基本情報

写真a

阿部 優子

ABE Yuko


研究室電話

023-628-5361

研究室FAX

023-628-5364

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 皮膚科学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2012年04月

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人の皮膚色の違いに関わる遺伝子について

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本人の皮膚色に関わる遺伝子,2008年04月 ~ 継続中

    melanogenesis genes

論文 【 表示 / 非表示

  • Identification of two novel mutations in a Japanese patient with Hermansky–Pudlak syndrome type 5,The Journal of Dermatology,2020年09月

    Toru Saito, Ken Okamura, Yoko Funasaka, Yuko Abe, Tamio Suzuki

    共著(海外含む)

  • Expression of discoidin domain receptor 1 and E‐cadherin in epidermis affects melanocyte behavior in rhododendrol‐induced leukoderma mouse model,The Journal of Dermatology,2020年08月

    Yuko Abe, Yutaka Hozumi, Ken Okamura, Tamio Suzuki

    共著(海外含む)

  • Establishment of a mouse model for post‐inflammatory hyperpigmentation,Pigment Cell & Melanoma Research,2020年07月

    Shoko Nakano, Yuko Abe, Kimiko Nakajima, Shigetoshi Sano, Osamu Yamamoto, Kazumasa Wakamatsu, Shosuke Ito, Masahiro Hayashi, Tamio Suzuki

    共著(海外含む)

  • Genome‐wide association study identifies CDH13 as a susceptibility gene for rhododendrol‐induced leukoderma,Pigment Cell & Melanoma Research,2020年06月

    Ken Okamura, Yuko Abe, Izumi Naka, Jun Ohashi, Akiko Yagami, Kayoko Matsunaga, Yui Kobayashi, Kazuyoshi Fukai, Atsushi Tanemura, Ichiro Katayama, Yukiko Masui, Akiko Ito, Toshiharu Yamashita, Hiroshi ...

    共著(海外含む)

  • NGS‐based targeted resequencing identified rare subtypes of albinism: Providing accurate molecular diagnosis for Japanese patients with albinism,Pigment Cell & Melanoma Research,32(6) 848-853,2019年06月

    Ken Okamura, Masahiro Hayashi, Yuko Abe, Michihiro Kono, Kimiko Nakajima, Yumi Aoyama, Chikako Nishigori, Hiroshi Ishimoto, Yuji Ishimatsu, Mika Nakajima, Yutaka Hozumi, Tamio Suzuki

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ロドデノール誘発性脱色素斑調査研究報告2018,(公社)日本皮膚科学会,日本皮膚科学会雑誌,128(11) 2255-2267,2018年10月

    松永 佳世子, 鈴木 加余子, 鈴木 民夫, 澄川 靖之, 吉川 桃子, 伊藤 祥輔, 片山 一朗, 矢上 晶子, 伊藤 明子, 増井 由紀子, 種村 篤, 阿部 優子, 井上 紳太郎, ロドデノール誘発性脱色素斑に関する調査研究チーム(RD-Team)

  • SOX10遺伝子における新たな非フレームシフト重複突然変異による日本人患者のWaardenburg症候群IIE型(Waardenburg syndrome type IIE in a Japanese patient caused by a novel non-frame-shift duplication mutation in the SOX10 gene),John Wiley & Sons Australia, Ltd,The Journal of Dermatology,45(5) e110-e111,2018年05月

    Hemmi Ami, Okamura Ken, Tazawa Ryushi, Abe Yuko, Hayashi Masahiro, Izumi Shuji, Tohyama Jun, Shimomura Yutaka, Hozumi Yutaka, Suzuki Tamio

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本色素細胞学会 溝口昌子賞,2016年11月12日,日本国,日本色素細胞学会,阿部優子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究,2019年04月 ~ 2021年03月,新規白斑モデルマウスにおけるビタミンD3の色素再生機構の解析

    皮膚科学関連

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2018年05月,過酸化ベンゾイルゲルの表皮メラノサイトへの影響 ヘアレスhk14-SCF Tgマウスでの検討,その他

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2018年05月,ロドデノール誘発性脱色素斑に関する調査研究報告(RD-Team 2017年度),その他

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高畠町での検診,2011年04月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科全般