基本情報

写真a

一柳 統

ICHIYANAGI Osamu


職名

講師(転出・退職)

ホームページ

http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Urology/

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部  医学科

    1995年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学系研究科  薬理学、泌尿器科学

    博士課程,2001年09月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2001年09月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • A GRIA2 and PAX8-positive renal solitary fibrous tumor with NAB2-STAT6 gene fusion,Diagnostic Pathology,2015年09月

    Osamu Ichiyanagi, Hiromi Ito, Satoshi Takai, Sei Naito, Tomoyuki Kato, Akira Nagaoka, Mitsunori Yamakawa

    共著(海外含む)

  • Age-related delay in urinary stone clearance in elderly patients with solitary proximal ureteral calculi treated by extracorporeal shock wave lithotripsy,Urolithiasis,2015年05月

    Ichiyanagi O, Nagaoka A, Izumi T, Kawamura Y, Tsukigi M, Ishii T, Ohji H, Kato T, Tomita Y

    単著

  • Suspicion of primary testicular germ cell tumor regressed completely before metastasis,International Cancer Conference Journal,2014年04月

    Ichiyanagi, Osamu Nagaoka, Akira Izumi, Takuji Ito, Hiromi Kato, Tomoyuki Tomita, Yoshihiko

    共著(海外含む)

  • Stone clearance after extracorporeal shockwave lithotripsy in patients with solitary pure calcium oxalate stones smaller than 1.0 cm in the proximal ureter, with special reference to monohydrate and dihydrate content,Scandinavian Journal of Urology,2012年08月

    Ichiyanagi O, Nagaoka A, Izumi T, Kawamura Y, Tsukigi M, Ishii T, Ohji H, Kato T, Tomita Y

    共著(海外含む)

  • Effect of testosterone replacement therapy on serum PSA in patients with Klinefelter syndrome,Arch Androl,47(3) 173-176,2001年11月

    Shibasaki T, Sasagawa I, Suzuki Y, Yazawa H, Ichiyanagi O, Matsuki S, Miura M, Nakada T.

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 血液透析患者の口腔乾燥症に白虎加人参湯が奏効した1例,株式会社臨床情報センター,2003年02月

    一柳 統、笹川 五十次、冨田 善彦、石井 達矢、安達 雅史

  • 前立腺肥大症患者における尿道の弾性、下部尿路閉塞および組織構築の関係,Organon Urology Academia Report,2001年06月

    一柳 統

  • Relation between urethral elasticity and bladder outlet obstruction and histologic composition of the prostate in patients with benign prostatic hyperplasia,European Urology Today,2000年09月

    Osamu Ichiyanagi

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,ERK5を標的とする新規腎細胞癌治療戦略の開発