基本情報

写真a

増原 陽人

MASUHARA Akito


生年

1973年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3891

研究室FAX

0238-26-3891

ホームページ

https://masuhara-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/wp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 機能物性化学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電子デバイス、電子機器

  • ナノテク・材料 / ナノ構造化学

  • ナノテク・材料 / ナノマイクロシステム

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 群馬大学  工学部  応用化学科

    1997年03月,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),東北大学,2002年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • (独)科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業,研究員,2002年04月 ~ 2004年06月

  • 東北大学多元物質科学研究所,助手,2004年07月 ~ 2007年03月

  • 東北大学多元物質科学研究所,助教,2007年04月 ~ 2010年01月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • アメリカ電気化学会

  • 日本化学会

  • 光化学協会

  • 応用物理学会

  • 高分子学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 我々は、ナノ結晶・ナノ粒子のサイズ・形態に因る機能発現を目指しております。特に発光性ナノ粒子やフィラーと云った材料をベースとして、実用化までを念頭に研究を進めています。現在の実用化対象としては、次世代ディスプエレイに必要な、カラーフィルターや発光層材料の研究や固体高分子形燃料電池の高分子電解質膜に関して研究しおります。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 有機―無機ハイブリッドナノ結晶に関する研究,1999年04月 ~ 継続中

    静電吸着法,共沈法,共役高分子,ナノ結晶,金属ナノ粒子,ハイブリッド

  • フラーレン微結晶に関する研究,2006年04月 ~ 継続中

    再沈法,形態制御,フラーレン,微結晶,ハイブリッド,ポリマー化

  • 有機半導体ナノ結晶を用いた有機太陽電池の構造制御,2010年09月 ~ 2015年08月

    有機半導体ナノ結晶 有機太陽電池

  • ハイブリッド粒子による高性能キャパシタ電極,2012年12月 ~ 2015年03月

    キャパシタ電極

論文 【 表示 / 非表示

  • ペロブスカイト量子ドットの作製法とその評価,日本画像学会誌,60(5) 528-536,2021年10月

    佐藤 亮太,増原 陽人,*

    共著(国内のみ)

  • Photoconductivity of Micrometer Long Organic Single Crystal Fiber Array Prepared by Evaporation-Induced Self-Assembled Method,Israel Journal of Chemistry,61 ,2021年10月

    Jun Matsui,* Kazuki Ebata, Masaki Takeda, Kim Ngan Hua, Hiroshi Katagiri, Ken-ichi Nakayama, Akito Masuhara, Cigdem Yumusak, Philipp Stadler, Markus Clark Sharber, Matthew Schuette White, Niyazi Serda...

    共著(海外含む)

  • Gel Permeation Chromatography Process For Highly Oriented Cs3Cu2I5 Nanocrystal Film,scientific reports,2021年08月

    Yu-Hong Cheng, Rikuo Suzuki, Narumi Shinotsuka, Hinako Ebe, Naoaki Oshita, Ryohei Yamakado, Takayuki Chiba, Akito Masuhara, Junji Kido

    単著

  • Effect of Surface Silanol Density on the Proton Conductivity of Polymer-Surface-Functionalized Silica Nanoparticles,ACS Sustainable Chemistry & Engineering,9(30) 10093-10099,2021年08月

    Kazuki Koseki, Toshihiko Arita, Keisuke Tabata, Tomohiro Nohara, Ryota Sato, Shusaku Nagano, Akito Masuhara

    単著

  • Aging effect on the co-crystallization behavior of the donor and acceptor crystals in aqueous dispersion,Materials Advances,2 2935-2942,2021年03月

    Masaki Takeda, Jun Matsui, Akito Masuhara

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 化学と工業,公益社団法人 日本化学会,2020年09月

    増原 陽人

  • 化学と工業,公益社団法人 日本化学会,2020年09月

    増原 陽人

  • ホソカワ粉体工学振興財団年報 27巻,公益財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団  ,2020年04月

    梅本 和輝, 増原 陽人 

  • ホソカワ粉体工学振興財団年報 27巻,公益財団法人 ホソカワ粉体工学振興財団,2020年04月

    梅本 和輝, 増原 陽人

  • あずまね 第37号,九里学教育研究所,2020年03月

    増原陽人

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 次世代発光材料の合成法,化学と工業,73(9) 699,2020年09月

    増原 陽人

  • 無加湿でも起動可能な燃料電池用電解質膜材料を開発〜イオン液体からなる新規材料〜,高分子学会,高分子,69(6) ,2020年06月

    鈴木 亨奈, 佐藤 亮太, 有田 稔彦, 増原 陽人

  • 無加湿でも起動可能な燃料電池用電解質膜材料を開発〜イオン液体からなる新規材料〜,高分子,69(6) 300,2020年06月

    鈴木 亨奈, 佐藤 亮太, 有田 稔彦, 増原 陽人

  • ペロブスカイトナノ結晶のオストワルド熟成の解明,ホソカワ粉体工学振興財団年報,27 145-149,2020年

    梅本 和輝, 増原 陽人

  • 機能性フィラーを導入した個体高分子電解質膜 ,高分子学会,高分子,68(4) 168-169,2019年04月

    志藤 慶治,増原 陽人

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,電磁波調整用分散体、電磁波調整素子及び電磁波調整用分散体の製造方法,森 俊介, 森 俊介,増原 陽人, 志藤 慶治, 飯野 達哉, 木村 綾花, 森下 芳伊, 神谷 幸男

    出願番号( 特願2017-001709 ) ,日立化成株式会社,日本国

  • 特許,イオン交換膜及び電池並びにその製造方法,有田稔彦、増原陽人、松井淳、志藤慶治

    出願番号( 特願2015-157669 ) ,日本国

  • ,イオン交換膜及び電池並びにその製造方法,有田 稔彦, 増原 陽人, 松井 淳, 志藤 慶治

    出願番号( 特願2015-157669 ) 公開番号( 特開2017-037762 ) 登録番号( 特許6736827 ) ,国立大学法人東北大学, 国立大学法人山形大学,日本国

  • 特許,導電性ポリマー被覆フラーレン粒子及びその製造方法、並びに、導電性ポリマー被覆フラーレン粒子を用いた有機薄膜太陽電池,有田稔彦、増原陽人、渡部大輝

    出願番号( 2014-038820 ) ,日本国

  • 特許,Method of Bioimaging Using Nanocrystals of Fluorescent Dyes,Paras N. Prasad, Koichi Baba, Haridas Pudavar, Indrajit Roy, Tymish Ohulchanskyy, Hachiro Nakanishi, Akito Masuhara, and Hitoshi Kasai

    出願番号( 2007086949 ) ,アメリカ合衆国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2021年度第3回「物質・デバイス共同研究賞」,2021年09月28日,日本国,物質・デバイス領域共同研究拠点,増原陽人

  • 山形大学起業家育成ビジネスプランコンテスト NEDO賞,2019年11月26日,日本国,新エネルギー・産業技術総合開発機構,Nano EX 増原陽人

  • SNN Society for Nanoscience and Nanotechnology Best Contribution Award for Young Scientists ,2011年09月09日,アイルランド,ICONO12 ICOPE2011,Akito Masuhara

  • 日本化学会 第61回コロイドおよび界面化学討論会ポスター賞,2008年09月08日,日本国,日本化学会,増原陽人

  • (財)本多記念会 第48回原田研究奨励賞,2008年07月07日,日本国,(財)本多記念会,増原陽人

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,フィラー充填3次元ナノ構造による新規無加湿駆動型電解質膜の創生

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,オストワルド熟成の解明による有機・無機ペロブスカイトナノ結晶のサイズ制御

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,オストワルド熟成の解明による有機・無機ペロブスカイトナノ結晶のサイズ制御

    移動現象および単位操作関連

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,フィラー充填3次元ナノ構造による新規無加湿駆動型電解質膜の創生

  • 若手研究(B),2005年04月 ~ 2007年03月,C60ナノ結晶と金属ナノ粒子からなるハイブリッドナノ結晶の作製とその光学特性

    フラーレン微結晶をコアとし,その表面(シェル)を金属でコートとしたハイブリットナノ結晶の作製法を確立し,それに伴う光学特性を研究。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 連続フロー量子ドット合成技術による次世代ディスプレイ発光材料の製造,2021年08月 ~ 2022年04月,連続フロー量子ドット合成技術による次世代ディスプレイ発光材料の製造

    国立研究開発法人科学技術振興機構

  • 平成24年度第1回復興促進プログラム(マッチング促進),2012年10月 ~ 2015年03月,次世代キャパシタ用ハイブリッドナノ電極(カーボンナノ材料−マンガン酸化物)の製造技術開発

    科学技術振興機構

  • 研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム  フィージビリティスタディ【FS】ステージ,2011年12月 ~ 2012年07月,有機薄膜太陽電池を指向した有機半導体ナノ結晶の薄膜化

    独立行政法人 科学技術振興機構

  • 公益財団法人旭硝子財団 自然科学系「研究奨励」,2011年07月 ~ 2013年03月,ウェットプロセスによる有機半導体ナノ結晶・粒子の作製とそれらによる太陽電池の高性能化

    民間財団等

  • 公益財団法人 東京応化科学技術振興財団 「研究費の助成」,2011年07月 ~ 2012年03月,再沈法による有機半導体ナノ結晶・粒子の作製と それらを用いた有機太陽電池の高性能化

    民間財団等

全件表示 >>

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 連続フロー量子ドット合成技術による次世代ディスプレイ発光材料の製造,2021年08月 ~ 2022年03月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

  • 広い湿度環境下での駆動を指向した高分子イオン液体による電解質膜の開発,2021年05月 ~ 2022年03月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

  • 広色域ディスプレイへの導入を目指したペロブスカイト量子ドットのサイズ制御技術開発,2018年12月 ~ 2019年12月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

  • オールウェットプロセスによる新規ハニカム構造キャパシタ電極の開発,2017年10月 ~ 2018年09月,国立研究開発法人科学技術振興機構,一般受託研究

  • 有機薄膜太陽電池を指向した有機半導体ナノ結晶とその薄膜の内部構造制御,2012年 ~ 2015年,一般受託研究

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 粒子共存制御ラジカル重合法によるフィラー充填高分子電解質膜の開発,2021年04月 ~ 2022年03月,東北大学多元研物質科学研究所 有田稔彦助教授,国内共同研究

  • 超音波ビーズミル法によるペロブスカイトナノ結晶の創成とその粉砕挙動の解明,2021年04月 ~ 2022年03月,東北大学多元研物質科学研究所 久志本 築 助教,国内共同研究

  • 高性能ペロブスカイトナノ結晶の合成プロセス開発とその発光挙動の解明,2021年04月 ~ 2022年03月,北海道大学 電子科学研究所 雲林院 宏教授,国内共同研究

  • 高性能ペロブスカイトナノ結晶の合成プロセス開発とその発光挙動 の解明,2020年04月 ~ 2021年03月,北海道大学 電子科学研究所 雲林院 宏教授,国内共同研究

  • 超音波ビーズミル法によるペロブスカイトナノ結晶の創成とその粉砕挙動の解明,2020年04月 ~ 2021年03月,東北大学多元研物質科学研究所 加納 純也教授,国内共同研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第24回ヨウ素学会シンポジウム,国内会議,2021年09月,オンライン,ボトムアップ及びトップダウン手法による ヨウ素含有ペロブスカイトナノ結晶の作製とその評価,口頭発表(招待・特別)

  • MNC 2021,国際会議,2021年10月,online,Blue-emissive perovskite quantum dots with superior optical properties,ポスター発表

  • MNC 2021,国際会議,2021年10月,online,Multi polymer layer-coated silica nanoparticles for polymer electrolyte membrane prepared by RAFT polymerization with particles,ポスター発表

  • MNC 2021,国際会議,2021年10月,online,Establishing precise control conditions emission wavelength on perovskite quantum dots by crystal lattice distortion,口頭発表(一般)

  • Smasys2021,国際会議,2021年10月,online,1 nm order control of the emission wavelength on perovskite quantum dots by crystal lattice distortion,口頭発表(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • ペロブスカイト量子ドットのカラーフィルターへの応用,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,共同研究

  • キャパシタ用電極材料の開発,未設定,受託研究,共同研究

  • ナノ粒子(結晶)の薄膜化技術の開発,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究,その他

  • ナノ結晶を用いた有機薄膜太陽電池の開発,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究,その他

  • ナノ粒子(結晶)作製技術の開発,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究,その他

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会 有機分子・バイオエレクトロニクス分科会,常任幹事(企画・編集),2009年04月 ~ 2011年03月

  • 高分子学会,特定テーマ 発起人,2010年09月

  • 応用物理学会,第29回応用物理学会 講演奨励賞審査,2010年09月

  • 応用物理学会,プログラム編集委員 12.12特定テーマ「次元制御有機ナノ材料」,2011年03月

  • 応用物理学会,第58回応用物理学関係連合講演会,講演奨励賞審査(震災により中止),2011年03月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • アイ・アンド・ピー株式会社 コンサルタント業務,2012年04月 ~ 2014年04月

  • 第2回ソフトデザインドマテリアル研究会主催,2010年06月

  • ソフトデザインドマテリアル研究会,2009年10月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示