基本情報

写真a

近藤 慎一

KONDO Shin-ichi


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://sn1knd.wixsite.com/mysite

部局ホームページ

https://www.sci.yamagata-u.ac.jp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 生体化学

  • ナノテク・材料 / 構造有機化学、物理有機化学

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ライフサイエンス / 生物有機化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 千葉大学  理学部  化学科

    1990年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 京都大学  理学研究科  化学専攻

    修士課程,1992年03月,修了

  • 京都大学  理学研究科  化学専攻

    博士課程,1995年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),京都大学,1995年03月

  • 修士(理学),京都大学,1992年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学,助手,1995年04月 ~ 1996年03月

  • 奈良工業高等専門学校,非常勤講師,1995年04月 ~ 1996年03月

  • 群馬大学,助手,1996年04月 ~ 2007年03月

  • 放送大学,非常勤講師,2006年04月 ~ 2006年09月

  • 放送大学,非常勤講師,2006年10月 ~ 2007年03月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 有機合成化学協会

  • ケイ素化学協会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人工レセプターの構築
    アニオン認識化学
    蛍光発光を有する機能性有機化合物の設計と合成

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ビアリールをレポート部位として有するイオンセンサーの開発,2000年04月 ~ 継続中

    分子認識、センサー

  • 生体内の酵素やレセプターを模倣したアニオンレセプターの開発,2000年04月 ~ 継続中

    アニオン認識、センサー

  • シラノールを利用したレセプターの開発,2004年04月 ~ 継続中

    分子認識、シラノール

  • 新奇蛍光性分子の構築,2012年04月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • Isophthalamide bearing 1-pyrenylethynyl group as a highly fluorescent hydrogen bond motif for anion receptors,Tetrahedron Letters,82 153406,2021年09月

    Shin-ichi Kondo, Jun Iioka

    共著(国内のみ)

  • Visible multi-color electrochromism by tailor-made color mixing at one electrode,JAPANESE JOURNAL OF APPLIED PHYSICS,59(9) ,2020年09月

    Kayaba Yuki, Hojo Kenta, Ono Kenta, Ishizaki Manabu, Kanaizuka Katsuhiko, Kondo Shin-ichi, Kurihara Masato, Mitsuishi Masaya, Matsui Jun

    単著

  • Naked Eye Detection of Anions by 2,2'-Bianthracene Derivative Bearing Urea Groups in Various Organic Solvents,Chemistry Letters,49(3) 290-294,2020年01月

    Kohei Osawa, Hideyuki Tagaya, Shin-ichi Kondo

    共著(国内のみ)

  • Silanediol Anion Binding and Enantioselective Catalysis,SYNTHESIS-STUTTGART,51(10) 2107-2115,2019年05月

    Attard Jonathan W., Osawa Kohei, Guan Yong, Hatt Jessica, Kondo Shin-ichi, Mattson Anita

    単著

  • Induced Circular Dichroism of Achiral Cyclic Bisurea via Hydrogen Bonds with Chiral Carboxylates.,The Journal of organic chemistry,2019年03月

    Osawa K, Tagaya H, Kondo SI

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • キラキラわくわく化学,上毛新聞社,2003年06月

    群馬大学工学部(編集)

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,R−パントラクトンの製造法,大野惇吉,中村 薫,河合 靖,近藤慎一

    出願番号( 特願平5-104571 ) 公開番号( 平6-311889 ) 登録番号( 特許第3135740号 ) ,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 平成22年度化学系学協会東北大会優秀ポスター賞,2010年09月,日本国,日本化学会東北支部,近藤慎一

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • ソルト・サイエンス研究財団2020年度助成研究,2020年04月 ~ 2021年03月,2つのリン酸トリアミドを有する環状アニオンレセプターの構築とその認識能

    ソルト・サイエンス研究財団

  • ソルト・サイエンス研究財団2019年度助成研究,2019年04月 ~ 2020年03月,複数のリン酸トリアミドを有する新規ハロゲンレセプターの構築

    ソルト・サイエンス研究財団

  • ソルト・サイエンス研究財団平成28年度助成研究,2016年04月 ~ 2017年03月,二官能性レセプターを用いたアルカリ金属イオンと臭化物イオンの同時認識

    ソルト・サイエンス研究財団

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2020年度化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Phosphoric Triamide-Based Anion Receptors,ポスター発表

  • 2020年度化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Synthesis of anion receptor with high solubility and chloride selectivity,ポスター発表

  • 2020年度化学系学協会東北大会,国内会議,2020年09月,八戸工業大学(Web開催),Fluorescence properties of diarylmethane and diarylsilane derivatives in various solvents,ポスター発表

  • 令和元年度 有機合成化学協会東北支部 山形地区シンポジウム,国内会議,2019年11月,山形大学工学部,2,2’-ビナフタレンをスペーサーに有する環状ビス尿素誘導体を用いたアニオン認識とキラルアニオンによるCD誘起,口頭発表(招待・特別)

  • The 13th Interenational Conference on Multi-Functional Materials and Applications,国際会議,2019年11月,Bengbu University,Anion Recognition and Chiral Anion-induced CD by Cyclic Bisurea Derivatives,口頭発表(基調)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 東桜学館高等学校体験型実習講座,2020年12月

  • 東桜学館高等学校体験型実習講座,2019年09月 ~ 2019年10月

  • 青森県立青森東高等学校模擬講義,2019年09月

  • 東桜学館高等学校体験型実習講座,2018年10月

  • 福島県立相馬高等学校模擬講義,2018年09月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 人工レセプターの構築

  • 有機合成化学