基本情報

写真a

渡辺 絵理子

WATANABE Eriko


職名

准教授

研究室電話

023-628-4802

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 細胞生物学

  • ライフサイエンス / 発生生物学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),大阪大学,1997年09月

  • 理学修士,東北大学,1994年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会

  • 日本農芸化学会

  • 動物細胞工学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 体内受精様式の機構獲得
    ヒト細胞に対する植物由来成分の機能性

論文 【 表示 / 非表示

  • Differences of extracellular cues and Ca2+ permeable channels in the signaling pathways for inducing amphibian sperm motility. ,Zoological Science,38(4) 343-351,2021年05月

    Tae Sato, Takeshi Arimura, Kenji Murata, Maako Kawamura, Wataru Obama, Megumu Suzuki, Yuni Nakauchi, Atsushi Tominaga, Masaya Morita, Kiyoshi Hiraoka, Eriko Takayama-Watanabe, Akihiko Watanabe

    共著(海外含む)

  • Localization of sperm intracellular Ca2+ keeps fertilizability in the newt vas deferens.,Reproduction (Cambridge, England),159(3) 339-349,2020年03月

    Nanae Makino, Nozomi Sato, Eriko Takayama-Watanabe, Akihiko Watanabe

    単著

  • Acrosome reaction inducing substance triggers two different pathways of sperm intracellular signaling in newt fertilization.,Int. J. Dev. Biol.,2020年

    Kon, S, Takaku, A, Toyama, F, Takayama-Watanabe, E, Watanabe, A

    単著

  • NMDA-type glutamate receptors mediate the acrosome reaction and motility initiation in newt sperm,Mol. Reprod. Dev,86(9) 1106-1115,2019年09月

    Daisuke Endo, Shinnosuke Kon, Tae Sato, Fubito Toyama, Yohei Katsura, Yuni Nakauchi, Eriko Takayama-Watanabe, Akihiko Watanabe

    単著

  • 山形大学における基盤力テスト,日本科学教育学会年会論文集,43(0) 205-206,2019年

    安田 淳一郎, 千代 勝実, 渡辺 絵理子, 飯島 隆広

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 社会人基礎力をみがく 必携,山形大学出版界,2013年10月

    基盤教育院研究部

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 教養科目「一般生物学」を振り返る,山形大学高等教育研究年報,2016年03月

    渡辺絵理子

  • 「モンシロチョウとメダカの飼育」から何を学べるのか,山形大学高等教育研究年報,2015年03月

    渡辺絵理子

  • 山形県産ラ・フランスを利用した化粧品素材「セイヨウナシ枝エキス」の開発,BIO INDUSTRY,29(9) ,2012年

    滝田潤、海老名太、小野寺紗智、星宏良、渡辺絵理子、五十嵐喜治

  • 山形県産サクランボを用いた新規化粧品原料の開発,FRAGRANCE JOURNAL,2012年

    滝田潤、小野寺紗智、渡辺絵理子、山田真梨

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,15. 表皮角化細胞増殖促進剤,星 宏良、渡辺 絵理子、松田 企一、滝田 潤

    出願番号( 2010-039095 ) ,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 国際ソロプチミスト山形 女性研究者賞,2013年11月22日,日本国,国際ソロプチミスト山形,渡辺絵理子

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,精子貯蔵に関する輸精管の機能進化におけるCRISP2の役割

    進化生物学関連

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2019年03月,陸生動物の体内受精に関わる精子運動の適応的進化の分子基盤

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 継続中, 陸生動物の体内受精に関わる精子運動の適応的進化の分子基盤

  • 挑戦的萌芽研究,2016年04月 ~ 2018年03月,大学自然科学系授業のアクティブ・ラーニングに対応した科学概念調査票の開発研究

  • 基盤研究(C),2015年10月 ~ 2018年03月,体内受精様式の成立に関わる輸卵管の機能進化の実証的研究

全件表示 >>

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 「しなの花」に含まれる機能性成分の探索,2016年09月 ~ 2018年03月,しなの花活用プロジェクト研究会,学内共同研究

  • 山形県産農産物に含まれる機能性成分の探索,2011年06月 ~ 継続中,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会第89回大会,国内会議,2018年09月,ゲノム編集技術を用いた、アカハライモリ精子運動開始因子SMISの解析,ポスター発表

  • 日本動物学会第89回大会,国内会議,2018年09月,アカハライモリ輸卵管で発現する新規SMIS遺伝子の同定,ポスター発表

  • Cell and Developmental Biology Meeting 2018,国際会議,2018年06月,Blockage of Ca2+-permeable channels involves the maintenance of sperm quality for fertilization in the newt, Cynops pyrrhogaster,,ポスター発表

  • XIIIth International symposium on spermatology,国際会議,2018年05月,Adaptive modifications of the regulation of sperm motility in the diversification of reproductive modes of amphibians,口頭発表(一般)

  • 日本物理学会 2017年秋季大会,国内会議,2017年09月,山形大学における基盤力テスト〜第1回実施データの分析〜,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本動物学会,OM賞選考委員,2015年 ~ 2018年

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 東北地区サイエンスコミュニティ研究校発表会,2020年01月

  • 山形西高等学校放課後実験クラブ,2019年12月

  • ひらめき☆ときめきサイエンス~ようこそ大学の研究室へ~KAKENHI 受精のしくみを比べてみよう,2019年08月

  • 親子で体験!バイオロジー 15,2018年08月

  • 親子で楽しむ動物学18,2018年08月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 山形県産農産物等のヒト表皮細胞に対する機能性の探索