  • 若手研究,2018年04月 ~ 2020年03月,腎癌におけるankrd1の機能解明と薬剤耐性克服にむけた新規治療戦略の開発

    泌尿器科学関連

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2018年03月,LDLによる腎癌ソラフェニブ耐性の獲得機序の解明と新規マーカー、薬剤の開発

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 分子サブタイプとメタボロミクスに基づく尿路上皮癌の診断・治療標的分子の探索,2019年04月 ~ 2021年03月,分子サブタイプとメタボロミクスに基づく尿路上皮癌の診断・治療標的分子の探索

    日本学術振興会

  • 新規免疫療法治療効果予測因子としてのGPI-80を用いたMDSCの発現・機能解析,2019年04月 ~ 2021年03月,新規免疫療法治療効果予測因子としてのGPI-80を用いたMDSCの発現・機能解析

    日本学術振興会

  • 新規免疫療法治療効果予測因子としてのGPI-80を用いたMDSCの発現・機能解析,2019年04月 ~ 2020年03月,新規免疫療法治療効果予測因子としてのGPI-80を用いたMDSCの発現・機能解析

    日本学術振興会

  • 分子サブタイプとメタボロミクスに基づく尿路上皮癌の診断・治療標的分子の探索,2019年04月 ~ 2020年03月,分子サブタイプとメタボロミクスに基づく尿路上皮癌の診断・治療標的分子の探索

    日本学術振興会

  • 腎癌におけるankrd1の機能解明と薬剤耐性克服にむけた新規治療戦略の開発,2018年04月 ~ 2020年03月,腎癌におけるankrd1の機能解明と薬剤耐性克服にむけた新規治療戦略の開発

    泌尿器科学関連

    日本学術振興会

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 日本人転移性腎細胞癌患者を対象とした免疫チェックポイント阻害薬治療中止後の分子標的薬治療の有効性、安全性に関する後ろ向き観察研究(AFTER I-O試験),2019年05月 ~ 2020年03月,EPクルーズ株式会社,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 移植,国際会議,2019年09月,Thiel法で固定した献体によるロボット支援下腎移植トレーニング,その他

  • 移植,国際会議,2019年09月,腎移植における尿中DPP4と移植腎Banff scoreの関連性についての検討,その他

  • 腎癌研究会会報,国際会議,2019年07月,有転移腎癌症例に対する定期的頭部CT検査の有用性の検討,その他

  • 腎癌研究会会報,国際会議,2019年07月,腎癌におけるFGFR4の発現と治療標的としての可能性について,その他

  • 泌尿器外科,国際会議,2019年06月,精巣腫瘍に対する化学療法中に血栓症を発症した症例の検討,その他

全件表示 >>

 
 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科癌