2023/11/30 更新

写真a

ミツジ カズヤ
三辻 和弥
MITSUJI Kazuya
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0238-26-3351
 
ホームページ
 
部局ホームページ
 

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災) / 建築構造、材料

出身大学

  • 東北大学  工学部  建築学科

    1993年03月,卒業

出身大学院

  • 東北大学  工学研究科  都市・建築学専攻

    修士課程,1995年03月,修了

取得学位

  • 博士(工学),東北大学,2005年03月

所属学会・委員会

  • 日本建築学会

  • 地盤工学会

  • 日本地震工学会

  • 日本地すべり学会

 

研究テーマ

  • ・建築基礎構造の設計、開発に関する研究
    ・表層地盤の地震波動伝播特性に関する研究
    ・建築物及び地盤の地震被害メカニズムの解明とその対策

論文

  • Dynamic behavior of a pile-foundation building with the effect of irregular pile-supporting stratum,16th World Conference on Earthquake Engineering,Paper No.1922 ,2017年01月

    Kazuya Mitsuji, Masato Motosaka, Susumu Ohno, Mai Tadokoro

    共著(海外含む)

  • Snow Load Effect to Vibration Characteristics of Japanese Traditional Wooden Main Temple Building and Three-story Pagoda Based on Ambient Vibration and Earthquake Observation Records,The 13th International Conference on Structural Analysis of Historical Constructions,2023年09月

    Kazuya Mitsuji, Toshikazu Hanazato, Yasushi Niitsu

    共著(国内のみ)

  • Amplitude dependence of natural frequency of the damaged RC building based on observed earthquake records,3rd European Conference on Earthquake Engineering & Seismology,2022年09月

    Kazuya Mitsuji and Ami Satoh

    共著(国内のみ)

  • ATTEMPT TO ESTIMATE LOCAL SITE EFFECT OF YAMAGATA BASIN BY DENSE MICROTREMOR MEASUREMENT,17th World Conference on Earthquake Engineering,2020年09月

    Kazuya Mitsuji, Susumu Ohno

    共著(国内のみ)

  • VARIATION OF DYNAMIC CHARACTERISTICS OF MULTI-LAYER WOODEN BUILDING BASED ON CONTINUOUS OBSERVED RECORDS,17th World Conference on Earthquake Engineering,2020年09月

    Kazuya Mitsuji, Hiroyuki Adachi

    共著(国内のみ)

  • 観測記録に基づく積雪および地震荷重による多層木造建物の振動特性の変動について,日本建築学会東北支部研究報告集. 構造系,(82) 41-44,2019年06月

    三辻 和弥

    単著

  • Estimate of Local Site Effect with Irregular Seismic Bedrock for Earthquake Engineering Based on Microtremor Measurement,16th European Conference on Earthquake Engineering,2018年06月

    Kazuya Mitsuji, Susumu Ohno, and Masato Motosaka

    共著(海外含む)

  • γ‐Ce2S3およびβ‐Ce2S3における電磁波吸収性能の研究 (その1)希土類元素における電磁波環境把握,日本建築学会東北支部研究報告集. 計画系,(81) 3-4,2018年06月

    日高 貴志夫, 吉本 尚起, 三辻 和弥, 永井 康雄, 平井 伸治

    単著

  • 多層木造建物における常時微動および地震観測記録の分析,日本建築学会東北支部研究報告集. 構造系,(81) 15-18,2018年06月

    三辻 和弥, 今野 達也

    単著

  • DAMAGE SURVEY AND OBSERVED DATA ANALYSIS OF LONG RC BUILDING WITH IRREGULAR PILE SUPPORTING STRATUM AFTER THE 2011 TOHOKU EARTHQUAKE,Second European Earthquake Engineering and Seismology,2014年09月

    K. Mitsuji, S. Ohno and M. Motosaka

    共著(海外含む)

  • Building damage during the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake,Soils and Foundations,2012年10月

    M. Motosaka and K. Mitsuji

    共著(海外含む)

  • Basic Study of Ventilation Using Semi-Transparent Organic Photovoltaic Sheets for Solar Chimney Systems,TECHNOLOGIES,6(4) ,2018年12月

    Hidaka Kishio, Miyazawa Akari, Hu Hong, Mitsuji Kazuya, Nagai Yasuo, Yoshimoto Naoki, Suenaga Yuko

    単著

  • Observed Data Analysis of Earth Pressure During Earthquake of Retaining Wall of A Base-isolated Building,16th European Conference on Earthquake Engineering,2018年06月

    Kazuya Mitsuji, Susumu Ohno, and Masato Motosaka

    共著(海外含む)

  • Development of Structural Health Monitoring System combined with Earthquake Early Warning System for Real-time Earthquake Information Navigation,16th World Conference on Earthquake Engineering, Paper No.803 ,2017年01月

    Masato Motosaka, Susumu Ohno, Kazuya Mitsuji, Xin Wang, Tomoki Hatakeyama

    共著(海外含む)

  • 中学校技術科教育への「建築構造」の導入の試み その2 アーチ橋の製作実習,日本産業技術教育学会東北支部研究論文集,8 13-17,2015年12月

    三辻和弥、吉田萌、河合康則、庄司成利

    共著(国内のみ)

  • Modal Identification of A Heavily Damaged Nine-story Steel-reinforced Concrete Building by Ambient Vibration Measurements,日本地震工学会論文集,15(3) 78-94,2015年09月

    Kahori IIYAMA, Satoshi KURITA, Masato MOTOSAKA, Kazuki CHIBA, Hiroki HIRAMATSU, Kazuya MITSUJI

    共著(海外含む)

  • Damaged Story Detection and Modal Properties of a RC Building Subjected to 2011 TOHOKU Earthquake,日本地震工学会論文集,15(3) 61-77,2015年09月

    Kahori IIYAMA, Satoshi KURITA, Masato MOTOSAKA, Kazuki CHIBA, Yuta SAKURADA, Kazuya MITSUJI

    共著(海外含む)

  • Long-term Monitoring of Amplitude Dependent Dynamic Characteristics of a Damaged Building During the 2011 TOHOKU Earthquake,日本地震工学会論文集,15(3) 1-16,2015年09月

    Masato MOTOSAKA, Tsoggerel TSAMBA, Kazushi YOSHIDA, Kazuya MITSUJI

    共著(海外含む)

  • MICROTREMOR FIELD TESTING TO ESTIMATE LOCAL SITE RESPONSE OF BASIN STRUCTURE INCLUDING ALLUVIAL FAN,Second European Earthquake Engineering and Seismology,2014年08月

    K. Mitsuji

    単著

  • 東北地方太平洋沖地震における被災建物の振幅依存振動特性の長期モニタリング,日本地震工学論文集,12(5) 117-132,2012年10月

    源栄正人、ツァンバ ツォグゲル、吉田和史、三辻和弥

    共著(国内のみ)

  • 多点同時微動計測に基づく大破した9階建てSRC 造建物のモード特性の同定,日本地震工学論文集,12(5) 225-242,2012年10月

    飯山かほり、栗田哲、源栄正人、千葉一樹、平松大樹、三辻和弥

    共著(国内のみ)

  • 2011年東北地方太平洋沖地震で損傷した鉄筋コンクリート造3階建て建物のモード特性と損傷階の推定,日本地震工学論文集,12(5) 207-224,2012年10月

    飯山かほり、栗田哲、源栄正人、千葉一樹、櫻田佑太、三辻和弥

    共著(国内のみ)

  • Preliminary Investigation of the Pile-foundation Buildings Leaned By Damage in the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake,15th World Conference on Earthquake Engineering,2012年09月

    K. Mitsuji , Z. Liu, et. al

    共著(海外含む)

  • Site Specific Ground Motion Amplification Study in Sendai Basin for Seismic Design Based on Observation Records During the 2011 Tohoku Earthquake,15th World Conference on Earthquake Engineering,2012年09月

    T. Tsamba, M. Motosaka and K. Mitsuji

    共著(海外含む)

  • Dynamic Soil-structure Interaction of High-rise Building with Massive Foundation -Correlation Between Shear Forces of Building and Foundation-,15th World Conference on Earthquake Engineering,2012年09月

    K. Mitsuji and K. Fujiwara

    共著(海外含む)

  • Strong-motion characteristics in Sendai city during the 2011 Tohoku earthquakes, Japan,15th World Conference on Earthquake Engineering,2012年09月

    S. Ohno, M. Motosaka, A. Shibayama and K. Mitsuji

    共著(海外含む)

  • Field Investigation and Dynamic Analysis of Damaged Structure on Pile Foundation during the 2011 off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake,15th World Conference on Earthquake Engineering,2012年09月

    M. Yamazoe, J. Sakuta, K. Mitsuji and M. Maeda

    共著(海外含む)

  • Amplitude Dependent Dynamic Characteristics of a Damaged 9-story Building During the 2011 off the Pacific Coast Tohoku Earthquake,15th World Conference on Earthquake Engineering,2012年09月

    M. Motosaka, T. Tsamba, K. Mitsuji and T. Kashima

    共著(海外含む)

  • 東北地方太平洋沖地震による被害調査報告:地域別編 宮城県内陸 -仙台市内の造成宅地を中心に-,地盤工学ジャーナル,2012年05月

    若井明彦、佐藤真吾、三辻和弥、森友宏、風間基樹、小関潤一

    共著(国内のみ)

  • Dynamic Characteristics of a Damaged 9-Story Building During the 2011 Off the Pacific Coast Tohoku Earthquake,9th International Conference on Urban Earthquake Engineering/ 4th Asia Conference on Earthquake Engineering,2012年04月

    Masato Motosaka, Tsoggerel Tsamba, Kazushi Yoshida and Kazuya Mitsuji

    共著(海外含む)

  • Site Response Characteristics in Sendai City Estimated from Acceleration Records of the 2011 Tohoku Earthquake, Japan,Proceedings of the International Symposium on Engineering Lessons Learned from the 2011 Great East Japan Earthquake,,2012年03月

    Susumu Ohno, Masato Motosaka, Kazuya Mitsuji and Akihiro Shibayama

    共著(海外含む)

  • Microtremor Measurements of the High-rise Buildings Leaned by the 2011 Off the Pacific Coast of Tohoku Earthquake,Proceedings of the International Symposium on Engineering Lessons Learned from the 2011 Great East Japan Earthquake,2012年03月

    K. Mitsuji, Z.Liu, S.Ohno and M.Motosaka

    共著(海外含む)

  • 2008 年岩手・宮城内陸地震において表層地盤の地震応答特性が低層RC造学校建物の被害に与えた影響,日本地震工学会論文集,2011年11月

    三辻和弥、前田匡樹、松川和人、中神宏昌

    共著(国内のみ)

  • リアルタイム地震観測ネットワークを用いた地震動予測に関する研究 ―前線の波形情報を用いた最大値指標の予測,地域安全学会論文集,2011年11月

    萩原 由訓,源栄 正人,三辻 和弥,野畑 有秀

    共著(国内のみ)

  • 2008年岩手・宮城内陸地震で小被害を受けたRC造学校建物の地震時応答に関する研究 ~基礎梁の埋込み分による側面地盤ばねの影響を考慮した検討~,日本建築学会構造系論文集,2011年02月

    山添正稔,前田匡樹,三辻和弥,岡野 創

    共著(国内のみ)

  • 2008年岩手・宮城内陸地震における低層RC造建物の被害と地盤振動特性の関係,第13回日本地震工学シンポジウム,2010年11月

    三辻和弥,松川和人,前田匡樹

    共著(国内のみ)

  • Discussion on the damage of the RC buildings in the Iwate-Miyagi Nairiku Earthquake in 2008 from the geotechnical point of view,the Fourth Japan-Taiwan Joint Workshop, Geotechnical Hazards from Large Earthquakes and Heavy Rainfalls,2010年11月

    Mitsuji, K., Maeda, M. and Matsukawa, K.

    共著(海外含む)

  • 直接基礎滑りを考慮した木造住宅の地震時被害推定手法の高度化に関する研究,第13回日本地震工学シンポジウム,2010年11月

    松川和人,三辻和弥,前田匡樹

    共著(国内のみ)

  • Dynamic Characteristics of Japanese Traditional Wooden Houses with Atrium Based on Microtremor Measurements,14th European Conference of Earthquake Engineering,2010年08月

    Mitsuji K., Nagai Y., Sasaki T

    共著(海外含む)

  • Three-dimensional Motion Estimation of the RC Building with Irregular Plan Based on Microtremor Measurements ,14th European Conference of Earthquake Engineering,2010年08月

    Mitsuji, K., Motosaka, M., Takahashi, Y. and K. Tsukamoto

    共著(海外含む)

  • 直接基礎の地表面での滑りを考慮した鉄筋コンクリート造学校建築物の地震時被害推定に関する研究,コンクリート工学年次論文報告集,2010年07月

    松川和人,三辻和弥,前田匡樹

    共著(国内のみ)

  • Comparison of the Vibration Characteristics of the Low-Rise RC Building Before and After Seismic Retrofit,5th World Conf. Structural Control and Monitoring,2010年07月

    Mitsuji, K., Motosaka, M., Takahashi, Y. and K. Tsukamoto

    共著(海外含む)

  • 常時微動観測に基づく江戸中期三重塔の振動特性推定,歴史都市防災論文集,2010年06月

    三辻和弥,永井康雄,佐々木達夫,クアドラ・カルロス

    共著(国内のみ)

  • Estimation of Ground Motion and Seismic Response of RC Buildings Damaged in the 2008 Iwate-Miyagi Nairiku Earthquake,the 2009 Asian-Pacific of Network of Centers for Earthquake Engineering Research (ANCER) Workshop,2009年08月

    Mitusji K., M. Maeda, H. Nakagami and K. Matsukawa

    共著(海外含む)

  • 「枠の内」を持つ古民家の常時微動観測,歴史都市防災論文集,2009年06月

    三辻和弥,永井康雄,佐々木達夫

    共著(国内のみ)

  • 昭和時代初期における木杭に関する一考察-木杭の先端支持力と周面摩擦力分担率の再検討-,日本建築学会技術報告集 ,2009年02月

    杉村義広,三辻和弥

    共著(国内のみ)

  • 建築物震災復旧支援システムの開発,日本建築学会技術報告集,2008年10月

    菅原裕太,三辻和弥,前田匡樹

    共著(国内のみ)

  • Development of Supporting System for Quick Inspection and Restoration of Earthquake Damaged Buildings,14th World Conference on Earthquake Engineering ,2008年09月

    Maeda M., Y. Sugawara and K. Mitsuji

    共著(海外含む)

  • Numerical Simulations for Development of Liquefaction Countermeasures by Use of Partially Saturated Sand,14th World Conference on Earthquake Engineering,2008年09月

    Mitsuji K

    単著

  • A Seicmic Upgrading Technique for Timber Structure with Visco-Elastic Tape,14th World Conference on Earthquake Engineering ,2008年09月

    Mitsuji K., M. Maeda, J. Tonegawa, Y. Tanabe and T. Sato

    共著(海外含む)

  • 耐震診断結果に基づく宮城県のRC造学校建築物の地震時被害推定,コンクリート工学年次論文集 ,2007年07月

    菅原 裕太 , 前田 匡樹 , 三辻 和弥

    共著(国内のみ)

  • 不飽和砂による液状化地盤の地震応答低減効果と杭の水平抵抗に与える影響,第12回日本地震工学シンポジウム ,2006年11月

    三辻和弥

    単著

  • ポリエステル繊維織物を用いた木造住宅の耐震補強効果に関する振動実験,第12回日本地震工学シンポジウム ,2006年11月

    小原学, 佐藤晃章, 内田崇彦,三辻和弥, 前田匡樹, 五十嵐俊一

    共著(国内のみ)

  • 粘弾性体テープを用いた木造住宅の制振工法に関する実験的研究,第12回日本地震工学シンポジウム,2006年11月

    利根川純平,田邊裕介, 三辻和弥,前田匡樹,佐藤孝典

    共著(国内のみ)

  • Dynamic Soil-Structure Interaction in Low-Rise Buildings From Seismic Records,5th International Conference on Case Histories in Geotechnical Engineering,2004年04月

    Mitsuji, K., M.B. Karkee and Y. Sugimura

    共著(海外含む)

  • 1995年兵庫県南部地震による既製コンクリート杭の被害様相についての一考察,日本建築学会構造系論文集,2003年08月

    杉村義広,カルキー マダン,三辻和弥

    共著(国内のみ)

  • Dynamic soil-structure interaction of three-storied buildings considering effects of surface irregularity,4th International Conference of Earthquake Engineering and Seismology,2003年05月

    Mitsuji, K. and Y. Sugimura

    共著(海外含む)

  • Consideration of vertical motion in the evaluation of liquefaction from observed seismic data,12th European Conference on Earthquake Engineering,2002年07月

    Mitsuji, K., M. B. Karkee, and Y. Sugimura

    共著(海外含む)

  • Evaluation of the seismic risk of the residential fill land in 1993 Kushiro-oki earthquake using GIS,Proceedings of the 8th East Asia Pacific Conference on Structural Engineering and Construction ,2001年12月

    Mitsuji, K., S. Shikato, Y. Sugimura and K. Sasaki

    共著(海外含む)

  • Effect of the spatial variation in the hydrogeotechnical properties on the dynamic response of porous soil media,8th ASCE Specialty Conference on Probabilistic Mechanics and Structural Reliability ,2000年08月

    Mitsuji K., Y. Sugimura and M.B. Karkee

    共著(海外含む)

  • Fundamental study on dynamic response of porous media with random variables,12th World Conference on Earthquake Engineering ,2000年08月

    Mitsuji K. and Y. Sugimura

    共著(海外含む)

  • Wave propagation in saturated ground using the volume fractions,Acta Mechanica Solida Sinica,1999年02月

    Chen, R., K. Mitsuji, S. Xue, Y. Sugimura and M. Izumi

    共著(海外含む)

  • 周波数領域での情報を考慮した二相混合体の時間領域での基本特性,第10回日本地震工学シンポジウム,1998年11月

    三辻和弥, 薛松涛, 杉村義広

    共著(国内のみ)

  • Dynamic response of porous media with variable porosity,2nd International Symposium on the Effect of Surface Geology on Seismic Motion,1998年09月

    Mitsuji K., S. Xue and Y. Sugimura

    共著(海外含む)

  • Wave propagation in layered ground considering the compressibilities of the constituents,Transaction of the 14th International Conference on Structural Mechanics in Reactor Technology,1997年09月

    Mitsuji K., S. Xue and Y. Sugimura

    共著(海外含む)

  • 媒質の圧縮性を考慮した二相混合体の波動伝播特性,構造工学論文集,1997年03月

    三辻和弥, 薛松涛, 杉村義広

    共著(国内のみ)

  • Wave propagation in fluid-saturated ground by use of immiscible mixture theory,11th World Conference on Earthquake Engineering,1996年09月

    Mitsuji K., S. Kurita and M. Izumi

    共著(海外含む)

  • Constitutive model of immiscibly compressible porous soil: On the determination of parameters and the application to wave propagation(共著),Proceedings of the 5th East Asia Pacific Conference on Structural Engineering and Construction,1995年08月

    Mitsuji K., S. Xue and S. Kurita and M. Izumi.

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • 東日本大震災合同調査報告 建築編5 建築基礎構造/津波の特性と被害 第4章4.3節,第5章5.1.2~5.1.4節,5.1.14節,5.3.1節,日本建築学会,2015年03月

    三辻和弥

  • 東日本大震災合同調査報告 共通編3 地盤災害 第3章3.3 宮城県及び仙台市全体 3.3.1 仙台市(1)青葉区,地盤工学会,2014年06月

    三辻和弥

  • 日本建築学会東北支部 2011年東日本大震災災害調査報告 第4章地盤・基礎の被害、第8章3節津波により転倒した建築物,日本建築学会東北支部,2013年05月

    三辻和弥 他

  • 2011年東北地方太平洋沖地震災害調査速報,日本建築学会,2011年08月

    三辻和弥

  • 高支持力杭の耐震安全性に関する検討委員会報告書,日本建築学会,2010年05月

    三辻和弥他

  • 2008年岩手・宮城内陸地震被害調査報告書,地盤工学会,2009年03月

    三辻和弥

  • 2003年5月26日宮城県沖の地震災害調査報告,日本建築学会,2004年05月

    三辻和弥

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 津波による転倒・流失した建物の調査,総合土木研究所,基礎工2012年12月号特集:2011 東日本大震災の教訓と復旧-建築物と産業施設-,2012年12月

    杉村義広、三辻和弥

  • 特別記事 東日本大震災の被害報告-その12 地盤による被害とその対策,建築技術,(752) 40-45,2012年09月

    三辻和弥、田中礼治

  • 特集:東日本大震災における建築物の被害報告 Part1 東北,11.地盤の被害状況,株式会社 建築技術,建築技術 No.740,(740) 148-151,2011年09月

    三辻和弥、源栄正人

学術関係受賞

  • 日本建築防災協会 令和2年度耐震改修優秀建築賞,2021年04月,日本国,日本建築防災協会,長井市, 長井市教育委員会, アクティオ㈱, ㈱鈴木建築設計事務所, YAMMY DESIGN 一級建築士事務所, ㈱建築設備設計研究所, 那須建設㈱ ,大竹電気工事㈱, 飯鉢工業㈱, ㈱我妻組, 山形大学三辻和弥研究室

  • 優秀修士論文賞,1995年08月,日本国,日本建築学会,三辻和弥

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2023年04月 ~ 2024年03月,ハイブリッドな地盤構造推定法の精度検証と豪雪地域への適用による被害軽減への試み

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,常時微動とボーリングデータを組合せた高精度な三次元グリッドモデル作成手法の構築

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,建築基礎構造設計のための深部および浅層地盤の動的特性評価法の提案

    建築構造および材料関連

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,リアルタイム地震観測情報を用いた即時地震動・建物応答予測の研究

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,部分構造合成理論に基づく部材・構面・建物全体の微動振動モードと損傷の新同定法

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 継続中,杭支持層が傾斜した地盤における杭基礎の耐震設計法の提案

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,杭支持層が傾斜した地盤における杭基礎の耐震設計法の提案

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2012年03月,非線形動的相互作用の観点から見た大加速度を受ける建築物の被災メカニズムの解明

    地盤と建物及び基礎構造の非線形動的相互作用について、地震被害の観点から検討し、建物設計のための指標を導入することを目的としている。地震観測、常時微動観測、振動台実験、数値解析を通して、非線形動的相互作用の影響が建物の地震被害に及ぼす影響について考察する。

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2010年03月,住宅基礎の地盤を対象とした経済的で新しい液状化対策工法の開発

    液状化対策の困難な戸建住宅の基礎地場を対象として、地盤中に空気を注入することで、飽和地盤を不飽和化して液状化を抑止する方法を検討した。数値解析を用いて不飽和地盤の液状化強度が上昇することと、その応用の可能性について検討した。

  • 若手研究(B),2005年04月 ~ 2007年03月,液状化地盤への限界耐力設計法の適用に関する研究

    液状化地盤における液状化解析手法について、限界体力設計法に応用できるような簡易評価法の開発を行った。

  • 若手研究(B),2003年04月 ~ 2005年03月,3次元地震動を考慮した液状化メカニズムに関する研究

    兵庫県南部地震で得られた地震観測記録に基づき、上下動が液状化発生に関与するメカニズムについて検討した。

全件表示 >>

研究発表

  • 日本建築学会大会,国内会議,2022年09月,小規模建築物に用いる地盤補強の水平抵抗,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2022年09月,多雪地域における木造文化財建造物の振動調査 (その2)積雪荷重を考慮した振動特性の評価,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2022年09月,多雪地域における木造文化財建造物の振動調査 ―(その1)研究概要と重量算定―,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2022年09月,小規模建築物の簡易液状化判定法の改良に向けての試み,口頭発表(一般)

  • 第57回地盤工学研究発表会,国内会議,2022年07月,木を用いた井桁状地盤改良による地盤沈下抑制効果に関する基礎的実験,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部研究報告集. 構造系,国内会議,2022年06月,地震観測記録に基づく東北地方中低層建物の動的特性の把握に関する研究,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部研究報告集. 構造系,国内会議,2022年06月,地震観測記録に基づく杭基礎RC造建物の固有振動数の変動,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2021年09月,2021年2月13日福島県沖地震における建物被害の傾向と表層地盤の振動特性,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2021年09月,三重県の歴史的大規模木造宿泊施設の構造的特徴と振動特性に関する調査,口頭発表(一般)

  • 第56回地盤工学研究発表会,国内会議,2021年07月,2021年2月13日福島県沖地震における建物被害への表層地盤の影響について,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部研究報告集. 構造系,国内会議,2021年06月,積雪期間における多層木造建物の常時微動・地震観測記録の分析,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2020年09月,FEM 解析による東北大学青葉山キャンパスの振動モード特性,口頭発表(一般)

  • 第55回地盤工学研究発表会,国内会議,2020年07月,微地形区分と常時微動観測から推定した地盤の卓越振動数の変化に関する考察,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部研究報告集. 構造系,国内会議,2020年06月,2019年6月18日山形県沖の地震における木造住宅被害への地盤非線形性の影響について,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2019年09月,小規模建築物基礎設計のための常時微動観測の利用について,口頭発表(一般)

  • 第54回地盤工学研究発表会,国際会議,2019年07月,山形盆地西部における杭基礎建物の常時微動観測,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部研究報告集. 計画系,国際会議,2019年06月,凝固相において光透過性を有する潜熱蓄熱材の基礎検討 (その2)ペリメーター部潜熱蓄熱効果の基礎的検証,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部研究報告集. 構造系,国内会議,2019年06月,観測記録に基づく積雪および地震荷重による多層木造建物の振動特性の変動について,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国際会議,2018年09月,観測記録とボーリングデータによる地盤振動特性の比較と建物の基礎構造に関する予備調査,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2018年09月,光透過型有機薄膜太陽電池の駆動によるエアフローウィンドウの検討(その1)システム概要と太陽光発電基礎物性,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2018年09月,光透過型有機薄膜太陽電池の駆動による エアフローウィンドウの検討(その2)性能評価,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2018年09月,多点同時微動測定に基づく損傷建物の梁部材の周波数特性,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2018年09月,常時微動測定に基づく軟弱地盤上の建物の振動数領域におけるスウェイ率・ロッキング率,口頭発表(一般)

  • 第53回地盤工学研究発表会,国内会議,2018年07月,観測記録と地盤ボーリングデータの比較による山形盆地西部の地盤振動特性評価の試み,口頭発表(一般)

  • 第81回日本建築学会東北支部研究報告会,国内会議,2018年06月,多層木造建物における常時微動および地震観測記録の分析,口頭発表(一般)

  • 第81回日本建築学会東北支部研究報告会,国内会議,2018年06月,γ‐Ce2S3およびβ‐Ce2S3における電磁波吸収性能の研究 (その1)希土類元素における電磁波環境把握,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2017年09月,免震建物の地下外壁に作用する地震時土圧と基礎・地盤の挙動および降雨の影響について,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2017年09月,光透過型有機薄膜太陽電池を組み込んだソーラーチムニーの検討 その2 大型模型試作と気流可視化検討,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2017年09月,光透過型有機薄膜太陽電池を組み込んだソーラーチムニーの検討 その1 システム概要と発電・換気の基礎物性,口頭発表(一般)

  • 第52回地盤工学研究発表会,国内会議,2017年07月,支持層の傾斜が杭基礎建物の地震時杭応力に及ぼす影響について,口頭発表(一般)

  • 第80回日本建築学会東北支部研究報告会,国内会議,2017年06月,山形盆地西部における地盤の常時微動観測,口頭発表(一般)

  • 第80回日本建築学会東北支部研究報告会,国内会議,2017年06月, 富山県滑川市古民家における持続可能な地域居住性に対する環境評価・計画の研究 (その1)伝統建築研究「有隣庵」における温熱環境把握,口頭発表(一般)

  • Mongolia-Japan joint seminar on “Development on Earthquake Engineering Research” within conjunction of Annual meeting/ conference on “Geotechnical issues on Buildings and Structures”,国際会議,2017年03月,The dynamic behavior of damaged pile-foundation buildings by the 2011 Tohoku Earthquake,口頭発表(招待・特別)

  • Internal Research Seminar (Research Professorship Group of Soil Mechanics and Dynamics, Mongolian University of Science and Technology) ,国際会議,2017年03月,The issue on the design guideline of building foundation,口頭発表(招待・特別)

  • 日本地震工学会・大会‐2016,国内会議,2016年11月,高知市,2016年熊本地震の被災地域における常時微動H/Vスペクトルと観測点周辺における地盤及び基礎構造の被害,ポスター発表

  • 第51回地盤工学研究会,国内会議,2016年09月,岡山市,免震建物の地下外壁に作用する地震時土圧の分析,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2016年09月,福岡市,光透過型有機薄膜太陽電池を応用したペリメーターエネルギーシステム(その2)熱線吸収ガラス組み合わせ時の性能評価,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2016年09月,福岡市,光透過型有機薄膜太陽電池を応用したペリメーターエネルギーシステム(その1)システム概要と熱アシスト発電の概要,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2016年09月,福岡市,有限要素法に基づく人間環境系建物のモデル化とスラブのモード特性,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2016年09月,福岡市,地震時土圧を含む免震建物の地震観測記録の分析,口頭発表(一般)

  • 第79回日本建築学会東北支部研究発表会,国内会議,2016年07月,東北大学青葉山キャンパスにおける地盤の常時微動観測,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部シンポジウム  東日本大震災からの復興の歩み ~これからの地震に備える~,国内会議,2015年11月,造成宅地を中心とした軟弱地盤の地震被害とその対策,口頭発表(一般)

  • 第50回地盤工学研究会,国内会議,2015年09月,長野県神城断層地震における宅地被害と表層地盤の振動特性,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2015年09月,斜層に支持された杭基礎建物の杭応力に関する一検討,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部研究報告会,国内会議,2015年06月,大空間を有する木造建物の振動特性に見られる日変動・季節変動について,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部シンポジウム 「場所によって異なる地震時の揺れ ~都市・建築の地震対策へのインパクト~」,国内会議,2015年05月,表層地盤の特性と宅地・杭基礎建物の被害,口頭発表(一般)

  • 東北地域災害科学研究,国内会議,2015年01月,山形市中心部の地盤振動特性について,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部 災害に強いまちづくりシンポジウム,国内会議,2014年10月,仙台市の造成宅地における地震被害について,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2014年09月,観測記録を用いた不整形地盤に建つ杭基礎建物の振動特性に関する検討(その1)地震被害と常時微動観測の結果,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2014年09月,観測記録を用いた不整形地盤に建つ杭基礎建物の振動特性に関する検討(その2)地震観測の結果,口頭発表(一般)

  • 第49回地盤工学会,国内会議,2014年07月,不整形な支持層に建つ杭基礎建物の基礎上での地震応答,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会東北支部研究報告会,国内会議,2014年06月,不整形な支持層に建つ杭基礎建物での観測記録の分析,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2013年08月,被災建物の解体撤去工事で引抜かれた十字型鉄筋コンクリート杭について (その1)建物被害と杭の引抜きの状況,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2013年08月,被災建物の解体撤去工事で引抜かれた十字型鉄筋コンクリート杭について (その2)補足的考察,口頭発表(一般)

  • 第48回地盤工学会,国内会議,2013年07月,被災建物に用いられていた十字型断面を持つRC杭の引抜き調査,口頭発表(一般)

  • 第47回自然災害科学総合シンポジウム,国内会議,2012年12月,2008年岩手・宮城内陸地震において地盤の非線形応答が低層RC造建物の被害に与えた影響,口頭発表(一般)

  • 日本地震工学会,国内会議,2012年11月,東北地方太平洋沖地震における杭支持層が傾斜した地盤に建つ RC 造建物の被害,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,建物の損傷に影響を与える地震動の経時特性の基礎検討,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会PD 基礎構造の地震被害と耐震設計,国内会議,2012年09月,東日本大震災における基礎被害Ⅰ(東北地方),口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,2011年東北地方太平洋沖地震により被災したRC造校舎の被害と沈下要因の検討 (その2 地震応答解析),口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,2011年東北地方太平洋沖地震により被災したRC造校舎の被害と沈下要因の検討 (その1 被害概要と杭性能),口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,前線観測点の地震情報を利用したリアルタイム地震動予測に関する研究,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,2011年東北地方太平洋沖地震を経験した建物の微動測定に基づくモード特性 (その7)仙台市内の14階建てSRC造建物,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,2011年東北地方太平洋沖地震を経験した建物の微動測定に基づくモード特性 (その6)東北大学構内の9階建てSRC造建物,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,2011年東北地方太平洋沖地震を経験した建物の微動測定に基づくモード特性 (その5)東北大学構内の3階建てRC造建物,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,2011年東北地方太平洋沖地震を経験した建物の微動測定に基づくモード特性 (その4)東北大学構内の13階建てCFT造建物,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,2011年東北地方太平洋沖地震により傾斜した建物の被害調査 (その2)常時微動観測結果,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国内会議,2012年09月,2011年東北地方太平洋沖地震により傾斜した建物の被害調査 (その1)被害の概要,口頭発表(一般)

  • シンポジウム「東日本大震災からの教訓、これからの新しい国つくり」,国内会議,2012年03月,津波により転倒した建物の基礎について その1)被害の実態調査と原因追究,口頭発表(一般)

  • シンポジウム「東日本大震災からの教訓、これからの新しい国つくり」,国内会議,2012年03月,津波により転倒した建物の基礎について その2)今後の津波対策への提言,口頭発表(一般)

  • 日本建築学会大会,国際会議,2011年08月,2011年東北地方太平洋沖地震における被害建物の地震前後の振動特性の変化,口頭発表(一般)

  • 第46回地盤工学研究発表会,国内会議,2011年07月,地震時に非線形性化する表層地盤の層厚と杭基礎構造物の地震応答への影響について,口頭発表(一般)

  • ATC3 Committee, ISSMGE, Japanese Geotechnical Society,国際会議,2010年10月,DISCUSSION ON THE DAMAGE OF THE RC BUILDINGS IN THE IWATE-MIYAGI NAIRIKU EARTHQUAKE IN 2008 FROM THE GEOTECHNICAL POINT OF VIEW,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 日本建築学会,日本建築学会災害委員会インターネットWG主査,2008年04月 ~ 継続中

  • 日本建築学会,日本建築学会基礎構造運営委員会委員,2011年07月 ~ 継続中

  • 日本建築学会,歴史的大規模木造宿泊施設の安全性能確保特別研究委員会委員,2015年04月 ~ 継続中

相談に応じられる分野