2024/03/11 更新

写真a

コンドウ シンイチ
近藤 慎一
KONDO Shin-ichi
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
ホームページ
 
部局ホームページ
 

研究分野

  • ナノテク・材料 / 生体化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

出身大学

  • 千葉大学  理学部  化学科

    1990年03月,卒業

出身大学院

  • 京都大学  理学研究科  化学専攻

    修士課程,1992年03月,修了

  • 京都大学  理学研究科  化学専攻

    博士課程,1995年03月,修了

取得学位

  • 博士(理学),京都大学,1995年03月

  • 修士(理学),京都大学,1992年03月

学外略歴

  • 立命館大学,助手,1995年04月 ~ 1996年03月

  • 奈良工業高等専門学校,非常勤講師,1995年04月 ~ 1996年03月

  • 群馬大学,助手,1996年04月 ~ 2007年03月

  • 放送大学,非常勤講師,2006年04月 ~ 2006年09月

  • 放送大学,非常勤講師,2006年10月 ~ 2007年03月

  • 放送大学,非常勤講師,2007年04月 ~ 2007年09月

  • 群馬大学,助教,2007年04月 ~ 2009年09月

  • 放送大学,非常勤講師,2007年10月 ~ 2008年03月

  • 放送大学,非常勤講師,2008年04月 ~ 2008年09月

  • 放送大学,非常勤講師,2008年10月 ~ 2009年03月

  • 放送大学,非常勤講師,2009年04月 ~ 2009年09月

  • 放送大学,非常勤講師,2009年10月 ~ 2010年03月

  • 放送大学,非常勤講師,2019年10月 ~ 2020年03月

  • 放送大学,客員教授,2020年04月 ~ 継続中

  • 放送大学,非常勤講師,2020年10月 ~ 2021年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会

  • 日本化学会

  • 有機合成化学協会

  • ケイ素化学協会

 

研究テーマ

  • 人工レセプターの構築
    アニオン認識化学
    蛍光発光を有する機能性有機化合物の設計と合成

研究経歴

  • 生体内の酵素やレセプターを模倣したアニオンレセプターの開発,2000年04月 ~ 継続中

    アニオン認識、センサー

  • ビアリールをレポート部位として有するイオンセンサーの開発,2000年04月 ~ 継続中

    分子認識、センサー

  • シラノールを利用したレセプターの開発,2004年04月 ~ 継続中

    分子認識、シラノール

  • 新奇蛍光性分子の構築,2012年04月 ~ 継続中

論文

  • Synthesis and photophysical properties of cyclosiloxanes with substituted naphthyl groups,Dyes and Pigments,217 111394,2023年09月

    S. Kondo, S. Abe, H. Katagiri

    共著(国内のみ)

  • Highly soluble bisurea derivatives for anion recognition,Organic & Biomolecular Chemistry,21(25) 5281-5287,2023年06月

    T. Mimuro, A. Yoshida, K. Kamo, M. Hirasawa, S. Kondo

    共著(国内のみ)

  • Fluorescence Sensing of Anions by Silanediols Bearing Substituted Naphthyl Groups,ChemPlusChem,2023年02月

    Shiori Abe and Shin-ichi Kondo

    共著(国内のみ)

  • Synthesis and characterization of cyclotri- and tetrasiloxanes with pyrenyl groups,ACS Omega,2022年11月

    S. Kondo, M. Ito, H. Ogawa, W. Fujiwara, and H. Katagiri

    共著(国内のみ)

  • Anion recognition by silanetriol in acetonitrile.,Organic & biomolecular chemistry,2022年11月

    Kondo SI, Okada N, Abe S, Tanaka R, Yamamura M, Unno M

    単著

  • Isophthalamide bearing 1-pyrenylethynyl group as a highly fluorescent hydrogen bond motif for anion receptors,Tetrahedron Letters,82 153406,2021年09月

    Shin-ichi Kondo, Jun Iioka

    共著(国内のみ)

  • Visible multi-color electrochromism by tailor-made color mixing at one electrode,JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS,59(9) ,2020年09月

    Kayaba Yuki, Hojo Kenta, Ono Kenta, Ishizaki Manabu, Kanaizuka Katsuhiko, Kondo Shin-ichi, Kurihara Masato, Mitsuishi Masaya, Matsui Jun

    単著

  • Naked Eye Detection of Anions by 2,2'-Bianthracene Derivative Bearing Urea Groups in Various Organic Solvents,Chemistry Letters,49(3) 290-294,2020年01月

    Kohei Osawa, Hideyuki Tagaya, Shin-ichi Kondo

    共著(国内のみ)

  • Silanediol Anion Binding and Enantioselective Catalysis,SYNTHESIS-STUTTGART,51(10) 2107-2115,2019年05月

    Attard Jonathan W., Osawa Kohei, Guan Yong, Hatt Jessica, Kondo Shin-ichi, Mattson Anita

    単著

  • Induced Circular Dichroism of Achiral Cyclic Bisurea via Hydrogen Bonds with Chiral Carboxylates.,The Journal of organic chemistry,2019年03月

    Osawa K, Tagaya H, Kondo SI

    単著

  • Anion recognition and catalytic ability of select chiral silanediols, thioureas, and squaramides,ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY,256 ,2018年08月

    Guan Yong, Attard Jonathan, Osawa Kohei, Kondo Shin-ichi, Mattson Anita

    単著

  • Chiral recognition of anions by fluorescence tetraamide-based receptors bearing hydroxy groups from L-serine and L-threonine residues,Bulletin of the Chemical Society of Japan,91(6) 875-881,2018年04月

    Shin-ichi Kondo, Keisuke Sato, Yuka Matsuta, Kohei Osawa

    共著(海外含む)

  • Recognition of dicarboxylates in aqueous acetonitrile by a dinuclear zinc(II) complex of 2,2'-binaphthalene-based receptor,Supramolecular Chemistry,2018年

    Shin-ichi Kondo, Yasunori Nakadai, Masafumi Unno

    共著(海外含む)

  • Electrochemical charge storage using layer-by-layer deposited film composed of redox polymer and inorganic nanoporticle,J. Photopolym. Sci. Technol.,31(3) 349-352,2018年

    Y. Kayaba, K. Hojyo, K. Ono, M. Ishizaki, K. Kanaizuka, S. Kondo, M. Kurihara, M. Mitsuishi, and J. Matsui

    共著(国内のみ)

  • UV-vis and fluorescence detection by receptors based on an isophthalamide bearing a phenylethynyl group,Tetrahedron Letters,58 4115-4118,2017年

    Shin-ichi Kondo, Kimihiro Endo, Jun Iioka, Keisuke Sato, Yuka Matsuta

    共著(海外含む)

  • Ratiometric sensing of anions by tetraamide-based receptors bearing hydroxy groups from serine and threonine residues,Tetrahedron Letters,57(10) 1113-1116,2016年

    S. Kondo, Y. Matsuta

    共著(海外含む)

  • Chloride selective macrocyclic bisurea derivatives with 2,2'-binaphthalene moieties as spacers,J. Org. Chem.,81 9848-9857,2016年

    A. Satake, Y. Ishizawa, H. Katagiri, and S. Kondo

    共著(海外含む)

  • Silanediol-catalyzed chromenone functionalization,Org. Lett,18 3766-3769,2016年

    A. M. Hardman-Baldwin, M. D. Visco, J. M. Wieting, C. Stern, S. Kondo, and A. E. Mattson

    共著(海外含む)

  • Solvent dependent intramolecular excimer emission of di(1-pyrenyl)silane and di(1-pyrenyl)methane derivatives,RSC Advances,5 5846-5849,2015年

    S. Kondo, Y. Taguchi, and Y. Bie

    共著(海外含む)

  • Pyrophosphate selective recognition by a Zn2+ complex of a 2,2'-binaphthalene derivative bearing di(2-pyridylmethyl)aminomethyl groups in aqueous solution,RSC Advances,4 27140-27145,2014年

    S. Kondo, Y. Nakadai, M. Unno

    共著(海外含む)

  • Ion pair recognition of ditopic receptor bearing silanol groups as anion recognition sites and a 2,2'-bipyridine moiety as a metal-coordination site,Tetrahedron Lett.,55 646-649,2014年

    M. Yamamura, S. Kondo, M. Unno

    共著(海外含む)

  • Selective detection of dihydrogen phosphate anion by fluorescence change with tetraamide-based receptors bearing isoquinolyl and quinolyl moieties,Organic Letters,15(3) 538-541,2013年01月

    Shin-ichi Kondo and R. Takai

    共著(海外含む)

  • Ratiometric fluorescence detection of anions by silanediol-based receptors bearing anthryl and pyrenyl groups,Organic Letters,15(3) 520-523,2013年01月

    Shin-ichi Kondo Yi Bie, and Masaki Yamamura

    共著(海外含む)

  • Differentiation of oxygen atom chirality in copper(II) complexes with dipicolyamine (DPA)-derived ligands.,Eur. J. Inorg. Chem.,(27) 4310-4317,2012年08月

    Yuji Mikata, Tomomi Fujimoto, Noko Imai, and Shin-ichi Kondo

    共著(海外含む)

  • Ratiometric fluorescence detection of anions by an amide-based receptor bearing pyrenyl groups ,Bull. Chem. Soc. Jpn,85(6) 698-700,2012年06月

    S. Kondo, S. Nakajima, and M. Unno

    共著(海外含む)

  • Synthesis and photophysical properties of 2,2’-binaphthalene-based receptor bearing trimethylsilyl groups to improve the solubility,J. Incl. Phenom. Macrocycl. Chem.,75(1-2) 31-38,2012年02月

    Shin-ichi Kondo, Naoya Watanabe, Fubuki Takahashi, Nobuhiro Takeda, and Masafumi Unno

    共著(海外含む)

  • Improvement of solubility of 2,2’-binaphthalene derivatives bearing urea groups as anion receptors and their application to a chloride selective electrode,Sens. Actuators B: Chemical,160(1) 684-690,2011年08月

    S. Kondo, H. Sonoda, T. Katsu, M. Unno

    共著(海外含む)

  • Intramolecular ether oxygen coordination in the zinc complexes with dipicolylamine (DPA)-derived ligands,Inorg. Chim. Acta,370 420-426,2011年03月

    Y. Mikata, T. Fujimoto, T. Fujiwara, S. Kondo

    共著(海外含む)

  • Anion recognition by 2,2’-binaphthalene derivatives bearing urea and thiourea groups at 8- and 8’-positions by UV-vis and fluorescence spectroscopies,Tetrahedron,2011(5) 943-950,2011年02月

    Shin-ichi Kondo, Masanori Nagamine, Satoshi Karasawa, Masaya Ishihara, Masafumi Unno, Yumihiko Yano

    共著(海外含む)

  • Synthesis and photophysical properties of a 2,2’-bianthracene-based receptor bearing two aza-15-crown-5 ethers for naked-eye detection of barium ion,Tetrahedron Letters,52(3) 453-457,2011年01月

    Shin-ichi Kondo, Takuya Takahashi, Yuji Takiguchi, Masafumi Unno

    共著(海外含む)

  • Anion recognition by 2,2'-binaphthalene bearing imidazolium groups in MeCN,Supramolecular Chemistry,2010年08月

    Shin-ichi Kondo

    単著

  • Anion recognition by D-ribose-based receptors,Tetrahedron Lett.,51(18) 2512-2514,2010年04月

    Shin-ichi Kondo, Yu Kobayashi, Masafumi Unno

    共著(海外含む)

  • Anion recognition by 1,3-disiloxane-1,1,3,3-tetraols in organic solvents,Tetrahedron Letters,50(23) 2754-2757,2009年05月

    S. Kondo, N. Okada, R. Tanaka, M. Yamamura, and M. Unno

    共著(海外含む)

  • An efficient approach to monophneyl-functionalized octasissesquioxanes,European Journal of Inorganic Chemistry,(10) 1317-1319,2009年05月

    H. Liu, S. Kondo, N. Takeda, and M. Unno

    共著(海外含む)

  • Synthesis of octacarboxy spherosilicate,The Journal of the American Chemical Society,130(31) 10074-10075,2008年07月

    H. Liu, S. Kondo, N. Takeda, and M. Unno

    共著(海外含む)

  • A Spectroscopic Investigation of Incompletely Condensed Polyhedral Oligomeric Silsesquioxanes (POSS-mono-ol, POSS-diol and POSS-triol): Hydrogen-Bonded Interaction and Host-Guest Complex,Journal of Organometallic Chemistry,693(7) 1301-1308,2008年04月

    H. Liu, S. Kondo, R. Tanaka, H. Oku, and M. Unno

    共著(海外含む)

  • Anion recognition by a disiloxane-1,3-diol in organic solvents,Tetrahedron Letters,48(45) 7946-7949,2007年11月

    S. Kondo, A. Fukuda, T. Yamamura, R. Tanaka, and M. Unno

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • キラキラわくわく化学,上毛新聞社,2003年06月

    群馬大学工学部(編集)

工業所有権

  • 特許,リチウム塩抽出剤、組成物、リチウム塩の回収方法、及びリチウム塩の製 造方法,近藤慎一,三室翼,平澤学,小川秀之

    出願番号( 特願2021-158352 ) 公開番号( PCT/JP2022/036048 ) ,昭和電工マテリアルズ株式会社,日本国

  • 特許,ラクトン類の製造方法,星野優介,近藤慎一,梶谷英伸,小柴慧太

    出願番号( 特願2021-59981 ) 公開番号( 特開2022-156346 ) ,日本国

  • 特許,新規化合物及びアニオンレセプタ,近藤慎一,三室翼,吉田明弘,加茂和幸

    出願番号( 特願2020-178810 ) 公開番号( 特開2022-069882 ) ,昭和電工マテリアルズ株式会社,日本国

  • 特許,R−パントラクトンの製造法,大野惇吉,中村 薫,河合 靖,近藤慎一

    出願番号( 特願平5-104571 ) 公開番号( 平6-311889 ) 登録番号( 特許第3135740号 ) ,日本国

学術関係受賞

  • 平成22年度化学系学協会東北大会優秀ポスター賞,2010年09月,日本国,日本化学会東北支部,近藤慎一

その他競争的資金獲得実績

  • ソルト・サイエンス研究財団2023年度助成研究,2023年04月 ~ 2024年03月,ハロゲン化リチウムの高濃度かつ選択的な溶媒抽出剤の設計と合成

    ソルト・サイエンス研究財団

  • ソルト・サイエンス研究財団2022年度助成研究,2022年04月 ~ 2023年03月,ハロゲン化リチウムの高濃度かつ選択的な 溶媒抽出法の開発

    ソルト・サイエンス研究財団

  • ソルト・サイエンス研究財団2020年度助成研究,2020年04月 ~ 2021年03月,2つのリン酸トリアミドを有する環状アニオンレセプターの構築とその認識能

    ソルト・サイエンス研究財団

  • ソルト・サイエンス研究財団2019年度助成研究,2019年04月 ~ 2020年03月,複数のリン酸トリアミドを有する新規ハロゲンレセプターの構築

    ソルト・サイエンス研究財団

  • ソルト・サイエンス研究財団平成28年度助成研究,2016年04月 ~ 2017年03月,二官能性レセプターを用いたアルカリ金属イオンと臭化物イオンの同時認識

    ソルト・サイエンス研究財団

研究発表

  • マテリアル計測ハイブリッドセンターセミナー(第6回ナノ・マイクロ計測化学セミナー),国内会議,2021年12月,東北大学多元物質科学研究所,水素結合を利用したアニオンレセプターの開発,口頭発表(招待・特別)

  • 令和3年度化学系学協会東北大会,国内会議,2021年10月,日本大学工学部(Web開催),Anion Recognition by Cyclic Bisurea with 2,2ʼ-Binaphthalene Spacers,口頭発表(招待・特別)

  • 2020年度化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Phosphoric Triamide-Based Anion Receptors,ポスター発表

  • 2020年度化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Synthesis of anion receptor with high solubility and chloride selectivity,ポスター発表

  • 2020年度化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Fluorescence properties of diarylmethane and diarylsilane derivatives in various solvents,ポスター発表

  • 令和元年度 有機合成化学協会東北支部 山形地区シンポジウム,国内会議,2019年11月,山形大学工学部,2,2’-ビナフタレンをスペーサーに有する環状ビス尿素誘導体を用いたアニオン認識とキラルアニオンによるCD誘起,口頭発表(招待・特別)

  • The 13th Interenational Conference on Multi-Functional Materials and Applications,国際会議,2019年11月,Bengbu University,Anion Recognition and Chiral Anion-induced CD by Cyclic Bisurea Derivatives,口頭発表(基調)

  • 2019年度化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Anion recognition by phosphoramide derivatives,ポスター発表

  • 2019年度化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Solvent-depending Optical Properties of Di(1-pyrenyl)methane,ポスター発表

  • 2019年度化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Synthesis and photochemical properties of cyclic siloxanes having pyrenyl groups,ポスター発表

  • 2019年度化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Fluorescence properties of diarylmethane and diarylsilane derivatives in various solvents,ポスター発表

  • The Fourth International Symposium on Silsesquioxanes-Based Functional Materials,国際会議,2019年07月,Synthesis and Characterization of Cyclic Siloxanes Bearing Pyrenyl Groups,口頭発表(招待・特別)

  • 第30回記念万有仙台シンポジウム,国内会議,2019年06月,仙台国際センター,ジアリールメタンおよびシラン誘導体の蛍光物性と溶媒依存性,ポスター発表

  • 第17回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム,国内会議,2019年05月,金沢歌劇場,2,2'-ビナフタレンをスペーサーに有する環状ビス尿素誘導体のアニオン認識とキラルアニオン誘起CD,口頭発表(一般)

  • ICMMA2018,国際会議,2018年11月,Inha University,Fluorescence Functional Materials Based on Dipyrenylsilyl Groups,口頭発表(基調)

  • 平成30年度化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学手形キャンパス,Synthesis and specific photochemical properties of cyclic siloxanes having pyrenyl groups,ポスター発表

  • 平成30年度化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学手形キャンパス,Synthesis of reverse phase silica gels with various aromatic hydrocarbons and separation of halosilanes,ポスター発表

  • 平成30年度化学系学協会東北大会,国内会議,2018年09月,秋田大学手形キャンパス,Novel intramolecular fluorescence by two anthryl groups connected by one element,ポスター発表

  • 第67回高分子討論会,国内会議,2018年09月,北海道大学,レドックス高分子と無機ナノ粒子の階層構造化による単一電極多色エレクトロクロミズム,ポスター発表

  • The 3rd International Symposium on Silsesquioxanes-based Functional Materials,国際会議,2018年08月,Shandong Univeristy,Synthesis and Characterization of Cyclic Siloxanes Bearing Pyrenyl Groups,口頭発表(招待・特別)

  • PERCH-CIC Congress X: 2018,国際会議,2018年07月,Jobtien Palm Beach Hotel, Pattaya,Synthesis and Characterization of Cyclic Siloxanes Bearing Pyrenyl Groups,口頭発表(招待・特別)

  • 第29回万有仙台シンポジウム,国内会議,2018年06月,仙台国際センター,ピレニル基を有する環状シロキサンの合成と特異な光化学特性,ポスター発表

  • 第16回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム,国内会議,2018年06月,東京理科大学野田キャンパス,蛍光性イソフタルアミド誘導体によるキラルアニオン認識,口頭発表(一般)

  • 第65回応用物理学会春季学術講演会,国内会議,2018年03月,早稲田大学西早稲田キャンパス,レドックス高分子と無機ナノ粒子との交互積層膜を利用した単一電極多色エレクトロクロミズム,ポスター発表

  • 高分子学会東北支部研究発表会,国内会議,2017年11月,交互積層ハイブリッド膜を用いた多色エレクトロクロミズム,ポスター発表

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,岩手大学理工学部,Anion recognition with receptors based on urea moieties and 2,2'-binaphthalene spacers,ポスター発表

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,岩手大学理工学部,Detection of Anions by Fluorescent Receptors Based on Isophthalamide,ポスター発表

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,岩手大学理工学部,Photophysical properties of di(1-pyrenyl)methane derivatives substituted with donor and/or acceptor groups exhibiting novel intramolecular excimer (exciplex) emission,ポスター発表

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,Mechanism of novel intramolecular excimer emission by two pyrenyl groups connected by one element,ポスター発表

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,岩手大学理工学部,Design of ditopic receptor to recognize alkaline metal cation and bromide anion cooperatively,ポスター発表

  • 平成29年度化学系学協会東北大会,国内会議,2017年09月,岩手大学理工学部,Synthesis of receptor for high selective recognition of H2PO4- by multiple hydrogen bonds,ポスター発表

  • 2017 International Symposium on Silsesquioxanes-based Functional Materials,国際会議,2017年08月,Shandong Univeristy,Synthesis and Characterization of Cyclic Siloxanes Bearing Pyrenyl Groups,口頭発表(招待・特別)

  • 第15回ホスト-ゲスト・超分子化学シンポジウム,国内会議,2017年06月,2,2'-ビナフタレンをスペーサーとする環状ビス尿素誘導体によるアニオン認識,口頭発表(一般)

  • 第15回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,国内会議,2017年06月,立命館大学びわこ・くさつキャンパス,アミノ酸を認識部位に有するレセプターを用いた蛍光レシオ法によるキラルアニオン認識,ポスター発表

  • 第15回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,国内会議,2017年06月,立命館大学びわこ・くさつキャンパス,複数の尿素基と2,2’-ビナフタレンを有するレセプターによるアニオン認識,ポスター発表

  • 第66回高分子学会年次大会,国内会議,2017年05月,幕張メッセ,ポテンシャル勾配制御された交互積層膜を用いた多色エレクトロクロミズム,口頭発表(一般)

  • 第25回ポリマー材料フォーラム,国内会議,2016年11月,名古屋国際会議場,交互積層法を用いた界面デザインによる単一電極多色エレクトロクロミズム,ポスター発表

  • 平成28年度化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学, Synthesis and solvatochromic properties of di(1-pyrenyl)amine and di(1-pyrenyl)ether,ポスター発表

  • 平成28年度化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,Synthesis and evaluation of an anion receptor bearing two 8-hydroxy quinolyl groups coordinating to a metal ion,ポスター発表

  • 平成28年度化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,Recognition of chiral carboxylates by 2,2’-binaphthalene derivatives with circular dichroic spectra,ポスター発表

  • 平成28年度化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,Synthesis and photophysical properties of substituted dipyrenylsilane derivatives,ポスター発表

  • 平成28年度化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,Fluorescent anion receptors based on isophthalamide,ポスター発表

  • 平成28年度化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,Synthesis and evaluation of macrocyclic bisurea derivatives for improvement of solubility,ポスター発表

  • 平成28年度化学系学協会東北大会,国内会議,2016年09月,いわき明星大学,Fluorescence detection of anions by disiloxanetetraol-based receptors,ポスター発表

  • 1st International Symposium on Silsesquioxanes-based Functional Materials,国際会議,2016年08月,Shandong Univeristy,Anion recognition by silanol-based receptors,口頭発表(招待・特別)

  • 第14回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,国内会議,2016年06月,高知城ホール,ジピレニルシランならびにメタン誘導体を用いた蛍光極性プローブ,口頭発表(一般)

  • 日本化学会第96春季年会,国内会議,2016年03月,同志社大学 京田辺キャンパス,Synthesis and evaluation of fluorescent anionic sensors having silanols as recognition sites,ポスター発表

  • 日本化学会第96春季年会,国内会議,2016年03月,同志社大学 京田辺キャンパス,Molecular recognition by cyclic siloxanes having aryl groups,ポスター発表

  • 日本化学会第96春季年会,国内会議,2016年03月,同志社大学 京田辺キャンパス,Synthesis of an isophthaloylamide-based anion receptor bearing two 8-hydroxy quinolyl groups,ポスター発表

  • International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Anion recognition by silanol-based receptors,口頭発表(一般)

  • International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Anion recognition properties of macroyclic bisurea derivative based on 2,2-binaphthalene,ポスター発表

  • International Chemical Congress of Pacific Basin Societies,国際会議,2015年12月,Synthesis and evaluation of anion receptors having halogen bond donors,ポスター発表

  • 第64回高分子学会討論会,国内会議,2015年09月,東北大学川内キャンパス,異種界面での電荷蓄積を用いた多色エレクトロクロミズムの視認化,ポスター発表

  • 平成27年度化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月 ~ 2019年09月,弘前大学文京キャンパス,Synthesis of fluorescence receptor based on isophthaloyl amide spacer by multiple hydrogen bonds ,ポスター発表

  • 平成27年度化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月 ~ 2019年09月,弘前大学文京キャンパス,Anion recognition properties of macrocyclic bisurea derivatives based on 2,2’-binaphthalene,ポスター発表

  • 平成27年度化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月 ~ 2019年09月,弘前大学文京キャンパス,Anion recognition ability of receptors bearing charge-assisted halogen bonding sites,ポスター発表

  • 平成27年度化学系学協会東北大会,国内会議,2015年09月 ~ 2019年09月,弘前大学文京キャンパス,Multicolor electrochromism using charge trapping in heterodeposited polymer film,ポスター発表

  • 第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,国内会議,2015年06月,東北大学川内北キャンパス,イソフタルアミドを基本骨格に有する蛍光アニオンレセプター,口頭発表(一般)

  • 第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,国内会議,2015年06月,東北大学川内北キャンパス,尿素基を有する 2,2ʼ-ビナフタレントリマーによるアニオン認識,ポスター発表

  • 第13回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,国内会議,2015年06月,東北大学川内北キャンパス,ハロゲン結合ドナーを有するアニオンレセプターの合成と評価,ポスター発表

  • 日本化学会第95春季年会,国内会議,2015年03月,日本大学 理工学部船橋キャンパス,非対称ビアリール骨格を有する新規な人工レセプターの設計,ポスター発表

  • 日本化学会第95春季年会,国内会議,2015年03月,日本大学 理工学部船橋キャンパス,Synthesis and evaluation of tetrakisurea derivatives bearing flexible three 2,2’-binphthalene skeleton,口頭発表(一般)

  • 日本化学会第95春季年会,国内会議,2015年03月,日本大学 理工学部船橋キャンパス,ハロゲン結合ドナーを有するアニオンレセプターの合成と評価,ポスター発表

  • 日本化学会第95春季年会,国内会議,2015年03月,日本大学 理工学部船橋キャンパス,リン酸二水素アニオンに高い選択性を示す8点の認識部位を有する蛍光レセプターの構築,ポスター発表

  • 平成26年度化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学米沢キャンパス,非対称なビアリール基をフルオロフォアとする人工レセプターの構築,ポスター発表

  • 平成26年度化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学米沢キャンパス,リン酸二水素アニオンに高い選択性を示す8 点の認識部位を有する蛍光レセプターの構築,ポスター発表

  • 平成26年度化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学米沢キャンパス,ジピレニルメタン誘導体およびそのケイ素類似体の合成と光化学的性質,ポスター発表

  • 平成26年度化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学米沢キャンパス,2,2'-ビナフタレンを主骨格に有する環状ビス尿素のアニオン認識特性と実用化の検討,ポスター発表

  • 平成26年度化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学米沢キャンパス,ハロゲン結合ドナーを有するアニオンレセプターの合成と評価,ポスター発表

  • 平成26年度化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学米沢キャンパス,発色団を有する新規アニオンセンサーの開発,ポスター発表

  • 平成26年度化学系学協会東北大会,国内会議,2014年09月,山形大学米沢キャンパス,2,2'-ビナフタレンを基盤とした非対称なレセプターによる分子認識,ポスター発表

  • 第25回基礎有機化学討論会,国内会議,2014年09月,東北大学川内北キャンパス・萩ホール,含水溶媒中に於いて塩化物イオンを選択的に認識する環状ビス尿素誘導体の合成と評価,ポスター発表

  • 第25回基礎有機化学討論会,国内会議,2014年09月,東北大学川内北キャンパス・萩ホール,ジピレニルメタンならびにジピレニルシラン誘導体の蛍光特性,口頭発表(一般)

  • 第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,国内会議,2014年05月 ~ 2014年06月,東京工業大学 大岡山キャンパス,ハロゲン結合ドナーを有するアニオンレセプターの合成と評価,ポスター発表

  • 第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,国内会議,2014年05月 ~ 2014年06月,東京工業大学 大岡山キャンパス,ヒドロキシ基を認識部位に有するレセプターを用いた蛍光レシオ法によるアニオン認識,ポスター発表

  • 第12回ホスト・ゲスト化学シンポジウム,国内会議,2014年05月 ~ 2014年06月,東京工業大学 大岡山キャンパス,2,2'-ビナフタレンを主骨格に有する環状ビス尿素誘導体のアニオン認識特性と実用化の検討,ポスター発表

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

社会貢献活動

  • 東桜学館高等学校体験型実習講座,2020年12月

  • 東桜学館高等学校体験型実習講座,2019年09月 ~ 2019年10月

  • 青森県立青森東高等学校模擬講義,2019年09月

  • 東桜学館高等学校体験型実習講座,2018年10月

  • 福島県立相馬高等学校模擬講義,2018年09月

  • 鹿沼東高等学校出張講義,2018年05月

  • 東桜学館高等学校体験型実習講座,2018年01月

  • 福島県立須賀川桐陽高等学校教養講座,2017年11月

  • 群馬県立渋川高等学校出張講義,2016年11月

  • 東桜学館高等学校チャレンジSSH,2016年10月

  • 化学への招待(山形地区),2010年08月

    蛍の光を作ってみよう!

全件表示 >>

相談に応じられる分野

  • 人工レセプターの構築

  • 有機合成化学