基本情報

写真a

阿部 優子

ABE Yuko


研究室電話

023-628-5361

研究室FAX

023-628-5364

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 皮膚科学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2012年04月

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人の皮膚色の違いに関わる遺伝子について

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 日本人の皮膚色に関わる遺伝子,2008年04月 ~ 継続中

    melanogenesis genes

論文 【 表示 / 非表示

  • ロドデンドロール誘発白斑マウスモデルでの表皮のディスコイディンドメイン受容体1とE-カドヘリンの発現はメラノサイトの性質に影響を及ぼす(Expression of discoidin domain receptor 1 and E-cadherin in epidermis affects melanocyte behavior in rhododendrol-induced leukoderma mouse model),The Journal of Dermatology,47(11) 1330-1334,2020年11月

    Abe Yuko, Hozumi Yutaka, Okamura Ken, Suzuki Tamio

    単著

  • Janusキナーゼ阻害剤のトファシチニブは、ロドデンドロール誘発白斑マウスモデルにおいて色素再沈着を促進しない(Janus kinase inhibitor tofacitinib does not facilitate the repigmentation in mouse model of rhododendrol-induced vitiligo),The Journal of Dermatology,46(6) 548-550,2019年06月

    Hayashi Masahiro, Okamura Ken, Abe Yuko, Hozumi Yutaka, Suzuki Tamio

    単著

  • Analysis of repigmentation in a chemical leukoderma using a model mouse,JOURNAL OF INVESTIGATIVE DERMATOLOGY,137(5) S133,2017年05月

    Suzuki T., Abe Y., Okamura K., Hozumi Y.

    単著

  • A case of primarily facial pyoderma gangrenosum associated with Takayasu arteritis.,JAAD case reports,3(2) 124-126,2017年03月

    Okamura K, Konno T, Onami K, Nikaido M, Okazaki N, Abe Y, Hayashi M, Yaguchi Y, Sato H, Konta T, Suzuki T

    単著

  • A case of oculocutaneous albinism complicated with squamous cell carcinoma, Bowen disease, and actinic keratosis,JOURNAL OF THE AMERICAN ACADEMY OF DERMATOLOGY,72(5) AB217,2015年05月

    Minakawa Satoko, Kaneko Takahide, Matsuzaki Yasushi, Akasaka Eijiro, Mizukami Hiroki, Suzuki Tamio, Abe Yuko, Hozumi Yutaka, Mitsuhashi Yoshihiko, Sawamura Daisuke

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Rhododendrol-induced leukoderma update I: Clinical findings and treatment(和訳中),John Wiley & Sons Australia, Ltd,The Journal of Dermatology,48(7) 961-968,2021年07月

    Matsunaga Kayoko, Suzuki Kayoko, Ito Akiko, Tanemura Atsushi, Abe Yuko, Suzuki Tamio, Yoshikawa Momoko, Sumikawa Yasuyuki, Yagami Akiko, Masui Yukiko, Inoue Shintaro, Ito Shosuke, Katayama Ichiro

  • Rhododendrol-induced leukoderma update II: Pathophysiology, mechanisms, risk evaluation, and possible mechanism-based treatments in comparison with vitiligo(和訳中),John Wiley & Sons Australia, Ltd,The Journal of Dermatology,48(7) 969-978,2021年07月

    Inoue Shintaro, Katayama Ichiro, Suzuki Tamio, Tanemura Atsushi, Ito Shosuke, Abe Yuko, Sumikawa Yasuyuki, Yoshikawa Momoko, Suzuki Kayoko, Yagami Akiko, Masui Yukiko, Ito Akiko, Matsunaga Kayoko

  • Hermansky-Pudlak症候群5型の日本人患者で同定された二つの新規変異(Identification of two novel mutations in a Japanese patient with Hermansky-Pudlak syndrome type 5),John Wiley & Sons Australia, Ltd,The Journal of Dermatology,47(11) e392-e393,2020年11月

    Saito Toru, Okamura Ken, Funasaka Yoko, Abe Yuko, Suzuki Tamio

  • ロドデンドロール誘発白斑の改善例と悪化例における免疫組織化学的解析(Immunohistochemical analysis of rhododendrol-induced leukoderma in improved and aggravated cases),エルゼビア・ジャパン(株),Journal of Dermatological Science,99(2) 140-143,2020年08月

    Yasuda Masahito, Sekiguchi Akiko, Kishi Chikako, Toki Sayaka, Arase Noriko, Takahashi Aya, Yang Fei, Tanemura Atsushi, Hayashi Masahiro, Abe Yuko, Hamada Toshihisa, Suzuki Tamio, Katayama Ichiro, Ishi...

  • 尋常性白斑患者では検出されるが、ロドデンドロール誘発性白斑患者では検出されない自己抗体(Autoantibodies detected in patients with vitiligo vulgaris but not in those with rhododendrol-induced leukoderma),エルゼビア・ジャパン(株),Journal of Dermatological Science,95(2) 80-83,2019年08月

    Arase Noriko, Tanemura Atsushi, Jin Hui, Nishioka Megumi, Aoyama Yumi, Oiso Naoki, Matsunaga Kayoko, Suzuki Tamio, Nishigori Chikako, Kawamura Tatsuyoshi, Shimizu Tadamichi, Ito Akiko, Fukai Kazuyoshi...

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本色素細胞学会 溝口昌子賞,2016年11月12日,日本国,日本色素細胞学会,阿部優子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究,2019年04月 ~ 2021年03月,新規白斑モデルマウスにおけるビタミンD3の色素再生機構の解析

    皮膚科学関連

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 新規白斑モデルマウスにおけるビタミンD3の色素再生機構の解析,2019年04月 ~ 2021年03月,新規白斑モデルマウスにおけるビタミンD3の色素再生機構の解析

    皮膚科学関連

    日本学術振興会

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2018年05月,過酸化ベンゾイルゲルの表皮メラノサイトへの影響 ヘアレスhk14-SCF Tgマウスでの検討,その他

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2018年05月,ロドデノール誘発性脱色素斑に関する調査研究報告(RD-Team 2017年度),その他

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2018年05月,ロドデノール誘発性脱色素斑に関する調査研究報告(RD-Team 2017年度),その他

  • 日本皮膚科学会雑誌,国際会議,2018年05月,過酸化ベンゾイルゲルの表皮メラノサイトへの影響 ヘアレスhk14-SCF Tgマウスでの検討,その他

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 高畠町での検診,2011年04月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 皮膚科全般