基本情報

写真a

冨樫 貴成

TOGASHI Takanari


職名

准教授

生年

1978年

ホームページ

http://sci.kj.yamagata-u.ac.jp/~ttogashi/homu.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  理工学研究科  物質生命科学専攻

    修士課程,2004年03月,修了

  • 東北大学  工学研究科

    博士課程,2008年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),東北大学,2008年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学,研究員,2008年04月 ~ 2009年03月

  • 東北大学,研究員,2009年04月 ~ 2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • ナノ学会

  • 化学工学会

  • 日本化学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ・ナノ結晶・集合体の形状・構造制御とその物性に関する研究
    ・数学を利用したナノ結晶集合体形成条件探索
    ・融解金属錯体分解法による有機無機ハイブリッドナノ粒子の大量合成とサイズ制御
    ・高温高圧水環境を利用した環状ジペプチド型電子材料の合成と探索

論文 【 表示 / 非表示

  • Size-tunable synthesis of iron oxide nanocrystals by continuous seed-mediated growth: role of alkylamine species in the stepwise thermal decomposition of iron(ii) oxalate,DALTON TRANSACTIONS,2021年10月

    Nozawa Ryosuke, Naka Takashi, Kurihara Masato, Togashi Takanari

    単著

  • Electrocatalytic water splitting with unprecedentedly low overpotentials by nickel sulfide nanowires stuffed into carbon nitride scabbards,ENERGY & ENVIRONMENTAL SCIENCE,2021年05月

    Zahran Zaki N., Mohamed Eman A., Tsubonouchi Yuta, Ishizaki Manabu, Togashi Takanari, Kurihara Masato, Saito Kenji, Yui Tatsuto, Yagi Masayuki

    単著

  • Concisely Synthesized FeNiWOx Film as a Highly Efficient and Robust Catalyst for Electrochemical Water Oxidation,ACS APPLIED ENERGY MATERIALS,4(2) 1410-1420,2021年02月

    Zahran Zaki N., Mohamed Eman A., Tsubonouchi Yuta, Ishizaki Manabu, Togashi Takanari, Kurihara Masato, Saito Kenji, Yui Tatsuto, Yagi Masayuki

    単著

  • Size-Tunable Continuous-Seed-Mediated Growth of Silver Nanoparticles in Alkylamine Mixture via the Stepwise Thermal Decomposition of Silver Oxalate,CHEMISTRY OF MATERIALS,32(21) 9363-9370,2020年11月

    Togashi Takanari, Tsuchida Koki, Soma Shiori, Nozawa Ryosuke, Matsui Jun, Kanaizuka Katsuhiko, Kurihara Masato

    単著

  • Investigation of the Image Contrast in an Ultra-Low Voltage Scanning Electron Microscope Using an Auger Electron Spectrometer,MICROSCOPY AND MICROANALYSIS,26(4) 758-767,2020年08月

    Sakuda Yusuke, Asahina Shunsuke, Togashi Takanari, Terasaki Osamu, Kurihara Masato

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 金属ナノ粒子、微粒子の合成、調整と最新技術,技術情報協会,2021年10月

    冨樫貴成、栗原正人

  • Nanoparticle Technology Handbook,Elsevier,2018年03月

    Akira Yoko, Tsutomu Aida, Daisuke Hojo, Masanori Koshimizu, Satoshi Ohara, Gimyeoung Seong, Seiichi Takami, Takanari Togashi, Takaaki Tomai, Takao Tsukada, Tadafumi Adschiri

  • Handbook of Advanced Ceramics, Second Edition: Materials Applications, Processing and Properties,Sprnger,2013年

    1. Tadafumi Adschiri, Seiichi Takami, Toshihiko Arita, Daisuke Hojo, Kimitaka Minami, Nobuaki Aoki, Takanari Togashi

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 金属錯体の配位子・対イオンに着目したナノ材料合成,C&I Commun,44(4) 24-26,2020年04月

    冨樫貴成

  • 金属錯体の配位子・対イオンに着目したナノ材料合成法,公益財団法人日本化学会コロイドおよび界面化学部会,Colloid & Interface Communication,44(4) 24-26,2019年12月

    冨樫貴成

  • 走査電子顕微鏡によるナノ多孔質材料の解析,ゼオライト,34(1) 19-27,2017年

    作田裕介、朝比奈俊輔、石崎学、冨樫貴成、栗原正人

  • 走査電子顕微鏡を活用した酸化物ナノ材料の構造評価,表面科学,36(4) 166-171,2015年

    高見誠一、冨樫貴成、相田努、北條大介、青木宣章、阿尻雅文

  • 超臨界流体を用いたナノ粒子の合成と構造制御,触媒,56(1) 2-7,2014年

    高見誠一、相田努、冨樫貴成、青木宣明、有田稔彦、北條大介、阿尻雅文

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,シュウ酸塩の分解方法、及びシュウ酸塩の分解のための錯化合物,栗原正人、冨樫貴成

    出願番号( 特願2015-2560501 ) 公開番号( 特開2017-119891 ) ,国立大学法人 山形大学,日本国

  • 特許,金属銀の析出方法、および被覆銀微粒子、細線状の被覆金属銀,栗原 正人, 冨樫 貴成

    出願番号( 特願2013-019893 ) 公開番号( 特開2014-152337 ) ,国立大学法人山形大学,日本国

  • 特許,免疫応答を回避するための薬剤,阿部 敬悦, 川上 和義, 阿尻 雅文, 福本 学, 高見 誠一, 冨樫 貴成, 村垣 公英, 高橋 徹

    出願番号( JP2012069800 ) 公開番号( WO2013-024710 ) ,国立大学法人東北大学,日本国

  • 特許,水分散性のステルスナノ粒子,阿尻 雅文, 川上 和義, 阿部 敬悦, 高見 誠一, 冨樫 貴成

    出願番号( 特願2010-259243 ) 公開番号( 特開2012-111694 ) 登録番号( 特許第5669066号 ) ,国立大学法人東北大学,日本国

  • 特許,水分散性のステルスナノ粒子,阿尻 雅文, 川上 和義, 阿部 敬悦, 高見 誠一, 冨樫 貴成

    出願番号( 特願2010-259243 ) 公開番号( 特開2012-111694 ) ,国立大学法人東北大学,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • インテリジェント・コスモス奨励賞,2019年05月13日,日本国,インテリジェント・コスモス学術振興財団,冨樫貴成

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2020年04月 ~ 2024年03月,拡張融解金属錯体法によるナノ粒子合成法の開発と3D人工格子への展開

    移動現象および単位操作関連

  • 挑戦的研究(萌芽),2019年04月 ~ 2021年03月,配位結合ネットワークによる凍結反応場が持つナノ結晶形状誘導効果の数学的理解

    化学工学およびその関連分野

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2018年03月,融解金属錯体を反応場とした有機無機ハイブリッドナノ粒子の擬似的液相合成法の一般化

  • 基盤研究(A),2013年04月 ~ 2017年03月,新しい化学種としての複合ナノ粒子の反応性と時間発展構造

  • 基盤研究(B),2013年04月 ~ 2016年03月,ナノ材料のハンドリング手法を拡張する多面体酸化物ナノ結晶のプログラマブル集積

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 融解金属錯体分解法による有機無機ハイブリッドナノ粒子のサイズ・物性制御,2020年08月 ~ 2021年02月,融解金属錯体分解法による有機無機ハイブリッドナノ粒子のサイズ・物性制御

    物質材料研究機構

  • 材料科学−数学異分野融合による多元ナノ粒子超格子の連続的構造転移と協奏的機能発現,2020年07月 ~ 2021年06月,材料科学−数学異分野融合による多元ナノ粒子超格子の連続的構造転移と協奏的機能発現

    山口育英奨学会

  • 公益財団法人 山口育英奨学会 学術研究助成,2020年04月 ~ 2021年03月,材料科学ー数学異分野融合による多元ナノ粒子超格子の連続的構造転移と協奏機能発現

    公益財団法人 山口育英奨学会

  • 融解金属錯体分解法による有機無機ハイブリッドナノ粒子のテーラーメード合成,2019年05月 ~ 2020年04月,融解金属錯体分解法による有機無機ハイブリッドナノ粒子のテーラーメード合成

    インテリジェントコスモス振興財団

  • インテリジェント・コスモス学術振興財団,2019年04月 ~ 2020年04月,低温融解金属錯体分解法を用いた有機無機ハイブリッドナノ粒子のテーラーメード合成

    民間財団等

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 7th International solvothermal and Hydrothermal Association conference,国際会議,2021年10月,Continuous Seed Mediated Growth of Metal and Metal Oxide Nanoparticles via Thermal Decomposition of Metal Oxalates ,口頭発表(招待・特別)

  • 7th International solvothermal and Hydrothermal Association conference,国際会議,2021年10月,Effect of Organic Ligands for Shape-Controlled Synthesis of Iron Oxide Nanocrystals via Thermal decomposition of Oleylamine-Coordinated Iron Oxalate,ポスター発表

  • 7th International solvothermal and Hydrothermal Association conference,国際会議,2021年10月,Synthesis and crystal growth of cyclic-diphenylalanine in high temperature and pressure water,ポスター発表

  • CSJ化学フェスタ2019,国内会議,2019年10月,シュウ酸塩の逐次熱分解を利用したAg@Cu2Oコアシェルナノ粒子の合成,ポスター発表

  • 2019年度化学系学協会東北大会,国内会議,2019年09月,山形大学小白川キャンパス,Synthesis of Monodisperse Fe3O4 nanoparticle via thermal decomposition of oleylamine coordinated iron oxalate,ポスター発表

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 金属・金属酸化物コロイダルナノ粒子の無溶媒合成および応用研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究,その他

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • ナノ学会,編集委員,2014年04月 ~ 2016年03月

  • 日本化学会,支部委員,2019年03月 ~ 2020年03月

  • 日本化学会,支部委員,2020年03月 ~ 2021年03月

  • 日本化学会,支部委員,2021年03月 ~ 2022年03月

  • ナノ学会,編集委員,2021年08月 ~ 2023年07月