2023/11/21 更新

写真a

ハナヤマ ススム
花山 奨
HANAYAMA Susumu
職名
准教授
生年
1968年
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0235-28-2841
 

研究分野

  • 環境・農学 / 地域環境工学、農村計画学

出身大学

  • 山形大学  農学部

    1991年03月,卒業

出身大学院

  • 東京大学  農学系研究科

    修士課程,1994年03月,修了

取得学位

  • 博士(農学),東京大学,2012年04月

  • 修士(農学),東京大学,1994年03月

学外略歴

  • 山形大学,准教授,2014年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会

  • 農業農村工学会

  • 土壌物理学会

  • 日本土壌肥料学会

 

研究テーマ

  • ①水田の物理環境に関する研究
    ②水田からのリン回収に関する研究

論文

  • ペルチェ素子を使った田面水中に発生する対流の強さの推定,山形大学紀要(農学),18(4) 217-222,2021年02月

    花山 奨,譚 夢旋,百瀬年彦,安中武幸

    共著(国内のみ)

  • 高含水比の水田土壌における田面水のpHの変動とリン溶出,農業農村工学会論文集,87(2) IV_5-IV_6,2019年

    花山 奨, 安中 武幸

    単著

  • Shallow autumn tillage does not reduce CH4 emission from an Andisol paddy field in Morioka, a cold region in Japan,Journal of Agricultural Meteorology,73(3) 92-99,2017年

    M. Nakajima, W. Cheng, S. S. Hanayama, and M. Okada

    共著(国内のみ)

  • 水田土壌中の窒素形態が付着藻類の光合成による田面水のpH変化におよぼす影響,農業農村工学会論文集,(305) I_209-I_214,2017年

    花山奨,金谷祐里,安中武幸

    共著(国内のみ)

  • Modeling aerobic decomposition of rice straw during the off-rice season in an Andisol paddy soil in a cold temperate region of Japan : Effects of soil temperature and moisture,Soil Science and Plant Nutrition,62 90-98,2015年

    M. Nakajima, W. Cheng, S. Tang, Y. Hori, E. Yaginuma, S. Hattori, S. Hanayama, K. Tawaraya, and X. Xu

    共著(海外含む)

  • ECH2O5TEによる土壌含水率出力への電気伝導度と温度の影響,土壌の物理性,(130) 13-18,2015年

    安中武幸,花山奨

    共著(国内のみ)

  • 田面水のpH変化が水田土壌からのリン溶出におよぼす影響,農業農村工学会論文集,(291) 49-50,2014年

    花山奨, 安中武幸

    共著(国内のみ)

  • メロンがトンネル栽培された砂丘畑における土壌水分・溶質量変動の5TEセンサーを用いた測定,日本砂丘学会,61 1-9,2014年

    安中武幸,花山奨

    共著(国内のみ)

  • 改良された田面水の対流制御装置による藻類の酸素消費実験,農業農村工学会論文集,(285) 77-78,2013年

    花山奨, 安中武幸

    共著(国内のみ)

  • 植生下における田面水の対流を誘発する要因について,土壌の物理性,(118) 19-24,2011年

    花山奨, 安中武幸

    共著(国内のみ)

  • Effects of contact angle on fingered flow during non-ponding infiltration into dry sand layers,Soil Science and Plant Nutrition,56 366-370,2010年

    T. Annaka and S. Hanayama

    共著(海外含む)

  • 対流センサーのコンスタンタン線の発熱が対流速度測定におよぼす影響,土壌の物理性,(113) 21-24,2009年

    花山奨, 安中武幸

    共著(国内のみ)

  • Convective velocity of ponded water in the vegetated paddy lysimeter,Paddy and Water Environment,7 255-258,2009年

    S. Hanayama, T. Kasubuchi and T. Annaka

    共著(海外含む)

  • 砂層のみかけの接触角と降雨侵入時のフィンガー流路先端速度および流路幅との関係,農業農村工学会論文集,(253) 53-59,2008年

    安中武幸,川島麻里枝,花山奨

    共著(国内のみ)

  • 田面水の対流速度を測定する装置の改良,土壌の物理性,(109) 51-56,2008年

    花山奨, 粕渕辰昭, 安中武幸

    共著(国内のみ)

  • Pressure head profile within growing fingers in initially dry glass beads "jointly worked",Soil Science Society of American Journal,71(3) 901-908,2007年05月

    Takeyuki Annaka,Susumu Hanayama

    共著(海外含む)

  • Effect of vegetation on the convection of ponded water in a paddy field,Soil Science and Plant Nutrition,52(5) 579-583,2006年10月

    Hanayama S,Natsuga M,Annaka T,Kasubuchi T

    共著(海外含む)

  • Dynamic watre-entry pressure for initially dry glass beads and sea sand(共著),Vadose zone jounal,4 127-133,2005年05月

    Takeyuki Annaka,Susumu Hanayama

    共著(海外含む)

  • 高濃度NaCl溶液においてCa2+がダイズ根のNa+およびCl-吸収・輸送におよぼす影響(共著),農業土木学会論文集,(206) 39-45,2000年04月

    花山奨,粕渕辰昭,中野政詩

    共著(国内のみ)

  • ダイズ根における各種カチオンの吸収現象の差異について(共著),農業土木学会論文集,(195) 11-17,1998年06月

    花山奨,粕渕辰昭,中野政詩

    共著(国内のみ)

  • 水耕下のダイズ根のNa+およびCl-の通過現象(共著),農業土木学会論文集,(173) 85-92,1994年10月

    花山奨,中野政詩

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

総説・解説記事

  • Na+を中心にした根のイオン吸収・移動機構について(共著),土壌物理研究会,土壌の物理性,(73) 45-52,1996年03月

    花山奨、中野政詩

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2015年04月 ~ 2019年03月,動物プランクトンおよび水生生物を利用した水田からのリン回収

研究発表

  • 日本土壌肥料学会2007年度東京大会,国内会議,2007年08月,東京農業大学,表面施用した米ぬかからの養分溶出,口頭発表(一般)

  • 日本土壌肥料学会2006年度秋田大会,国内会議,2006年09月,秋田県秋田市,植生が水田湛水の対流におよぼす影響,口頭発表(一般)

  • 日本土壌肥料学会2005年度島根大会,国内会議,2005年09月,島根大学,水田土中に発生するガスが水田土壌の熱特性に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 日本土壌肥料学会2004年度福岡大会,国内会議,2004年09月,九州大学,異なる日射エネルギーにおいて深水潅漑が水田の熱エネルギーにおよぼす影響,口頭発表(一般)

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

相談に応じられる分野