基本情報

写真a

宮 瑾

GONG Jin


メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0238-26-3135

ホームページ

http://gong-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/

プロフィール

中国河南省にある鄭州大学で修士を修了してから、2005年10月に国費留学生として岡山大学の博士課程に入学しました。2008年岡山大学大学院環境学研究科物質循環学専攻で博士学位を取得後、ポストドクター、会社員、プロジェクト教員を経て、現在本学工学部システム創成工学科、大学院理工学研究科/有機材料システム研究科の教員として、教育・研究に従事しています。

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 高分子材料

  • ナノテク・材料 / エネルギー化学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 材料力学、機械材料

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 鄭州大学(中国)  材料科学与工程学院  高分子材料

    2001年07月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 岡山大学  環境科学研究科  資源循環学

    博士課程,2008年09月,修了

  • 鄭州大学(中国)  材料科学研究科  高分子材料

    修士課程,2004年07月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(学術),岡山大学,2008年09月

  • 修士(工学),鄭州大学(中国),2004年07月

  • 学士(工学),鄭州大学(中国),2001年07月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 高分子学会

  • 繊維学会

  • 日本化学会

  • 日本機械学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・鮮度保持用自己湿度管理と保冷機能を持つゲル新素材の開発
    ・結晶性ゲルの粘弾性
    ・エレクトロスピニングによるゲル繊維およぶ不織布の創製
    ・ゲル微粒子を用いた感温性多孔質フィルムの開発
    ・結晶性ゲルを用いた無機粒子の表面コーティング
    ・凍結防止・融雪用新素材ゲルの開発
    ・結晶性ゲルの3Dプリンティング

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 医療用熱応答性「メゾ・デコレーション(Meso-Deco)ゲル」の開発,2012年04月 ~ 2013年03月

  • ゲル化と剛直鎖配列の制御による繰り返し使用可能なアクチュエータ材料,2012年04月 ~ 2013年03月

  • 階層的デザインによるスマートなサーマルメカニカルゲル材料の創製,2013年04月 ~ 2016年03月

  • 眼内レンズへ応用可能なスマートゲル材料の開発,2014年04月 ~ 2015年03月

  • 強靭ゲルによる自己調湿機能を持つ結露防止フィルム,2015年04月 ~ 2018年03月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Structure Reconfigurable Mechanochromic Polymer with Shape Memory and Strain-Monitored Function Enabled by a Covalent Adaptable Network,Macromolecules,2022年05月

    Yuchen MaoYuchen Mao Research Center for GREEN Materials & Advanced Processing, Yamagata University, Yonezawa, Yamagata 992-8510, Japan More by Yuchen Mao Orcidhttps://orcid.org/0000-0002-6797-6038 , ...

    共著(国内のみ)

  • 4D printing of polymers: Techniques, materials, and prospects,PROGRESS IN POLYMER SCIENCE,126 ,2022年03月

    Fu Peng, Li Haimei, Gong Jin, Fan Zengjie, Smith Andrew T., Shen Kuangyu, Khalfalla Tebyan O., Huang Haofei, Qian Xin, McCutcheon Jeffrey R., Sun Luyi

    単著

  • Robust, Reusable, and Antioxidative Supramolecular Adhesive to Inorganic Surfaces Based on Water-Stimulated Hydrogen Bonding, ACS Applied Polymer Materials,2022年02月

    Huie Zhu, Ali Demirci, Yida Liu, Jin Gong, and Masaya Mitsuishi

    共著(国内のみ)

  • 4D printing of polymers: Techniques, materials, and prospects,Progress in Polymer Science,126(101506) 1-16,2022年01月

    Peng Fu, Haimei Li, Jin Gong, Zengjie Fan, Andrew T. Smithd, Kuangyu Shend, Tebyan O. Khalfalla, Haofei Huang, Xin Qian, Jeffrey R. McCutcheon, Luyi Sun

    共著(海外含む)

  • Mechanical Performance and Visual Fracture Warning Function of Mechanochromic Stimuli-Recovery Polymer Networks,MACROMOLECULES,54(18) 8664-8674,2021年09月

    Mao Yuchen, Kubota Yuto, Gong Jin, Kurose Takashi, Ishigami Akira, Seshimo Kota, Watabe Takuma, Aoki Daisuke, Otsuka Hideyuki, Ito Hiroshi

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 自己修復材料、自己組織化、形状記憶材料の開発と応用事例 第6章 第9節 結晶性形状記憶ゲルの透明3Dプリンティング,株式会社技術情報協会,2020年03月

    宮瑾

  • 「青果物の鮮度・栄養保持技術としての各種フィルム・包装での最適設計」, 第2章第2節 山形県産オウトウ用鮮度保持パッケージの開発 ~ハイドロゲルと3Dプリンタの活用~,株式会社AndTech,2018年03月

    出口慶拓,牧野真人,宮瑾,東原知哉

  • Future Food, Chapter 9, Novel Soft Meals Developed by 3D Printing,InTech,2017年10月

    Mai Kodama, Yumiko Takita, Hideaki Tamate, Azusa Saito, Jin Gong, Masato Makino, Ajit Khosla, Masaru Kawakami and Hidemitsu Furukawa

  • 「ゲルテクノロジーハンドブック」 第3編 第4章 第5節 3Dゲルプリンター ——ゲル製造・成形加工の革命——,株式会社エヌ・ティー・エス,2014年10月

    宮瑾、古川英光

  • 次世代医療・ヘルスケア機器のデバイス技術と最新開発事例集,第4章 第9節,3Dゲルプリンタの開発と医療・ヘルスケアへの応用可能性,株式会社技術情報協会,2014年05月

    宮瑾、古川英光

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 山形大学における県産オウトウ用鮮度保持パッケージの開発,日本包装学会誌,27(6) 393-400,2018年12月

    出口慶拓, 牧野真人, 宮瑾, 東原知哉

  • 力学特性の優れた機能性「結晶性」ゲル,繊維学会誌,72(12) 576-577,2016年12月

    宮瑾

  • 3Dプリンタの現状と将来,日本歯科理工学会誌,35(3) 197-200,2016年05月

    松葉豪,宮瑾

  • 医食ゲルの3Dプリンティング,砥粒加工学会誌,60(3) 134-137,2016年03月

    宮瑾, 斎藤梓, 牧野真人, 川上勝, 古川英光

  • 高分子ゲルによる摩擦挙動,オレオサイエンス,15(5) 213-221,2015年05月

    和田真人,宮瑾,古川英光

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,Resin having shape-memory property, Article for external use on skin, and method for producing article for external use on skin,Atsushi Sogabe, Chunming Wen, Jin Gong

    出願番号( PCT/JP2020/020898 ) 公開番号( WO 2020/250677 A1 ) ,株式会社 資生堂,アメリカ合衆国

  • 特許,形状記憶性樹脂、皮膚外用具、及び皮膚外用具の製造方法,曽我部敦,文春明,宮瑾

    出願番号( 2019-111534 ) ,日本国

  • 特許,通気性フィルム,佐藤恒生,中西大,浜田和宏,酒井康平,宮瑾,伊藤浩志

    出願番号( 2018-138426 ) ,日本国

  • 特許,食品鮮度保持用シートおよび該シートを備えた食品輸送用容器,東原知哉,宮瑾,牧野真人,出口慶拓

    出願番号( 2016-219711 ) ,日本国

  • 特許,液体移動制御用バルブ,古川英光,宮瑾,新井正徳,カビルムハマドハスナット,牧野真人

    出願番号( 2016-16667 ) ,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第7回資生堂女性研究者サイエンスグラント,2014年06月13日,日本国,株式会社資生堂,宮瑾

  • Best Poster Award,2013年10月25日,台湾,The 4th Asian Symposium on Advanced Materials - Chemistry, Physics & Biomedicine of Functional and Novel Materials,Naoya Yamada, Masato Wada,Kohei Yamada, Jin Gong, Hidemitsu Furukawa

  • Best Poster Award,2012年10月10日,日本国,Gel Symposium 2012,Hisato Muroi, Kouki Yamamoto, Ryo Serizawa, Jin Gong, Hidemitsu Furukawa

  • Best Poster Award,2012年08月30日,インド,The 3rd Asian Symposium on Materials and Processing,Hisato Muroi, Jin Gong, Ruri Hidema, Hidemtsu Furukawa

  • Incentive Award,2012年04月24日,日本国,Progress and Innovation of Smart Materials and Related Technology – Sustainable, Safe and Quality of Life,Jin Gong, Ruri Hidema, Sho Harada, Hidemitsu Furukawa

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2021年04月 ~ 2024年03月,強靭な多機能結晶性ゲルの繊維と不織布の創製

    高分子材料関連

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,高耐熱性を有する蓄熱結晶性ゲルマイクロ「カプセル」の創製

    高分子材料関連

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2018年03月,形状記憶ゲルの軟化・硬化により超変形する生活支援スマート柔軟ロボットハンドの研究

  • 若手研究(B),2013年04月 ~ 2016年03月,階層的デザインによるスマートなサーマルメカニカルゲル材料の創製

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 公益財団法人 山形大学産業研究所 平成29年度 若手研究者奨励研究助成,2017年07月 ~ 2018年03月,実用化に向けた結露防止ゲルフィルムの合成法最適化と耐久性評価

    公益財団法人 山形大学産業研究所

  • 東北大学平成29年度 物質・デバイス領域共同研究拠点 基盤共同研究,2017年04月 ~ 2018年03月,環状シロキサンを用いた高弾性変形性結晶性ゲルの作製

    東北大学多元物質科学研究所

  • 公益財団法人 山形大学産業研究所 平成28年度 若手研究者奨励研究助成,2016年07月 ~ 2017年03月,強靭ゲルによる自己調湿機能を持つ結露防止フィルム

    公益財団法人 山形大学産業研究所

  • 平成28年度公益財団法人小笠原科学技術振興財団研究助成,2016年04月 ~ 2018年03月,レンズへ応用可能な3Dプリンタブル高弾性変形性透明形状記憶ゲルの開発

    公益財団法人小笠原科学技術振興財団

  • 平成28年度公益財団法人池谷科学技術振興財団 研究助成,2016年04月 ~ 2017年03月,結晶性形状記憶ゲルの透明3Dプリンティング

    公益財団法人池谷科学技術振興財団

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 2022年繊維学会秋季研究発表会,国内会議,2022年11月,とりぎん文化会館&オンライン開催,分子鎖の絡み合いによる自己修復機能をもったゲルの開発,ポスター発表

  • 2022年繊維学会秋季研究発表会,国内会議,2022年11月,とりぎん文化会館&オンライン開催,ポリエチルアクリレートポリマーゲル繊維の作製,ポスター発表

  • The 10th International Conference on Smart Systems Engineering (SmaSys) 2022,国際会議,2022年10月,Virtually,Physical properties of CNTs-added self-healing polymer gels,ポスター発表

  • The 10th International Conference on Smart Systems Engineering (SmaSys) 2022,国際会議,2022年10月,Synthesis and Gas Permeability Characteristics of P(MMA-co-SA) Gels,ポスター発表

  • The 10th International Conference on Smart Systems Engineering (SmaSys) 2022,国際会議,2022年10月,Virtually,Fiber Creation for Polymer Gels with High Strength and Toughness Using UV-Electrospinning,ポスター発表

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 令和2年度国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)「女子中高生の理系進路選択支援プログラム」 山形大学「ヤマガタ 夢 ☆ 未来 Girls プロジェクト」 ~人の役に立つ仕事をさがそう~,2020年10月

  • 山形県立米沢興譲館高等学校 SSH事業「理数探究講座」,2020年07月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 高分子の合成、構造解析、物性評価

  • ゲル、先端ソフト材料