基本情報

写真a

嘉山 孝正

KAYAMA Takamasa


職名

教授(転出・退職)

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 脳神経外科学

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 脳卒中急性期の病態解明・治療法の開発,悪性脳腫瘍の病態解明・治療法の開発,術前脳機能マッピング及び術中モニタリングを駆使した安全な脳腫瘍切除法の開発,薬剤抵抗性難治性てんかんの手術法の開発など最新の脳科学を応用した基礎的・臨床的研究

論文 【 表示 / 非表示

  • RIZ, the Retinoblastoma Protein Interacting Zinc Finger Gene, Is Mutated in Genetically Unstable Cancers of the Pancreas, Stomach, and Colorectum.Genes, Chromosomes & Cancer 30: 207-211, 2001,,2001年01月

    嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • Cortical mapping using an MRI-linked whole head MEG system and presurgical decision making, Electroenceph Clinical Neurophysiol(Suppl), 47(1996),,1996年01月

    嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • Loss of heterozygosity at 11p15 in malignant glioma, Cancer Research, 55(1995),,1995年01月

    嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • How to treat incidental cerebral aneurysms:A review of 139 consecutive cases, Surg Neurol, 44(1995),,1995年01月

    嘉山 孝正

    共著(海外含む)

  • Overexpression and amplification of α-PDGF receptor gene lacking an exon coding for a positron of the extracellular region in a malignant glioma, Oncogene, 7(1992),,1992年01月

    嘉山 孝正

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 脳腫瘍,医学書院・今日の治療指針(1998),,1998年01月

    嘉山 孝正

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2021年03月,性差を考慮した正常体重内臓脂肪肥満の発症および重症化に関わる食生活要因の解明

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2021年03月,ゲノムコホート研究による塩分摂取と糖尿病発症・進展に関わる遺伝環境相互作用の解明

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 1)悪性脳腫瘍や深部脳腫瘍の手術 2)覚醒下脳手術 3)脳動脈瘤の手術