2023/12/01 更新

写真a

クロタニ レイコ
黒谷 玲子
KUROTANI Reiko
職名
准教授
生年
1971年
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0238-26-3365
 
研究室FAX
0238-26-3365
 

研究分野

  • ライフサイエンス / 分子生物学

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 医療薬学

  • ライフサイエンス / 生理学

出身大学

  • 東邦大学  理学部  生物学科

    1996年03月,卒業

出身大学院

  • 埼玉大学  理工学研究科  生体制御学

    修士課程,1998年03月,修了

  • 東海大学  医学研究科  形態系

    博士課程,2002年03月,修了

取得学位

  • 理学士,東邦大学,1996年03月

  • 理学修士,埼玉大学,1998年03月

  • 博士(医学),東海大学,2002年03月

学外略歴

  • Department of Reproductive Medicine, University of California, San Diego, School of Medicine,研究員,2002年04月 ~ 2003年08月

  • Department of Reproductive Medicine, University of California, San Diego, School of Medicine,Postodoctral fellow, The Lalor Foundation, Inc. Postdoctoral Program 2002 fellowship ,2002年06月 ~ 2003年05月

  • Laboratory of Metabolism, Center for Cancer Research,National Cancer Institute, National Institutes of Health,研究員,2003年09月 ~ 2007年03月

  • Laboratory of Metabolism, Center for Cancer Research,National Cancer Institute, National Institutes of Health,,日本学術振興会特別研究員,2005年03月 ~ 2007年02月

  • 横浜市立大学医学部循環制御医学教室,助教,2007年04月 ~ 2008年03月

  • 横浜市立大学医学部循環制御医学教室 ,助教,2008年04月 ~ 2014年08月

  • 東邦大学理学部化学科 (組織学),非常勤講師,2008年04月 ~ 2010年08月

全件表示 >>

所属学会・委員会

  • 日本分子生物学会

  • 日本生理学会

  • 日本下垂体研究会

  • 日本薬理学会

  • 日本女性科学者の会

  • 日本動物学会

  • 日本栄養改善学会

  • 山形分子生物学研究会

全件表示 >>

 

研究テーマ

  • 1. 肺の発生における分子メカニズムの解明
    2. 慢性閉塞性肺疾患(COPD)におけるSCGB3A2の効果の検討
    3. SCGB3A2による下垂体ホルモン産生制御機序の検討
    4. 新規磁性抗がん剤の研究
    5. SCGB3A2による肝疾患改善効果の検討

論文

  • Secretoglobin 3A2 protects lung from developing cigarette smoke-induced pulmonary emphysema.,Int J Biochem Cell Biol.,157 106390,2023年02月

    Kurotani R., Ono S., Miyano Y., Nakayama S., Liu H., Aibara D., Sakahara S., Sato M., Sato K., Inoue S., Shibata Y., Lee M.P., Abe H., Kimura S.

    共著(海外含む)

  • Emerging role of an immunomodulatory protein secretoglobin 3A2 in human diseases.,Pharmacol Ther.,2022年

    Kimura S, Yokoyama S, Pilon AL, Kurotani R.

    共著(海外含む)

  • Development of aging-related emphysematous and lymphoma-like lesions is enhanced by lack of secretoglobin 3A2 in mouse lung.,Int J Chron Obstruct Pulmon Dis ,17 1247-1260,2022年

    Kurotani R, Kurumazuka A, Sakahara S, Takakura K, Yokoyama Y, Xu L, Dai J, Lee MP, Kumaki N, Abe H, Kimura S.

    共著(海外含む)

  • Design of the peptide C-terminus protecting group and application for the peptide fragment coupling reaction.,Tetrahedron Letters.,2023年

    Okawara A, Hada K, Kurotani R, Teruya K, Konno H.

    共著(国内のみ)

  • セクレトグロビン3A2:呼吸器疾患可能薬の可能性,アレルギーの臨床,37(4) 48-53,2017年

    Kurotani R, Kimura S

    共著(国内のみ)

  • Transgenically-expressed secretoglobin 3A2 accelerates resolution of bleomycin-induced pulmonary fibrosis in mice,BMC Pulmonary Medicine,(15) 75,2015年07月

    Cai Y, Yoneda M, Tomita T, Kurotani R, Okamoto M, Kido T, Abe H, Mitzner W, Guha A, Kimura S

    共著(海外含む)

  • SCGB3A2 Inhibits Acrolein-Induced Apoptosis through Decreased p53 Phosphorylation,Acta Histochemica et Cytochemica,48(2) 61-68,2015年04月

    Kurotani R, Shima R, Miyano Y, Sakahara S, Matsumoto Y, Shibata Y, Abe H, Kimura S

    共著(海外含む)

  • Regulation of LH/FSH expression by secretoglobin 3A2 in the mouse pituitary gland,Cell and Tissue Res.,2014年02月

    Miyano Y, Tahara S, Sakata I, Sakai T, Abe H, Kimura S, Kurotani R.

    共著(海外含む)

  • Secretoglobin 3A2 suppresses bleomycin-induced pulmonary fibrosis by TGFbeta signaling down-regulation., J Biol Chem. ,2011年04月

    Kurotani R, Okumura S, Matsubara T, Yokoyama U, Buckley JR, Tomita T, Kezuka K, Nagano T, Esposito D, Taylor TE, Gillette WK, Ishikawa Y, Abe H, Ward JM, Kimura S.

    共著(海外含む)

  • Secretoglobin 3A2/uteroglobin-related protein 1 is a novel marker for pulmonary carcinoma in mice and humans.,Lung Cancer ,71(1) 42-48,2010年05月

    Kurotani R, Kumaki N, Linnoila RI, Ward JM, Kimura S.

    共著(海外含む)

  • Role of Secretoglobin (SCGB) 3A2 in Lung Development.,Am J Respir Crit Care Med. ,178(4) 389-398,2008年08月

    Kurotani R, Tomita T, Yang Q, Carlson BA, Chen C, Kimura S.

    共著(海外含む)

  • Uteroglobin-related protein 1 expression suppresses allergic airway inflammation in mice.,Am J Respir Crit Care Med. ,173(9) 958-964,2006年05月

    Chiba Y*, Kurotani R* (*contribution equally), Kusakabe T, Miura T, Link BW, Misawa M, Kimura S.

    共著(海外含む)

  • Developmental regulation of gonadotropin-releasing hormone gene expression by the MSX and DLX homeodomain protein families. ,J Biol Chem. ,280(19) 19156-19165,2005年05月

    Givens ML, Rave-Harel N, Goonewardena VD, Kurotani R, Berdy SE, Swan CH, Rubenstein JL, Robert B, Mellon PL.

    共著(海外含む)

  • Interleukin-10 induces uteroglobin-related protein (UGRP) 1 gene expression in lung epithelial cells through homeodomain transcription factor T/EBP/NKX2.1. ,J Biol Chem. ,279(52) 54358-54368,2004年12月

    Srisodsai A, Kurotani R, Chiba Y, Sheikh F, Young HA, Donnelly RP, Kimura S.

    共著(海外含む)

  • Phylogenetic footprinting reveals evolutionarily conserved regions of the gonadotropin-releasing hormone gene that enhance cell-specific expression., Mol Endocrinol. ,18(12) 2950-2966,2004年12月

    Givens ML*, Kurotani R* (*contribution equally), Rave-Harel N, Miller NL, Mellon PL.

    共著(海外含む)

  • セクレトグロビン 3A2 の肺線維症改善効果,BIO Clinica ,36(11) 57-61,2021年

    黒谷玲子,木村芝生子

    共著(海外含む)

  • OCTを用いたマウス生殖機能評価に関する検討,日本医用画像工学会大会予稿集,39回 506-507,2020年09月

    渡部 裕輝, 高倉 啓, 黒谷 玲子, 阿部 宏之

    単著

  • ショートマルチモードファイバープローブを用いたin vivoラット脳の断層イメージング,日本レイザー医学会誌,41(1) 9-17,2019年10月

    佐藤 学,江藤 魁,増田純平,井上健司,黒谷玲子,阿部宏之,西舘 泉

    単著

  • Epac activation inhibits IL-6-induced cardiac myocyte dysfunction (vol 68, pg 77, 2018),JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES,69(3) 557,2019年05月

    Jin Huiling, Fujita Takayuki, Jin Meihua, Kurotani Reiko, Hidaka Yuko, Cai Wenqian, Suita Kenji, Prajapati Rajesh, Liang Chen, Ohnuki Yoshiki, Mototani Yasumasa, Umemura Masanari, Yokoyama Utako, Sato...

    単著

  • In Vivo Rat Brain Imaging through Full-Field Optical Coherence Microscopy Using an Ultrathin Short Multimode Fiber Probe,APPLIED SCIENCES-BASEL,9(2) ,2019年01月

    Sato Manabu, Eto Kai, Masuta Junpei, Inoue Kenji, Kurotani Reiko, Abe Hiroyuki, Nishidate Izumi

    単著

  • Epac activation inhibits IL-6-induced cardiac myocyte dysfunction.,J Physiol Sci. ,69(3) 557,2019年

    Jin H, Fujita T, Jin M, Kurotani R, Hidaka Y, Cai W, Suita K, Prajapati R, Liang C, Ohnuki Y, Mototani Y, Umemura M, Yokoyama U, Sato M, Okumura S, Ishikawa Y.

    共著(国内のみ)

  • 新規生理活性物質SCGB3A2の気腫化抑制効果の検討とメカニズム解明,医科学応用研究財団研究報告,35 273-282,2018年02月

    黒谷 玲子

    単著

  • Epac活性化はIL-6誘導心筋細胞機能不全を阻害する(Epac activation inhibits IL-6-induced cardiac myocyte dysfunction),The Journal of Physiological Sciences,68(1) 77-87,2018年01月

    Jin Huiling, Fujita Takayuki, Jin Meihua, Kurotani Reiko, Hidaka Yuko, Cai Wenqian, Suita Kenji, Prajapati Rajesh, Liang Chen, Ohnuki Yoshiki, Mototani Yasumasa, Umemura Masanari, Yokoyama Utako, Sato...

    単著

  • Epac activation inhibits IL-6-induced cardiac myocyte dysfunction.,J Physiol Sci. ,2018年

    Jin H, Fujita T, Jin M, Kurotani R, Hidaka Y, Cai W, Suita K, Prajapati R, Liang C, Ohnuki Y, Mototani Y, Umemura M, Yokoyama U, Sato M, Okumura S, Ishikawa Y. 

    共著(海外含む)

  • Cardiac overexpression of Epac1 in transgenic mice rescues lipopolysaccharide-induced cardiac dysfunction and inhibits Jak-STAT pathway.,J Mol Cell Cardiol. ,108 170-180,2017年

    Jin H, Fujita T, Jin M, Kurotani R, Namekata I, Hamaguchi S, Hidaka Y, Cai W, Suita K, Ohnuki Y, Mototani Y, Shiozawa K, Prajapati R, Liang C, Umemura M, Yokoyama U, Sato M, Tanaka H, Okumura S, Ishik...

    共著(海外含む)

  • Synthesis of a secretoglobin 3A2 type C (98-139) fragment by Dawson’s native chemical ligation ,Tetrahedron Letters. ,2017年

    Kikuchi M, Kurotani R, and Konno H.

    共著(海外含む)

  • The Roles of Secretoglobin 3A2 respiratory disease,J Phy Sci. ,66 S74,2016年

    Reiko Kurotani

    単著

  • Secretoglobin3A2 suprpresses pulmonary emphysema,The 39th Annual Meeting of the Molecular Biology Science of Japan.,2016年

    Reiko Kurotani

    単著

  • Generation of camelid VHH bispecific constructs via in-cell intein-mediated protein trans-splicing ,peds ,2016年

    Shibuya Y., Haga N., Asano R., Nakazawa H., Hattori T., Takeda D., Sugiyama A., Kurotani R., Kumagai I., Umetsu M., Makabe K.

    共著(海外含む)

  • Ultrathin forward-imaging short multimode fiber probe for full-field optical coherence tomography. ,Optical Communications,381 296-308,2016年

    Sato M., Saito D., Shoji K., Kurotani R., Abe H., Nishidate I.

    共著(海外含む)

  • Optical coherence tomography imaging for analysis of follicular development in ovarian tissue,Applied Optics,54(19) 6111-6115,2015年07月

    Watanabe Y, Takakura K, Kurotani R, Abe H

    共著(海外含む)

  • 多項目解析技術を駆使したウシ初期胚ミトコンドリア呼吸機能解析 ,阿部宏之、黒谷玲子 ,64(6) 615-822,2015年06月

    阿部宏之、黒谷玲子

    共著(国内のみ)

  • A magnetic anti-cancer compound for magnet-guided delivery and magnetic resonance imaging,Scientific Reports,5 9194,2015年03月

    Eguchi H, Umemura M, Kurotani R, Fukumura H, Sato I, Hoshino Y, Lee J, Amemiya N, Sato M, Hirata K, Singh DJ, Masuda T, Yamamoto M, Urano T, Tanigaki K, Yamamoto M, Sato M, Inoue S, Aoki I, Ishikawa Y...

    共著(海外含む)

  • Analysis of mitochondrial respiration activity in bovine pre-implantation embryos,IFFS/JSRM International Meeting 2015,303,2015年

    Abe H, Sakata K, Sakahara S, Takakura K, Kurotani R

    共著(海外含む)

  • Multiple analyses of mitochondrial respiration activity in mouse embryos,IFFS/JSRM International Meeting 2015,302,2015年

    Kurotani R, Watanabe T, Ichikawa S, Sakahara S, Takakura K, Abe H

    共著(海外含む)

  • Disruption of Epac1 decreases phosphorylation of phospholamban and protects the heart against stresses.,J Clin Invest,2014年04月

    Okumura S, Fujita T, Cai W, Jin M, Nakamyra I, Mototani Y, Jin H, Ohnuki Y, Tsuneoka Y, Kurotani R, Suita K, Kawakami Y, Hamaguchi S, Abe T, Kiyonari H, Tsunematsu T, Bai Y, Suzuki S, Hidaka Y, Umemur...

    共著(海外含む)

  • Macrophage colony-stimulating factor induces prolactin expression in rat pituitary glands,Zoological Science ,2014年03月

    Hoshino S, Kurotani R, Koike K, Maruyama M, Ishikawa F, Abe H, Sakai T

    共著(海外含む)

  • Epac1-dependent phospholamban phosphorylation mediates the cardiac response to stresses,Journal of Clinical Investigation. American Society for Clinical Investigation,124(6) 1285,2014年

    Okumura S, Fujita T, Cai W, Jin M, Namekata I, Mototani Y, Jin H, Ohnuki Y, Tsuneoka Y, Kurotani R, Suita K, Kawakami Y, Hamaguchi S, Abe T, Kiyonari H, Tsunematsu T, Bai Y, Suzuki S, Hidaka Y, Umemu...

    共著(海外含む)

  • Imaging of rat brain using short graded-index multimode filter,SPIE Conference ,2014年

    Sato M, Kanno T, Ishihara S, Suto H, Takahashi T, Kurotani R, Abe H

    共著(海外含む)

  • G-protein coupled receptor 120 (GPR120) signaling regulates ghrelin secretion in vivo and in vitro., Am J Physiol Cell Physiol. - Endocrinology and Metabolism,306(1) E28-35,2013年12月

    Gong Z, Yoshimura M, Aizawa S, Kurotani R, Zigman J, Sakai T, Sakata I.

    共著(海外含む)

  • The role of the vagus nerve in the migrating motor complex and ghrelin- and motilin-induced gastric contraction in suncus.,PLoS One,8(5) e64777,2013年05月

    Miyano Y, Sakata I, Kuroda K, Aizawa S, Tanaka T, Jogahara T, Kurotani R, Sakai T

    共著(海外含む)

  • Development of a novel imaging technique in a respiratory system diagnosis using optical coherence tomography,Epithelial Tubulology The First International Meeting,2013年

    Kurotani R, Abe H

    共著(海外含む)

  • Pharmacological Stimulation of Type 5 Adenylyl Cyclase Stabilizes Heart Rate under both Microgravity and Hypergravity induced by Parabolic Flight,Journal of Pharmacological Sciences,119(4) 381-389,2012年07月

    Bai Y, Tsunematsu T, Jiao Q, Jin M, Cai W, Jin H, Fujita T, Ichikawa Y, Suita K, Kurotani R, Yokoyama U, Sato M, Iwatsubo K, Ishikawa Y, Okumura S

    共著(海外含む)

  • Analyses of respiration activity in single culture cells,The 6th International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis & The 8th International Forum on Post-Genome Technologies,103,2012年

    Takakura K, Watanabe T, Sakahara S, Kurotani R, Abe H

    共著(海外含む)

  • Multiple analyses of mitochondrial respiration activity in single mouse embryos,The 6th International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis & The 8th International Forum on Post-Genome Technologies,93,2012年

    Sakahara S, Watanabe T, Takakura K, Kurotani R, Abe H

    共著(海外含む)

  • Localization of SCGB3A2/UGRP1 in mouse pituitary glands ,14th International Congress of Histochemistry and Cytochemistry,2012年

    Miyano Y, Shima R, Abe H, Kurotani R

    共著(海外含む)

  • Identification of transcription factor E3 (TFE3) as a receptor-independent activator of G{alpha}16: Gene regulation by nuclear G{alpha} subunit and its activator.,J Biol Chem. ,2011年03月

    39. Sato M, Hiraoka M, Suzuki H, Bai Y, Kurotani R, Yokoyama U, Okumura S, Cismowski MJ, Lanier SM, Ishikawa Y

    共著(海外含む)

  • 磁性体を利用した薬剤送達法,磁気と健康,(23) 10-13,2010年07月

    黒谷玲子、福村英信、佐藤 格、江口晴樹、石川義弘

    共著(国内のみ)

  • Differential roles of EPAC in regulating cell death in neuronal and my ocardial cells. ,J Biol Chem. ,285(31) 24248-24259,2010年07月

    Suzuki S, Yokoyama U, Abe T, Kiyonari H, Yamashita N, Kato Y, Kurotani R, Sato M, Okumura S, Ishikawa Y.

    共著(海外含む)

  • Differential Regulation of Vascular Tone and Remodeling via Stimulation of Type 2 and Type 6 Adenylyl Cyclases in the Ductus Arteriosus.,Circ Res. ,106(12) 1882-1892,2010年06月

    Yokoyama U, Minamisawa S, Katayama A, Tang T, Suzuki S, Iwatsubo K, Iwasaki S, Kurotani R, Okumura S, Sato M, Yokota S, Hammond HK, Ishikawa Y.

    共著(海外含む)

  • Caveolin gene transfer improves glucose metabolism in diabetic mice. ,American Journal of Physiology-Cell Physiology.,298(3) C450-456,2010年03月

    Otsu K, Toya Y, Oshikawa J, Kurotani R, Yazawa T, Sato M, Yokoyama U, Umemura S, Minamisawa S, Okumura S, Ishikawa Y.

    共著(海外含む)

  • Activator of G protein signaling 8 (AGS8) is required for hypoxia-induced apoptosis of cardiomyocytes: Role of gbetagamma and connexin43 (CX43).,J Biol Chem. ,284(45) 31431-31440,2009年09月

    Sato M, Jiao Q, Honda T, Kurotani R, Toyota E, Okumura S, Takeya T, Minamisawa S, Lanier SM, Ishikawa Y.

    共著(海外含む)

  • HING2 is upregulated in colon cancer and increases invasion by enhanced MMP13 expression.,Int J Cancer. ,125(6) 1306-1315,2009年09月

    Kumamoto K, Fujita K, UKurotani RU, Saito M, Unoki M, Hagiwara N, Shiga H, Bowman ED, Yanaihara N, Okamura S, Nagashima M, Miyamoto K, Takenoshita S, Yokota J, Harris CC. H

    共著(海外含む)

  • Epac Increases Melanoma Migration by a Heparan Sulfate-Related Mechanism. ,Am J Physiol Cell Physiol. ,297(4) 802-813,2009年04月

    Baljinnyam E*, Iwatsubo K*(*contribution equally), Kurotani R, Wang X, Ulucan C, Iwatsubo M, Lagunoff D, Ishikawa Y.

    共著(海外含む)

  • Drug Delivery System Using Magnetic Materials,日本病態生理学会雑誌,18(1) 24-27,2009年01月

    Shimada C, UKurotani R,U Fukumura H, Ono S, Egushi H, Ishikawa Y.

    共著(海外含む)

  • Requirement of receptor-independent G-protein activator, activator of G protein signaling 8 for hypoxia-induced apoptosis of cardiomyocytes, International Congress of Physiological Sciences (IUPS2009),159,2009年

    Sato M, Honda T, Jiao Q, Kurotani R, Toyota E, Lanier SM, Ishikawa Y

    共著(海外含む)

  • CAATT/enhancer binding proteins alpha and delta interact with NKX2-1 to synergistically activate mouse secretoglobin 3A2 gene expression. ,J.Biol Chem.,283(37) 25617-25627,2008年07月

    Tomita T, Kido T, Kurotani R, Iemura SI, Sterneck E, Natsume T, Vinson C, Kimura S.

    共著(海外含む)

  • Hepatocyte nuclear factor 4alpha in the intestinal epithelial cells protects against inflammatory bowel disease. ,Inflamm Bowel Dis.,14(7) 908-920,2008年07月

    Ahn SH, Shah YM, Inoue J, Morimura K, Kim I, Yim S, Lambert G, Kurotani R, Nagashima K, Gonzalez FJ, Inoue Y.

    共著(海外含む)

  • Type 5 adenylyl cyclase plays a major role in stabilizing heart rate in response to microgravity induced by parabolic flight.,J Appl Physiol.,105(1) 173-179,2008年05月

    Okumura S, Tsunematsu T, Bai Y, Jiao Q, Ono S, Suzuki S, Kurotani R, Sato M, Minamisawa S, Umemura S, Ishikawa Y.

    共著(海外含む)

  • Cardiac myosin light chain kinase: a new player in the regulation of myosin light chain in the heart.,Circ Res.,102(5) 516-518,2008年03月

    Ishikawa Y, Kurotani R

    共著(海外含む)

  • An involvement of a novel G-protein activator on hypoxia-induced apoptosis of cardiomyocytes and its interaction with connexin 43,American Heart Associatio,299,2008年

    Sato M, Honda T, Jiao Q, Kurotani R, Toyota E, Lanier SM, Ishikawa Y

    共著(海外含む)

  • Disruption of type 5 adenylyl cyclase enhances desensitization of cyclic adenosine monophosphate signal and increases Akt signal with chronic catecholamine stress. ,Circulation. ,116(16) 1776-1783,2007年10月

    Okumura S, Vatner DE, Kurotani R, Bai Y, Gao S, Yuan Z, Iwatsubo K, Ulucan C, Kawabe J, Ghosh K, Vatner SF, Ishikawa Y.

    共著(海外含む)

  • Multiple dose-dependent roles for Sox2 in the patterning and differentiation of anterior foregut endoderm.,Development. ,134(13) 2521-2531,2007年07月

    Que J, Okubo T, Goldenring JR, Nam KT, Kurotani R, Morrisey EE, Taranova O, Pevny LH, Hogan BL.

    共著(海外含む)

  • SCGB3A2 reduces the severity of bleomycin-induced lung fibrosis,Keystone Symposia on Molecular and Cellular Biology ABSTRACT BOOK,50,2007年03月

    Kurotani R, Kimura S

    共著(海外含む)

  • Periarterial leukocyte accumulation in allergic airway inflammation,American Journal of Respiratory and Critical Care Medicine,174(7) 840,2006年10月

    Kimura S, Kurotani R

    共著(海外含む)

  • Identification and expression of alternative splice variants of the mouse Ppp1r3b gene in lung epithelial cells. ,Biochem Biophys Res Commun.,349(2) 588-596,2006年10月

    Niimi T, Kurotani R, Kimura S, and Kitagawa Y.

    共著(海外含む)

  • PPAR alpha Activation During Pregnancy Severely Impairs Mammary Lobuloal Veolar Development in Mice. ,Endocrinology. ,147(10) 4772-4780,2006年10月

    Yang Q, Kurotani R, Yamada A, Kimura S and Gonzalez FJ.

    共著(海外含む)

  • PPAR{gamma} in colonic epithelial cells protects against experimental inflammatory bowel disease. ,Gut.,55(8) 1104-1113,2006年03月

    Adachi M, Kurotani R, Morimura K, Shah Y, Sanford M, Madison BB, Gumucio DL, Marin HE, Peters JM, Young HA, Gonzalez FJ.

    共著(海外含む)

  • A case of Cushing's disease caused by pituitary adenoma producing adrenocorticotropic hormone and growth hormone concomitantly: aberrant expression of transcription factors NeuroD1 and Pit-1 as a proposed mechanism. ,Mod Pathol. ,15(10) 1102-1105,2002年10月

    Tahara S, Kurotani R, Ishii Y, Sanno N, Teramoto A, Osamura RY.

    共著(海外含む)

  • Exogenous expression of Pit-1 in AtT-20 corticotropic cells induces endogenous growth hormone gene transcription. ,J Endocrinol. ,172(3) 477-487,2002年03月

    Kurotani R, Yoshimura S, Iwasaki Y, Inoue K, Teramoto A, Osamura RY.

    共著(海外含む)

  • Immunohistochemical analysis of RCAS1 in human pituitary adenomas.,Mod Pathol.,14(12) 1232-1236,2001年12月

    Umeoka K, Sanno N, Oyama K, Tahara S, Kurotani R, Ikuyama S, Nakashima M, Watanabe T, Osamura RY, Teramoto A.

    共著(海外含む)

  • Expression of prolactin gene in spontaneous mammary tumors in aging Fischer 344 rats.,Endocr J. ,48(5) 597-602,2001年10月

    Umemura S, Iwasaka T, Kakimoto K, Takahashi A, Koizumi H, Miyakawa Y, Kurotani R, Osamura RY.

    共著(海外含む)

  • Expression of interleukin-6, interleukin-6 receptor (gp80), and the receptor's signal-transducing subunit (gp130) in human normal pituitary glands and pituitary adenomas. ,Mod Pathol.,14(8) 791-797,2001年08月

    Kurotani R, Yasuda M, Oyama K, Egashira N, Sugaya M, Teramoto A, Osamura RY.

    共著(海外含む)

  • 同一腺腫にACTHとGHの発現が認められた Cushing 病の1例,ホルモンと臨牀,49 71-77,2001年07月

    田原重志、山王なほ子、大山健一、梅岡克哉、黒谷玲子、長村義之、寺本 明

    共著(国内のみ)

  • Cytochemical and molecular biological aspects of the pituitary and pituitary adenomas-cell differentiation and transcription factors. ,Prog Histochem Cytochem. ,36(4) 263-299,2001年04月

    Sanno N, Tahara S, Kurotani R, Matsuno A, Teramoto A, Osamura RY.

    共著(海外含む)

  • Expression of pituitary homeo box 1 (Ptx1) in human non-neoplastic pituitaries and pituitary adenomas. ,Mod Pathol.,13(10) 1097-1108,2000年10月

    Tahara S, Kurotani R, Sanno N, Takumi I, Yoshimura S, Osamura RY, Teramoto A.

    共著(海外含む)

  • Cytological characterization of a pituitary folliculo-stellate-like cell line, Tpit/F1, with special reference to adenosine triphosphate-mediated neuronal nitric oxide synthase expression and nitric oxide secretion. ,Endocrinology. ,141(10) 3603-3610,2000年10月

    Chen L, Maruyama D, Sugiyama M, Sakai T, Mogi C, Kato M, Kurotani R, Shirasawa N, Takaki A, Renner U, Kato Y, Inoue K.

    共著(海外含む)

  • green fluorescent protein(GFP)の原理と応用,病理と臨床 ,18(5) 483-488,2000年05月

    黒谷玲子、長村義之

    共著(国内のみ)

  • Contributions of immunohistochemistry and in situ hybridization to the functional analysis of pituitary adenomas. ,J Histochem Cytochem.,48(4) 445-458,2000年04月

    4. Osamura RY, Tahara S, Kurotani R, Sanno N, Matsuno A, Teramoto A.

    共著(海外含む)

  • Immunoreactive pit-1 protein in hyperplastic pars intermedia induced by calcitonin of the rat pituitary gland., Endocr J. ,47(1) 13-20,2000年02月

    Murakoshi M, Ikeda R, Horiuchi T, Nakayama K, Kurotani R, Osamura RY.

    共著(海外含む)

  • 再生医学と内分泌-下垂体細胞の機能分化― ,最新医学,2000年01月

    黒谷玲子、長村義之

    共著(国内のみ)

  • Expression of ptx1 in the adult rat pituitary glands and pituitary cell lines -hormone secreting cells and folliculo-stellate (FS) cells.,J Histochem Cytochem. ,47(12) 1648C-1678,1999年12月

    Osamura RY, Kurotani R, Tahara S, Sanno N, Toshimura S, Teramoto A.

    共著(海外含む)

  • Expression of Ptx1 in the adult rat pituitary glands and pituitary cell lines: hormone-secreting cells and folliculo-stellate cells. ,Cell Tissue Res. ,298(1) 55-61,1999年10月

    Kurotani R, Tahara S, Sanno N, Teramoto A, Mellon PL, Inoue K, Yoshimura S, Osamura RY.

    共著(海外含む)

  • Pit-1 positive alpha-subunit positive nonfunctioning human pituitary adenomas: a dedifferentiated GH cell lineage? ,Pituitary,1(3-4) 269-271,1999年05月

    Osamura RY, Tahara S, Komatsubara K, Itoh Y, Kajiwara H, Kurotani R, Sanno N, Teramoto A.

    共著(海外含む)

  • A Mechanism of Hormone Production in Pituitary Cells and Pituitary Neoplasms; Synergistic Actions of Transcription Factors ,Acta histochemica et cytochemica ,32(2) 107-110,1999年02月

    Osamura R Y, Tahara S, Sanno N, Kurotani R, Teramoto A

    共著(海外含む)

  • Functional Differentiation and its Regulation in Pituitary Cells,Acta histochemica et cytochemica,31(4) 281-286,1998年04月

    Osamura YR, Sanno N, Tahara S, Kurotani R, Itoh Y, Teramoto A

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • 動物の事典,(株)朝倉書店,2020年11月

    総編集 末光隆志

  • てんかん治療におけるDDS開発のメディカルニーズ,技術情報協会,2013年04月

    黒谷玲子、浦 裕之、太組一朗

総説・解説記事

  • 【医療用光ファイバー技術の最先端】ショートマルチモードファイバープローブを用いたin vivoラット脳の断層イメージング,(NPO)日本レーザー医学会,日本レーザー医学会誌,41(1) 9-17,2020年04月

    佐藤 学, 江藤 魁, 増田 純平, 井上 健司, 黒谷 玲子, 阿部 宏之, 西舘 泉

  • 極細光学プローブによるin vivoラット深部脳の低侵襲性断層イメージング,(株)ニュー・サイエンス社,Medical Science Digest,45(7) 424-425,2019年06月

    佐藤 学, 江藤 魁, 黒谷 玲子, 阿部 宏之, 西舘 泉

  • ショートマルチモードファイバープローブを用いたin vivoラット脳深部の三次元画像測定,電気学会研究会資料. EMT ,2017年

    佐藤 学,江藤 魁,増田 純平,黒谷 玲子,阿部 宏之,西舘 泉

  • 磁性体を利用した薬剤送達法,(財)磁気健康科学研究振興財団,磁気と健康 ,(23) 10-13,2010年07月

    黒谷玲子、福村英信、佐藤 格、江口晴樹、石川義弘

  • Cardiac myosin light chain kinase: a new player in the regulation of myosin light chain in the heart. ,Lippincott Williams & Wilkins ,Circ Res. ,102(5) 516-518,2008年03月

    Ishikawa Y, Kurotani R.

  • Cytochemical and molecular biological aspects of the pituitary and pituitary adenomas-cell differentiation and transcription factors.,Urban & Fischer ,Prog Histochem Cytochem. ,36(4) 263-299,2001年04月

    Sanno N, Tahara S, Kurotani R, Matsuno A, Teramoto A, Osamura RY.

  • green fluorescent protein(GFP)の原理と応用 ,文光堂,病理と臨床,18(5) 483-488,2000年05月

    黒谷玲子, 長村義之

  • Contributions of immunohistochemistry and in situ hybridization to the functional analysis of pituitary adenomas. ,The Histochemical Society ,J Histochem Cytochem.,48(4) 445-458,2000年04月

    Osamura RY, Tahara S, Kurotani R, Sanno N, Matsuno A, Teramoto A.

  • 再生医学と内分泌-下垂体細胞の機能分化-,株式会社 最新医学社 2000年 ,最新医学 別冊「再生医学-21世紀の医学を展望する-」,2000年01月

    長村 義之、黒谷 玲子、山王 なほ子、寺本 明、松野 彰

  • Expression of ptx1 in the adult rat pituitary glands and pituitary cell lines -hormone secreting cells and folliculo-stellate (FS) cells. ,J Histochem Cytochem. ,J Histochem Cytochem. ,47(12) 1648C-1648,1999年12月

    Osamura RY, Kurotani R, Tahara S, Sanno N, Toshimura S, Teramoto A.

  • Pit-1 positive alpha-subunit positive nonfunctioning human pituitary adenomas: a dedifferentiated GH cell lineage? ,Springer Science,Pituitary,1(3-4) 269-271,1999年05月

    Osamura RY, Tahara S, Komatsubara K, Itoh Y, Kajiwara H, Kurotani R, Sanno N, Teramoto A.

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 平成30年度 第9回 日本生理学会入澤宏・彩記念JPS心臓・循環論文賞 受賞,2019年06月05日,日本国,日本生理学会,Takayuk; Jin, Meihua; Kurotani, Reiko; Hidaka, Yuko;Cai, Wenqian; Suita, Kenji;Prajapati, Rajesh; Liang, Chen;Ohnuki, Yoshiki; Mototani, Yasumasa; Umemura,Masanari; Yokoyama, Utako; Sato, Motohiko; Okumura, Satoshi; Ishikawa, Yoshihiro

  • 第32回日本下垂体研究会優秀発表賞,2017年08月04日,日本国,日本下垂体研究会,木下昂宗、佐藤鈴奈、阿部宏之、黒谷玲子

  • 女性研究者賞 クラブ賞,2016年11月18日,日本国,国際ソロプチミスト山形,黒谷玲子

  • 世界体外受精会議記念受賞、第31回日本受精着床学会総会・学術講演会・基礎部門,2013年08月09日,日本国,日本受精着床学会,阿部宏之、高倉 啓、坂原聖士、黒谷玲子、渡部裕輝

  • 第54回日本卵子学会 優秀発表賞 ポスター部門,2013年05月26日,日本国,第54回日本卵子学会,高倉 啓・栢本亮太・黒谷玲子、渡部裕輝・阿部宏之

  • 第43回日本骨軟部腫瘍学会優秀ポスター賞,2010年07月15日,日本国,日本骨軟部腫瘍学会,福村英信, 髙橋 晃, 黒谷玲子, 石川義弘, 齋藤知行

  • 第19回日本病態生理学会 若手奨励賞受賞,2009年01月,日本国,日本病態生理学会,島田千恵美、黒谷玲子、福村英信、小野伸二、江口晴樹、石川義弘

  • 平成19年度 呼吸器疾患研究賞,2008年04月12日,日本国,財団法人 横浜総合医学振興財団 ,黒谷玲子

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(B),2022年04月 ~ 2026年03月,高度生殖医療技術の標準化を実現する半導体チップ型自動細胞診断システムの開発

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2024年03月,COPD治療薬の応用を目指したSCGB3A2ペプチド薬の創製と有効性の検証

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,ホモシステイン誘導小胞体ストレスは慢性閉塞性肺疾患の病態に関与しているか?

  • 基盤研究(B),2019年04月 ~ 2021年03月,高度生殖医療技術の標準化を実現する医療対応型全自動細胞診断システムの開発

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,新規COPDペプチド薬の開発を実現するSCGB3A2作用メカニズムの解明

    呼吸器内科学関連

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2020年03月,生殖医療の高度化を実現する医療対応型受精卵品質診断システムの開発

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2018年03月,サーファクタントSCGB3A2の慢性閉塞性肺疾患治療薬の応用を目指した基盤研究

  • 基盤研究(B),2013年04月 ~ 2017年03月,生殖細胞品質診断を実現する超高精度ミトコンドリア呼吸機能解析システムの開発

  • 特定領域研究,2012年04月 ~ 2014年03月,光干渉断層画像化法を応用した肺組織構築イメージングシステムの開発

  • 基盤研究(C),2011年04月 ~ 2015年03月,新規生理活性物質SCGB3A2の肺線維症治療薬としての応用を目指した基盤研究

  • 基盤研究(B),2011年04月 ~ 2014年03月,新規遺伝子改変マウスを用いた転写因子MafBの気腫化肺形成に関わる機序の探究

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,家兎移植 VX2 舌癌に対する新規磁性抗癌剤を用いた温熱化学療法の有用性の検討

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,心臓型アデニル酸シクラーゼを標的にする高齢化社会にむけた新しい心不全治療

  • 若手研究(B),2009年04月 ~ 2012年03月,肺における新規サーファクタントSCGB3A2の線維化抑制機序の解明

  • 基盤研究(C),2008年03月 ~ 2011年03月,新しいベータアドレナリン受容体シグナルEpac の心不全発症にはたす役割

  • 研究活動スタート支援,2007年10月 ~ 2009年03月,肺線維症における新規サーファクタントSCGB3A2の抗線維化作用機序の解明

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • 令和5年度YU-COE(S)公募研究,2023年10月 ~ 2024年03月,セクレトグロビン3A2ペプチド薬の開発

    国立大学法人 山形大学

  • 公益財団法人 テルモ生命科学振興財団 2020年度 Ⅲ研究助成,2020年12月 ~ 2021年11月,セクレトグロビン 3A2 を利用した気管上皮細胞分化系の確立 

    民間財団等

  • 公益財団法人大和証券ヘルス財団令和元年度(第46回)調査研究助成,2020年04月 ~ 2021年03月,サーファクタントSCGB3A2を利用した COPD治療薬開発のための基盤研究

    公益財団法人大和証券ヘルス財団

  • 平成31年度ダイバーシティ事業女性代表共同研究,2020年04月 ~ 2021年03月, 新規生理活性物質SCGB3A2の食物アレルギー改善薬としての検証

    山形大学男女共同参画推進室

  • 令和2年度ダイバーシティ事業女性代表共同研究,2020年04月 ~ 2021年03月,新規生理活性物質SCGB3A2の食物アレルギー改善メカニズムの解明

    山形大学男女共同参画推進室

  • 令和2年度ダイバーシティ事業女性代表共同研究,2020年 ~ 2021年03月,サービスデザインのIT開発と栄養指導への活用

    山形大学男女共同参画推進室

  • 公益財団法人ニッポンハム食の未来財団,2018年04月 ~ 2019年03月,新規生理活性物質SCGB3A2の食物アレルギー改善薬としての検証

    公益財団法人ニッポンハム食の未来財団

  • 平成 30 年度ダイバーシティ事業女性代表共同研究 研究費,2018年04月 ~ 2019年03月,ビタミンCを利用した新規呼吸器疾患治療法の開発を目指した基盤研究

    山形大学男女共同参画室

  • 平成29年度 助成研究 (公)喫煙科学研究財団,2017年04月 ~ 2020年03月,新規サーファクタントによる肺気腫抑制効果メカニズムの解明

    (公)喫煙科学研究財団

  • ダイバーシティ事研究環境実現イニシアチブ(連携型)研究平成29年度女性代表共同研究支援助成金,2017年04月 ~ 2018年03月,新しいサプリメント開発を目指した肺発生促進制御の解明

    JST

  • 平成27年度(第35回) 公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団 調査研究助成金 ,2016年04月 ~ 2017年03月,新規生理活性物質SCGB3A2の気腫化抑制効果の検討とメカニズム解明

    公益財団法人鈴木謙三記念医科学応用研究財団

  • ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)研究 平成28年度ダイバーシティ事業女性代表共同研究支援助成金,2016年 ~ 2017年03月,新しいサプリメント開発を目指した肺発生促進制御の解明

    JST

  • ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(連携型)研究 平成27年度ダイバーシティ事業女性代表共同研究支援助成金,2015年12月 ~ 2016年03月,新しいサプリメント開発を目指した肺発生促進制御の解明

    JST

  • 第7回(2012年度)内藤記念女性研究者研究助成金,2012年12月 ~ 2015年11月,新規生理活性物質SCGB3A2の肺線維症治療薬としての応用を目指した基盤研究;肺線維症改善効果の検証と作用機序の解明

    民間財団等

  • 科学技術振興調整費,2010年06月 ~ 2014年03月,文部科学省科学技術振興調整費「若手研究者の自立的研究環境整備促進」プログラム

    文部科学省

  • 横浜市立大学先端医科学研究センター第Ⅱ期研究開発プロジェクト事業,2009年10月 ~ 2012年03月,磁性体抗がん剤の開発

    横浜市立大学

  • 財団法人横浜総合医学振興財団 平成21年度 奨励研究助成,2009年09月 ~ 2010年08月,下垂体の発生と下垂体ホルモン産生制御機序における転写因子Nkx2_1の下流遺伝子SCGB3A2の作用機序の解明

    財団法人横浜総合医学振興財団

  • 平成21年度笹川科学研究助成 ,2009年04月 ~ 2010年03月,新規有機磁性体を用いた温熱化学療法の開発を目指した生物学的基礎研究

    財団法人 日本科学協会

  • 平成19年度 財団法人横浜総合医学振興財団 呼吸器疾患研究賞,2008年05月 ~ 2009年04月,SCGB3A2(UGRP1)の肺発生および肺疾患における機能解明

    財団法人 横浜総合医学振興財団 

  • グローバルCOEプラグラム,2008年04月 ~ 2010年03月,情報通信による医工融合イノベーション創生

    日本学術振興会

  • 平成19年度 財団法人磁気健康科学研究振興財団,2008年04月 ~ 2009年03月,有機磁性体を利用した新規ドラッグデリバリーシステムの開発と抗がん作用について

    財団法人磁気健康科学研究振興財団

  • 厚生労働科学研究費補助金,2007年04月 ~ 2010年03月,新規磁性薬剤化合物の画像診断への応用

    厚生労働省

  • 平成19年度 研究戦略プロジェクト事業 若手人材育,2007年04月 ~ 2008年03月,肺線維症における新規サーファクタントSCGB3A2の機能解析

    横浜市立大学

  • 平成16年度(2004年度)日本学術振興会海外特別研究員,2005年03月 ~ 2007年02月,肺発生におけるT/EBPと下流遺伝子UGRP1の機能解析

    日本学術振興会

  • 日本学術振興会海外特別研究員,2005年03月 ~ 2007年02月,肺発生におけるT/EBPと下流遺伝子UGRP1の機能解析

    文部科学省

  • The Lalor Foundation, Inc. Postdoctoral Program 2002 fellowship ,2002年06月 ~ 2003年05月,GnRHニューロン発達過程

    海外

  • 日本脳神経財団 海外渡航助成,2002年04月 ~ 2003年03月,Developmental Progression in GnRH Neuron

    日本脳神経財団

  • 神澤医学研究振興財団 海外渡航助成,2002年04月 ~ 2003年03月,Developmental Progression in GnRH Neuron

    神澤医学研究振興財団

  • 平成13年度笹川科学研究助成,2001年04月 ~ 2002年03月,下垂体の幹細胞(stem cell)の同定とその分化について―樹立細胞株Tpit/1,ES細胞を用いた試み―

    財団法人 日本科学協会

  • 東海大学医学部研究助成,1999年04月 ~ 2002年03月,下垂体の幹細胞(stem cell)の同定とその分化について

    東海大学医学部

全件表示 >>

受託研究受入実績

  • 慢性閉塞性肺疾患(COPD)ペプチド薬の開発,2015年01月 ~ 2015年12月,JST,一般受託研究

  • 新規生理活性物質セクレトグロビン(SCGB)3A2の慢性閉塞性肺疾患の治療薬としての検討,2013年08月 ~ 2014年03月,JST,一般受託研究

  • 微小重力下での自律神経による心機能制御の検討,2007年01月 ~ 2009年09月,一般受託研究

研究発表

  • 実験動物セミナー 第34回研究成果発表会,国際会議,2023年12月,成長因子を添加した新規培養液を用いたマウス胚の培養,口頭発表(一般)

  • 実験動物セミナー 第34回研究成果発表会,国内会議,2023年12月,マウス胎仔におけるセクレトグロビン3A2 受容体Syndecan 1 の局在,口頭発表(一般)

  • 山形分子生物セミナー,国内会議,2023年11月,成長因子及びアミノ酸の組成を改変した新規ウシ胚培養液の開発と評価,口頭発表(一般)

  • 第60回東北生殖医学会,国内会議,2023年10月,成長因子を添加した新しい培養液を用いたマウス胚の培養,口頭発表(一般)

  • 第60回東北生殖医学会,国内会議,2023年10月,成長因子及びアミノ酸の組成を改変した新しいウシ胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 第64回日本組織細胞化学会,国内会議,2023年10月,チキンオボアルブミン誘導性腸炎におけるセクレトグロビン3A2の効果,口頭発表(一般)

  • 第64回日本組織細胞化学会,国内会議,2023年10月,キャリア形成とワークライフバランスー女性研究者の仕事とこと建てー,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第94回山形大会,国内会議,2023年09月,山形県山形市、山形大学小白川キャンパス,新規半導体チップ型受精卵呼吸測定装置の開発,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・令和5年度東北支部大会,国内会議,2023年07月,岩手県盛岡市、岩手大学教育学部1号館,成長因子及びアミノ酸の組成を改変した新規ウシ胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・令和5年度東北支部大会,国内会議,2023年07月,岩手県盛岡市、岩手大学教育学部1号館,マウス小腸におけるSyndecan-1の局在,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・令和5年度東北支部大会,国内会議,2023年07月,岩手県盛岡市、岩手大学教育学部1号館,成長因子を添加した新規培養液を用いたマウス胚の培養,口頭発表(一般)

  • 第64回日本卵子学会学術集会,国内会議,2023年05月,茨城県つくば市、つくば国際会議場,E-カドヘリンノックダウンマウス胚におけるコンパクションと胞胚腔形成の解析,ポスター発表

  • 山形大学実験動物セミナー・第33回研究成果発表会,国内会議,2022年12月,マウス胚の微小管ネットワーク構築と接着結合形成におけるCAMSAP3の役割,口頭発表(一般)

  • 山形大学実験動物セミナー・第33回研究成果発表会,国内会議,2022年12月,E-カドヘリンノックダウンマウス胚における胞胚腔形成と胚拡張の解析,口頭発表(一般)

  • 山形大学実験動物セミナー・第33回研究成果発表会,国内会議,2022年12月,Secretoglobin 3A2はSTAT3-α1アンチトリプシンを介してタバコ煙誘導肺気腫を抑制する,口頭発表(一般)

  • 山形大学実験動物セミナー・第33回研究成果発表会,国際会議,2022年12月,cOVA誘導性腸炎におけるセクレトグロビン3A2の効果,口頭発表(一般)

  • 山形大学実験動物セミナー・第33回研究成果発表会,国際会議,2022年12月,新培養液HiGROW OVITはマウス胚における小胞体ストレスの発生を低減させる,口頭発表(一般)

  • 第30回山形分子生物学セミナー,国内会議,2022年11月,マウス胚の微小管形成におけるCAMSAP3の役割,口頭発表(一般)

  • 第30回山形分子生物学セミナー,国内会議,2022年11月,Secretoglobin 3A2はタバコ煙誘導肺気腫を抑制する,口頭発表(一般)

  • 第30回山形分子生物学セミナー,国内会議,2022年11月,ウシ胚におけるE-カドヘリンの細胞内輸送に関する研究,口頭発表(一般)

  • 第30回山形分子生物学セミナー,国際会議,2022年11月,ヒト胚培養液を応用した高性能ウシ胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 第59回東北生殖医学会総会・学術講演会,国際会議,2022年10月,マウス胚の微小管形成におけるγ-チューブリンとCAMSAP3の役割,口頭発表(一般)

  • 第59回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2022年10月,卵管液アミノ酸組成を基に開発したウシ胚培養液の評価:小胞体ストレスの解析,口頭発表(一般)

  • 第59回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2022年10月,卵管液アミノ酸組成を基にしたウシ胚培養液の開発:LDLによるハッチング能の向上,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第93回早稲田大会,国内会議,2022年09月,マウス胚の微小管ネットワーク形成におけるγ-チューブリンとCAMSAP3の役割,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第93回早稲田大会,国内会議,2022年09月,マウス胚のE-カドヘリンノックダウン後の胞胚腔形成と拡張の解析,口頭発表(一般)

  • (公)日本動物学会 第93回 早稲田大,国内会議,2022年09月,ウス胚の微小管ネットワーク形成におけるγ-チューブリンとCAMSAP3の役割,口頭発表(一般)

  • (公)日本動物学会 第93回 早稲田大会,国内会議,2022年09月,マウス胚のE-カドヘリンノックダウン後の胞胚腔形成と拡張の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 令和4年度東北支部大会,国内会議,2022年07月 ~ 2027年07月,ヒト卵管液アミノ酸組成を応用した高性能ウシ胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 令和4年度東北支部大会,国内会議,2022年07月,弘前大学能楽生命科学部403講義室,新規培養液で発生したウシ胚における小胞体ストレスの解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 令和4年度東北支部大会,国内会議,2022年07月,弘前大学能楽生命科学部403講義室,マウス初期胚における微小管ネットワーク形成に関する研究,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・2022年度東北支部大会,国内会議,2022年07月,マウス初期胚における微小管ネットワーク形成に関する研究,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・2022年度東北支部大会,国内会議,2022年07月,新規培養液で発生したウシ胚における小胞体ストレスの解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・2022年度東北支部大会,国際会議,2022年07月,ヒト卵管液アミノ酸組成を応用した高性能ウシ胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 第63回日本卵子学会学術集会,国内会議,2022年05月,メルパルク京都,マウス胚における微小管ネットワークと細胞接着装置の形成におけるCAMSAP3の役割,口頭発表(一般)

  • 第63回日本卵子学会学術集会,国内会議,2022年05月,マウス胚における微小管ネットワークと細胞接着装置の形成におけるCAMSAP3の役割,口頭発表(一般)

  • 実験動物セミナー第32回研究成果発表会,国内会議,2021年12月,マウス胚における微小管ネットワークの形成と細胞内輸送における役割に関する研究,口頭発表(一般)

  • 実験動物セミナー第32回研究成果発表会,国内会議,2021年12月,セクレトグロビン3A2はマクロファージの遊走促進と極性変化に関与する,口頭発表(一般)

  • 実験動物セミナー第32回研究成果発表会,国内会議,2021年12月,異なる系統のマウス胚において発生する小胞体ストレスの解析,口頭発表(一般)

  • 実験動物セミナー第32回研究成果発表会,国内会議,2021年12月,マウス胚の胞胚腔形成と拡張におけるE-カドヘリンの役割,口頭発表(一般)

  • 第29回山形分子生物学セミナー,国内会議,2021年11月,卵管液アミノ酸組成をベースとする高性能ウシ胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 第29回山形分子生物学セミナー ,国内会議,2021年11月,マウス胚における接着結合の役割:E-カドヘリンノックダウン胚の胞胚腔形成の解析,口頭発表(一般)

  • 第29回山形分子生物学セミナー,国際会議,2021年11月,マウス胚での微小管形成におけるγ-チューブリンの役割,口頭発表(一般)

  • 第29回山形分子生物学セミナー,国内会議,2021年11月,異なる組成の培養液で発生したウシ胚における小胞体ストレスの解析,口頭発表(一般)

  • 第58回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2021年10月,マウス胚盤胞形成におけるE-カドヘリンと接着結合の役割,口頭発表(一般)

  • 第58回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2021年10月,ウシ胚において化学シャペロンTUCDAは小胞体ストレスを軽減する,口頭発表(一般)

  • 第58回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2021年10月,マウス胚における微小管ネットワーク形成と細胞内輸送の解析,口頭発表(一般)

  • 第68回日本栄養改善学会学術総会,国内会議,2021年10月,セクレトグロビン3A2による食物アレルギー改善効果の検証,ポスター発表

  • 日本動物学会第92回 オンライン米子大会,国内会議,2021年09月,SCGB3A2のマクロファージへの作用に関する研究,ポスター発表

  • 日本動物学会第92回 オンライン米子大会,国際会議,2021年09月,マウス胚盤胞形成における接着結合とE-カドヘリンの役割,ポスター発表

  • 日本動物学会第92回 オンライン米子大会,国内会議,2021年09月,マウス初期胚の微小管ネットワーク形成とダイニンによる細胞内輸送の解析,ポスター発表

  • 日本動物学会2021年度東北支部大会,国内会議,2021年08月,マウス胚盤胞における接着結合と E-カドヘリンの役割,ポスター発表

  • 日本動物学会2021年度東北支部大会,国内会議,2021年08月,マウス胚における微⼩管ネットワーク形成と細胞内物質輸送に関する解析,ポスター発表

  • 日本動物学会2021年度東北支部大会,国内会議,2021年08月,異なる系統のマウス胚における⼩胞体ストレスの発⽣とその影響の解析,ポスター発表

  • 第62回日本卵子学会学術集会,国内会議,2021年06月 ~ 2021年07月,マウス胚発生における接着結合とE-カドヘリンの役割,口頭発表(一般)

  • 第62回日本卵子学会学術集会,国内会議,2021年06月 ~ 2021年07月,マウス胚における微小管形成とダイニンによる細胞内物質輸送に関する研究,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー 第31回成果発表会,国内会議,2020年12月,セクレトグロビン3A2による食物アレルギー改善効果の検証,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー 第31回成果発表会,国内会議,2020年12月,マウス胚の密着結合形成における微小管およびダイニンの役割,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー 第31回成果発表会,国内会議,2020年12月,脂肪滴がマウス胚の発生およびハッチングに及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー 第31回成果発表会,国内会議,2020年12月,SCGB3A2の生理活性部位の決定,口頭発表(一般)

  • 第61回日本組織細胞化学会総会・学術集会,国内会議,2020年12月,セクレトグロビン3A2による食物アレルギー改善効果の検証,口頭発表(一般)

  • 第61回日本組織細胞化学会総会・学術集会,国内会議,2020年12月,セクレトグロビン 3A2 はマクロファージの遊走を促進し,極性を変化させる,口頭発表(一般)

  • 第61回日本組織細胞化学会総会・学術集会,国内会議,2020年12月,肺におけるSecretoglobin 3A2とビタミンCとの相互作用の検討,口頭発表(一般)

  • 第43回日本分子生物学会年会,国内会議,2020年12月 ~ 2202年01月,Secretoglobin 3A2 suppresses cigarette smoke-induced pulmonary emphysema by upregulation of A1AT via activation of STAT3 ,ポスター発表

  • 日本動物学会・2020年度東北支部大会,国内会議,2020年12月,SCGB3A2を利用したマウスiPS細胞の気道上皮細胞分化モデルの構築,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・2020年度東北支部大会,国内会議,2020年12月,SCGB3A2によるマクロファージの遊走性と極性変化に関する検討,口頭発表(一般)

  • 第57回ペプチド討論会,国内会議,2020年11月,PREPARATION OF SECRETOGLOBIN 3A2 TYPE A FRAGMENTS USING ALBERICIO’S FRAGMENT COUPLING STRATEGY,口頭発表(一般)

  • 第28回 山形分子生物学セミナー,国内会議,2020年11月,肺におけるSecretoglobin 3A2とビタミンCとの相互作用の検討,口頭発表(一般)

  • 第28回 山形分子生物学セミナー,国内会議,2020年11月,Brefeldin A により小胞体ストレスを誘導したマウス胚の解析,口頭発表(一般)

  • 第28回 山形分子生物学セミナー,国内会議,2020年11月,ウシ胚における小胞体ストレス発生機構の解析,口頭発表(一般)

  • 第28回 山形分子生物学セミナー,国内会議,2020年11月,ウシ胚における小胞体ストレス発生機構の解析,口頭発表(一般)

  • 第28回 山形分子生物学セミナー,国内会議,2020年11月,セクレトグロビン3A2はマクロファージの遊走を促進し,極性を変化させる,口頭発表(一般)

  • 第28回 山形分子生物学セミナー,国内会議,2020年11月,Brefeldin A により小胞体ストレスを誘導したマウス胚の解析,口頭発表(一般)

  • 第61回日本卵子学会学術集会,国内会議,2020年10月,ウシ胚における小胞体ストレス発生機構の解明,口頭発表(一般)

  • 第61回日本卵子学会学術集会,国内会議,2020年10月,Brefeldin Aにより小胞体ストレスを誘導したマウス胚の生物学的解析,口頭発表(一般)

  • 第61回日本卵子学会学術集会,国内会議,2020年10月,ウシ胚における機能的密着結合および接着結合形成機構の解析,口頭発表(一般)

  • 第61回日本卵子学会学術集会,国内会議,2020年10月,Brefeldin Aにより小胞体ストレスを誘導したマウス胚の生物学的解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第91回大会,国内会議,2020年09月,ウシ胚における小胞体ストレス発生機構の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第91回大会,国内会議,2020年09月,SCGB3A2はマクロファージを介して呼吸器疾患を改善する,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第91回大会,国内会議,2020年09月,マウス胚における機能的な密着結合と接着結合の形成,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第91回大会 ,国内会議,2020年09月,Brefeldin A により小胞体ストレスを誘導したマウス初期胚の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第91回大会,国内会議,2020年09月,Brefeldin A により小胞体ストレスを誘導したマウス初期胚の解析,口頭発表(一般)

  • 日本医用画像工学会大会予稿集,国際会議,2020年09月,OCTを用いたマウス生殖機能評価に関する検討,その他

  • 山形医学,国際会議,2020年08月,Cu、Zn-スーパーオキシドディスムターゼ(SOD1)遺伝子改変マウスの精子機能解析,その他

  • 山形医学,国際会議,2020年08月,単球由来マクロファージに対するSCGB3A2の遊走促進効果の検討,その他

  • 山形医学,国際会議,2020年08月,マウス初期胚における脂肪滴変動の解析,その他

  • 第57回東北生殖医学会,国内会議,2019年11月,ウシ初期発生において小胞体ストレスは胚品質低下の一因である,口頭発表(一般)

  • 第27回山形分子生物学セミナー,国内会議,2019年11月,山形大学小白川キャンパス基盤教育棟 山形市,SCGB3A2によるマクロファージ遊走促進効果の検討,口頭発表(一般)

  • 第27回山形分子生物学セミナー,国内会議,2019年11月,山形大学小白川キャンパス基盤教育棟 山形市,SCGB3A2の下垂体特異的発現を決定する遺伝子制御機構の解明,口頭発表(一般)

  • 第27回山形分子生物学セミナー,国内会議,2019年11月,山形大学小白川キャンパス基盤教育棟 山形市,新規生理活性物質セクレトグロビン3A2の活性部位の探求,口頭発表(一般)

  • 第57回東北生殖医学会,国内会議,2019年11月,マウス胚を用いた新規培養液HiGROW OVITの汎用性の検討,口頭発表(一般)

  • 第57回東北生殖医学会,国内会議,2019年11月,ウシ胚における機能的な密着結合と接着結合の形成 ,口頭発表(一般)

  • 第57回東北生殖医学会,国内会議,2019年11月,卵管液アミノ酸組成をベースとするウシ胚培養液開発の試み,口頭発表(一般)

  • 2019年度 山形大学COI(センターオブイノベーション)「若手連携」共催 SDGs × COI若手・女性研究者交流会 〜SDGsの観点からの研究交流〜」,国内会議,2019年11月,山形大学米沢キャンパス 有機材料システムフロンティアセンター(11号館)2階ラウンジ,肺におけるSCGB3A2とビタミンCの相互作用の検討,ポスター発表

  • 3機関合同シンポジウム 豊かな健康長寿社会を目指して ,国内会議,2019年11月,山形大学米沢キャンパス11号館2F未来ホール,「~女性にとって『快適で豊かな未来の生活』をデザインする~産学連携サービスデザイン・プロジェクトの研究成果」,口頭発表(一般)

  • 山形大学COI(センターオブイノベーション)「若手連携」共催 SDGs × COI若手・女性研究者交流会 〜SDGsの観点からの研究交流〜」,国内会議,2019年11月,山形大学米沢キャンパス 有機材料システムフロンティアセンター(11号館)2階ラウンジ,新規生理活性物質SCGB3A2の食物アレルギー改善薬としての検証,ポスター発表

  • 山形大学COI(センターオブイノベーション)「若手連携」共催 SDGs × COI若手・女性研究者交流会 〜SDGsの観点からの研究交流〜」,国内会議,2019年11月,山形大学米沢キャンパス 有機材料システムフロンティアセンター(11号館)2階ラウンジ,SCGB3A2の生理活性部位の決定,ポスター発表

  • 日本動物学会第90回大阪大会,国内会議,2019年09月,大阪市立大学杉本キャンパス,大阪,卵管液アミノ酸組成をベースとするウシ胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第90回大阪大会,国内会議,2019年09月,大阪市立大学杉本キャンパス,大阪,マウス初期胚における小胞体ストレスの誘導とその影響の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第90回大阪大会,国内会議,2019年09月,大阪市立大学杉本キャンパス,大阪,SCGB3A2 の生理活性部位の決定,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第90回大阪大会,国内会議,2019年09月,大阪市立大学杉本キャンパス,大阪,ウシ胚において密着結合と接着結合は胚の形態的品質を決めている,口頭発表(一般)

  • 第66回日本栄養改善学会学術総会,国内会議,2019年09月,富山県民会館・富山国際会議場,富山,SCGB3A2による食物アレルギー改善効果の検証,ポスター発表

  • 第66回日本栄養改善学会学術総会,国内会議,2019年09月,富山県民会館・富山国際会議場,富山,肺におけるSCGB3A2とビタミンCとの相互作用の検討,ポスター発表

  • 山形医学,国際会議,2019年08月,セレクトグロビン(SCGB)3A2の加齢による肺への影響,その他

  • 日本動物学会・令和元年度東北支部大会,国内会議,2019年07月,岩手大学教育学部北桐ホール,岩手,SCGB3A2によるマクロファージの遊走性に関する検討,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・令和元年度東北支部大会,国内会議,2019年07月,岩手大学教育学部北桐ホール,岩手,卵管液アミノ酸組成を基本とする高性能ウシ胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・令和元年度東北支部大会,国内会議,2019年07月,岩手大学教育学部北桐ホール,岩手,ウシ胚における小胞体ストレスの発生と胚のクオリティーとの関係,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・令和元年度東北支部大会,国内会議,2019年07月,岩手大学教育学部北桐ホール,岩手,ヒト卵管液アミノ酸組成をベースとするマウス胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・令和元年度東北支部大会 ,国内会議,2019年07月,岩手大学教育学部北桐ホール,岩手,ウシ胚における機能的な密着結合の形成は胚のハッチングに不可欠である,口頭発表(一般)

  • The Journal of Physiological Sciences,国際会議,2019年06月,Epac活性化はIL-6誘発性心筋細胞の機能障害を抑制する(Epac activation inhibits IL-6-induced cardiac myocyte dysfunction),その他

  • 第60回 日本卵子学会学術集会,国内会議,2019年05月,広島国際会議場 広島,マウス初期胚発生における小胞体ストレスの影響,口頭発表(一般)

  • 第60回 日本卵子学会学術集会,国内会議,2019年05月,広島国際会議場 広島,高精度ミトコンドリアDNAコピー数定量システムの開発と応用,口頭発表(一般)

  • 第60回 日本卵子学会学術集会,国内会議,2019年05月,広島国際会議場 広島,ヒト卵管液アミノ組成を基本とするウシ胚培養液の開発,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第29回研究成果発表会,国内会議,2018年12月,飯田キャンパス 医学部,セクレトグロビン(SCGB)3A2の加齢による肺への影響 ,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第29回研究成果発表会 ,国内会議,2018年12月,飯田キャンパス 医学部,高精度ミトコンドリアDNAコピー数定量システムの開発と応用,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第29回研究成果発表会 ,国内会議,2018年12月,飯田キャンパス 医学部,ヒト卵管液組成をベースとする新規培養液の有用性の検討,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第29回研究成果発表会,国内会議,2018年12月,飯田キャンパス 医学部,マウス胚の発生およびミトコンドリア機能に及ぼす小胞体ストレスの影響 ,口頭発表(一般)

  • YU-COEヘルスケア国際シンポジウム,国際会議,2018年11月,山形大学工学部11号館 未来ホール,Synthesis of Secretoglobin 3A2 peptide fragments in Native ,ポスター発表

  • 第41回日本分子生物学会年会,国内会議,2018年11月,パシフィコ横浜,SCGB3A2 suppresses pulmonary emphysema by upregulation of A1AT via activation of STAT3,ポスター発表

  • 第41回日本分子生物学会年会 ,国内会議,2018年11月,パシフィコ横浜,Expression mechanism of SCGB3A2 in the absence of NKX2-1 in the mouse anterior pituitary,ポスター発表

  • 山形分子生物学セミナー,国内会議,2018年11月,飯田キャンパス 医学部CBT室,ウシ胚における酸化ストレスの発生とアポトーシスの誘導,口頭発表(一般)

  • 山形分子生物学セミナー,国内会議,2018年11月,飯田キャンパス 医学部CBT室,SCGB3A2の肺気腫抑制メカニズムの解明,口頭発表(一般)

  • 山形分子生物学セミナー,国内会議,2018年11月,飯田キャンパス 医学部CBT室,接着結合および密着結合はウシ胚の形態的品質を決定する,口頭発表(一般)

  • 山形分子生物学セミナー,国内会議,2018年11月,飯田キャンパス 医学部CBT室,SCGB3A2の活性部位の決定,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第89回大会 ,国内会議,2018年09月,札幌コンベンションセンター,COPDマウスモデル肺を用いたSCGB3A2の肺気腫抑制メカニズムの解明,ポスター発表

  • 日本動物学会 第89回大会,国内会議,2018年09月,札幌コンベンションセンター,マウス胚における微小管ネットワークの構築とミトコンドリア呼吸機能の発達,ポスター発表

  • 日本動物学会 第89回大会,国内会議,2018年09月,札幌コンベンションセンター,ウシ胚における密着結合および接着結合の形成と胚の品質とハッチングに及ぼす影響,ポスター発表

  • 日本動物学会 第89回大会 ,国内会議,2018年09月,札幌コンベンションセンター ,マウス下垂体前葉におけるSCGB3A2遺伝子発現制御機構の解明,ポスター発表

  • 第65回 日本栄養改善学会学術総会,国内会議,2018年09月,新潟 朱鷺メッセ,ビタミンAの肺上皮細胞に与える影響とSCGB3A2の作用,口頭発表(一般)

  • 第33回日本下垂体研究会学術集会,国内会議,2018年08月,国民宿舎桂浜荘 高知市浦戸城山,マウス下垂体前葉におけるSCGB3A2遺伝子発現制御機構の解明,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成30年度東北支部大会,国内会議,2018年07月,山形大学小白川キャンパス ,高精度ミトコンドリアDNAコピー数定量システムの開発,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成30年度東北支部大会,国内会議,2018年07月,山形大学小白川キャンパス,SCGB3A2の生理活性部位の決定,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成30年度東北支部大会,国内会議,2018年07月,山形大学小白川キャンパス,COPDマウスモデル肺を用いたSCGB3A2の肺気腫抑制メカニズムの解明,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成30年度東北支部大会,国内会議,2018年07月,山形大学小白川キャンパス,マウス下垂体前葉におけるSCGB3A2遺伝子発現制御機構の解明,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成30年度東北支部大会,国内会議,2018年07月,山形大学小白川キャンパス,ウシ胚においてアポトーシスおよび酸化ストレスは胚の品質を低下させる,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成30年度東北支部大会,国内会議,2018年07月,山形大学小白川キャンパス,ウシ胚における接着結合および密着結合は胚のバッチングに影響する,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成30年度東北支部大会,国内会議,2018年07月,山形大学小白川キャンパス,マウス胚における小胞体ストレスの誘導と胚発生に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 第59回 日本卵子学会 ,国内会議,2018年05月,大宮ソニックシティ,初期胚における細胞接着は肺の形態的品質とハッチングに影響する,口頭発表(一般)

  • 第59回 日本卵子学会,国内会議,2018年05月,マウス胚における微小管ネットワークの形成とミトコンドリア呼吸機能の発達,口頭発表(一般)

  • 日本卵子学会誌,国際会議,2018年04月,初期胚における細胞接着は胚の形態的品質とハッチングに影響する,その他

  • 第56回東北生殖医学会学術講演会,国内会議,2018年,青森県観光物産館アスパム,高精度ミトコンドリアDNAコピー数定量システムの開発と有用性の検討,口頭発表(一般)

  • 第56回東北生殖医学会学術講演会 ,国内会議,2018年,青森県観光物産館アスパム,アポトーシスと酸化ストレスはウシ胚品質低下の原因となる,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第28回研究成果発表会,国内会議,2017年12月,山形大学医学部,セクレトグロビン3A2の肺気腫抑制メカニズムの解明,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第28回研究成果発表会,国内会議,2017年12月,山形大学医学部,近交系マウスの交配による雑種強勢は胚のハッチングにおいて発現する,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第28回研究成果発表会,国内会議,2017年12月,山形大学医学部,マウス胚における微小管形成とミトコンドリア呼吸機能の解析,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第28回研究成果発表会,国内会議,2017年12月,山形大学医学部,高精度ミトコンドリアDNAコピー数定量システムの開発,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第28回研究成果発表会,国内会議,2017年12月,山形大学医学部,マウス下垂体前葉におけるSCGB3A2発現制御機構の解明,口頭発表(一般)

  • 山形大学医学部実験動物セミナー・第28回研究成果発表会,国内会議,2017年12月,山形大学医学部,セクレトグロビン(SCGB)3A2の加齢による肺への影響,口頭発表(一般)

  • ダイバーシティ事業3機関合同シンポジウム,国内会議,2017年12月,山形大学工学部11号館,セクレトグロビン3A2の肺気腫抑制メカニズムの解明,ポスター発表

  • 第25回山形分子生物学セミナー,国内会議,2017年11月,山形大学工学部百周年記念館,セクレトグロビン3A2の肺気腫抑制メカニズムの解明,口頭発表(一般)

  • ダイバーシティ事業3機関合同シンポジウム,国内会議,2017年11月,山形大学工学部11号館,ビタミンAとCの肺に与える効果,ポスター発表

  • 25回山形分子生物学セミナー,国内会議,2017年11月,山形大学工学部百周年記念館,マウス初期胚における微小管の形成とミトコンドリア 呼吸機能に関する分子生物学的解析,口頭発表(一般)

  • 第25回山形分子生物学セミナー,国内会議,2017年11月,山形大学工学部百周年記念館,ウシ胚における接着結合の形成:細胞間接着タンパク質の遺伝子発現と細胞内局在の解析,口頭発表(一般)

  • 第25回山形分子生物学セミナー,国内会議,2017年11月,山形大学工学部百周年記念館,マウス下垂体前葉におけるSCGB3A2発現制御機構の解明,口頭発表(一般)

  • 第55回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2017年10月,コラッセ福島,マウス胚における微小管ネットワークの形成はミトコンドリアの機能発達と密接に関係している,口頭発表(一般)

  • 第55回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2017年10月,コラッセ福島,近交系マウスの交配による雑種強勢は胚のハッチングにおいて発現する,口頭発表(一般)

  • 第55回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2017年10月,コラッセ福島,ウシ胚における接着結合の形成は胚の形態的クオリティーとハッチングに影響する,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第88回富山大会,国内会議,2017年09月,富山県民会館,マウス下垂体前葉においてSCGB3A2発現は転写因子C/EBPβおよびC/EBPδにより促進される,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第88回富山大会,国内会議,2017年09月,富山県民会館,ウシ胚における接着結合の形成と胚のハッチングに及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第88回富山大会,国際会議,2017年09月,富山県民会館,マウス初期発生における微小管形成とミトコンドリア機能変化の解析,口頭発表(一般)

  • 日本化学会東北支部大会,国内会議,2017年09月,岩手大学理工学部,Synthesis of Secretoglobin 3A2 fragments using Dawson resin by Native,ポスター発表

  • 第64回日本栄養改善学会学術総会,国内会議,2017年09月,アスティとくしま,肺におけるSCGB3A2とビタミンAおよびビタミンCとの相乗効果の検討,口頭発表(一般)

  • 第32回 日本下垂体研究会学術集会,国内会議,2017年08月,マウス下垂体前葉に発現するSCGB3A2は転写因子C/EBPβとC/EBPδによって転写促進される,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成29年度東北支部大会,国内会議,2017年07月,浅虫海洋生物学教育研究センター,ウシ胚における接着結合の形成:胚の形態学的クオリティーとの関係について,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成29年度東北支部大会,国内会議,2017年07月,浅虫海洋生物学教育研究センター,マウス下垂体前葉におけるセクレトグロビン3A2発現制御機構の解明,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成29年度東北支部大会,国内会議,2017年07月,浅虫海洋生物学教育研究センター,ウシ胚における微小管ネットワーク形成とミトコンドリア機能発達の解析,口頭発表(一般)

  • 第58回日本卵子学会学術集会,国内会議,2017年06月,沖縄コンベンションセンター,ウシ胚における接着結合の形成と胚のクオリティーに及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 第58回日本卵子学会学術集会,国内会議,2017年06月,沖縄コンベンションセンター,マウス卵子及び胚における微小管形成とミトコンドリア機能変化の解析,口頭発表(一般)

  • 第94回日本生理学会大会,国内会議,2017年03月,SCGB3A2はA1AT発現制御によって肺気腫を抑制する,ポスター発表

  • 第94回日本生理学会大会 ,国際会議,2017年03月,アクトシティ浜松,SCGB3A2 co-localizes C/EBP γ or C/EBP ζ in the mouse anterior pituitary ,ポスター発表

  • 実験動物セミナー 第27回研究成果発表会,国内会議,2016年12月,山形大学医学部 山形医学交流会館 大会議室,セクレトグロビン3A2の肺気腫抑制に対する可能性,口頭発表(一般)

  • 実験動物セミナー 第27回研究成果発表会,国内会議,2016年12月,山形大学医学部 山形医学交流会館 大会議室,近交系マウスの交配による雑種強勢は胚の孵化様式に影響を及ぼす ,口頭発表(一般)

  • The 39th Annual Meeting of the Molecular Biology Science of Japan,国内会議,2016年11月 ~ 2016年12月,パシフィコ横浜,Secretoglobin3A2 suprpresses pulmonary emphysema,シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • the 22nd International Congress of Zoology and the87th meeting of Zoological Society of Japan,国際会議,2016年11月,Okinawa Convention Center,Multiple analysis of mitochondrial respiratory activity in borvine pre-implantation embryos. ,ポスター発表

  • the 22nd International Congress of Zoology and the87th meeting of Zoological Society of Japan,国際会議,2016年11月,Okinawa Convention Center, Okinawa,Secretoglobin3A2 suppresses pulmonary emphysema,ポスター発表

  • 第34回日本受精着床学会総会・学術講演会,国内会議,2016年09月,軽井沢プリンスホテルウエスト,ウシ胚超低温保存のための新規完全合成ガラス化保存液の開発,口頭発表(一般)

  • 第34回日本受精着床学会総会・学術講演会,国内会議,2016年09月,軽井沢プリンスホテルウエスト,マウス卵子及び胚におけるミトコンドリアの呼吸機能は細胞内局在の影響を受ける,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成28年度東北支部大会,国内会議,2016年07月,福島県立医大,ウシ初期発生における接着結合の発達は胚の形態形成と品質に影響する,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成28年度東北支部大会,国内会議,2016年07月,福島県立医大 ,異なる培養液で発生したウシ胚の孵化過程と細胞間接着の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成28年度東北支部大会,国内会議,2016年07月,福島県立医大,マウス卵子及び胚におけるミトコンドリアの動態変化と機能発達,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成28年度東北支部大会,国内会議,2016年07月,福島県立医大,ウシ胚におけるミトコンドリア機能は細胞内局在と細胞分化の影響を受ける,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成28年度東北支部大会,国内会議,2016年07月,福島県立医大,セクレトグロビン3A2のマクロファージ遊走促進効果,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成28年度東北支部大会,国内会議,2016年07月,福島県立医大,慢性閉塞性肺疾患におけるセクレトグロビン3A2の効果の検証,口頭発表(一般)

  • 第17回 山形ニューロサイエンス・医工学研究会,国内会議,2016年06月,山形大学医学部、山形市,磁場誘導によるドラッグデリバリーと磁気共鳴イメージングを可能にする磁性抗がん化合物,口頭発表(一般)

  • 第57回日本卵子学会,国内会議,2016年05月,朱鷺メッセ 新潟,異なる培養条件で発生したウシ胚のハッチング様式とミトコンドリア機能の解析,口頭発表(一般)

  • 第57回日本卵子学会,国内会議,2016年05月,朱鷺メッセ 新潟,新規完全合成ガラス化保存液を用いたウシ胚超低温保存法の開発,口頭発表(一般)

  • 第13回肺研究フォーラム21,国内会議,2016年04月,グランドプリンスホテル京都、京都,呼吸器疾患におけるセクレトグロビン3A2の役割,口頭発表(一般)

  • 第93回日本生理学会,国内会議,2016年03月,The Roles of Secretoglobin 3A2 in Respiratory Disease,口頭発表(一般)

  • 第31回東日本家畜受精卵移植技術研究会,国内会議,2016年02月,石川県金沢市,完全合成ガラス化保存液により超低温保存したウシ胚の発生能とミトコンドリア機能の解析,口頭発表(一般)

  • 第31回東日本家畜受精卵移植技術研究会,国内会議,2016年02月,石川県金沢市,ドップラー光干渉断層画像化法を応用したウシ卵巣評価技術の開発,口頭発表(一般)

  • 第31回東日本家畜受精卵移植技術研究会,国内会議,2016年02月,異なる培養条件で発生したウシ胚におけるミトコンドリア機能とハッチング様式の解析,口頭発表(一般)

  • 第33回日本受精着床学会総会・学術講演会 ,国内会議,2015年11月,TFTホール(東京都江東区有明),ウシ卵子及び胚のミトコンドリアは発生ステージと細胞内局在によって機能が変化する,口頭発表(一般)

  • 第33回日本受精着床学会総会・学術講演会,国内会議,2015年11月,TFTホール(東京都江東区有明),近交系マウスの交配による雑種強勢はハッチングに影響を及ぼす,口頭発表(一般)

  • 第33回日本受精着床学会総会・学術講演会,国内会議,2015年11月,TFTホール(東京都江東区有明),ドップラー光干渉断層画像化法を応用したウシ卵胞のイメージング,口頭発表(一般)

  • 第53回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2015年10月,ホテルキャッスル山形 (山形県山形市),ウシ卵子及び胚のミトコンドリアは発生ステージと細胞内局在によって機能が変化する,口頭発表(一般)

  • 第53回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2015年10月,ホテルキャッスル山形 (山形県山形市),ドップラー光干渉断層画像化法を応用したウシ卵母細胞イメージング技術の開発,口頭発表(一般)

  • 第53回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2015年10月,ホテルキャッスル山形 (山形県山形市),近交系マウスの交配による雑種強勢はハッチングにおいて発現する,口頭発表(一般)

  • 第53回東北生殖医学会総会・学術講演会,国内会議,2015年10月,ホテルキャッスル山形 (山形県山形市),ウシ胚における呼吸鎖複合体IVの遺伝子発現は培養条件によって変化する,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第86回大会 ,国内会議,2015年09月,新潟 朱鷺メッセ,高感度蛍光プローブを用いたウシ胚におけるミトコンドリア膜電位の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第86回大会,国内会議,2015年09月,新潟 朱鷺メッセ,異なる培養条件で発生したウシ胚における呼吸鎖複合体Ⅳの遺伝子発現,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第86回大会 ,国内会議,2015年09月,新潟 朱鷺メッセ,光干渉断層画像化法を応用したマウスおよびウシ卵胞のイメージング,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第86回大会,国内会議,2015年09月,新潟 朱鷺メッセ,セクレトグロビン3A2は慢性閉塞性肺疾患を改善する,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成27年度東北支部大会 ,国内会議,2015年08月,東北大学農学部雨宮キャンパス,高感度蛍光プローブを用いたウシ初期胚のミトコンドリア膜電位の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成27年度東北支部大会,国内会議,2015年08月,東北大学農学部雨宮キャンパス,異なる培養液で発生したウシ胚のタイムラプス観察:孵化様式と細胞骨格の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成27年度東北支部大会,国内会議,2015年08月,東北大学農学部雨宮キャンパス,ウシ胚における呼吸鎖複合体IVの遺伝子発現は培養液によって変化する,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成27年度東北支部大会,国内会議,2015年08月,東北大学農学部雨宮キャンパス,蛍光プローブJC-10を用いたマウス胚ミトコンドリア呼吸機能の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会・平成27年度東北支部大会,国内会議,2015年08月,東北大学農学部雨宮キャンパス,近交系マウスの交配による雑種強勢は胚の孵化に影響を及ぼす,口頭発表(一般)

  • 第28回 日本動物細胞工学会2015年度大会 (JAACT2015),国内会議,2015年07月, 東北大学 片平さくらホール,走査型電気化学顕微鏡を用いた単一培養細胞の呼吸機能解析,口頭発表(一般)

  • 第16回山形ニューロサイエンス・医工学研究会,国内会議,2015年06月,ホテルキャッスル 2階 弥生(山形県山形市十日町4-2-7),光干渉断層画像化技術を応用したマウスおよびウシ卵胞の非侵襲イメージング,口頭発表(一般)

  • 第56回日本卵子学会,国内会議,2015年05月,栃木県総合文化センター(栃木県宇都宮市),ウシ卵胞の非侵襲イメージングを可能とする光干渉断層画像化システム,口頭発表(一般)

  • 第56回日本卵子学会,国内会議,2015年05月,栃木県総合文化センター(栃木県宇都宮市),高感度蛍光プローブを用いたウシ胚発生過程におけるミトコンドリア膜電位の解析 ,口頭発表(一般)

  • 第56回日本卵子学会 ,国内会議,2015年05月,栃木県総合文化センター(栃木県宇都宮市),無血清培地および血清添加培地で作出したウシ胚における呼吸鎖複合体IV遺伝子の発現,口頭発表(一般)

  • 第57回日本卵子学会,国内会議,2015年05月,朱鷺メッセ 新潟,ウシ胚においてミトコンドリア膜電位と胚の品質は相関する,口頭発表(一般)

  • 第30回東日本家畜受精欄移植技術研究会大会,国内会議,2015年02月,光干渉断層画像化法を応用したウシ卵胞の非侵襲イメージング,口頭発表(一般)

  • 第30回東日本家畜受精欄移植技術研究会大会 ,国内会議,2015年02月,秋田キャッスルホテル (秋田県秋田市),無血清培地および血清培地で作出したウシ胚における呼吸鎖複合体遺伝子発現の解析,口頭発表(一般)

  • 第30回東日本家畜受精欄移植技術研究会大会,国内会議,2015年02月,秋田キャッスルホテル (秋田県秋田市),高感度蛍光プローブを用いたウシ胚ミトコンドリア膜電位活性の解析 ,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第85回大会,国内会議,2014年09月,多項目解析技術を駆使したウシ初期胚におけるミトコンドリア呼吸機能解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第85回大会,国内会議,2014年09月,慢性閉塞性肺疾患(COPD)におけるセクレトグロビン (SCGB) 3A2の役割の解明,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第85回大会,国内会議,2014年09月,単一ブタ胚におけるシトクロムcオキシダーゼ遺伝子発現解析 日本動物学会 ,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第85回大会,国内会議,2014年09月,ドップラー光干渉断層画像化法を応用したマウス卵胞の三次元非侵襲イメージング ,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会 第85回大会 ,国内会議,2014年09月,異なる受精条件で作製したマウス胚の発生能とミトコンドリア機能の解析,口頭発表(一般)

  • 第32回日本受精着床学会,国内会議,2014年07月 ~ 2017年08月,ドップラー光干渉断層画像化法を応用した高感度卵胞3次元イメージング,口頭発表(一般)

  • 第32回日本受精着床学会,国内会議,2014年07月 ~ 2014年08月,シトクロムcオキシダーゼ(Cox) mRNA発現解析による単一ブタ胚品質評価,口頭発表(一般)

  • 第32回日本受精着床学会,国内会議,2014年07月 ~ 2014年08月,マウス卵子及び初期胚におけるシトクロムcオキシダーゼ (Cox) mRNAの発現解析,口頭発表(一般)

  • 第32回日本受精着床学会,国内会議,2014年07月 ~ 2014年08月,多項目解析技術を駆使したウシ初期胚ミトコンドリア呼吸機能解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成26年度東北支部大会 ,国内会議,2014年07月,ドップラー光干渉断層画像化法を応用したマウス卵胞の高感度3次元イメージング解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成26年度東北支部大会,国内会議,2014年07月,セクレトグロビン3A2のマクロファージ遊走促進効果,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成26年度東北支部大会,国内会議,2014年07月,慢性閉塞性肺疾患におけるセクレトグロビン3A2の効果の検討,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成26年度東北支部大会,国内会議,2014年07月,蛍光プローブJC-10を用いたウシ初期胚におけるミトコンドリア膜電位活性の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成26年度東北支部大会,国内会議,2014年07月,ウシ胚発生過程における呼吸鎖複合体IV(Cox)遺伝子発現の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成26年度東北支部大会,国内会議,2014年07月,純系マウス及び交雑マウスにおける胚発生の比較,口頭発表(一般)

  • 第15回山形ニューロサイエンス・医工学研究会,国内会議,2014年06月,ショートマルチモードファイバー顕微鏡によるラット脳組織の観察,口頭発表(一般)

  • 第15回山形ニューロサイエンス・医工学研究会,国内会議,2014年06月,光干渉断層画像化技術を応用したマウス呼吸器診断システムの開発 ,口頭発表(一般)

  • 第55回日本卵子学会,国内会議,2014年05月,ドップラー光干渉断層画像化技術を応用した3次元卵胞イメージングシステムの開発,口頭発表(一般)

  • 第55回日本卵子学会,国内会議,2014年05月,受精条件が胚の発生及びミトコンドリア呼吸機能に及ぼす影響の解析,口頭発表(一般)

  • 第7回バイオ関連化学シンポジウム,国際会議,2013年09月,電気化学計測技術を応用した単一細胞ミトコンドリア呼吸機能解析システムの開発と医療応用,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第84回大会,国内会議,2013年09月,異なる系統のマウスにおける胚発生能とミトコンドリア機能の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第84回大会,国内会議,2013年09月,光干渉断層画像化法を応用したマウス卵胞の非侵襲イメージングシステム,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第84回大会,国内会議,2013年09月,光干渉断層画像化法を応用したマウス肺病変組織の非侵襲イメージング,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第84回大会,国内会議,2013年09月,マウス胚初期発生におけるシトクロムcオキシダーゼ(COX)遺伝子発現の解析,口頭発表(一般)

  • 第106回日本繁殖生物学会大会,国内会議,2013年09月,異なる遺伝的背景をもつマウス胚の発生能とミトコンドリア機能の解析,口頭発表(一般)

  • 第106回日本繁殖生物学会大会,国内会議,2013年09月,長期保存ウシ卵巣から採取した卵子の品質評価とミトコンドリア呼吸機能解析,ポスター発表

  • 第106回日本繁殖生物学会大会,国内会議,2013年09月,単一ブタ胚におけるシトクロムcオキシダーゼmRNAの検出,ポスター発表

  • 第106回日本繁殖生物学会大会,国内会議,2013年09月,光干渉断層画像化法を用いたマウス卵巣内卵胞の非侵襲的定量解析,口頭発表(一般)

  • 第106回日本繁殖生物学会大会,国内会議,2013年09月,マウス初期発生のおける呼吸鎖複合体Ⅳ遺伝子発現とミトコンドリア呼吸機能の解析,口頭発表(一般)

  • 第31回日本受精着床学会総会・学術講演会,国内会議,2013年08月,ウシ初期胚におけるシトクロームcオキシダーゼ(COX)mRNAの発現解析,口頭発表(一般)

  • 第31回日本受精着床学会総会・学術講演会,国内会議,2013年08月,干渉断層画像化法を応用したマウス卵胞の非侵襲イメージングシステムの開発,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成25年度東北支部大会,国内会議,2013年07月,SCGB3A2によるアクロレイン誘導性アポトーシス抑制効果の検討,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成25年度東北支部大会,国内会議,2013年07月,光干渉断層画像化法を応用したマウス卵胞の非侵襲イメージング,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成25年度東北支部大会,国内会議,2013年07月,リアルタイム培養細胞観察システムを用いたウシ体外受精胚の発生解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成25年度東北支部大会,国内会議,2013年07月,異なる系統のマウス胚における発生能とミトコンドリア呼吸機能の解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成25年度東北支部大会,国内会議,2013年07月,ウシ卵巣の保存時間が卵子のミトコンドリア呼吸機能に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成25年度東北支部大会,国内会議,2013年07月,光干渉断層画像化法を応用したマウス肺病変組織の非侵襲イメージング,口頭発表(一般)

  • 第54回日本哺乳動物卵子学会,国内会議,2013年05月,光干渉断層撮影法を応用したマウス卵巣内卵胞の非侵襲的観察,ポスター発表

  • 第54回日本哺乳動物卵子学会,国内会議,2013年05月,ウシ胚におけるシトクロムcオキシダーゼ(COX)mRNAの解析,ポスター発表

  • 第54回日本哺乳動物卵子学会,国内会議,2013年05月,異なるマウス系統における胚発生とミトコンドリア呼吸機能の解析,ポスター発表

  • 54回日本哺乳動物卵子学会,国内会議,2013年05月,マウス胚におけるシトクロムcオキシダーゼ(COX)遺伝子発現とミトコンドリア呼吸機能の解析,ポスター発表

  • 第90回日本生理学会大会,国内会議,2013年03月,スンクスにおける空腹時および食後期の胃運動性に対する迷走神経切除の効果,ポスター発表

  • 第90回日本生理学会大会,国内会議,2013年03月,マウス下垂体におけるSCGB3A2の役割,ポスター発表

  • 第28回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会,国内会議,2013年02月,長期保存ウシ卵巣から採取した卵子の品質評価,口頭発表(一般)

  • 第28回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会,国内会議,2013年02月,リアルタイム培養細胞観察システムを用いたウシ体外受精胚の発生解析,口頭発表(一般)

  • 第28回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会,国内会議,2013年02月,ウシ卵子の品質評価を目的とした呼吸鎖複合体遺伝子の発現解析,口頭発表(一般)

  • International Joint Symposium on Single-Cell Analysis (The 6th International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis & The 8th International Forum on Post-Genome Technologies) ,国際会議,2012年11月,Multiple analyses of mitochondrial respiration activity in single mouse embryos,口頭発表(一般)

  • International Joint Symposium on Single-Cell Analysis (The 6th International Workshop on Approaches to Single-Cell Analysis & The 8th International Forum on Post-Genome Technologies),国際会議,2012年11月,Analyses of respiration activity in single culture cells,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第83回大会,国内会議,2012年09月,異なる遺伝的背景をもつマウス胚のタイムラプス発生解析,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第83回大会,国内会議,2012年09月,マウス下垂体におけるSCGB3A2の局在,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第83回大会,国内会議,2012年09月,マウス胚におけるミトコンドリア呼吸機能解析:シトクロームcオキシダーゼ遺伝子の発現,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会第83回大会,国内会議,2012年09月,ウシ胚におけるミトコンドリア呼吸機能解析:シトクロームcオキシダーゼ遺伝子の発現,口頭発表(一般)

  • 第105回日本繁殖生物学会大会 ,国内会議,2012年09月,リアルタイム培養細胞観察システムを用いたマウス胚の発生解析,ポスター発表

  • 第105回日本繁殖生物学会大会,国内会議,2012年09月,ウシ初期胚におけるシトクロムcオキシダーゼ遺伝子の発現解析 ,ポスター発表

  • 第105回日本繁殖生物学会大会,国内会議,2012年09月,マウス初期胚におけるシトクロームcオキシダーゼ遺伝子の発現解析,ポスター発表

  • 第14回国際組織細胞化学会議(ICHC2012)/第53回日本組織細胞化学会総会,国際会議,2012年08月,国立京都国際会館(京都),Localization of SCGB3A2/UGRP1 in mouse pituitary glands,ポスター発表

  • 日本下垂体研究会第27回学術集会,国内会議,2012年08月,山形県天童市「天童ホテル」 ,マウス下垂体におけるSCGB3A2の役割の解明,口頭発表(一般)

  • (社)日本動物学会 平成24年度東北支部大会,国内会議,2012年07月,喫煙マウス肺におけるシトクロームcオキシダーゼの発現,口頭発表(一般)

  • (社)日本動物学会 平成24年度東北支部大会,国内会議,2012年07月,リアルタイム培養細胞観察システムを用いたマウス肺初期発生のタイムラプス解析 ,口頭発表(一般)

  • (社)日本動物学会 平成24年度東北支部大会,国内会議,2012年07月,マウス初期胚におけるシトクロムcオキシダーゼ遺伝子の発現解析,口頭発表(一般)

  • (社)日本動物学会 平成24年度東北支部大会,国内会議,2012年07月,ウシ初期胚におけるミトコンドリア呼吸機能解析:シトクロームcオキシダーゼ(Cox)遺伝子発現の解析 ,口頭発表(一般)

  • (社)日本動物学会 平成24年度東北支部大会 ,国内会議,2012年07月,マウス下垂体におけるSCGB3A2の発現解析,口頭発表(一般)

  • 第50回日本生殖医学会東北ブロック総会・学術講演会,国内会議,2012年07月,仙台,ウシ初期発生におけるミトコンドリア呼吸機能解析:シトクロムcオキシダーゼ遺伝子の発現解析,口頭発表(一般)

  • 第50回日本生殖医学会東北ブロック総会・学術講演会,国内会議,2012年07月,異なる遺伝的背景をもつマウス胚の発生解析:リアルタイム培養細胞観察装置を用いたタイムラプス観察,口頭発表(一般)

  • 第50回日本生殖医学会東北ブロック総会・学術講演会,国内会議,2012年07月,マウス初期胚におけるミトコンドリア呼吸機能とシトクロムcオキシダーゼ遺伝子発現解析,口頭発表(一般)

  • 第53回日本哺乳動物卵子学会 ,国内会議,2012年05月,ウシ初期胚におけるミトコンドリア呼吸機能解析:シトクロムcオキシダーゼ遺伝子発現の解析,口頭発表(一般)

  • 第53回日本哺乳動物卵子学会 ,国内会議,2012年05月,マウス初期胚におけるミトコンドリア呼吸機能とシトクロムcオキシダーゼ遺伝子発現の解析,口頭発表(一般)

  • 第27回東日本ET研究会,国内会議,2012年01月,飛騨高山,マウス初期胚におけるミトコンドリア呼吸機能の階層的解析,口頭発表(一般)

  • 第27回東日本ET研究会,国内会議,2012年01月,飛騨高山,異なる温度条件下で保存したウシ卵巣における組織学的変化,口頭発表(一般)

  • 第27回東日本ET研究会 ,国内会議,2012年01月,飛騨高山,ウシ初期胚におけるミトコンドリア呼吸機能解析:シトクロムcオキシダーゼ遺伝子発現解析の試み,口頭発表(一般)

  • 第35回 日本磁気学会学術講演会 ,国内会議,2011年09月,朱鷺メッセ,Symposium “Low Invasive Diagnosis and Therapy Using Magnetics”Development of cancer therapies using a novel magnetic material ,口頭発表(一般)

  • 第52回日本組織細胞化学会総会・学術集会,国内会議,2011年09月,金沢市,喫煙マウス肺におけるサーファクタントとシトクロムc酸化酵素(Cox)の発現,ポスター発表

  • 第52回日本組織細胞化学会総会・学術集会,国内会議,2011年09月,金沢市,マウス肺発生におけるシトクロムc酸化酵素(Cox)の発現,ポスター発表

  • 日本機械学会東北支部第47期秋期講演会,国際会議,2011年09月,米沢市,リアルタイム培養細胞観察システムを用いたマウス胚発生のタイムラプス解析,口頭発表(一般)

  • 日本機械学会東北支部第47期秋期講演会,国内会議,2011年09月,米沢市,電気化学計測技術を応用した単一培養細胞の呼吸能解析,口頭発表(一般)

  • 第104回日本繁殖生物学会大会,国内会議,2011年09月,盛岡市,マウス初期胚におけるミトコンドリア呼吸機能の多項目解析,ポスター発表

  • 日本動物学会平成23 年度東北支部大会,国内会議,2011年07月,弘前市,電気化学計測法を応用した単一培養細胞の呼吸能解析の試み,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成23 年度東北支部大会,国内会議,2011年07月,弘前市,SCGB3A2はTGFシグナルの制御によってブレオマイシン誘導性肺線維症を抑制する,口頭発表(一般)

  • 日本動物学会平成23 年度東北支部大会,国内会議,2011年07月,弘前市,マウス胚におけるミトコンドリア呼吸機能の多項目解析の試み,口頭発表(一般)

  • 第26回東日本家畜受精卵移植技術研究会大会,国内会議,2011年01月,盛岡市,長期保存されたウシ卵巣におけるアポトーシス細胞の組織学的検出,口頭発表(一般)

  • 第33回日本分子生物学会年会 第83回日本生化学会大会 合同大会,国内会議,2010年12月,神戸, Development of simultaneous hyperthermo-chemotherapy using a drug with novel magnetic properties.,ポスター発表

  • 第33回日本分子生物学会 第83回日本生化学会 合同大会 ,国内会議,2010年12月,神戸,Controlled Drug Delivery System Using a Novel Magnetic Material,ポスター発表

  • 第121回日本薬理学会関東部会,国内会議,2010年10月,東京,新規磁性化合物(EI236)による抗癌剤のドラッグデリバリーシステムの開発,口頭発表(一般)

  • 日本下垂体研究会 第25回学術集会,国内会議,2010年08月,愛知,転写因子NKX2-1の下流因子として同定されたSCGB3A2の下垂体における役割,口頭発表(一般)

  • 第43回日本骨軟部腫瘍学会,国内会議,2010年07月,東京,磁性体粒子を用いた新しい温熱化学療法の開発,ポスター発表

  • 第49回日本生体医工学会,国内会議,2010年06月,大阪国際交流センター,1. 日本生体医工学会オーガナイズドセッション「ナノテクノロジーと物理エネルギーを融合したハイブリット標的化診断・治療」,口頭発表(一般)

  • 第31回日本分子生物学会 第81回日本生化学会 合同大会 ,国内会議,2009年12月,神戸,SCGB3A2は胎仔肺における新規増殖因子である ,ポスター発表

  • 内閣府共催 総合科学技術会議 科学技術連携施策群 ナノバイオテクノロジー連携群成果報告会,国内会議,2009年01月,東京,新規磁性薬剤化合物の画像診断への応用,ポスター発表

  • 第19回日本病態生理学会,国内会議,2009年01月,埼玉,新規磁性化合物を利用した抗癌剤のドラッグデリバリーシステムの開発,口頭発表(一般)

  • American Heart Association,国際会議,2008年11月,ニューオリンズ,An involvement of a novel G-protein activator on hypoxia-induced apoptosis of cardiomyocytes and its interaction with connexin 43 ,ポスター発表

  • 第29回 日本循環制御医学会総会,国内会議,2008年05月,横浜,新しいベータアドレナリン受容体シグナルEpac1とサイトカインシグナルのCross-talk,ポスター発表

  • 第72回 日本循環器学会,国内会議,2008年03月,福岡,Type 5 Adenylyl Cyclase Plays a Major Role in Regulating Autonomic Response to Microgravity in the Heart,ポスター発表

  • 第81回日本薬理学会年会,国内会議,2008年03月,横浜,第一原理解析を利用した創薬-溶液中の心臓型アデニル酸シクラーゼ特異的刺激剤の分析 ,口頭発表(一般)

  • 第85回日本生理学会大会,国内会議,2008年03月,東京,5型アデニル酸シクラーゼが微小重力下における心臓の自律神経に果たす役割,ポスター発表

  • 第24回宇宙利用シンポジウム,国内会議,2008年01月,東京,5型アデニル酸シクラーゼの微小重力下での自律神経による心機能制御機構の解析,口頭発表(一般)

  • 第6回 心血管発生研究会,国内会議,2007年07月,東京,新規サーファクタントSCGB3A2は胎仔肺の発生を促進する,口頭発表(一般)

  • Keystone Symposia, Molecular Mechanisms of Fibrosis: From Bench to Bedside ,国際会議,2007年03月,Tahoe City, CA,SCGB3A2 reduces the severity of bleomycin-induced lung fibrosis.,ポスター発表

  • 第74回 日本内分泌学会学術総会,国内会議,2001年06月 ~ 2010年07月,横浜,Pit-1非依存性のGH転写機序とその諸因子の解析,口頭発表(一般)

  • 第74回 日本内分泌学会,国内会議,2001年06月 ~ 2001年07月,横浜,下垂体腺腫におけるRCAS1の発現,ポスター発表

  • 第74回 日本内分泌学会,国内会議,2001年06月 ~ 2001年07月,下垂体腺腫におけるNeuroD1/β2の発現に関する分子病理学的検討,ポスター発表

  • The Endocrine Society’s 83 rd Annual Meeting,国際会議,2001年06月,Denver,EXPRESSION OF GATA-2 IN HUMAN PITUITARY ADENOMAS.,ポスター発表

  • The Endocrine Society’s 83 rd Annual Meeting,国際会議,2001年06月,Denver,GH m-RNA IS INDUCED BY PIT-1 IN ATT-20 CELLS AND ALPHA-T3-1 CELLS. ,ポスター発表

  • 第90回日本病理学会総会,国内会議,2001年04月,東京,GH産生が観察されたACTH産生腺腫における下垂体特異的転写因子Pit-1の役割 ,ポスター発表

  • 第41回 日本組織細胞化学会総会・学術集会 ,国内会議,2000年12月,高知,下垂体腺腫におけるGATA-2の分子病理学的検討,口頭発表(一般)

  • 第15回日本下垂体研究会,国内会議,2000年08月,岩手,Pit-1を過剰発現させたAtT-20細胞はGHm RNAを発現する。,口頭発表(一般)

  • The Endocrine Society’s 82 nd Annual Meeting ,国際会議,2000年06月,Toronto, Canada,Transcription of GH mRNA induced by transfected GFP- Pit-1 chimeric gene into AtT-20 cells.,ポスター発表

  • 第73回日本内分泌学会学術集会,国内会議,2000年06月,京都,Pit-1を過剰発現させたAtT-20細胞はGHm RNAを発現する-GFP-Pit-1融合蛋白の応用-,口頭発表(一般)

  • 第89回日本病理学会総会,国内会議,2000年03月,大阪,ACTH産生腫瘍における下垂体特異的転写因子Pit-1の役割 -GFP-Pit-1融合蛋白の応用-,ポスター発表

  • 日本細胞組織化学会 第40回記念総会・学術集会 ,国内会議,1999年12月,京都,下垂体腺腫におけるNeuro D1/β2の分子病理学的検討,ポスター発表

  • 日本細胞組織化学会 第40回記念総会・学術集会,国内会議,1999年12月,京都 ,基底膜分解酵素の発現解析 : in situ zymographyによる活性局在の検討,ポスター発表

  • The Endocrine Society’s 81 st Annual Meeting,国際会議,1999年06月,San Diego,Expression of Pituitary Homeo Box 1(Ptx 1) in human non-neoplastic pituitaries and pituitary adenomas,ポスター発表

  • 第72回 日本内分泌学会学術総会,国内会議,1999年06月,横浜,ラット下垂体濾胞星状細胞は転写因子Ptx1を発現する。,口頭発表(一般)

  • 第88回 日本病理学会,国内会議,1999年03月,東京,ラット下垂体における特異的転写因子Ptx1の発現。,ポスター発表

  • 第71回 日本内分泌学会学術総会,国内会議,1998年06月,福岡,ラット下垂体におけるPtx1およびProphet of Pit-1(Prop-1)の発現。,ポスター発表

  • The Endocrine Society’ 80th Annual Meeting,国際会議,1998年06月,New Orleans,Cell Specific Expression of Pituitary Homeo Box 1(Ptx 1 )in The Pituitary Cells,ポスター発表

  • 第70回 日本内分泌学会学術総会,国内会議,1997年06月,東京,下垂体前葉におけるマクロファージコロニー刺激因子(M-CSF)の存在意義,ポスター発表

全件表示 >>

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 日本下垂体研究会 ,評議委員,2011年09月 ~ 継続中

  • 日本動物学会,東北支部会委員,2012年07月 ~ 継続中

  • 日本動物学会,日本動物学会 (第6期)男女共同参画委員,2012年10月 ~ 2014年09月

  • 日本動物学会,日本動物学会 (第7期)男女共同参画委員,2014年10月 ~ 2015年09月

  • 日本動物学会,教育委員,2015年10月 ~ 継続中

  • 日本動物学会,東北支部会 教育委員,2017年07月 ~ 継続中

  • 山形分子生物学研究会,世話人,2019年11月 ~ 継続中

全件表示 >>

社会貢献活動

  • 男女共同参画企画一般口演,2023年10月

  • 女性研究者裾野拡大セミナー,2023年09月

  • 令和3年度 米沢興譲館高等学校 Diversity-KOJO講座,2021年07月

  • 山形県立米沢栄養大学オープンキャンパス,2018年08月

  • やまがた健康フェア2017 ,2017年09月 ~ 2017年10月

  • 青森県立 八戸東高校 出前講義,2016年10月

  • 山形県公害審査会委員,2016年04月 ~ 継続中

  • 山形県公害審査会委員,2016年01月 ~ 継続中

  • 岩手県立 宮古高校 出前講義,2010年12月

  • 大妻嵐山中学・高等学校 出前講義,2010年11月

全件表示 >>

メディア報道

  • 山形新聞掲載:肺気腫防ぐ効果判明 タンパク質「SCGB3A2」,2023年03月

  • 工学部長懇談会にて発表:山形大学工学部の研究が医薬分野に貢献~小さなタンパク質の薬剤利用を目指して~,2023年03月

  • 令和3年度 米沢興譲館高等学校 Diversity-KOJO講座 河北新報記事掲載,2021年08月

  • 令和3年度 米沢興譲館高等学校 Diversity-KOJO講座 ラジオ報道,2021年07月

学術貢献活動

  • 第94回日本動物学会 山形大会,2023年09月

  • 第29回山形分子生物学セミナー,2021年11月

  • 第5回米沢バイオ公開セミナー,2013年05月

  • 第4回米沢バイオ公開セミナー,2012年07月

  • 第3回米沢バイオ公開セミナー,2011年10月

  • 第2回米沢バイオ公開セミナー,2011年08月

  • 米沢バイオ公開セミナー シンポジウム,2011年03月

  • DNAチップ研究所によるマイクロアレイ講習会,2010年12月

全件表示 >>

相談に応じられる分野