基本情報

写真a

佐藤 大介

SATO Daisuke


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生体医工学

  • ライフサイエンス / 生理学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学部  応用生命システム工学科

    2005年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学系研究科  生命環境医科学専攻

    修士課程,2007年03月,修了

  • 山形大学  医学系研究科  生命環境医科学専攻

    博士課程,2010年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医科学),山形大学,2010年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 株式会社三和化学研究所,研究員,2010年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本糖尿病学会

  • 日本生体医工学会

  • 日本肥満学会

  • 日本生物工学会

  • 日本生理学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1) インスリン抵抗性改善を目指した脂肪組織中脂肪酸組成制御の可能性とその方法論
    (2) 末梢神経系を介したエネルギー代謝の人工的制御

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ラット脂肪組織中脂肪酸組成の変化がアディポサイトカイン分泌に及ぼす影響,2012年04月 ~ 2014年03月

    アディポサイトカイン, 脂肪組織, 脂肪酸組成, インスリン抵抗性

  • 末梢交感神経電気刺激による革新的な糖及び脂質代謝制御法に関する基礎研究,2014年04月 ~ 2017年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Effects of dapagliflozin on peripheral sympathetic nerve activity in standard chow- and high-fat-fed rats after a glucose load,Journal of Pharmacological Sciences,148(1) 86-92,2022年01月

    Daisuke Sato, Takao Nakamura, Jota Amarume, Mizuna Yano, Atsuyoshi Nishina, Zhonggang Feng, Masataka Kusunoki

    単著

  • Effects of docosahexaenoic acid or arachidonic acid supplementation on gene expression and contractile force of rat cardiomyocytes in primary culture,Biocell,45(5) 1213-1229,2021年07月

    Mizuna Yano, Yuta Umehara, Tomokazu Kudo, Takao Nakamura, Tadashi Kozawada, Atsuyoshi Nishina, Masaki Sazuka, Daisuke Sato, Zhonggang Feng

    共著(国内のみ)

  • PPARγ activation alters fatty acid composition in adipose triglyceride, in addition to proliferation of small adipocytes, in insulin resistant high-fat fed rats,European Journal of Pharmacology,773 71-77,2016年02月

    Daisuke Sato, Kanako Oda, Masataka Kusunoki, Atsuyoshi Nishina, Kazuaki Takahashi, Zhonggang Feng, Kazuhiko Tsutsumi, Takao Nakamura

    共著(海外含む)

  • Effects of aldose reductase inhibitor on microneurographically assessed peripheral sympathetic nerve activity in rats,Autonomic Neuroscience: Basic and Clinical,193 69-73,2015年11月

    Daisuke Sato, Masataka Kusunoki, Go Shinzawa, Zhonggang Feng, Atsuyoshi Nishina, Takao Nakamura

    共著(海外含む)

  • Characteristics of spike rate of peripheral sympathetic nervous signal in streptozotocin-induced diabetic rats,Autonomic Neuroscience: Basic and Clinical,179(1-2) 23-27,2013年12月

    Go Shinzawa, Daisuke Sato, Masataka Kusunoki, Toru Karimata, Hiroyuki Sasaki, Ryoichi Nakamura, Zhonggang Feng, Atsuyoshi Nishina, Takao Nakamura

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Unknown biological effects of L-glucose, ALA, and PUFA,Springer,The Journal of Physiological Sciences,67(5) 539-548,2017年07月

    Katsuya Yamada, Daisuke Sato, Takao Nakamura, Hizuru Amano, Yuji Morimoto

  • Theoretical methods and models for mechanical properties of soft biomaterials,AIMS Press,AIMS Materials Science,4(3) 680-705,2017年06月

    Zhonggang Feng, Tadashi Kosawada, Takao Nakamura, Daisuke Sato, Tatsuo Kitajima, Mitsuo Umezu

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 大会賞 優秀賞,2021年11月25日,日本国,一般社団法人日本人工臓器学会,佐藤大介, 楠正隆, 馮忠剛, 中村孝夫

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2022年03月,ナノグラフェンー心筋ECM複合基質に基く心房・心室野を有する3D再生心組織の創出

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,末梢交感神経電気刺激によるエネルギー代謝の人工制御法に関する開発研究

    生体医工学関連

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,人工的なエネルギー代謝制御を可能にする末梢交感神経電気刺激法の開発研究

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,人工的なエネルギー代謝制御を可能にする末梢交感神経電気刺激法の開発研究

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2017年03月,末梢交感神経電気刺激による革新的な糖及び脂質代謝制御法に関する基礎研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第59回日本人工臓器学会大会,国内会議,2021年11月,浦安,インスリン抵抗性亢進下におけるラット末梢交感神経電気刺激の糖取り込み亢進効果,口頭発表(一般)

  • 第60回日本生体医工学会大会,国内会議,2021年06月,オンライン開催,心筋細胞培養における多価不飽和脂肪酸代謝物添加の拍動収縮能に及ぼす効果,口頭発表(一般)

  • 第60回日本生体医工学会大会,国内会議,2021年06月,オンライン開催,多価不飽和脂肪酸は培養心筋細胞の細胞接着関連遺伝子のmRNA発現を促進する,口頭発表(一般)

  • 第98回日本生理学会大会,国内会議,2021年03月,オンライン開催,ラット培養心筋細胞の脂肪酸組成及び拍動能に及ぼすドコサヘキサエン酸及びアラキドン酸添加の影響,口頭発表(一般)

  • 第98回日本生理学会大会,国内会議,2021年03月,オンライン開催,標準食及び高脂肪食ラットにおける末梢交感神経電気刺激の糖取り込みに及ぼす効果,ポスター発表

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本生体医工学会,東北支部役員,2014年04月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 交感神経活動計測

  • 神経活動とエネルギー代謝

  • 脂肪細胞の生理学