基本情報

写真a

川村 一義

KAWAMURA Kazuyoshi


職名

准教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 政治学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  法学部

    2004年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  法学研究科  政治学

    博士課程,2012年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(法学),東北大学,2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本政治学会

  • 日本選挙学会

  • 日本公共政策学会

  • アメリカ政治学会(APSA)

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本の政治過程全般 代議制民主主義と公共政策の関係

論文 【 表示 / 非表示

  • 国会審議の理論的基礎,山形大学法政論叢,68・69 53-93,2018年02月

    川村 一義

    単著

  • 震災復興と地方議会の統合機能,山形大学法政論叢,62 201-252,2015年03月

    川村 一義

    単著

  • 概念としての国会運営と新制度論 審議の合理性をめぐって,法学,78(4) 21-67,2014年10月

    川村 一義

    単著

  • 国会研究の現状と国会論の再検討,東北法学,41 1-61,2013年03月

    川村一義

    単著

  • 擬似連立政権下の国会運営 自民党派閥と委員会制度,GEMC Journal,7 144-163,2012年03月

    川村一義

    単著

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • 書評:木下真志『五五年体制と政権交代』(旬報社,2019年)『図書新聞』3422号

    書評

  • 書評:三船毅『現代日本における政治参加意識の構造と変動』(慶應義塾大学出版会,2008年)『選挙研究』第25巻第2号,157-159頁

    書評

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2016年03月,多様な国会論の政治学的検討と国会観の転換

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 研究報告,国内会議,2015年12月,大東文化大学国際比較政治研究所,議会研究の意義再考,口頭発表(一般)

  • 2014年度 日本選挙学会,国内会議,2014年05月,早稲田大学 早稲田キャンパス,政党制の変容と国会,口頭発表(一般)

  • 2008年度 日本政治学会,国内会議,2008年10月,関西学院大学 西宮上ヶ原キャンパス,55年体制下の国会運営と選挙,ポスター発表

  • 2008年度 日本選挙学会,国内会議,2008年05月,日本大学 三崎町キャンパス,二大政党制の定着と野党の機能,ポスター発表

  • 2007年度 日本選挙学会,国内会議,2007年05月,神戸大学 六甲台第1キャンパス,二院制下の立法過程 新制度論的再解釈の試み,ポスター発表

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山形県知事選挙に関する取材協力(TUY),2020年11月

  • 山形県尾花沢市総合企画審議会 委員,2020年08月 ~ 継続中

  • 山形県朝日町議会議員研修会講師,2020年02月

  • 模擬講義(新潟県立新発田南高等学校),2019年07月

  • 統一地方選に関する取材協力(読売新聞,毎日新聞),2019年04月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • ①議会②政党③選挙