2023/11/21 更新

写真a

ミヤタ ケン
宮田 剣
MIYATA Ken
職名
准教授
生年
1971年
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
0238-26-3069
 
ホームページ
 

研究分野

  • ナノテク・材料 / 高分子材料

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 移動現象、単位操作

  • 環境・農学 / 環境負荷低減技術、保全修復技術

  • ナノテク・材料 / 複合材料、界面

出身大学

  • 東京工業大学  工学部  有機材料工学科

    1994年03月,卒業

出身大学院

  • 東京工業大学  理工学研究科  有機材料工学専攻

    博士課程,1999年09月,修了

取得学位

  • 博士(工学),東京工業大学,1999年09月

  • 修士(工学),東京工業大学,1996年03月

  • 学士(工学),東京工業大学,1994年03月

学外略歴

  • 英国 マンチェスター工科大学,研究員,1997年04月 ~ 1998年04月

  • 山形県庁,主任研究員,2002年04月 ~ 2004年03月

  • ラジャマンガラ工科大学タニヤブリ校,訪問教授,2013年03月 ~ 2013年06月

所属学会・委員会

  • プラスチック成形加工学会

  • 日本包装学会

  • 繊維学会

  • 高分子学会

  • 日本レオロジー学会

  • アメリカ プラスチック学会

  • 日本食品科学工学会

全件表示 >>

 

研究テーマ

  • 高分子の成形加工と接着・接合特性

研究経歴

  • 機能性フレキシブルフィルムの成形加工と接着・接合特性,2004年04月 ~ 継続中

    フィルムの成形加工、接着・接合、バリア性、サステナビリティ

  • 天然機能性素材を用いた環境調和型快適性繊維の開発,2001年04月 ~ 2004年03月

    高分子成形加工、溶融紡糸、繊維材料

論文

  • Effect of temperature and pressure on the interfacial morphology and bond strength of thermally laminated glycol-modified polyethylene terephthalate /styrene-co-butadiene block copolymer (PETG/SBC) films and comparison with coextruded (PETG/SBC/PETG) and PETG/SBC/PETG films heated with applied pressure after extrusion,Journal of Plastic Film and Sheeting,2022年02月

    Katsunori Ishida, Shotaro Nishitsuji, Ken Miyata

    共著(国内のみ)

  • Study of the interfacial adhesive strength of a heat-shrinkable multilayer film,POLYMER ENGINEERING AND SCIENCE,61(3) 836-842,2021年01月

    Nishitsuji Shotaro, Shinozaki Chie, Miyata Ken, Yamada Shinya, Yoshida Jun

    共著(国内のみ)

  • 組紐ヒーターを用いたインパルスシーラーによる滅菌バッグへの接合温度保持時間の効果,日本包装学会誌,28(4) 247-253,2019年08月

    橋本靜生、橋本由美、山田和志、宮田剣

    共著(国内のみ)

  • レーザ溶着法による PTFE フィルム接合部の評価,成形加工,31(1) 26-29,2018年

    橋本 靜生, 橋本 由美, 上田 克彦, 佐藤 公俊, 山田 和志, 宮田 剣

    共著(国内のみ)

  • アロイ・ブレンド・コンポジット,成形加工,30(5) ,2018年

    堀邊 英夫, 水野 渡, 宮田 剣

    単著

  • Strong Attractive Interaction between Ethylene Ionomer and Carboxyl Groups of Styrene-Co-Methacrylic Acid,NIHON REOROJI GAKKAISHI,45(4) 149-155,2017年08月

    Takaki, M; Koda, T; Haba, O; Nishio, T; Miyata, K; Nishioka, A

    共著(海外含む)

  • A novel methodology for peel strength enhancement of heat-sealed oriented polypropylene/cast polypropylene film by tensile cyclic loading,Materials Chemistry and Physics,187(1) 112-118,2017年

    Kazushi Yamada, Ken Miyata, Ramanujam Kumaresan

    共著(海外含む)

  • 滅菌紙を用いた滅菌バッグの熱接合部に及ぼす接合圧力と組紐ヒーターの影響,,日本包装学会誌,24(6) 349-355,2015年12月

    橋本由美, 橋本靜生, 山田和志, 宮田剣

    共著(国内のみ)

  • 米粉生地のレオロジー制御がスポンジケーキの成形性に与える影響,成形加工,27(11) 476-480,2015年11月

    河田華, 森谷真美, 香田智則, 宮田剣, 西尾太一, 西岡昭博

    共著(国内のみ)

  • Effect of Strain Hardening Property on Baking Productivity of Rice Batter,Nihon Reoroji Gakkaishi,43(5) 145-149,2015年10月

    Seigo Murakami, Ami Ota, Taichi Nishio, Ken Miyata, Tomonori Koda, and Akihiro Nishioka

    共著(海外含む)

  • Heat-sealed film interface temperature analysis for ultrafast thermal conductive process,12th Eco-Energy and Materials Science and Engineering Symposium,2015年06月

    K. Miyata, M. Kamiya, T. Koda, T. Nishio and A. Nishioka

    共著(海外含む)

  • Mechanical and Thermal Properties of Potassium Salts of Poly(ethylene-co-ethylacrylate): Polyolefin Ionomers in the Absence of Acid Groups,POLYMER ENGINEERING AND SCIENCE,55(8) 1843-1848,2015年

    Aoyama, M; Koda, T; Miyata, K; Nishio, T; Nishioka, A

    共著(海外含む)

  • Molecular Orientation Effect of Heat-Sealed PP Film on Peel Strength and Structure,Advances in Materials Physics and Chemistry,5 439-446,2015年

    Kazushi Yamada, Ken Miyata, Reiichi Konishi, Kiyomi Okada, Tetsuya Tsujii

    共著(海外含む)

  • PTFEの添加がPP/コーンスターチ複合材料のレオロジー特性及び機械的特性に及ぼす影響,成形加工,26(12) 573-577,2014年12月

    只野広樹、宮田剣、香田智則、西尾太一、島田誠、西岡昭博

    共著(国内のみ)

  • The relationships between crystallization characteristics and heat sealing properties of high-density polyethylene films,Journal of Plastic Film and Sheeting,30(1) 28-47,2014年01月

    Ken Miyata, Taku Ozama, Akihiro Nishioka, Tomonori Koda, and Go Murasawa

    共著(海外含む)

  • Development of joining technique for hardly-joined polymers,11th Eco-Energy and Materials Science and Engineering Symposium,2013年12月

    Ken Miyata

    単著

  • OBSERVATION OF HIGHER ORDER STRUCTURE AT HEAT SEAL PARTS ON UNIAXIAL DRAWN PP FILM,ANTEC 2013, Tech. paper,1583976,2013年05月

    Kazushi Yamada, Reiichi Konishi, Kiyomi Okada, Tetsuya Tsujii, Ken Miyata

    共著(海外含む)

  • EFFECT OF RICE FLOUR FILLER ON HEAT SEAL STRENGTH FOR SUSTAINABLE DESIGNED SEALANT FILM,ANTEC 2013, Tech. paper,1590824,2013年05月

    Ken Miyata, Motohiro Noguchi, Akihiro Nishioka and Tomonori Koda

    共著(海外含む)

  • HEAT SEAL CHARACTERISTIC OF ENVIRONMENTAL FRIENDLY FILMS FROMTHERMOPLASTIC RICE STARCH FILLED POLY(LACTIC ACID),ANTEC 2013, Tech. paper,1592238,2013年05月

    Supaphorn Thumsorn, Sommai Pivsa-Art, Ken Miyata, Kazushi Yamada and Hiroyuki Hamada

    共著(海外含む)

  • Ordering simulation of high thermal conductivity epoxy resins,POLYMER JOURNAL,45(4) 444-448,2013年04月

    Koda, T; Toyoshima, T; Komatsu, T; Takezawa, Y; Nishioka, A; Miyata, K

    共著(海外含む)

  • Pradigm Shift of Polymer Materials and Possibility of Sustainable Resources for New Packaging Film System, Seal and Gas Barrier Properties,The 3rd Polymer Conference of Thailand,2013年03月

    Ken Miyata

    単著

  • Effect of compounded PE-co-PP components on heat seal properties and mechanism for sealant PP film,18th IAPRI World Packaging Conference,264-269,2012年06月

    Ken Miyata

    単著

  • FAILURE CRITERIA AND CHARACTERISTICS OF HEAT-SEALED ALUMINUM/POLYETHYLENE LAMINATES,ANTEC 2012, Tech. paper,1259953,2012年05月

    Ichiro MITANI, Makoto NAKAMURA, Yew Wei LEONG, Yasuo HASHIMOTO, Reiichi KONISHI, Kazushi YAMADA, Hiroyuki HAMADA, Ken MIYATA

    共著(海外含む)

  • PEELABILITY AND MORPHOLOGY OF EASY-PEEL FILMS,ANTEC 2012, Tech. paper,1258979,2012年05月

    Kazushi YAMADA, Hiromi MATSUURA, Ken MIYATA, Yoshiaki OYA, Hiroyuki HAMADA

    共著(海外含む)

  • A Counterexample Concerning to the Phase Space Multi-Histogram Method,MOLECULAR CRYSTALS AND LIQUID CRYSTALS,558 140-147,2012年04月

    Nomura, H; Koda, T; Nishioka, A; Miyata, K

    共著(海外含む)

  • Computing Chemical Potential Using the Phase Space Multi-Histogram Method,JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN,81(1) 014001,2012年04月

    Nomura, H; Koda, T; Nishioka, A; Miyata, K

    共著(海外含む)

  • HDPE/LLDPEフィルムのヒートシール特性に及ぼすLLDPE添加量の影響,成形加工,23(11) 691-697,2011年11月

    橋本 靜生, 橋本 由美, 山田 和志, 宮田 剣

    共著(国内のみ)

  • Effect of LLDPE contents on heat seal properties for HDPE/LLDPE film,ANTEC 2011, Tech. paper,1472-1478,2011年05月

    K. Miyata, T. Hiyama, K. Yamada, Yew W. Leong

    共著(海外含む)

  • Effect of crystallization at film interface in heat sealing process,ANTEC 2011, Tech. paper,1467-1471,2011年05月

    K. Miyata, T. Abe, H. Tokanai, A. Nishioka, G. Murasawa, T. Koda

    共著(海外含む)

  • リサイクルPETフィルムの未延伸と延伸フィルムの熱接合及び熱接合部の評価,日本包装学会誌,20(2) 107-115,2011年04月

    小西礼一,宮田剣,山田和志,Yew.W. LEONG,橋本靜生,濱田泰以

    共著(国内のみ)

  • リサイクルPETフィルムの未延伸と延伸フィルムの熱接合及び熱接合部の評価,日本包装学会誌,20(2) 107-115,2011年04月

    小西礼一,宮田剣,山田和志,Yew.W. LEONG,橋本靜生,濱田泰以

    共著(国内のみ)

  • Column Structure in Smectic Phase of Parallel Hard Cylinders,JOURNAL OF THE PHYSICAL SOCIETY OF JAPAN,80(9) 094602,2011年04月

    Koda, T; Nishioka, A; Miyata, K

    共著(海外含む)

  • Electrically excited oscillation and crystalline structure of a nanoclay/poly(vinylidene fluoride) composite film,JOURNAL OF INTELLIGENT MATERIAL SYSTEMS AND STRUCTURES,22(18) 2103-2112,2011年01月

    Murasawa, G; Nishioka, A; Miyata, K; Koda, T; Cho, HD

    共著(海外含む)

  • ナイロン/ポリエチレンフィルムの熱接合部及び非熱接合部における境界部の力学的特性の評価,日本包装学会誌,19(6) 461-473,2010年12月

    小西礼一,山田和志,橋本靜生,辻井哲也,Yew.W. LEONG,宮田剣,濱田泰以

    共著(国内のみ)

  • Novel method for producing amorphous rice flours by milling without adding water,Starch,62 475-479,2010年07月

    Keiji Katsuno, Akihiro Nishioka, Tomonori Koda, Ken Miyata, Go Murasawa, Yoshiko Nakaura, Naoyoshi Inouchi

    共著(海外含む)

  • THE EFFECT OF CASTING CONDITION ON HEAT SEAL PROPERTY OF HIGH DENSITY POLYETHYLENE FILM,ANTEC 2010 Proceeding,399-405,2010年05月

    Ken Miyata, Yuuki Ichikawa, Motohiro Noguchi, Akihiro Nishioka, Tomonori Koda, Go Murasawa

    共著(海外含む)

  • THE EFFECT OF MOLECULAR WEIGHT ON HEAT SEAL PROPERTY FOR HIGH DENSITY POLYETHYLENE FILM,ANTEC 2010 Proceedings,406-411,2010年05月

    Ken Miyata, Taku Ozama, Akihiro Nishioka, Tomonori Koda, Go Murasawa

    共著(海外含む)

  • Finite Element Analysis and Experimental Measurement of Deformation Behavior for NiTi Plate with Stress Concentration Part under Uniaxial Tensile Loading,Strain,2010年03月

    G. Murasawa, S. Yoneyama, K. Miyata, A. Nishioka and T. Koda

    共著(海外含む)

  • Charge Transfer Complex Affecting Electric Property of 5CB,Jpn. J. Appl. Phys,2009年12月

    T. Koda, T. Mitsuyoshi, A. Kanazawa, A. Nishioka, K. Miyata, G. Murasawa, S. Ikeda, T. Miura and Y. Kimura

    共著(海外含む)

  • Experimental Investigation on Thermal Effects in the Process of Ultrasonic Joining of Thin Polyethylene Terephthalate Films with the Use of Torsional Vibrations,Jpn. J. Appl. Phys.,2009年12月

    K. Adachi, K. Uchiyama, T. Kuriyama, K. Miyata and T. Hisamastu

    共著(海外含む)

  • Effect of Blended Ionomers on the Strain Hardening of Polyester-Type Elastomer/Ionomer Blends,Polymer Journal,41(8) 661-666,2009年08月

    8. A. Nishioka, S. Onodera, T. Koda, K. Miyata, K. Furuichi, K. Kodama and K. Koyama

    共著(海外含む)

  • EFFECT OF MOLECULAR STRUCTURE ON HEAT SEAL PROPERTIES FOR HIGH DENSITY POLYETHYLENE FILM,ANTEC 2009 Proceeding,741-744,2009年06月

    Ken Miyata, Taku Ozama, Keiji Katsuno, Akihiro Nishioka, Tomonori Koda, Go Murasawa

    共著(海外含む)

  • RELATIONSHIP BETWEEN FILM STRUCTURE DEVELOPMENT AND EXTRUDED FILM WIDTH IN T-DIE EXTRUDING OF HIGH DENSITY POLYETHYLENE,ANTEC 2009 Proceeding,1583-1586,2009年06月

    Ken Miyata, Yuuki Ichikawa, Keiji Katsuno, Akihiro Nishioka, Tomonori Koda, Go Murasawa

    共著(海外含む)

  • Effect of Blended Montomollironite on Crystallization of Poly(vinylidene fluoride),Polymer Journal,41(5) 383-388,2009年05月

    9. E. Yamada, A. Nishioka, H. Suzuki, G. Murasawa, K. Miyata, T. Koda and S. Ikeda

    共著(海外含む)

  • Macroscopic stress–strain curve, local strain band behavior and the texture of NiTi thin sheets,Smart Mater. Struct.,18(5) 14,2009年05月

    7. G. Murasawa, K. Kitamura, S. Yoneyama, S. Miyazaki, K. Miyata, A. Nishioka and T. Koda

    共著(海外含む)

  • Thermal Effects on Ultrasonic Joining of Thin Plastic Films Using Torsional Vibrations,Jpn. J. Appl. Phys.,47 6431-6436,2008年12月

    1. K. Adachi, T. Takahashi, K. Kamehashi, K. Watanabe, K. Uchiyama, T. Kuriyama, K. Miyata, and T. Hisamastu

    共著(海外含む)

  • Contents of Water on Melt Rheology for Ethylene- Methacrylic Zinc Ionomers,Polymer Journal,40 350,2008年10月

    A. Nishioka, T.Koda, K.Miyata, G.Murasawa, K.Koyama

    共著(海外含む)

  • Effects of Process Condition and Material Properties on Replication and Structural Development in Thermal Nano-Imprinting,Int. Cong. Rheol. Paper,15-17,2008年08月

    M. Matsumoto, K. Miyata, H. Ito, H. Suzuki,T. Furuta

    共著(海外含む)

  • Effect of Molecular Weight and Distribution on Hot Tack Strength of Polystylene,olymer Processing Society 24th Annual Meeting 2008,P19(028) ,2008年06月

    5. K. Miyata, M. Kakuda, T. Takahashi, M. Sugimoto, T. Taniguchi, K. Koyama

    共著(海外含む)

  • Surface Replication and Thermal Properties of Polycarbonate Films in Thermal Nano-Imprinting,ANTEC 2008 Tech. paper,2494-2498,2008年05月

    M.Matsumoto, K.Miyata, H.Ito, H.Suzuki, T.Furuta

    共著(海外含む)

  • Thermal Effects on Ultrasonic Joining of Thin Plastic Films Using Torsional Vibrations,Jpn. J. Appl. Phys.,47 6431-6436,2008年01月

    11. K. Adachi, T. Takahashi, K. Kamehashi, K. Watanabe, K. Uchiyama, T. Kuriyama, K. Miyata, and T. Hisamastu

    共著(海外含む)

  • Newly Generating Chain Entanglements and Failuer mode in Hot Tack Process,Polymer Processing Society 23rd Annual Meeting 2007,P19(028) ,2007年05月

    7. K. Miyata, M. Kakuda, T. Takahashi, M. Sugimoto, T. Taniguchi, K. Koyama

    共著(海外含む)

  • 分子量分布の異なるポリスチレンのホットタック強度と絡み合い挙動の関係,日本接着学会誌,42(12) 506,2006年12月

    角田正樹,高橋辰宏,宮田 剣,杉本昌隆,谷口貴志,小山清人

    共著(国内のみ)

  • Interfacial Strength in Polymer Film by Using Hot Tack Tester,World Congress on Adhesion and Related Phenomena WCARP-Ⅲ,402,2006年10月

    Masaki Kakuda, Ken Miyata, Tatsuhiro Takahashi, Masataka Sugimoto, Takashi Taniguchi, Kiyohito Koyama

    共著(海外含む)

  • Interfacial Molecular Structure Development in Hot Tack Process,World Congress on Adhesion and Related Phenomena WCARP-Ⅲ,49,2006年10月

    K. Miyata, M. Kakuda, T. Takahashi, M. Sugimoto, T. Taniguchi, K. Koyama

    共著(海外含む)

  • Development of New Simpler Measurement Equipment of Polymer Flow Property for More Accurate Simulation,Polymer Processing Society 22nd Annual Meeting 2006,G09.(P07) ,2006年07月

    12. Takeshi Yasuda, Ken Miyata, Akihiro Nishioka, Kiyohito Koyama, Yusuke Nakahara, Noboru Tsukahara

    共著(海外含む)

  • Improvement of Blow molding of Recycled PET by Adding PE,Polymer Processing Society 22nd Annual Meeting 2006,G06.(P05) ,2006年07月

    11. Takuya Wada, Mitsuhiro Imaizumi, Ken Miyata, Takashi Fujimaki, Masataka Sugimoto, Takashi Taniguchi, Kiyohito Koyama

    共著(海外含む)

  • Rheological Properties of Polystyrene Blends with Rigid Ladderlike Polypheny,Journal of Applied Polymer Science,96 706-713,2005年07月

    13. G.Z.LI, T.Matsuda, A.Nishioka, K.Miyata, Y.Masubuchi, K.Koyama, C.U.Pittman Jr.

    共著(海外含む)

  • Fiber Structure Formation in High-Speed Spinning of Poly(ethylene terephthalate-co-ethylene 2,6-naphthalene dicarboxylate),Journal of Polymer Engineering,19(6) 395-418,1999年12月

    Ken Miyata, Hiroshi Ito, Takeshi Kikutani and Norimasa Okui

    共著(海外含む)

  • Structural Change of High-Speed Spun Poly(ethylene 2,6-naphthalane dicarboxylate) Fibers with Annealing,繊維学会誌,55 542-551,1999年11月

    Ken Miyata, Hiroshi Ito, Takeshi Kikutani and Norimasa Okui

    共著(海外含む)

  • Effect of Liquid Isothermal Bath in High-Speed Melt Spinning of Poly (ethylene 2,6-naphthalene dicarboxylate),繊維学会誌,54 661-671,1998年12月

    Ken Miyata, Hiroshi Ito, Takeshi Kikutani, and Norimasa Okui

    共著(海外含む)

  • Fiber Structure Formation in Ultra-High-Speed Melt Spinning of Poly (ethylene 2,6-naphthalene dicarboxylate),Journal of Applied Polymer Science,65 1415-1427,1997年07月

    Ken Miyata, Takeshi Kikutani, and Norimasa Okui

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • 封止・バリア・シーリングに関する材料,成形成膜,応用の最新技術,株式会社 技術情報協会,2021年04月

    宮田剣

  • 接着・接合の支配要因と最適化技術,S&T出版,2021年02月

    宮田剣

  • ポリプロピレンの構造制御と複合化、成形加工技術,技術情報協会,2016年

    宮田剣 他

  • 樹脂—金属接着・接合部の応力解析と密着性・耐久性評価,技術情報協会,2014年

    宮田剣 他

  • フィルム成形・加工とトラブル対策,技術情報協会,2013年

    宮田剣 他

  • 次世代蓄電池の【最新】材料技術と性能評価,技術情報協会,2013年

    宮田剣 他

  • 先端エレクトロニクス分野における封止・シーリングの 材料設計とプロセス技術,技術情報協会,2013年

    宮田剣 他

  • 包装工程の最適化とトラブル対策,技術情報協会,2011年

    宮田剣 他

  • 接着・粘着製品の分析,評価事例集,技術情報協会,2011年

    宮田剣 他

  • スクリュ・ダイを中心とした押出成形機のデザインと成形加工事例,株式会社 情報機構,2009年04月

    井上公雄、宮田剣 他

全件表示 >>

総説・解説記事

  • ポリエチレン不織布を用いた滅菌バッグの熱接合部に及ぼす接合温度と接合圧力の影響,日本包装学会,日本包装学会誌,29(4) 293-298,2020年08月

    橋本靜生、橋本由美、山田和志、宮田剣

  • 構造制御による高分子材料の高性能化,一般社団法人 プラスチック成形加工学会,成形加工,31(10) 361-362,2019年

    宮田 剣, 西辻 祥太郎

  • 構造・物性・評価,一般社団法人 プラスチック成形加工学会,成形加工,31(5) 189-190,2019年

    宮田 剣, 阿多 誠介, 中野 涼子

  • アロイ・ブレンド・コンポジット,一般社団法人 プラスチック成形加工学会,成形加工,30(5) ,2018年

    堀邊 英夫, 水野 渡, 宮田 剣

  • 高分子包装の要素技術研究−接合技術の原理と応用−,薬剤学,73(6) 350-355,2013年

    宮田剣

  • はく離特性の制御と加熱接合のメカニズム,日本包装学会誌,21(1) ,2012年01月

    宮田剣

  • 山形大学における高分子包装材料の要素技術研究~フィルムの接合技術を中心に~,日本包装学会誌,20(4) ,2011年08月

    宮田剣

  • 高分子材料の加熱接合メカニズム,社団法人プラスチック成形加工学会,成形加工,20(12) 874-878,2008年11月

    宮田剣

  • 高分子材料の熱溶着メカニズム~ホットタック強度の発現と分子構造形成~,日本接着学会,日本接着学会誌,44(6) 220-224,2008年06月

    宮田剣

  • 紡糸・フィルム成形,社団法人 プラスチック成形加工学会,成形加工,19(7) 403-405,2007年07月

    宮田剣

  • 紡糸・フィルム成形,社団法人 プラスチック成形加工学会,成形加工,18(7) 460-463,2006年07月

    宮田剣

全件表示 >>

工業所有権

  • 特許,粉体状バイオマス材料による水分子移送デバイスと水耕栽培への応用,西岡昭博, 香田智則, 宮田 剣, 西尾太一

    出願番号( 特開2015-167489 ) ,西岡昭博, 香田智則,日本国

  • 特許,高機能生分解性樹脂組成物及びその製造方法,宮田剣、佐藤勲征、赤間鉄宏、岩久保理一

    出願番号( 特願2003-302527 ) ,宮田剣、宮城県、新光電子株式会社,日本国

学術関係受賞

  • プラスチック成形加工学会功労者表彰,2018年06月,日本国,一般社団法人プラスチック成形加工学会,宮田剣

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2024年03月,高分子接合の基礎知見に基づく超音波による高分子/金属接合技術の開発

    申請者は、接着剤を用いない高分子の接合に関する基礎知見を有する。第1にエネルギーを加え2つの部材を一体化する。第2にエネルギーの剥奪により安定状態を得るものである。金属/高分子の接合は容易ではなく、メカニズムはよくわかっていない。本研究の目的は、高分子の接合に関する基礎知見を基盤に接合困難とされる高分子材料の相互接合や金属/高分子の接合を実現することである。さらに接合のメカニズムを明らかにすることである。本研究の成果は、実用的にも同種・異種のプラスチック部材相互接合の可能性を大きく展開できる。また、高分子/各種繊維強化複合材料においても界面接着性を向上させることなどへの応用展開も可能となる。

その他競争的資金獲得実績

  • 2020年度 フジシール財団 パッケージ研究助成金,2020年04月 ~ 2021年03月,各種高分子フィルム接合メカニズムの解明と体系化

    接着剤を用いずに高分子フィルムを相互に接合する技術は包装において必須の技術である。ヒートシール技術は古くから使われている汎用の技術である。しかし現在でも様々な製造現場にてシール不良現象はなくならず、その管理には課題が存在している。本研究の目的は、第1にヒートシールのメカニズムを学術的にまとめ明らかにすることである。ヒートシールは汎用技術であるものの、必ずしもメカニズムが理解されているわけではない。それ故、様々な不良現象への対応が後手に回っていると考えられる。一般にヒートシールされるフィルムはポリエチレンやポリプロピレンである。ヒートシール技術は、他の高分子材料への適用が困難なことが多い。本研究の第2の目的として、ヒートシールを適用し難い高分子材料の接合技術について考察する。本研究では、加工食品や工業製品に用いられる高分子材料の接合技術を系統的に明らかにする。各種高分子フィルム接合のメカニズムを体系的に示すことで学術的のみならず、実用的にも有用な知見となることが期待できる。最終的には、既存の高分子包装設計を刷新し、将来にわたり持続可能な高分子包装システムを構築する一助となることを期待している。

    公益財団法人フジシール財団

  • 2014年度 飯島記念食品科学振興財団 学術研究助成,2014年04月 ~ 2015年03月,混練による小麦グルテン架橋構造の形成と新しい機能性発現機構の解明

    飯島記念食品科学振興財団

  • 研究成果最適展開支援プログラム ハイリスク挑戦タイプ(復興促進型),2014年01月 ~ 2015年03月,斬新な手法で得たアルファ化穀物粉を活用したアレルギー対策長期保存食の開発

    国立研究開発法人 科学技術振興機構

  • 戦略的基盤技術高度化支援事業,2010年08月 ~ 2012年03月,自動車用プラスチック製次世代伝導ウォーターポンプユニットの開発

    経済産業省

  • 平成20年度 飯島記念食品科学振興財団 学術研究助成金,2009年04月 ~ 2010年03月,手打ちうどんのコシを実現する圧延プロセスの開発

    民間財団等

  • 地域新生コンソーシアム研究開発事業,2005年09月 ~ 2007年03月,次世代情報家電・自動車用高度部材の生産技術の開発

    経済産業省

  • 地域新生コンソーシアム研究開発事業,2002年07月 ~ 2003年03月,天然機能性素材を用いた環境調和型快適性繊維の開発

    経済産業省

全件表示 >>

受託研究受入実績

  • 次世代情報家電・自動車用高度部材の生産技術の開発,2005年09月 ~ 2007年03月,経済産業省(管理法人:(株)インテリジェントコスモス研究機構),一般受託研究

  • 地域産業に直結した高機能パッケージングシステムの開発,2004年05月 ~ 2005年03月,山形県,一般受託研究

  • 天然機能性素材を用いた環境調和型快適性繊維の開発,2002年07月 ~ 2003年03月,経済産業省(管理法人:宮城県中小企業団体中央会),一般受託研究

  • 回収PETボトルの有効資源化技術の開発,2001年12月 ~ 2002年03月,科学技術振興機構(JST)(管理法人:(財)山形県企業振興公社),一般受託研究

  • 回収PETボトルを高分子量化し可塑剤で柔軟化したフィルム・シート開発の評価研究,2001年02月 ~ 2001年03月,(株)大日本樹脂研究所,一般受託研究

共同研究実施実績

  • 超音波溶着における樹脂接合メカニズム解明,2014年04月 ~ 2015年03月,京三電機株式会社,国内共同研究

  • うどん製造技術に関する研究,2007年04月 ~ 2010年03月,(株)大和製作所,その他

  • プラスチックCAEのための樹脂物性の評価,2005年09月 ~ 2006年03月,(株)プラメディア,その他

  • CAE材料試験機の開発,2005年09月 ~ 2006年03月,(株)プラメディア,その他

  • プラスチックCAE研究開発,2004年06月 ~ 2005年03月,(株)プラメディア,その他

  • 機能性繊維の開発,2001年08月 ~ 2002年03月,新光電子(株),その他

  • プラスチックCAE研究開発,2001年06月 ~ 2002年03月,(株)プラメディア,その他

全件表示 >>

研究発表

  • プラスチック成形加工学会 第29回秋季大会,国内会議,2021年11月 ~ 2021年12月,オンライン,複数枚重ねたカーボンプリプレグ(CFRTP)フィルムのインパルス式熱接合,口頭発表(一般)

  • 日本包装学会第30回年次大会,国内会議,2021年07月,オンライン,多層シュリンクフィルムの延伸温度が相関接着性に与える影響,ポスター発表

  • 日本包装学会 第29回年次大会,国内会議,2020年07月,紙面開催,イージーピールフィルムの熱接合部における力学特性に及ぼす接合温度の影響,口頭発表(一般)

  • 日本包装学会 第29回年次大会,国内会議,2020年07月,紙面開催,多層シュリンクフィルムへの加熱・加圧が層間接着性に与える影響,口頭発表(一般)

  • 日本包装学会 第29回年次大会,国内会議,2020年07月,紙面開催,多層フィルムのヒートシールにおける接着管理指標の提案,口頭発表(一般)

  • The First International Conference of Polymeric and Organic Materials in Yamagata University,国際会議,2019年01月,Yamagata,Effect of Amylose in Rice Batter on the Formability of Rice Bread,ポスター発表

  • The First International Conference of Polymeric and Organic Materials in Yamagata University,国際会議,2019年01月,Yamagata,Hot tack property of ionomer depending on neutralization degree,ポスター発表

  • The First International Conference of Polymeric and Organic Materials in Yamagata University,国際会議,2019年01月,Yamagata,Hot tack property of ionomer depending on neutralization degree,その他

  • The First International Conference of Polymeric and Organic Materials in Yamagata University,国際会議,2019年01月,Yamagata,Effect of Amylose in Rice Batter on the Formability of Rice Bread,その他

  • 第31回アイオノマーシンポジウム,国内会議,2018年11月,東京,異種界面シールによるアイオノマーのホットタック性評価,ポスター発表

  • The International symposium of YU-COE(C) AFTEC and HECT,国際会議,2018年11月,Yamagata,Influence of Microphase Separation Structure of Styrene-Butadiene Block Copolymer on Interlayer Adhesion of Multilayer Shrink Film,ポスター発表

  • The International symposium of YU-COE(C) AFTEC and HECT,国際会議,2018年11月,Yamagata,Effect of neutralization degree of ionomer on hot tack property,ポスター発表

  • プラスチック成形加工シンポジア'18,国内会議,2018年11月,静岡,セルロースナノファイバーの添加がポリフッ化ビニリデンの結晶構造に与える影響,口頭発表(一般)

  • プラスチック成形加工シンポジア'18,国内会議,2018年11月,静岡,繊維集合断熱材がプラスチック成形機の省電力に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • プラスチック成形加工シンポジア'18,国際会議,2018年11月,静岡,繊維集合断熱材がプラスチック成形機の省電力に及ぼす影響,その他

  • 第31回アイオノマーシンポジウム,国際会議,2018年11月,東京,異種界面シールによるアイオノマーのホットタック性評価,その他

  • プラスチック成形加工シンポジア'18,国際会議,2018年11月,静岡,セルロースナノファイバーの添加がポリフッ化ビニリデンの結晶構造に与える影響,その他

  • The International symposium of YU-COE(C) AFTEC and HECT,国際会議,2018年11月,Yamagata,Influence of Microphase Separation Structure of Styrene-Butadiene Block Copolymer on Interlayer Adhesion of Multilayer Shrink Film,その他

  • The International symposium of YU-COE(C) AFTEC and HECT,国際会議,2018年11月,Yamagata,Effect of neutralization degree of ionomer on hot tack property,その他

  • 日本食品科学工学会 平成30年度 東北支部大会及び市民フォーラム,国内会議,2018年10月,山形,結晶化度を制御した米粉による米粉100%パンの開発,口頭発表(一般)

  • 日本食品科学工学会 平成30年度 東北支部大会及び市民フォーラム,国内会議,2018年10月,山形,セルロースナノファイバーを用いた卵不使用米粉スポンジケーキの検討,口頭発表(一般)

  • 日本食品科学工学会 平成30年度 東北支部大会及び市民フォーラム,国内会議,2018年10月,山形,米粉パンの製パンに適したアミロース含量の決定,口頭発表(一般)

  • 日本食品科学工学会 平成30年度 東北支部大会及び市民フォーラム,国際会議,2018年10月,山形,結晶化度を制御した米粉による米粉100%パンの開発,その他

  • 日本食品科学工学会 平成30年度 東北支部大会及び市民フォーラム,国際会議,2018年10月,山形,米粉パンの製パンに適したアミロース含量の決定,その他

  • 日本食品科学工学会 平成30年度 東北支部大会及び市民フォーラム,国際会議,2018年10月,山形,セルロースナノファイバーを用いた卵不使用米粉スポンジケーキの検討,その他

  • 日本応用糖質科学会 平成30年度大会(第67回) ,国内会議,2018年09月,秋田,セルロースナノファイバーの添加が米澱粉の糊化に与える影響,口頭発表(一般)

  • 第67回(2018年) 高分子討論会,国内会議,2018年09月,北海道,二軸押出機の粉砕条件が米澱粉の低結晶化に与える影響,口頭発表(一般)

  • 第67回(2018年) 高分子討論会,国内会議,2018年09月,北海道,温度制御型臼式粉砕装置によって得られた低結晶性セルロースの構造解析,口頭発表(一般)

  • 日本応用糖質科学会 平成30年度大会(第67回) ,国内会議,2018年09月,秋田,非晶性澱粉の老化特性が米粉100%パスタの食感に与える影響,口頭発表(一般)

  • 日本応用糖質科学会 平成30年度大会(第67回),国際会議,2018年09月,秋田,セルロースナノファイバーの添加が米澱粉の糊化に与える影響,その他

  • 日本応用糖質科学会 平成30年度大会(第67回),国際会議,2018年09月,秋田,非晶性澱粉の老化特性が米粉100%パスタの食感に与える影響,その他

  • 第67回(2018年) 高分子討論会,国際会議,2018年09月,北海道,温度制御型臼式粉砕装置によって得られた低結晶性セルロースの構造解析,その他

  • 第67回(2018年) 高分子討論会,国際会議,2018年09月,北海道,二軸押出機の粉砕条件が米澱粉の低結晶化に与える影響,その他

  • 日本食品科学工学会 第65回大会,国内会議,2018年08月,宮城,米粉100%パスタの新規製麺手法における米粉の結晶化度と加水量の検討,ポスター発表

  • First International Conference on 4D Materials and Systems,国際会議,2018年08月,Yamagata,Relationship between Microphase Separation Structure of Styrene-Butadiene Block Copolymer and Interlayer Adhesion for Multilayer Shrink Film,口頭発表(一般)

  • First International Conference on 4D Materials and Systems,国際会議,2018年08月,Yamagata,Discussion about the Influence of Ionomers Neutralization Degree for Hot Tack Property Using New Evaluation Method,口頭発表(一般)

  • First International Conference on 4D Materials and Systems,国際会議,2018年08月,Yamagata,Effect of Viscoelastic Property of Base Polymer on Extrusion Forming Caused by Thermally Expandable Microcapsules,口頭発表(一般)

  • First International Conference on 4D Materials and Systems,国際会議,2018年08月,Yamagata,Effect of Rheological Property of Batter on Baking Quality,口頭発表(一般)

  • 日本食品科学工学会 第65回大会,国内会議,2018年08月,宮城,アミロース含量の違いが米粉パンの発泡成形性に与える影響,ポスター発表

  • 日本食品科学工学会 第65回大会,国内会議,2018年08月,宮城,セルロースナノファイバーの添加が米粉スポンジケーキの成形性に与える影響,ポスター発表

  • 応用糖質科学,国際会議,2018年08月,セルロースナノファイバーの添加が米澱粉の糊化に与える影響,その他

  • First International Conference on 4D Materials and Systems,国際会議,2018年08月,Yamagata,Discussion about the Influence of Ionomers Neutralization Degree for Hot Tack Property Using New Evaluation Method,その他

  • 日本食品科学工学会 第65回大会,国際会議,2018年08月,宮城,米粉100%パスタの新規製麺手法における米粉の結晶化度と加水量の検討,その他

  • 日本食品科学工学会 第65回大会,国際会議,2018年08月,宮城,セルロースナノファイバーの添加が米粉スポンジケーキの成形性に与える影響,その他

  • 日本食品科学工学会 第65回大会,国際会議,2018年08月,宮城,アミロース含量の違いが米粉パンの発泡成形性に与える影響,その他

  • First International Conference on 4D Materials and Systems,国際会議,2018年08月,Yamagata,Relationship between Microphase Separation Structure of Styrene-Butadiene Block Copolymer and Interlayer Adhesion for Multilayer Shrink Film,その他

  • First International Conference on 4D Materials and Systems,国際会議,2018年08月,Yamagata,Effect of Viscoelastic Property of Base Polymer on Extrusion Forming Caused by Thermally Expandable Microcapsules,その他

  • First International Conference on 4D Materials and Systems,国際会議,2018年08月,Yamagata,Effect of Rheological Property of Batter on Baking Quality,その他

  • 第10回 日本応用糖質科学会 東北支部講演会,国内会議,2018年07月,山形,結晶化度を制御した米粉によるグルテンフリーパンの開発,口頭発表(一般)

  • 日本包装学会 第27回年次大会,国内会議,2018年07月,東京,アイオノマーの中和度が高速自動充填におけるホットタック性発現に与える影響,口頭発表(一般)

  • 日本包装学会 第27回年次大会,国内会議,2018年07月,東京,多層シュリンクフィルムにおけるミクロ相分離構造が層間接着性に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 日本包装学会 第27回年次大会,国際会議,2018年07月,東京,アイオノマーの中和度が高速自動充填におけるホットタック性発現に与える影響,その他

  • 第10回 日本応用糖質科学会 東北支部講演会,国際会議,2018年07月,山形,結晶化度を制御した米粉によるグルテンフリーパンの開発,その他

  • 日本包装学会 第27回年次大会,国際会議,2018年07月,東京,多層シュリンクフィルムにおけるミクロ相分離構造が層間接着性に及ぼす影響,その他

  • The 7th Pacific Rim Conference on Rheology,国際会議,2018年06月,Korea,Baking Property of Pure Rice Batter Depending on Variety of Rice,口頭発表(一般)

  • The 7th Pacific Rim Conference on Rheology,国際会議,2018年06月,Korea,Extrusion foaming with thermal expandable microcapsules depending on rheological property of base polymer and processing condition,口頭発表(一般)

  • The 7th Pacific Rim Conference on Rheology,国際会議,2018年06月,Korea,Baking Property of Pure Rice Batter Depending on Variety of Rice,その他

  • The 7th Pacific Rim Conference on Rheology,国際会議,2018年06月,Korea,Extrusion foaming with thermal expandable microcapsules depending on rheological property of base polymer and processing condition,その他

  • 第67回(2018年) 高分子学会年次大会,国内会議,2018年05月,愛知,温度制御型臼式粉砕装置を用いた変性セルロース合成手法の開発,口頭発表(一般)

  • プラスチック成形加工学会 年次大会,国内会議,2018年05月,東京,アイオノマーの中和度がホットタック性に与える影響,口頭発表(一般)

  • プラスチック成形加工学会 年次大会,国内会議,2018年05月,東京,アイオノマーの溶融レオロジー特性に及ぼすベースポリマーの影響,口頭発表(一般)

  • プラスチック成形加工学会 年次大会,国内会議,2018年05月,東京,熱膨張性マイクロカプセルを用いたポリプロピレン押出発泡成形性に及ぼす樹脂粘度と成形温度の影響,口頭発表(一般)

  • プラスチック成形加工学会 年次大会,国際会議,2018年05月,東京,アイオノマーの中和度がホットタック性に与える影響,その他

  • プラスチック成形加工学会 年次大会,国際会議,2018年05月,東京,熱膨張性マイクロカプセルを用いたポリプロピレン押出発泡成形性に及ぼす樹脂粘度と成形温度の影響,その他

  • 第67回(2018年) 高分子学会年次大会,国際会議,2018年05月,愛知,温度制御型臼式粉砕装置を用いた変性セルロース合成手法の開発,その他

  • プラスチック成形加工学会 年次大会,国際会議,2018年05月,東京,アイオノマーの溶融レオロジー特性に及ぼすベースポリマーの影響,その他

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 日本包装学会,理事,2010年05月 ~ 継続中

  • 日本包装学会,会長補佐(国際交流委員長),2014年07月 ~ 2022年06月

  • 日本包装学会,副会長,2022年07月 ~ 継続中

  • プラスチック成形加工学会,編集委員,2008年07月 ~ 2017年06月

社会貢献活動

  • 山形県 小国高校 出前講義,2021年12月

  • 夢ナビ 講義 Video 出講,2021年09月

    誰も気づかないからすごい!プラスチックパッケージ
    高校生向け研究分野紹介の講義です。

  • 新潟県 新発田南高校 出前講義,2021年07月

  • 愛知県 吉良高校 出前講義,2021年03月

  • 技術情報協会「リチウムイオン二次電池に向けた高分子パッケージ及びヒートシール技術の基礎理解」,2010年06月

  • 福島県立田島高等学校出張講義「身近なプラスチック:食品包装の技術としくみ」,2010年05月

    福島県立田島高等学校にて出張講義「身近なプラスチック:食品包装の技術としくみ」を進学希望の生徒に行いました。

  • 技術情報協会「高分子加熱接合メカニズムと材料設計」,2010年01月

  • R&D支援センター「高分子成形加工における結晶化と構造・物性制御【基礎入門】」,2009年10月

  • 技術情報協会「高分子材料の加熱溶着・接合メカニズム」,2009年06月

  • 技術情報協会「高分子成形加工における結晶化と構造・物性制御」,2009年05月

全件表示 >>

相談に応じられる分野

全件表示 >>