基本情報

写真a

姜 時友

KANG Siu


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3738

研究室FAX

0238-26-3738

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 生命、健康、医療情報学

  • ライフサイエンス / 神経科学一般

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 明治大学  理工学研究科  基礎理工学専攻

    修士課程,2001年03月,修了

  • 玉川大学  工学研究科  生産開発工学専攻

    博士課程,2004年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),玉川大学,2004年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会,特別研究員(DC2),2003年04月 ~ 2004年03月

  • 日本学術振興会,特別研究員(PD),2004年04月 ~ 2005年03月

  • 独立行政法人理化学研究所・脳科学総合研究センター・脳回路機能理論研究チーム,研究員,2005年04月 ~ 2010年02月

  • 理研BSI-TOYOTA連携センター,兼務研究員,2007年11月 ~ 2010年02月

  • 独立行政法人理化学研究所・脳科学総合研究センター・脳回路機能理論研究チーム,客員研究員,2010年03月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経科学学会

  • 北米神経科学学会

  • 日本神経回路学会

  • 日本物理学会

  • 日本シミュレーション学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1) 神経細胞および神経回路のシミュレーション
    (2) 神経データ解析
    (3) 医用画像処理
    (4) 人工知能技術を用いたシステム開発
    (5) 数理モデリングとシミュレーション工学

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 情報幾何学を用いた神経活動の同期解析法の確立と実践,1999年11月 ~ 2002年12月

    神経データ解析, 神経スパイク統計

  • 大脳皮質神経回路の自己組織化に関する研究,2004年01月 ~ 継続中

    神経回路シミュレーション, スパイクタイミング依存可塑性, 自発的UP-DOWN状態

  • 海馬回路網に関する研究,2006年04月 ~ 2011年

    神経回路シミュレーション, シナプス可塑性, 論理演算子

  • 睡眠相変遷過程における神経ダイナミクス,2006年04月 ~ 2011年

    睡眠, 神経データ解析, 集団神経活動, 大脳新皮質, 海馬

  • 眼優位性活動における経験依存可塑性に関する研究,2006年07月 ~ 2013年

    臨界期発達過程, 視覚野, スパイクタイミング依存可塑性, 神経回路シミュレーション

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Noncanonical function of the Sex lethal gene controls the protogyny phenotype in Drosophila melanogaster.,Scientific reports,12(1) 1455,2022年01月

    Seong KH, Kang S

    共著(国内のみ)

  • Reduction of the ERP Measurement Time by a Weighted Averaging Using Deep Learning,Proceedings of the 43rd Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine & Biology Society,2021年08月

    Aoi Yoshida, Hikaru Sato, Siu Kang, Bunnoshin Ishikawa, Tadanori Fukami

    共著(国内のみ)

  • A prediction algorithm of drosophila lifespan toward high-throughput screening in genetic research,International Conference on Simulation Technology (JSST2021),1-4,2021年08月

    Masaya Hata, Ki-Hyeong Seong, Siu Kang

    共著(国内のみ)

  • The Drosophila Individual Activity Monitoring and Detection System (DIAMonDS),eLife,2020年11月

    Ki-Hyeon Seong, Taishi Matsumura, Yuko Simada-Niwa, Ryusuke Niwa, Siu Kang

    共著(国内のみ)

  • CNNを用いたイオフルパンSPECTからの特異的結合比の推定,日本医用画像工学会大会予稿集,39回 431-435,2020年09月

    久根崎 遥加, 岩渕 怜, 荒木 啓史, 姜 時友, 湯浅 哲也, 松田 博史

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 大脳皮質神経細胞集団の形成―シナプス可塑性とその先,医学書院,BRAIN and NERVE-神経研究の進歩,60(7) 763-770,2008年07月

    深井 朋樹, 姜 時友, 北野 勝則, 寺前 順之介

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 2019年度 日本シミュレーション学会 奨励賞,2019年11月,日本国,日本シミュレーション学会,松村 泰志, 湯浅 哲也, 姜 時友

  • International Conference on Simulation Technology (JSST2018) Student Presentation Award,2019年10月,日本国,日本シミュレーション学会,松村 泰志, 湯浅 哲也, 姜 時友

  • International Conference on Simulation Technology (JSST2015), Outstanding Presentation Award,2015年,日本国,JSST,Siu Kang

  • 理化学研究所研究奨励賞,2010年03月25日,日本国,独立行政法人理化学研究所,矢崎-杉山陽子, 姜 時友

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,閾値下共鳴を示す神経細胞から成るネットワークのダイナミクス

  • 特定領域研究,2008年04月 ~ 2010年03月,大脳皮質神経回路の自己組織化における調整因子としての抑制回路の解明

  • 若手研究(B),2007年04月 ~ 2009年03月,ラット大脳多電極同時記録から得た集団神経活動による睡眠相変遷ダイナミクスの解明

  • 特別研究員奨励費,2003年04月 ~ 2005年03月,多細胞スパイク活動の情報幾何学的解析手法の確立と実験データ解析への応用

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 成長期の栄養履歴が後期ライフステージに与える機能低下のメカニズム,2020年04月 ~ 2021年03月,国立大学法人京都大学,一般受託研究

  • 個体ごとの一生を自動記録する「ショウジョウバエ個体別活動自動測定システム」の開発と、このシステムを用いた測定、そしてその応用技術の開発②,2019年04月 ~ 2020年03月,国立大学法人京都大学,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第39回日本医用画像工学会大会(JAMIT2020),国内会議,2020年09月,脳波信号への深層学習適用による標的刺激の推定,ポスター発表

  • 第64回日本応用動物昆虫学会大会,国内会議,2020年03月,名古屋,キイロショウジョウバエ雌性先熟(Protogyny)表現型の分子機構の解明,口頭発表(一般)

  • 第42回分子生物学会年次大会,国際会議,2019年12月,福岡,キイロショウジョウバエの初交尾タイミング決定機構の解明に向けた新規アプローチ,ポスター発表

  • SmaSys2019,国際会議,2019年10月,Automatic detection system for morphological- and behavioral- transitions of drosophila,口頭発表(一般)

  • 日本遺伝学会第91回大会,国内会議,2019年09月,福井,A study on first mating timing in drosophila melanogaster,ポスター発表

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本シミュレーション学会,International Conference on Simulation Technology (JSST2010)実行委員,2010年

  • 日本シミュレーション学会,International Conference on Simulation Technology (JSST2010)におけるセッションオーガナイザー「Neural Network Simulation」,2010年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 科学フェスティバル2016への出展,2016年

  • 科学フェスティバル2012への出展,2012年

  • 科学フェスティバル2011への出展,2011年

  • オープンキャンパス出展,2010年 ~ 継続中