基本情報

写真a

下平 義隆

SHIMOTAI Yoshitaka


職名

助教

生年

1978年

研究室電話

023-628-5249

研究室FAX

023-628-5250

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / ウイルス学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 分子生物学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 青森大学  工学部  生物工学科

    2001年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岩手大学  連合農学研究科

    博士課程,2006年03月,修了

  • 岩手大学  農学研究科  応用生物学科

    修士課程,2003年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (農学),岩手大学,2006年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本大学医学部病態病理学系微生物学分野,ポスト・ドクター,2006年04月 ~ 2009年10月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

  • 日本ウイルス学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 1) C型インフルエンザウイルスの増殖機構の解析
    2) A型インフルエンザウイルスの感染により発現誘導される宿主遺伝子の機能解析

論文 【 表示 / 非表示

  • Growth Kinetics of Influenza C Virus Antigenic Mutants That Escaped from Anti-Hemagglutinin Esterase Monoclonal Antibodies and Viral Antigenic Changes Found in Field Isolates,VIRUSES-BASEL,13(3) ,2021年03月

    Matsuzaki Yoko, Sugawara Kanetsu, Shimotai Yoshitaka, Kadowaki Yoko, Hongo Seiji, Mizuta Katsumi, Nishimura Hidekazu

    単著

  • Longitudinal epidemiology of human coronavirus OC43 in Yamagata, Japan, 2010-2017: Two groups based onspikegene appear one after another,JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY,93(2) 945-951,2021年02月

    Komabayashi Kenichi, Matoba Yohei, Tanaka Shizuka, Seto Junji, Aoki Yoko, Ikeda Tatsuya, Shimotai Yoshitaka, Matsuzaki Yoko, Itagaki Tsutomu, Mizuta Katsumi

    単著

  • The clinically used serine protease inhibitor nafamostat reduces influenza virus replication and cytokine production in human airway epithelial cells and viral replication in mice,JOURNAL OF MEDICAL VIROLOGY,2020年12月

    Yamaya Mutsuo, Shimotai Yoshitaka, Ohkawara Ayako, Bazarragchaa Enkhbold, Okamatsu Masatoshi, Sakoda Yoshihiro, Kida Hiroshi, Nishimura Hidekazu

    単著

  • Antigenic changes among the predominantly circulating C/Sao Paulo lineage strains of influenza C virus in Yamagata, Japan, between 2015 and 2018,INFECTION GENETICS AND EVOLUTION,81 104269,2020年07月

    Matsuzaki Yoko, Shimotai Yoshitaka, Kadowaki Yoko, Sugawara Kanetsu, Hongo Seiji, Mizuta Katsumi, Nishimura Hidekazu

    単著

  • Inhibitory effects of glycopyrronium, formoterol, and budesonide on coronavirus HCoV-229E replication and cytokine production by primary cultures of human nasal and tracheal epithelial cells.,Respiratory investigation,2020年05月

    Mutsuo Yamaya, Hidekazu Nishimura, Xue Deng, Mitsuru Sugawara, Oshi Watanabe, Kazuhiro Nomura, Yoshitaka Shimotai, Haruki Momma, Masakazu Ichinose, Tetsuaki Kawase

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 【話題のウイルス感染症】インフルエンザ 基礎と疫学,(株)近代出版,臨床と微生物,46(6) 661-666,2019年11月

    本郷 誠治, 下平 義隆

  • Serine Proteases and their Inhibitors in Human Airway Epithelial Cells: Effects on Influenza Virus Replication and Airway Inflammation,Clinical Microbiology,5(2) ,2016年03月

    Yamaya M, Shimotai Y, Hatachi Y, Homma M, Nishimura H

  • 気道上皮プロテアーゼによるインフルエンザウイルスの活性化:治療への 応用の可能性,日本呼吸器学会誌,2016年

    山谷睦雄、籏智幸政、下平義隆、本間守男、西村秀一

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,C型インフルエンザウイルスCM2タンパク質の細胞質領域がウイルス増殖に及ぼす影響

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,C型インフルエンザウイルスのNS1タンパク質がウイルス増殖を調節する機序の解明

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2014年03月,C型インフルエンザウイルスの増殖を制御するNS1蛋白の機能ドメインの解明

  • 若手研究(B),2011年04月 ~ 2013年03月,C型インフルエンザウイルスの増殖に関与するCM2タンパク質の機能領域の同定

      

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第67回日本ウイルス学会学術集会,国際会議,2019年10月,Amino acid sequences of CM2 cytoplasmic domain involved in influenza C virus replication,その他

  • 第73回日本細菌学会東北支部総会,国際会議,2019年08月,C型インフルエンザウイルスの増殖に関与するCM2タンパク質の細胞質領域のアミノ酸配列,その他

  • 第66回日本ウイルス学会学術集会,国際会議,2018年10月,Mutations of residues 73-75 in the influenza C virus CM2 protein impair virus replication,その他

  • 第72回日本細菌学会東北支部総会,国際会議,2018年08月,CM2タンパク質の73-75位はC型インフルエンザウイルスの増殖に関与する,その他

  • 第65回日本ウイルス学会学術集会,国内会議,2017年10月,Identification of amino acid residue(s) involved in nuclear export of influenza C virus NS1 protein,ポスター発表

全件表示 >>

 
 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • ウイルス学