基本情報

写真a

有本 貴範

ARIMOTO Takanori


生年

1975年

研究室電話

023-628-5302

研究室FAX

023-628-5305

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 循環器内科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部

    1999年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学系研究科

    博士課程,2005年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2005年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 筑波大学附属病院 循環器内科 病院講師,講師,2008年02月 ~ 2009年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本循環器学会

  • 日本心臓核医学会

  • 日本不整脈心電学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・心房細動の心臓交感神経機能
    ・心不全の予後予測因子

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 心房細動の心臓交感神経機能,2010年04月 ~ 継続中

    心房細動、心臓交感神経機能

論文 【 表示 / 非表示

  • Vacuolated cardiomyocytes in human endomyocardial biopsy specimens.,Journal of cardiology cases,21(2) 54-58,2020年02月

    Takemura G, Onoue K, Arimoto T, Watanabe T, Tsujimoto A, Takada C, Okada H, Nakano T, Sakaguchi Y, Miyazaki N, Watanabe T, Kanamori H, Ogura S, Saito Y, Fujiwara T, Fujiwara H, Hotta Y

    単著

  • Intracardiac echocardiography-guided simultaneous pulmonary vein isolation and percutaneous transvenous mitral commissurotomy.,HeartRhythm case reports,6(1) 40-43,2020年01月

    Hashimoto N, Arimoto T, Tamura H, Otaki Y, Kutsuzawa D, Watanabe M

    単著

  • Endovascular Revascularization Improves the Central Hemodynamics and Augmentation Index in Patients with Peripheral Artery Disease.,Internal medicine (Tokyo, Japan),2019年09月

    Watanabe K, Takahashi H, Watanabe T, Otaki Y, Kato S, Tamura H, Nishiyama S, Arimoto T, Shishido T, Watanabe M

    単著

  • Therapeutic inhibition of microRNA-34a ameliorates aortic valve calcification via modulation of Notch1-Runx2 signaling.,Cardiovascular research,2019年08月

    Toshima T, Watanabe T, Narumi T, Otaki Y, Shishido T, Aono T, Goto J, Watanabe K, Sugai T, Takahashi T, Yokoyama M, Kinoshita D, Tamura H, Kato S, Nishiyama S, Arimoto T, Takahashi H, Miyamoto T, Sada...

    単著

  • The impact of kidney dysfunction categorized by urinary to serum creatinine ratio on clinical outcomes in patients with heart failure.,Heart and vessels,2019年07月

    Otaki Y, Watanabe T, Konta T, Tamura H, Kato S, Nishiyama S, Takahashi H, Arimoto T, Shishido T, Watanabe M

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 心房細動カテーテルアブレーション,メジカルレビュー社,2013年04月

    有本貴範、夛田浩

  • 不整脈概論,メジカルレビュー社,2013年02月

    有本貴範、]夛田浩

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第20回 日本内科学会奨励賞,2007年04月01日,日本国,日本内科学会,有本貴範

  • 第8回 日本心不全学会YIA 優秀賞,2004年10月01日,日本国,日本心不全学会,有本貴範

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,心不全・不整脈の悪性サイクルの病態解明と治療介入

    リハビリテーション科学関連

  • 若手研究(B),2010年04月 ~ 2012年03月,心房細動・心筋焼灼術の心臓交感神経機能の評価とテーラーメイド治療への応用

    心臓MIBGシンチグラムを用いて、心房細動・心筋焼灼術の心臓交感神経機能を定量・可視化する。
    薬剤や心筋焼灼術を選択する際の、客観的な指標を確立し、臨床応用することを目的とする。

 
 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 1)臨床不整脈 2)心不全 3)心臓核医学