2024/05/10 更新

写真a

イワイ タケオ
岩井 岳夫
IWAI Takeo
職名
教授
生年
1967年
研究室電話
023-628-5401
 
研究室FAX
023-628-5019
 

研究分野

  • ライフサイエンス / 放射線科学

  • 自然科学一般 / 固体地球科学

  • エネルギー / 原子力工学

  • エネルギー / 量子ビーム科学

  • エネルギー / 核融合学

  • ライフサイエンス / 放射線科学

  • 自然科学一般 / 固体地球科学

  • エネルギー / 原子力工学

全件表示 >>

出身大学

  • 東京大学  工学部  原子力工学科

    1990年03月,卒業

出身大学院

  • 東京大学  工学系研究科  システム量子工学

    博士課程,1995年,修了

  • 東京大学  工学系研究科  システム量子工学専攻

    博士課程,1995年03月,修了

取得学位

  • 博士(工学),東京大学,1995年03月

学外略歴

  • 東京大学原子力研究総合センター,助手,1995年04月 ~ 2005年03月

  • 東京大学大学院工学系研究科原子力専攻,助手,2005年04月 ~ 2007年03月

  • 東京大学大学院工学系研究科原子力専攻,助教,2007年04月 ~ 2013年08月

  • 山形大学,教授,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会

  • 日本陽電子科学会

  • 日本放射線腫瘍学会

  • 日本医学物理学会

  • 日本加速器学会

  • 日本原子力学会

  • 日本原子力学会

  • 日本加速器学会

  • 日本陽電子科学会

  • 日本医学物理学会

全件表示 >>

 

研究テーマ

  • 重粒子線がん治療装置の研究開発

研究経歴

  • 軽水炉圧力容器鋼材の照射脆化機構,1990年04月 ~ 継続中

    軽水炉、圧力容器、照射脆化

  • 核融合炉用材料の研究開発,1994年04月 ~ 1998年03月

    核融合炉、材料

  • イオン照射下陽電子ビーム欠陥分析法の開発,1998年04月 ~ 継続中

    陽電子ビーム、ドップラー広がり、イオン照射

  • 静電加速器による固体微粒子加速とその応用,1998年04月 ~ 継続中

    微粒子加速、宇宙塵検出器、静電加速器

  • 重粒子線がん治療装置の研究開発,2013年08月 ~ 継続中

    重粒子線がん治療装置、シンクロトロン

論文

  • Evaluation of the availability of single-position treatment with a rotating gantry and the validity of deformable image registration dose assessment for pancreatic cancer carbon-ion radiotherapy,JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS,e14330,2024年03月

    Miyasaka, Y; Kawashiro, S; Lee, SH; Souda, H; Ichikawa, M; Chai, H; Ishizawa, M; Ono, T; Sato, H; Iwai, T

    単著

  • A robust treatment planning approach for chest motion in postmastectomy chest wall intensity modulated radiation therapy,JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS,25(1) e14217,2024年01月

    Miyasaka, Y; Ono, T; Chai, HB; Souda, H; Lee, SH; Ishizawa, M; Akamatsu, H; Sato, H; Iwai, T

    単著

  • Error on the stopping power ratio of ERKODENT's mouthpiece for head and neck carbon ion radiotherapy treatment,JOURNAL OF APPLIED CLINICAL MEDICAL PHYSICS,24(5) e13987,2023年05月

    Lee, SH; Kanai, T; Souda, H; Miyasaka, Y; Chai, H; Ono, T; Yamazawa, Y; Suzuki, K; Sato, A; Katsumata, M; Iwai, T

    単著

  • Development of a quantitative analysis method for assessing patient body surface deformation using an optical surface tracking system,RADIOLOGICAL PHYSICS AND TECHNOLOGY,15(4) 367-378,2022年12月

    Sato, K; Kanai, T; Lee, SH; Miyasaka, Y; Chai, HB; Souda, H; Iwai, T; Sato, R; Goto, N; Kawamura, T

    単著

  • 患者の体表面変形を評価するための体表面光学式トラッキングシステムを用いた定量解析法の開発(Development of a quantitative analysis method for assessing patient body surface deformation using an optical surface tracking system),Radiological Physics and Technology,15(4) 367-378,2022年12月

    Sato Kimihiko, Kanai Takayuki, Lee Sung Hyun, Miyasaka Yuya, Chai Hongbo, Souda Hikaru, Iwai Takeo, Sato Ryuji, Goto Naoki, Kawamura Tsukasa

    単著

  • Design and Magnetic Field Measurement of the Superconducting Magnets for the Next-Generation Rotating Gantry,IEEE TRANSACTIONS ON APPLIED SUPERCONDUCTIVITY,32(6) ,2022年09月

    Takayama, S; Yazawa, T; Asano, M; Misawa, M; Nagamoto, Y; Amano, S; Orikasa, T; Hirata, Y; Kanai, T; Lee, S; Souda, H; Iwai, T

    単著

  • 山形大学医学部東日本重粒子センター建設の現状 (4),日本加速器学会第19回年会プロシーディングス,ー ,2022年

    岩井 岳夫

    単著

  • (放射線利用紹介)山形大学医学部東日本重粒子センター,放射線化学,114 ,2022年

    岩井 岳夫

    単著

  • 最新重粒子線治療施設の現況,エネルギーレビュー,42 12-15,2022年

    岩井 岳夫

    単著

  • Comparison of predictive performance for toxicity by accumulative dose of DVH parameter addition and DIR addition for cervical cancer patients,JOURNAL OF RADIATION RESEARCH,62(1) 155-162,2021年01月

    Miyasaka, Y; Kadoya, N; Umezawa, R; Takayama, Y; Ito, K; Yamamoto, T; Tanaka, S; Dobashi, S; Takeda, K; Nemoto, K; Iwai, T; Jingu, K

    単著

  • 子宮頸癌患者に対するDVHパラメータ加算およびDIR加算による合算線量から毒性予測能の比較(Comparison of predictive performance for toxicity by accumulative dose of DVH parameter addition and DIR addition for cervical cancer patients),Journal of Radiation Research,62(1) 155-162,2021年01月

    Miyasaka Yuya, Kadoya Noriyuki, Umezawa Rei, Takayama Yoshiki, Ito Kengo, Yamamoto Takaya, Tanaka Shohei, Dobashi Suguru, Takeda Ken, Nemoto Kenji, Iwai Takeo, Jingu Keiichi

    単著

  • [The impact of 4DCT-ventilation imaging-guided proton therapy on stereotactic body radiotherapy for lung cancer].,Igaku butsuri : Nihon Igaku Butsuri Gakkai kikanshi = Japanese journal of medical physics : an official journal of Japan Society of Medical Physics,41(3) 157,2021年

    Yoshiro Ieko, Noriyuki Kadoya, Takayuki Kanai, Yujiro Nakajima, Kazuhiro Arai, Takahiro Kato, Kengo Ito, Yuya Miyasaka, Ken Takeda, Takeo Iwai, Kenji Nemoto, Keiichi Jingu

    単著

  • Mercury Dust Monitor (MDM) Onboard the <i>Mio</i> Orbiter of the BepiColombo Mission,SPACE SCIENCE REVIEWS,216(8) ,2020年12月

    Kobayashi, M; Shibata, H; Nogami, K; Fujii, M; Hasegawa, S; Hirabayashi, M; Hirai, T; Iwai, T; Kimura, H; Miyachi, T; Nakamura, M; Ohashi, H; Sasaki, S; Takechi, S; Yano, H; Krüger, H; Lohse, AK; Sram...

    単著

  • 山形大学医学部東日本重粒子センターの建設,加速器,17(3) 144-150,2020年10月

    想田 光, 岩井 岳夫, 金井 貴幸, 宮坂 友侑也, 佐藤 啓, 根本 建二, 上野 義之, 嘉山 孝正

    単著

  • The impact of 4DCT-ventilation imaging-guided proton therapy on stereotactic body radiotherapy for lung cancer,RADIOLOGICAL PHYSICS AND TECHNOLOGY,13(3) 230-237,2020年09月

    Ieko, Y; Kadoya, N; Kanai, T; Nakajima, Y; Arai, K; Kato, T; Ito, K; Miyasaka, Y; Takeda, K; Iwai, T; Nemoto, K; Jingu, K

    単著

  • 肺癌に対する体幹部定位放射線治療において4DCT-肺換気画像誘導陽子線治療がもたらす効果(The impact of 4DCT-ventilation imaging-guided proton therapy on stereotactic body radiotherapy for lung cancer),Radiological Physics and Technology,13(3) 230-237,2020年09月

    Ieko Yoshiro, Kadoya Noriyuki, Kanai Takayuki, Nakajima Yujiro, Arai Kazuhiro, Kato Takahiro, Ito Kengo, Miyasaka Yuya, Takeda Ken, Iwai Takeo, Nemoto Kenji, Jingu Keiichi

    単著

  • 山形大学医学部東日本重粒子センター建設の現状(2),第17回日本加速器学会年会プロシーディングス,2020年09月

    想田光, 金井貴幸, 宮坂友侑也, 家子義朗, 岩井岳夫, 根本建二, 山下英俊, 嘉山孝正

    単著

  • Quantitative analysis of intra-fractional variation in CT-based image guided brachytherapy for cervical cancer patients,PHYSICA MEDICA-EUROPEAN JOURNAL OF MEDICAL PHYSICS,73 164-172,2020年05月

    Miyasaka, Y; Kadoya, N; Ito, K; Umezawa, R; Kubozono, M; Yamamoto, T; Nakajima, Y; Saito, M; Takayama, Y; Nemoto, K; Iwai, T; Jingu, K

    単著

  • 山形大学医学部東日本重粒子センターの建設,加速器,17 144-150,2020年

    想田 光, 岩井 岳夫, 金井 貴幸, 宮坂 友侑也, 佐藤 啓, 根本 建二, 上野 義之, 嘉山 孝正

    単著

  • 山形大学医学部東日本重粒子センター建設の現状(2),Proceedings of the 17th Annual Meeting of Particle Accelerator Society of Japan,17 235-237,2020年

    岩井 岳夫

    単著

  • Clinical Impact of Estimating Rectal Toxicity Using Deformable Image Registration for Cervical Cancer Patients,INTERNATIONAL JOURNAL OF RADIATION ONCOLOGY BIOLOGY PHYSICS,105(1) E739,2019年09月

    Miyasaka, Y; Kadoya, N; Umezawa, R; Takayama, Y; Ito, K; Yamamoto, T; Dobashi, S; Takeda, K; Nemoto, K; Iwai, T; Jingu, K

    単著

  • Feasibility Study on an Application of Scintillation Fiber Imager to Realtime Range Monitoring System for Carbon Ion Therapy,Proceedings of the Second International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses (ISRD2018),2019年01月

    Takeo Iwai, Kouji Morimoto, Shunsuke Kurosawa, Fuyuki Tokanai, Toyoharu Umebayashi, Yu Ohashi, Toru Moriya, Satoshi Ishizawa, Masaki Murata

    単著

  • Feasibility Study on an Application of Scintillation Fiber Imager to Realtime Range Monitoring System for Carbon Ion Therapy,JPS Conference Proceedings,24 ,2019年

    1) T. Iwai, K. Morimoto, S. Kurosawa, F. Tokanai, T. Umebayashi, Y. Ohashi, T. Moriya, S. Ishizawa, and M. Murata

    共著(国内のみ)

  • 3Dプリンタを用いたdeformable image registrationの患者個別精度検証手法の検討,日本放射線技術学会東北部会雑誌,28 223,2019年

    金井貴幸, 宮坂友侑也, 家子義朗, 鈴木幸司, 市川真由美, 佐藤啓, 岩井岳夫, 根本建二

    単著

  • 電子飛跡型コンプトンカメラを用いた粒子線治療リアルタイムモニタの開発の現状,Isotope News,763 8-11,2019年

    黒澤俊介, 谷森達, 高田淳史, 園田真也, 水本哲矢, 門叶冬樹, 沼倉隼人, 岩井岳夫

    単著

  • Effects of helium production, displacement damage on mechanical properties and surface acoustic wave in austenitic stainless steels and martensitic steel,NUCLEAR MATERIALS AND ENERGY,17 34-39,2018年12月

    Wakai E., Kitazawa S., Takaya S., Okubo N., Nagae Y., Iwai T., Omata T., Abe H., Aoto K.

    単著

  • 室温変動による粒子線治療用シンクロトロン偏向電磁石磁場への影響,第14回日本加速器学会年会プロシーディングス,2017年

    岩井岳夫、横山淳也、小関悠里、門叶冬樹

    共著(国内のみ)

  • The effect of crystallographic mismatch on the obstacle strength of second phase precipitate particles in dispersion strengthening: bcc Nb particles and nanometric Nb clusters embedded in hcp Zr,Acta Materialia,102 323-332,2016年

    Y. Matsukawa, H.L. Yang, K. Saito, Y. Murakami, T. Maruyama, T. Iwai, K. Murakami, Y. Shinohara, T. Kido, T. Toyama, Z. Zhao, Y.F. Li, S. Kano, Y. Satoh, Y. Nagai, H. Abe

    共著(海外含む)

  • 重粒子線がん治療装置用C6+イオン源・高周波四重極線形加速器のビーム加速試験,第13回日本加速器学会年会プロシーディングス,2016年

    佐古 貴行,山口 晶子,竹内 猛,佐藤 潔和,後藤 彰,岩井 岳夫,根本 建二,嘉山 孝正,野田 悦夫

    共著(国内のみ)

  • レーザーイオン源からシンクロトロンにシングルターン入射を行ったときのビーム不 安定性の検討,第13回日本加速器学会年会プロシーディングス,2016年

    野田悦夫, 中尾政夫, 野田章, 野田耕司, 後藤彰, 岩井岳夫, 山口晶子, 佐古貴行

    共著(国内のみ)

  • Status Report of Carbon Ion Radiotherapy Facility at Yamagata University,Proceedings of 2nd International Symposium on Heavy-Ion Radiotherapy and Advanced Technology,2016年

    Takeo Iwai, Kenji Nemoto, Hidetoshi Yamashita, Isao Kubota, Akira Goto and Takamasa Kayama

    共著(海外含む)

  • Interaction between solute atoms and radiation defects in Fe-Ni-Si and Fe-Mn-Si alloys under irradiation with proton ions at low-temperature,Journal of Nuclear Materials,482 47-52,2016年

    Kenta Murakami, Takeo Iwai, Hiroaki Abe and Naoto Sekimura

    共著(海外含む)

  • Improvement of the High Fluence Irradiation Facility at the University of Tokyo,Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B,381 67-71,2016年

    Kenta Murakami, Takeo Iwai, Hiroaki Abe and Naoto Sekimura

    共著(海外含む)

  • Development of C6+ laser ion source and RFQ linac for carbon ion radiotherapy,Review of Scientific Instruments,87(2) 02C109,2016年

    T. Sako, A. Yamaguchi, K. Sato, A. Goto, T. Iwai, T. Nayuki, K. Nemoto, T. Kayama, T. Takeuchi

    共著(海外含む)

  • Heterogeneity of ion irradiation-induced hardening in A533B reactor pressure vessel model alloys,Journal of Nuclear Science and Technology,53(7) 1061-1066,2016年

    K. Murakami, N. Sekimura, T. Iwai, H. Abe

    共著(海外含む)

  • Role of nickel and manganese in recovery of resistivity in iron-based alloys after low-temperature proton irradiation,Philosophical Magazine,95(15) 1680-1695,2015年05月

    K. Murakami, T. Iwai, H. Abe, N. Sekimura, Y. Katano, T. Iwata, T. Onitsuka

    共著(海外含む)

  • Microparticle impact calibration of the Arrayed Large-Area Dust Detectors in INterplanetary space (ALADDIN) onboard the solar power sail demonstrator IKAROS,Planetary and Space Science,100 87-97,2014年

    Takayuki Hirai, Michael J.Cole, Masayuki Fujii, Sunao Hasegawa, Takeo Iwai, Masanori Kobayashi, RalfSrama, HajimeYano

    共著(海外含む)

  • In Situ Observation of Damage Evolution in Polycarbonate under Ion Irradiation with Positrons,JJAP Conf. Proc.,2 011103,2014年

    Hidetsugu Tsuchida, Hironori Tsutsumi, Masafumi Akiyoshi, Takeo Iwai

    共著(海外含む)

  • 陽電子ビームによる照射損傷その場分析装置の開発と応用,陽電子科学,(3) 27-36,2014年

    木野村 淳,岩井 岳夫,土田 秀次

    共著(国内のみ)

  • 省エネルギー運転法確立のための がん治療用炭素線シンクロトロン電磁石の磁場測定,第11回日本加速器学会年会プロシーディングス,2014年

    岩井岳夫, 後藤 彰, 名雪哲夫, 河野和利, 高橋 功, 大谷利宏, 根本建二, 嘉山孝正

    共著(国内のみ)

  • Defect formation in iron by MeV ion beam investigated with a positron beam and electrical resistivity measurement,Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B,2013年09月

    T. Iwai , K. Murakami, T. Iwata, Y. Katano

    共著(海外含む)

  • A Positron Beam Doppler Broadening Analysis of Formation and Recovery of Defects Produced by Ion Irradiation in Fe-C-Cu Alloys,Radiation Effects and Defects in Solids,168(4) 308-315,2012年12月

    Takeo Iwai

    単著

  • Position-Dependent Behavior of Piezoelectric Lead–Zirconate–Titanate Cosmic Dust Detector,Japanese Journal of Applied Physics,51 098004,2012年09月

    Maki Hattori, Masanori Kobayashi, Takashi Miyachi, Seiji Takechi, Osamu Okudaira, Takeo Iwai, and Seiji Sugita

    共著(海外含む)

  • In-situ positron beam Doppler broadening measurement of ion-irradiated metals―current status and potential,Nuclear Instruments and Methods in Physics Research B,285 18-23,2012年08月

    T. Iwai, H. Tsuchida

    共著(海外含む)

  • A future observational plan of dust particles around the Moon by LDM (Lunar Dust Monitor) onboard the orbiter of the next Japanese lunar mission,Earth Planets Space,63 1113-1117,2012年02月

    Masanori Kobayashi, Hideo Ohashi, Sho Sasaki, Hiromi Shibata, Takeo Iwai, Masayuki Fujii, Ken-ichi Nogami, Hiroshi Kimura, Maki H. Nakamura, Takayuki Hirai, Ralf Srama, and Eberhard Grün

    共著(海外含む)

  • Multimodal characteristics of a piezoelectric lead zirconate titanate element impacted with iron particles having velocities above 20 km/s,Advances in Space Research,43 570-577,2011年08月

    Takashi Miyachi, Masayuki Fujii, Nobuyuki Hasebe, Osamu Okudaira, Seiji Takechi, Toshiyuki Onishi, Shigeyuki Minami, Masanori Kobayashi, Takeo Iwai, Eberhard Grüne, Ralf Srama, Nagaya Okada

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 多発転移性脳腫瘍に対するsingle isocenter&multiple targetsの照射精度検証,日本放射線技術学会東北支部雑誌(Web),(29) ,2020年

    家子義朗, 宮坂友侑也, 想田光, 岩井岳夫, 根本建二, 金井貴幸, 山川萌江美, 鈴木幸司, 市川真由美

  • オーステナイトステンレス鋼とフェライト鋼の照射損傷組織と強度特性に及ぼすDPAとHe生成量の効果,日本原子力学会春の年会予稿集(CD-ROM),2019 ,2019年

    若井栄一, 高屋茂, 永江勇二, 鈴土知明, 平出哲也, 松井義典, 野上修平, 長谷川晃, 阿部弘亨, 岩井岳夫, 岩井岳夫, 北澤真一, 大久保成彰, 高田文樹, 加藤佳明, 加藤章一, 山口正剛, 仲田祐仁, 吉武庸光, 土岐澤耕一, 青砥紀身

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,MRI誘導重粒子線治療における線量分布に与えるMRI磁場影響の解明

    放射線科学関連

その他競争的資金獲得実績

  • MRI誘導重粒子線治療における線量分布に与えるMRI磁場影響の解明,2018年04月 ~ 2021年03月,MRI誘導重粒子線治療における線量分布に与えるMRI磁場影響の解明

    加速した陽子や炭素を腫瘍に照射し、がんを治療する粒子線治療は、ブラッグピークによる優れた線量集中性が大きな利点である。標的となる腫瘍は、照射の最中でも患者の呼吸や運動に伴って変位するので、利点を最大限に発揮するためには腫瘍の位置や形状を照射中にモニタリングすることが理想的である。光子線治療においては、核磁気共鳴画像(MRI)によって標的をモニターし、「見ながら撃つ」装置が近年開発され、極めて高い注目を浴びている。粒子線治療においてもこうした「見ながら撃つ」ニーズが今後高まると予想されるが、これを実現するためにはイメージング用の高磁場(1.5~3T)の中で一次ビームおよび二次粒子ともにローレンツ力を受けることになるので、磁場による偏向と線量分布への影響を評価する必要がある。本研究では、水中における磁場によるビームの偏向と線量分布への影響をモンテカルロシミュレーションによって評価した。
    モンテカルロシミュレーションにはPHITSを使用した。水ファントム中に均一磁場を設定し、治療で用いるエネルギーで炭素を入射し、粒子の軌道および線量分布への影響を評価した。
    磁場中でのビーム軌道はローレンツ力により偏向するが、終端に近づくにつれ曲率半径が小さくなる曲線を描いた。炭素線から発生する二次陽子の挙動を分析したところ、ファントムから飛び出した陽子は大きい弧を描いて入射面に再入射する(Fragment Return Effect)ものもあることが確認された。しかしながらFragment Return Effectの線量分布への影響はごく限定的であることがわかった。

    日本学術振興会

研究発表

  • Yonsei Cancer Center-QST Joint Symposium on Carbon Ion Therapy,国際会議,2019年04月,延世大学,Shielding Calculation and Energy Saving in Yamagata University,口頭発表(招待・特別)

  • 応用物理学会春季学術講演会,国内会議,2019年03月,東工大,粒子線治療への応用にむけた電子飛跡型コンプトンカメラの開発III,口頭発表(一般)

  • 日本原子力学会2019年春の年会,国内会議,2019年03月,水戸市, PHITSで評価した炭素線ビームから発生する二次粒子挙動及び線量分布に対するMRI磁場の影響,口頭発表(一般)

  • 応用物理学会春季学術講演会,国内会議,2019年03月,東工大,粒子線治療への応用にむけた電子飛跡型コンプトンカメラの開発IV,口頭発表(一般)

  • 応用物理学会秋季学術講演会,国内会議,2018年09月,名古屋市,粒子線治療への応用にむけた電子飛跡型コンプトンカメラの開発II,口頭発表(一般)

  • 第56回アイソトープ・放射線研究発表会,国内会議,2018年07月,東京大学農学部,核磁気共鳴画像誘導粒子線治療における線量分布への磁場影響評価,口頭発表(一般)

  • 日本放射線腫瘍学会 小線源部会 第20回学術大会,国内会議,2018年06月,つくば市,子宮頸癌に対するCT-based 3次元画像誘導小線源治療(3D-IGBT)中のintra-fractional variationがもたらす線量変動の評価,口頭発表(一般)

  • 57th Annual Conference of the Particle Therapy Co-operative Group,国際会議,2018年05月,Cincinnati, Updated Status of Carbon-Ion Therapy Facility Project of Yamagata University,ポスター発表

  • International Symposium on Radiation Detectors and Their Uses (ISRD2018),国際会議,2018年01月,高エネルギー加速器研究機構,Feasibility Study on an Application of Scintillation Fiber Imager to Realtime Range Monitoring System for Carbon Ion Therapy,ポスター発表

  • 日本原子力学会2017年秋の大会,国内会議,2017年09月,北海道大学,モンテカルロシミュレーションで評価したMRI磁場による炭素線ビームの軌道と線量分布への影響,口頭発表(一般)

  • 第14回日本加速器学会年会,国内会議,2017年08月,北海道大学,室温変動による粒子線治療用シンクロトロン偏向電磁石磁場への影響,ポスター発表

  • 第4回 粒子線治療施設 運転・維持管理ワークショップ,国内会議,2017年06月,山形大学医学部重粒子線治療施設設置プロジェクトの現状報告,口頭発表(一般)

  • 56th Annual Conference of the Particle Therapy Co-operative Group,国際会議,2017年05月,パシフィコ横浜,Current Status of Carbon-Ion Therapy Facility Project of Yamagata University,ポスター発表

  • 日本原子力学会2017年春の年会,国内会議,2017年03月,東海大学,小型シンクロトロン偏向電磁石用ビームダクト内に誘起される渦電流起因過渡的磁場の計算,口頭発表(一般)

  • 日本原子力学会2016年秋の大会,国内会議,2016年09月,久留米市,炭素線治療用小型シンクロトロン偏向電磁石用ビームダクト内に誘起される渦電流による磁場の測定,口頭発表(一般)

  • 日本加速器学会第13回年会,国内会議,2016年08月,レーザーイオン源からシンクロトロンにシングルターン入射を行ったときのビーム不安定性の検討,口頭発表(一般)

  • 日本加速器学会第13回年会,国内会議,2016年08月,重粒子線がん治療装置用C6+イオン源・高周波四重極線形加速器のビーム加速試験,口頭発表(一般)

  • 55th Annual Conference of the Particle Therapy Co-operative Group,国際会議,2016年05月,プラハ,Carbon-Ion Radiotherapy Facility Project of Yamagata University,ポスター発表

  • 日本原子力学会2016年春の年会,国内会議,2016年03月,東北大学,山形大学医学部重粒子線がん治療プロジェクトの現状,口頭発表(招待・特別)

  • 2nd International Symposium on Heavy-Ion Radiotherapy and Advanced Technology,国際会議,2016年01月,秋葉原,Status Report of Carbon Ion Radiotherapy Facility at Yamagata University,口頭発表(招待・特別)

  • 2015日本放射化学会年会・第59回放射化学討論会 原子核プローブ分科会,国内会議,2015年09月,東北大学川内キャンパス,山形大学医学部における重粒子線がん治療施設設置プロジェクト,口頭発表(招待・特別)

  • 低温工学・超伝導学会 東北・北海道支部/第2回材料研究会/第2回超電導応用研究会  合同シンポジウム,国内会議,2015年08月,ヒルズサンピア山形,山形大学における重粒子線がん治療施設プロジェクト,口頭発表(招待・特別)

  • YC-SEMP 2014,国際会議,2014年10月,山形大学工学部,Heavy Ion Radiotherapy Project at Yamagata University Hospital,口頭発表(招待・特別)

  • 第1回 粒子線治療施設運転・維持管理ワークショップ,国内会議,2014年10月,放射線医学総合研究所,山形大学における重粒子線がん治療施設設置計画,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 日本原子力学会,材料部会運営委員,2012年04月 ~ 2014年03月

  • 日本原子力学会,加速器ビーム科学部会運営委員,2017年04月 ~ 継続中

  • 日本原子力学会,加速器ビーム科学部会運営委員,2017年04月 ~ 継続中

社会貢献活動

  • International Training Course on Carbon-ion Radiotherapy,2019年11月