基本情報

写真a

飯島 隆広

IIJIMA Takahiro


職名

准教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 基礎物理化学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  理学部

    1997年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 金沢大学  自然科学研究科

    修士課程,1999年03月,修了

  • 金沢大学  自然科学研究科

    博士課程,2002年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),金沢大学,2002年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 物質・材料研究機構,特別研究員,2002年06月 ~ 2005年06月

  • 京都大学大学院,研究員,2005年07月 ~ 2006年12月

  • 自然科学研究機構,助手,2007年01月 ~ 2007年03月

  • 自然科学研究機構,助教,2007年04月 ~ 2013年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本核磁気共鳴学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 固体物質の核磁気共鳴(Nuclear Magnetic Resonance, NMR)分光が専門で、新規な測定手法の開発や、固体物性科学や無機材料科学への応用研究を展開しています。またNMRの解析ソフトウェアの開発も行っています。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 核磁気共鳴の新規な測定手法の開発,2000年04月 ~ 継続中

    NMR

  • 核磁気共鳴の固体物性科学及び無機材料科学への応用,1998年04月 ~ 継続中

    NMR

論文 【 表示 / 非表示

  • Separated quadrupole and shift interactions of 2H NMR spectra in paramagnetic solids by asymmetric pulse sequences,Solid State Nucl. Magn. Reson.,112 101709,2021年01月

    Takahiro Iijima, Shinobu Ohki, Masataka Tansho

    共著(海外含む)

  • 47,49Ti solid-state NMR and DFT study of Ziegler-Natta catalyst: Adsorption of TiCl4 molecule onto the surface of MgCl2,J. Phys. Chem. Solids,135 109088,2019年12月

    Takahiro Iijima, Tadashi Shimizu, Atsushi Goto, Kenzo Deguchi, Toshihito Nakai, Ryutaro Ohashi, Masayoshi Saito

    共著(海外含む)

  • 山形大学における基盤力テスト,日本科学教育学会年会論文集,43(0) 205-206,2019年

    安田 淳一郎, 千代 勝実, 渡辺 絵理子, 飯島 隆広

    単著

  • Separation of 2H NMR spectra assisted by molecular dynamics in diamagnetic and paramagnetic solids,Solid State Nucl. Magn. Reson.,91 1-8,2018年07月

    Takahiro Iijima, Tadashi Shimizu

    共著(海外含む)

  • Deuterium off-magic-angle spinning NMR spectroscopy for pure-quadrupole spectra of paramagnetic solids ,Solid State Nucl. Magn. Reson.,84 234-241,2017年07月

    Takahiro Iijima, Tadashi Shimizu

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ハイブリッド磁石での高分解能NMR,化学工業社,化学工業,(11) 5,2007年11月

    飯島隆広

  • 強磁場下での固体高分解能NMRによる化学構造解析,日本分析化学会,ぶんせき,(3) 155,2005年03月

    飯島隆広

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,NMRにおける磁場揺動除去方法,飯島隆広, 竹腰清乃理, 端健二郎, 清水 禎

    出願番号( 2006-222141 ) ,日本国

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 優秀若手ポスター賞,2006年11月24日,日本国,日本核磁気共鳴学会,飯島隆広

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 継続中,常磁性固体の分子構造解析のための重水素NMR法の拡張

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,常磁性固体の分子構造解析のための重水素NMR法の拡張

  • 挑戦的萌芽研究,2016年04月 ~ 2018年03月,大学自然科学系授業のアクティブ・ラーニングに対応した科学概念調査票の開発研究

  • 若手研究(B),2012年04月 ~ 2016年03月,スペクトル解析を容易にする常磁性物質の固体重水素NMR法の開発

  • 若手研究(B),2008年04月 ~ 2010年03月,揺動磁場下の固体高分解能NMR-二次元展開と高速化-

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 戦略的創造研究推進事業,2008年04月 ~ 2011年03月,材料開発に資する高感度多核NMR法の開発

    文部科学省

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第61回固体NMR・材料フォーラム,国内会議,2017年05月,理化学研究所,固体11B, 23Na NMRによるポリ酸の分子及び電子スピンの構造解析,口頭発表(招待・特別)

  • 第17回固体NMR技術交流会(共同開催:文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業 NIMS微細構造解析プラットフォーム 2015年度 第2回地域セミナー),国内会議,2016年03月,日本電子株式会社,常磁性固体の2H NMRを容易に解析するために,口頭発表(招待・特別)

  • 金沢大学特別講演会,国内会議,2016年01月,金沢大学,ポリ酸の固体NMR -分子とd1電子の構造解析-,口頭発表(招待・特別)

  • 第13-2回高分子学会 NMR研究会,国内会議,2013年12月,東京海洋大学,常磁性固体の四極子核NMR,口頭発表(招待・特別)

  • 第48回固体NMR・材料フォーラム,国内会議,2010年10月,物質・材料研究機構,固体NMRによるモリブデンポリ酸におけるMo(V)のd1電子の局在性解析,口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山形県探求型学習課題研究発表会,2020年12月

    審査員

  • 未来創造プロジェクト,2020年10月

    研究アドバイザー

  • 山形県探求型学習課題研究発表会,2019年12月

    審査員

  • 未来創造プロジェクト,2019年10月

    研究アドバイザー

  • 化学系学協会東北大会,2019年09月

    ポスター賞審査員

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 固体物質の核磁気共鳴分光