基本情報

写真a

芳賀 弘明

HAGA Hiroaki


研究室電話

023-628-5309

研究室FAX

023-628-5311

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 内科学一般

  • ライフサイエンス / 消化器内科学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2007年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本再生医療学会

  • 日本肝臓学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本消化器病学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)肝再生の研究
    (2)ウイルス性肝炎の診断と治療
    (3)肝細胞癌の内科的治療
    (4)門脈血栓症のメカニズムと治療
    (5)VTTQ法での肝疾患の評価

論文 【 表示 / 非表示

  • Incidence of development of hepatocellular carcinoma in Japanese patients infected with hepatitis B virus is equivalent between genotype B and C in long term.,Journal of viral hepatitis,2019年03月

    Haga H, Saito T, Okumoto K, Tomita K, Katsumi T, Mizuno K, Nishina T, Watanabe H, Ueno Y

    単著

  • Safety and efficacy of glecaprevir and pibrentasvir in Japanese hemodialysis patients with genotype 2 hepatitis C virus infection.,Journal of gastroenterology,2019年02月

    Suda G, Hasebe C, Abe M, Kurosaki M, Itakura J, Izumi N, Uchida Y, Mochida S, Haga H, Ueno Y, Abe K, Takahashi A, Ohira H, Tsukuda Y, Furuya K, Baba M, Yamamoto Y, Kobayashi T, Inoue J, Terasita K, Oh...

    単著

  • 血液透析中の遺伝子型1bC型肝炎感染日本人患者における、エルバスビルとグラゾプレビルの安全性と効果(Safety and efficacy of elbasvir and grazoprevir in Japanese hemodialysis patients with genotype lb hepatitis C virus infection),Journal of Gastroenterology,54(1) 78-86,2019年01月

    Suda Goki, Kurosaki Masayuki, Itakura Jun, Izumi Namiki, Uchida Yoshihito, Mochida Satoshi, Hasebe Chitomi, Abe Masami, Haga Hiroaki, Ueno Yoshiyuki, Masakane Ikuto, Abe Kazumichi, Takahashi Atsushi, ...

    単著

  • Safety and efficacy of elbasvir and grazoprevir in Japanese hemodialysis patients with genotype 1b hepatitis C virus infection,JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY,54(1) 78-86,2019年01月

    Suda Goki, Kurosaki Masayuki, Itakura Jun, Izumi Namiki, Uchida Yoshihito, Mochida Satoshi, Hasebe Chitomi, Abe Masami, Haga Hiroaki, Ueno Yoshiyuki, Masakane Ikuto, Abe Kazumichi, Takahashi Atsushi, ...

    単著

  • The Risk of Hepatocellular Carcinoma Development after Sustained Virologic Response Are Similar between Japanese Patients with HCV Genotype 1 Infection Treated with Ledipasvir/Sofosbuvir and Protease Inhibitor with Peg-Interferon Plus Ribavirin.,HEPATOLOGY,68 535A-536A,2018年10月

    Korenaga Masaaki, Izumi Namiki, Tamaki Nobuharu, Yokosuka Osamu, Takehara Tetsuo, Sakamoto Naoya, Suda Goki, Nishiguchi Shuhei, Enomoto Hirayuki, Ikeda Fusao, Yanase Mikio, Toyoda Hidenori, Genda Taku...

    単著

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,肝幹細胞由来の細胞外小胞を用いた新たな急性肝不全治療の研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会雑誌,国際会議,2019年02月,フィブロスキャンとFIB4indexで診断した肝硬変患者におけるサルコペニアの割合と特徴についての検討,その他

  • 肝臓,国際会議,2018年11月,DAA治療によるSVR後に肝内胆管癌を認めたC型肝硬変の一例,その他

  • 肝臓,国際会議,2018年11月,肝硬変・肝不全のトータルケアの現状 難治性肝性腹水を有する肝硬変患者の予後とトルバプタン反応性との関係,その他

  • 肝臓,国際会議,2018年11月,精神科との連携によりSVRを達成したC型慢性肝炎の2例,その他

  • 肝臓,国際会議,2018年11月,次世代シークエンサを用いたウイルスゲノム・マイクロバイオーム・エクソゾーム解析による肝疾患研究 マシーンラーニング(AI)を用いたHCVゲノム解析によるDAA効果予測判定システムの構築,その他

全件表示 >>