2023/11/21 更新

写真a

コンドウ カズヒロ
近藤 和弘
KONDO Kazuhiro
職名
教授
メールアドレス
メールアドレス

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 通信工学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 計測工学

  • 情報通信 / 知覚情報処理

出身大学

  • 早稲田大学  理工学部  電子通信学科

    1982年03月,卒業

出身大学院

  • 早稲田大学  理工学研究科  電気工学専攻

    修士課程,1984年03月,修了

取得学位

  • 博士(工学),早稲田大学,1998年06月

学外略歴

  • 日立製作所 中央研究所,研究員,1984年04月 ~ 1992年08月

  • テキサスインスツルメンツ筑波研究開発センター,研究員,1992年09月 ~ 1995年01月

  • Texas Instruments Incorporated,研究員,1995年02月 ~ 1998年12月

  • Conversational Computing Corporation,Developer,1999年01月 ~ 1999年03月

  • 山形大学,教授,2015年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会

  • 電子情報通信学会

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers)

  • 日本音響学会

  • 音響工学会(Audio Engineering Society)

  • 国際音声通信学会(International Speech Communication Association)

  • アジア環太平洋信号および情報処理学会

全件表示 >>

 

研究テーマ

  • (1)音質評価手法 (2)音声・音響信号符号化 (3)騒音制御(active noise control),雑音除去(speech enhancement) (4)音声・音響信号用電子透かし

研究経歴

  • 音声、音響信号処理方式,1999年04月 ~ 継続中

    音声音響信号処理

論文

  • Improvement of Estimation Accuracy in BLE Indoor Position and Motion Direction Estimation System Using Bi-LSTM,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,912-913,2023年10月

    Shu Tanaka, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Non-intrusive Speech Intelligibility Prediction of Speech with Additive Noise and Reverberation Using Multiple Deep Learning-Based Speech Enhancement,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,1065-1067,2023年10月

    Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Estimation of Japanese Word Intelligibility Using CTC-based Phoneme Recognition,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,1042-1043,2023年10月

    Masaki Hattori, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Non-intrusive Speech Intelligibility Prediction Method for Reverberant Speech Using Neural Network-Based Frequency Segmentation and Masking Front-end,Proc. 52nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering,2023年08月

    Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Dome-Shaped Ultrasonic Jammer for speech privacy protection,Proc. 52nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering,2023年08月

    Noriyuki Hayasaka, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Estimation of Japanese word intelligibility by automatic speech recognition with noise adaptation,Proc. 52nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering,2023年08月

    Masaki Hattori, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • 残響劣化した音声に対するノンレファレンス音声了解度推定にお ける推定精度向上,電気学会論文誌C,143(8) 830-841,2023年08月

    中澤 和司、近藤 和弘

    共著(国内のみ)

  • Non-intrusive speech intelligibility estimation using deep learning with speech enhancement and convolutional layers,Proc. Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference,2022年11月

    Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Improving the accuracy of non-intrusive intelligibility estimation for reverberant speech using speech enhancement by optimizing the speech feature parameters,Proc. International Congress on Acoustics,2022年10月

    Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Estimation Of Japanese Word Intelligibility Using DNN-Based Speech Recognition Systems,Proc. International Congress on Acoustics,2022年10月

    Masaki Hattori, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Towards laughter synthesis using voice conversion,Proc. International Congress on Acoustics,2022年10月

    Noritake Suto, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Evaluation of Linguistic Properties of Synthesized Laughter Using its Transcription,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,1-2,2022年10月

    Noritake Suto, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Audibility of added ultrasonic modulation signal for speech jamming,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,5-6,2022年10月

    Noriyuki Hayasaka, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Evaluation of Home Appliance Speakers with Correction Filters for Voice Communications ,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,46-47,2022年10月

    Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo, Kazushi Nakazawa, Sara Asai

    共著(国内のみ)

  • Indoor Position and Movement Direction Estimation System Using DNN on BLE Beacon RSSI Fingerprints,Advances in Science, Technology and Engineering Systems Journal,7(3) 129-138,2022年06月

    Kaito Echizenya, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Speech Manipulation Detection Method using Audio Watermarking,Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing,13(2) 145-154,2022年06月

    Kohta Muroi, Kazuhiro Kondo

    単著

  • The Effect of Density and Placement of BLE Beacons on Indoor Location and Motion Direction Estimation Accuracy,Proc. Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference,2023-2027,2021年12月

    Kaito Echizenya, Kazuhiro Kondo

    単著

  • IMPROVEMENTS TO NON-INTRUSIVE INTELLIGIBILITY PREDICTION FOR REVERBERANT SPEECH,Proc. Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference,608-613,2021年12月

    Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Speech Manipulation Detection Method Using Speech Fingerprints and Timestamp Data,Proc. International Conf. Intelligent Inf. Hiding and Multimedia Signal Process.,1-9,2021年10月

    Kota Moroi, Kazuhiro Kondo

    単著

  • The Estimation of Non-Referential Speech Intelligibility Using DNN De-Reverberation with SRMR Value,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,521-522,2021年10月

    Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo

    単著

  • Comparison of RSSI Processing Method for Improved Estimation Accuracy in BLE Indoor Position and Movement Direction Estimation System Using DNN,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,171-172,2021年10月

    Kaito Echizennya, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Speech Manipulation Detection Method Using Audio Watermarking,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,108-109,2021年10月

    Kohta Muroi, Kazuhiro Kondo, Shinya Takahashi

    単著

  • Effect of Snow Condition on Speech Intelligibility - Introduction of Wind Velocity, Temperature and Humidity -,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,116-117,2021年10月

    Tsubasa Maruyama, Kazuhiro Kondo

    単著

  • Quality Evaluation of Voice Synthesis Tools for Home Appliance Voice Communications,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,127-128,2021年10月

    Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo, Kazushi Nakazawa, Yasushi Nakazawa

    単著

  • Evaluation of the Real-Time Indoor Location and Motion Direction Estimation System Applying DNN to RSSI Fingerprints of BLE Beacons,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2020年10月

    Kaito Echizenya, Kazuhiro Kondo

    単著

  • On Non-Reference Speech Intelligibility Estimation Using DNN De-Reverberation,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2020年10月

    Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Towards a Variable Audio Spot Using Flexible Parametric Array Loudspeakers,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2020年10月

    Tsuyoshi Miyagawa, Kazuhiro Kondo

    単著

  • Estimation of indoor position and motion direction for smartphones using DNN to BLE beacon signal strength,Proc. IEEE International Conference on Consumer Electronics Taiwan,2020年09月

    Kaito Echizenya, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Japanese speech intelligibility estimation and prediction using objective intelligibility indices under noisy and reverberant conditions,Applied Acoustics,156(15) 327-335,2019年12月

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Detailed Evaluation of a Wind Noise Reduction Method using DNN for 3D Audio Navigation System Audio Augmented Reality for Bicycles,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,887-888,2019年10月

    Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo

    単著

  • Multivariate Analysis of Effect of Snow Quality on Speech Intelligibility,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,895-896,2019年10月

    Shuto Shibata, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Pinpoint Active Noise Control Using Audio Spot Generated with Multiple Parametric Speakers,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,899-900,2019年10月

    Hiroyuki Aida, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • Audio Spotlight using Subdivided AM Sideband Wave Delivery from Separate Ultrasonic Array Speakers,Proc. International Congress on Acoustics,1037-1044,2019年09月

    Kazuhiro Kondo, Shinichiro Osanai

    共著(国内のみ)

  • De-reverberation using CNN for Non-Reference Reverberant Speech Intelligibility Estimation,Proc. International Congress on Acoustics,3098-3102,2019年09月

    Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo

    共著(国内のみ)

  • On Non-Reference Speech Intelligibility Estimation Using DNN Noise Reduction,Proc. International Congress on Acoustics,3103-3108,2019年09月

    Hiroto Takahashi, Kazuhiro Kondo

    単著

  • An interrogation speech manipulation detection method using speech fingerprinting and watermarking,Smart Innovation, Systems and Technologies,110 ,2019年

    Takahashi, S., Kondo, K.

    単著

  • An Interrogation Speech Manipulation Detection Method using Speech Fingerprinting and Watermarking,Proc. International Conference on Information Hiding and Multimedia Signal Processing ,2018年11月

    Shinnya Takahashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • On the Comparative Effect of Snowfall, Accumulation, and Density on Speech Intelligibility,Proc. Asia-Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference,2018年11月

    Shuto Shibata, Kazuhiro Kondo

    単著

  • Towards a wind noise reduction method using DNN,Proc. 15th IEEE Transdisciplinary-Oriented Workshop for Emerging Researchers,28,2018年11月

    Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo

    単著

  • De-reverberation Using DNN for Non-Reference Reverberant Speech Intelligibility Estimation,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2018年10月

    Kazushi Nakazawa, Kazuhiro Kondo

    単著

  • Evaluation of a Visually Handicapped Navigation System Using 3D Audio on a Smartphone Under Realistic Conditions,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2018年10月

    Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • On Reference Signal Estimation from Noisy Speech Using Deep Learning for Intelligibility Estimation,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2018年10月

    Hiroto Takahashi, Kazuhiro Kondo

    単著

  • Binaural Speech Intelligibility Estimation Using Deep Neural Networks,Proc. Interspeech,1858-1862,2018年09月

    Kazuhiro Kondo, Kazuya Taira, Yosuke Kobayashi

    共著(海外含む)

  • Estimation of a Wind Noise Reduction Method using DNN for Bicycle Audio Augmented Reality Systems,Proc. IEEE International Conference on Consumer Electronics - Taiwan,369-370,2018年05月

    Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Estimation of binaural speech intelligibility using machine learning,Applied Acoustics,129 408-416,2018年01月

    Kazuhiro Kondo, Kazuya Taira

    共著(海外含む)

  • On Wind Noise Estimation using DNN for Bicycle Audio Augmented Reality Systems,電気関係学会東北支部連合大会講演論文集,2018(0) 200,2018年

    北川 冬弥, 近藤 和弘, 小林 洋介

    共著(国内のみ)

  • Guest Editorial: Introduction to the Special Issue on the Enrichment of Sound, Speech and Music Media,Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing,8(6) 1323-1324,2017年11月

    Yoiti Suzuki, Akinori Ito, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • A Case Study of Bootstrap Masker Quality Assessment for Speech-Privacy Protection,Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing,8(6) 1460-1469,2017年11月

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • On a Wind Noise Countermeasure for Bicycle Audio Augmented Reality Systems,IEEE Global Conference on Consumer Electronics,231-232,2017年10月

    Toya Kitagawa, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Towards an Accurate Route Guidance System for the Visually Impaired Using 3D Audio,IEEE Global Conference on Consumer Electronics,264-265,2017年10月

    Ken, Matsuda, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • A Frame Synchronization Method for Audio Watermarks Robust Against Analog Aerial Transmission,Journal of Information Hiding and Multimedia Signal Processing,8(5) 1043-1053,2017年09月

    Kazuhiro Kondo, Joji Yamada

    共著(海外含む)

  • Towards an interrogation speech manipulation detection method using speech fingerprinting,Proc. International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,82 121-129,2017年07月

    Shinnya Takahashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Speech intelligibility prediction method using machine learning for outdoor public address systems,Proc. Joint Meeting of the ASA and ASJ,2016年11月

    Yosuke Kobayashi, Kengo Ohta, Kazuhiro Kondo, Shuichi Sakamoto

    単著

  • Estimation of binaural speech intelligibility based on the better ear model,Proc. Joint Meeting of the ASA and ASJ,2016年11月

    Kazuya Taira, Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • On a Synchronization Method for Audio Watermarks Robust Against Aerial Transmission Using Embedded Random Synchronization Pattern,Proc. International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,2016年11月

    Kazuhiro Kondo, Joji Yamada

    共著(海外含む)

  • Introduction and Comparison of Machine Learning Techniques to the Estimation of Binaural Speech Intelligibility,Proc. International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,2016年11月

    Kazuhiro Kondo, Kazuya Taira

    共著(海外含む)

  • Efficiency Evaluation of a Super-Directive Masking System That Tracks the Masker Beam Towards the Target Human Head,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2016年10月

    Kazuhiro Kondo, Makoto Ohba, Shun Kashiwase

    共著(海外含む)

  • Towards an Navigation System for the Visually Impaired Using 3D Audio,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2016年10月

    Ken Matsuda, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Accuracy Evaluation of an Indoor Positioning Method Using iBeacons,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2016年10月

    Chiaki Takahashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • A Singing Voice Attenuation System Using Active Noise Control - Introduction of a Widened Pipe Structure,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2016年10月

    Keisuke Matsuura, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Estimation of Forced-Selection Word Intelligibility by Comparing Objective Distances Between Candidates,Applied Acoustics,106 113-121,2016年01月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • Estimation of Binaural Intelligibility Using the Frequency-Weighted Segmental SNR and the Better Ear Model,Proc. Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference,101-104,2015年12月

    Kazuya Taira, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Comparison of Synchronization Methods for Robust Audio Watermarks,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2015年10月

    Joji Yamada, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Indoor Positioning Method for Augmented Audio Reality Navigating System Using iBeacons ,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2015年10月

    Chiaki Takahashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Towards a Singing Voice Attenuation System Using Active Noise Control,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2015年10月

    Keisuke Matsuura, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • On an Efficient Masking System Using Human Head Tracking Parametric Speaker System,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,2015年10月

    Makoto Ohba, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • An Ambient Noise Clustering Method for Japanese Speech Intelligibility Estimation,Proc. 44th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2015年08月

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • A speech intelligibility estimation method using a non-reference feature set,IEICE Transactions of the Information and Systems,E98-D(1) 21-28,2015年01月

    Toshihiro Sakano, Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • 音響電子透かし埋め込み信号品質評価に適用可能な評価手法,日本音響学会誌,71(1) 42-48,2015年01月

    近藤和弘

    単著

  • Estimation of Japanese DRT Intelligibility Using Articulation Index Band Correlations,Proc. Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference,2014年12月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • Bootstrap masker generation method for speech masking systems,Proc. 43rd International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2014年11月

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Speaker and Gender-Dependent Maskers for Efficient Speech Privacy Protection,Noise Control Engineering Journal,62(6) 411-421,2014年11月

    Kazuhiro Kondo, Hiroki Sakurai, Shintaro Kashiwada, Tomohiro Komiyama

    共著(海外含む)

  • A Voice Picking System Using Localized Navigation Speech and Head Tracking,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,525-528,2014年10月

    Kazuhiro Kondo, Yasuhiro Abe

    共著(海外含む)

  • Application of ANC for Singing Voice Attenuation,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,63-64,2014年10月

    Daiki Suzuki, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Comparison of Two Classification Methods for Musical Instrument Identification,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,67-68,2014年10月

    Yuta Takahashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Towards a Parametric Speaker System with Human Head Tracking Beam Control,Proc. IEEE Global Conference on Consumer Electronics,22-23,2014年10月

    Shun Kashiwase, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Feasibility Study of a Parallel Audio and Video ECC for Watermarks in Short Audio and Video Frames,Multimedia Technology,3 23-28,2014年09月

    Kazuhiro Kondo, Yoshimi Yamaguchi, Toshio Koga

    共著(海外含む)

  • Single-Ended Estimation of Speech Intelligibility using the ITU P.563 Feature Set,Proc. ISCA Interspeech,2014年09月

    Toshihiro Sakano, Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Gender-Dependent Babble Maskers Created from Multi-Speaker Speech for Speech Privacy Protection,Proc. IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,251-254,2014年08月

    Kazuhiro Kondo, Hiroki Sakurai

    共著(海外含む)

  • Comparison of Output Devices for Augmented Audio Reality,IEICE Transactions of the Information and Systems,E97-D(8) 2114-2123,2014年08月

    Kazuhiro Kondo, Naoya Anazawa, Yosuke Kobayashi

    共著(海外含む)

  • Performance Evaluation of an Ambient Noise Clustering Method for Objective Speech Intelligibility Estimation,Electronics and Communications in Japan,97(5) 43-52,2014年05月

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Characteristics Comparison of Two Audio Output Devices for Augmented Audio Reality,Proc. Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference,2013年10月

    Kazuhiro Kondo, Naoya Anazawa, Yosuke Kobayashi

    共著(海外含む)

  • Intelligibility Comparison of Speech Annotation under Wind Noise in AAR Systems for Pedestrians and Bicyclists using Two Output Devices,Proc. Asia Pacific Signal and Information Processing Association Annual Summit and Conference,2013年10月

    Masanori Miura, Hideto Watanabe, Koh Kawai, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Towards Estimation of Quality of Watermarked Audio Signal using Objective Measures,Proc. IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,2013年10月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • Towards Gender-Dependent Babble Maskers for Speech Privacy Protection,Proc. IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,2013年10月

    Kazuhiro Kondo, Tomohiro Komiyama, Shintaro Kashiwada

    共著(海外含む)

  • 歩行者・自転車用AAR システムにおける 骨伝導ヘッドホンと風雑音抑制処理したイヤホンマイクとの比較,日本機械学会論文集(C 編),2013年10月

    三浦正範、渡部英人、河合稿、近藤和弘

    共著(国内のみ)

  • 帯域別セグメンタルSNRとサポートベクトル回帰を用いた騒音下音声了解度推定,電気学会論文誌C,133(8) 1556-1564,2013年08月

    小林洋介、近藤和弘

    共著(国内のみ)

  • Objective evaluation of sound quality for attacks on robust audio watermarking,Proceedings of the 21st International Congress on Acoustics,2013年06月

    Akira Nishimura, Masashi Unoki, Kazuhiro Kondo, Akio Ogihara

    共著(海外含む)

  • 音声了解度の客観推定に用いる騒音クラスタ リングとその性能評価,電気学会論文誌C,133(2) ,2013年02月

    小林洋介、近藤和弘

    共著(国内のみ)

  • 音声の伸長・短縮の了解度への影響と適応話速変換方法の提案,映像情報メディア学会誌,66(10) ,2012年10月

    渋谷徹、渡邉瞳、小林洋介、近藤和弘

    共著(国内のみ)

  • Speech intelligibility of guide audio with parametric loud speakers,Noise Control Engineering Journal,60(5) 548-558,2012年09月

    Kazuhiro Kondo, Tomohiro Terada, Futari Kano

    共著(海外含む)

  • On the Use of Objective Quality Measures to Estimate Watermarked Audio Quality,Proc. IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,2012年07月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • A Watermarking Method for Embedding Short Information Split into Audio and Video Signals,Proc. IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,2012年07月

    Yoshimi Yamaguchi, Toshio Koga, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Estimation of speech intelligibility using objective measures,Applied Acoustics,74(1) 63-70,2012年07月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • DIFFERENCES IN THE EFFECT OF TIME-EXPANDED AND TIME-CONTRACTED SPEECH ON INTELLIGIBILITY BY PHONETIC FEATURE,Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,2012年03月

    Toru Shibuya, Yosuke Kobayashi, Hitomi Watanabe, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • The Effect of Speaker and Noise Type on the Accuracy of Estimated Speech Intelligibility Using Objective Measures,Proc. the Seventh IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,2011年10月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • Differences in the effect of speech rate on intelligibility in artificially speed-altered speech by phonetic feature,Proc. 40th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2011年09月

    Toru Shibuya, Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Sound presentation of audio reality systems in environment with wind noise,Proc. 40th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2011年09月

    Masanori Miura, Kazuhiro Kondo, Hideharu Isaka

    共著(海外含む)

  • An efficient speech privacy system using speaker-dependent babble noise as maskers,Proc. 40th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2011年09月

    Tomohiro Komiyama, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Evaluation of localized speech intelligibility from bone-conduction headphones with competing noise for augmented audio reality,Proc. 40th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2011年09月

    Naoya Anazawa, Yosuke Kobayshi, Hiroyuki Yagyu, Takayuki Kanda and Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Estimation of speech intelligibility using objective measures,Proc. 40th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2011年09月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • Optimum orientation of parallel parametric speakers for simultaneous guide audio with minium cross-talk,Proc. 40th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2011年09月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • Improving accuracy of estimated speech intelligibility scores by speech recognizers using multi-condition noise-adpated models,Proc. 40th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2011年09月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • On distortion measures effective for the estimation of Japanese speech intelligibility of localized speech with competing noise in virtual acoustic space,Proc. 40th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2011年09月

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • A Data Hiding Method for Stereo Audio Signals Using Inter-Channel Decorrelator Polarity,Journal of the Audio Engineering Society,59(6) 379-395,2011年06月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • Estimation of Speech Intelligibility Using Speech Recognition Systems,IEICE Transactions of the Information and Systems,E93-D(12) 3368-3376,2010年12月

    Yusuke Takano, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • On the Influence of Coding Method on Japanese Speech Intelligibility in Virtual 3D Audio Space,Proc. AES 40th International Conf. on Spatial Audio,2010年10月

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa, Yukio Iwaya

    共著(海外含む)

  • Speech Intelligibility of Diagonally Localized Speech with Competing Noise Using Bone-Conduction Headphones,Proceedings of the 11th Annual Conference of the International Speech Communication Association (Interspeech 2010),1213-1216,2010年09月

    Kazuhiro Kondo, Takayuki Kanda, Yosuke Kobayashi, Hiroyuki Yagyu

    共著(海外含む)

  • Estimation of Two-to-One Forced Selection Intelligibility Scores by Speech Recognizers Using Noise-Adapted Models,Proceedings of the 11th Annual Conference of the International Speech Communication Association (Interspeech 2010),302-305,2010年09月

    Kazuhiro Kondo, Yusuke Takano

    共著(海外含む)

  • Intelligibility comparison of Japanese speech with competing noise spatialized in real and virtual acoustic environments (jointly worked),Acoustical Science and Technology,31(3) 231-238,2010年05月

    Kazuhiro Kondo, Takahito Chiba, Yuichiro Kitashima and Noriyasu Yano

    共著(海外含む)

  • Evaluation of a Stereo Audio Data Hiding Method Using Inter-Channel Decorrelator Polarity,Proc. IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,277-280,2010年03月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • A Digital Watermark for Stereo Audio Signals Using Variable Inter-Channel Delay in High-Frequency Bands and its Evaluation (jointly worked),International Journal of Innovative Computing, Information and Control,6(3(B)) 1209-1220,2010年03月

    Kazuhiro Kondo, Kiyashi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Comparison of localized speech intelligibility with competing noise using regular and bone-conduction stereo headphones,Proc. of the International Workshop on the Principles and Applications of Spatial Hearing,2009年11月

    Takayuki Kanda, Hiroyuki Yagyu, Yousuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo and Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Influence of Various Stereo Coding Modes on Encoded Japanese Speech Intellitgibility with Competing Noise,Proc. of the International Workshop on the Principles and Applications of Spatial Hearing,2009年11月

    Yousuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • A Data Hiding Method for Stereo Audio Signals Using the Polarity of the Inter-Channel Decorrelator,Proc. IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,2009年09月

    Kazuhiro Kondo

    単著

  • Towards reliable articulation evaluation inside automobiles using binaural mannequins (jointly worked),Proc. 38th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2009年08月

    Masanori Miura, Yuki Fukazawa, Kazuhiro Kondo, Hideharu Isaka

    共著(海外含む)

  • On Estimation of Two-to-one Selection-based Intelligibility Score Using Speech Recognition (jointly worked),Proc. of the IEEE 13th International Symposium on Consumer Electronics,2009年05月

    Yusuke Takano, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • Intelligibility of Low Bit Rate MPEG-coded Japanese Speech in Virtual 3-D Audio Space (jointly worked),Proc. of the 15th International Conference on Auditory Display,2009年05月

    Yousuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Simple Watermark for Stereo Audio Signals with Modulated High-Frequency Band Delay (jointly worked),Acoustical Science and Technology,29(6) 384-387,2008年11月

    Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • On Articulation of Automobile Navigation Speech using Piezoelectric Speakers (jointly worked),Proc. 37th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2008年10月

    Masanori Miura, Kazuhiro Kondo, Hideharu Isaka

    共著(海外含む)

  • Comparison of Audio Packet Loss Concealment Methods using LPC Interpolation on the Time-Frequency MDCT Frame (jointly worked),Proc. 37th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2008年10月

    Yuuki Akiba, Kazuhiro Kondo, Katsumi Takano, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • On the Influence of Localized Position of Interference Noise on the Intelligibility of Read Japanese Words in Remote Conference Systems (jointly worked),Proc. 37th International Congress and Exhibition on Noise Control Engineering,2008年10月

    Takahito Chiba, Yuichiro Kitashima, Noriyasu Yano, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • On the Accuracy of Estimated Synchronization Position for Audio Digital Watermarks Using the Modified Patchwork Algorithm on Analog Channels (jointly worked),Proc. IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,628-631,2008年08月

    Kodai Hiratsuka, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • A Digital Watermark for Stereo Audio Signals Using Variable Inter-channel Delay in High-Frequency Bands (Jointly worked),Proc. IEEE International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,624-627,2008年08月

    Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Intelligibility of read Japanese words with competing noise in virtual acoustic space (jointly worked),Acoustical Science and Technology,29(1) 74-81,2008年01月

    Yuichiro Kitashima, Kazuhiro Kondo, Hirotoshi Terada, Takahito Chiba, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Speech Emission Control Using Active Cancellation,Speech Communication,49(9) 687-696,2007年09月

    Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • 二者択一型日本語音声了解度試験方法の検討,日本音響学会誌,63(4) 196-205,2007年04月

    近藤 和弘、泉 良、藤森 雅也、加賀 類、中川 清司

    共著(国内のみ)

  • On an active vibration control system of impulsive bang noise for floor units,Proc. 35th International Congress and Exposition on Noise Control Engineering (Internoise 2006),2006年12月

    Masato Anzai, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa, Hideharu Isaka, and Katsuyoshi Suzuki

    共著(海外含む)

  • A speech communication environment using open source software library for active sound image control,Proc. 4th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan,2006年12月

    Yuichiro Kitashima, Kazuhiro Kondo and Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Towards estimation of Japanese intelligibility scores using objective voice quality assessment measures,Proc. 4th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan,2006年12月

    Rui Kaga, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa, and Masaya Fujimori

    共著(海外含む)

  • On the accuracy of speech source direction identification on the horizontal plane using 3-D audio displays,Proc. 4th Joint Meeting of the Acoustical Society of America and the Acoustical Society of Japan,2006年11月

    H. Terada, K. Kondo, and K. Nakagawa

    共著(海外含む)

  • On Equalization of Bone Conducted Speech for Improved Speech Quality,IEEE International Symposium on Signal Processing and Information Technology (ISSPIT),2006年08月

    K. Kondo, T. Fujita, and Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • 音像定位を利用して会話者の了解度向上を狙った遠隔協調会議システムに関する基礎検討,情報処理学会 マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DICOMO),2006(6) 41-44,2006年07月

    北島雄一郎、寺田博俊、近藤和弘、中川清司

    共著(国内のみ)

  • On quality improvement of degraded MPEG audio due to packet loss using highly compressed overhead data,Proceedings of the International Symposium on Frontiers in Speech and Hearing Research,2006年03月

    T. Niizeki, K. Kondo, K. Takano, K. Nakagawa

    共著(海外含む)

  • On a revised word-pair list for the Japanese intelligibility test,Proceedings of the International Symposium on Frontiers in Speech and Hearing Research,2006年03月

    M. Fujimori, K. Kondo, K. Takano, K. Nakagawa

    共著(海外含む)

  • A Speech Packet Loss Concealment Method Using Linear Prediction,IEICE Transactions of the Information and Systems,E89-D(2) 806-813,2006年02月

    Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Power Distribution of Optical Comb Generated by Fiber Ring with AO Frequency Shifters,Proceedings of the 10th Optoelectronics and Communications Conference,6D4-3 254-255,2005年04月

    近藤 和弘

    共著(海外含む)

  • Experimental Evaluation of an Active Speech Control Method,Proc. IEEE ICASSP,2005年03月

    近藤 和弘,Kazuhiro Kondo and Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • A Packet Loss Concealment Method Using Recursive Linear Prediction,Proc. Interspeech-ICSLP,2004年10月

    Kazuhiro Kondo and Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • ADPCM符号化方式に適用可能なデータ埋め込み方式の検討,電子情報通信学会論文誌J-87-DⅡ,2004年05月

    近藤 和弘、金澤 英樹、吉井 亜美、加藤 浩、清野 智之、中川 清司

    共著(国内のみ)

  • A Data Hiding Method Using Linear Prediction,Proc. International Congress on Acoustics,2004年04月

    Shingo Takehana, Kazuhiro Kondo and Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Self-restoration properties of VWP networks by spare wavelength optimization,Proceedings of the Optoelectronics and Communications Conference,550-551,2003年10月

    Yu Sasaki, Kiyoshi Nakagawa, Katsumi Takano, Kazuhiro Kondo

    共著(海外含む)

  • On Long Term Prediction for Active Cellular Speech Control,Proc. Internoise 2003,2003年08月

    近藤 和弘,Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Active Speech Cancellation for Cellular Speech,Proc. International Conference on Spoken Language Processing,2002年09月

    近藤 和弘,Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • 光信号処理型ヒルベルト変換器を適用した光SSB変調波長多重系のアイ開口解析,電子情報通信学会論文誌J-85-B,2002年08月

    近藤 和弘,田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司

    共著(海外含む)

  • 電気段低域減衰等化器を適用した有限次数ヒルベルト変換型光SSB変調波長多重系のアイ開口解析,電子情報通信学会論文誌 J-85-B,2002年02月

    近藤 和弘,田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司

    共著(海外含む)

  • Improved sideband suppression of optical SSB modulation using all-optical Hilbert transformer,Electronics Letters,2002年01月

    近藤 和弘,田中 喜久治、高野勝美、近藤 和弘、中川 清司

    共著(海外含む)

  • All-Optical Hilbert Transformer Implementation for Fiber-Optic Single Sideband Modulator,Proceedings of the Internatinal Symposium on Contemporary Photonics Technology,2002年01月

    Kikuji Tanaka, Katsumi Takano, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Towards a Robust Speech Intelligibility Test in Japanese,Proc. International Congress on Acoustics,2001年09月

    近藤 和弘,Kazuhiro Kondo, Ryo Izumi, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Characteristics of Fiber-Optic SSB Modulation using Optical Hilbert Transformer,Proceedings of the Optoelectronics and Communications Conference,600-601,2001年07月

    Kikuji Tanaka, Katsumi Takano, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Eye-opening Characteristics of Optical SSB Modulation using Hilbert Transformer,Proceedings of the Pacific Rim Conference on Laser and Electro-Optics,II554-II555,2001年07月

    Kikuji Tanaka, Katsumi Takano, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

    共著(海外含む)

  • Kanji to Hiragana Conversion Based on a Length-Constrained N-Gram Analysis,IEEE Transactions on Speech and Audio Processing 7(6),1999年11月

    近藤 和弘,J. Picone, T. Staples, 近藤 和弘、新井 希

    共著(海外含む)

  • A WWW Browser Using Speech Recognition and its Evaluation,Systems and Computers in Japan,29(10) 57-67,1998年09月

    Kazuhiro Kondo, Charles Hemphill

    共著(海外含む)

  • 音声認識を用いたWWWブラウザとその評価,電子情報通信学会論文誌 J-81-D-Ⅱ(2),1998年02月

    近藤 和弘,近藤 和弘、Charles Hemphill

    共著(海外含む)

  • Surfin’ the World Wide Web with Japanese,Proc. IEEE ICASSP,1997年04月

    近藤 和弘,Kazuhiro Kondo, Charles Hemphill

    共著(海外含む)

  • Clustered Inter-phrase or Word Context-Dependent Models for Continuously Read Japanese,Journal of Acoustic Society of Japan (E), 16 (5),1995年09月

    近藤 和弘,近藤 和弘、Yu-Hung Kao, Barbara Wheatley

    共著(海外含む)

  • Connected Digit Recognition with Pitch Accent Dependent Models,Proc. ESCA Eurospeech,1995年09月

    近藤 和弘

    共著(海外含む)

  • On Inter-phrase Context Dependencies in Continuously Read Japanese Speech,Proceedings of the Internatinal Conference on Spoken Language Processing,1994年09月

    Kazuhiro Kondo, Yu-Hung Kao, Barbara Wheatley

    共著(海外含む)

  • A Comparative Analysis of Japanese and English Digit Recognition,Proceedings of the IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,101-104,1994年04月

    Kazuhiro Kondo, Joseph Picone, Barbara Wheatley

    共著(海外含む)

  • An Evaluation of Cross-Language Adaptation for Rapid HMM Development in a New Language,Proceedings of the IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,237-240,1994年04月

    Barbara Wheatley, Kazuhiro Kondo、Wallace Anderson, Yeshwant Muthusamy

    共著(海外含む)

  • Packet Speech Transmission on ATM Networks Using a Variable Rate Embedded ADPCM Coding Scheme,IEEE Transactions on Communication,42(2/3/4) 243-247,1994年02月

    Kazuhiro Kondo, Masashi Ohno

    共著(海外含む)

  • Cross-Language Acoustic Model Adaptation: From English Phones to Japanese Digit Recognition,Proceedings of the Workshop on Automatic Speech Recognition,72-73,1993年12月

    Barbara Wheatley, Kazuhiro Kondo、Wallace Anderson

    共著(海外含む)

  • Packet Speech Transmission on ATM Networks Using a Variable Rate Embedded ADPCM Coding Scheme,IEICE Transactions on Communication,E76-B(4) 420-430,1993年04月

    Kazuhiro Kondo, Masashi Ohno

    共著(海外含む)

  • A Video Coding Scheme for HDTV Digital VCRs(jointly worked),Proceedings of the International Workshop on HDTV,59-66,1992年04月

    近藤 和弘

    共著(海外含む)

  • Variable Rate Embedded ADPCM Coding Scheme for Packet Speech on ATM Networks,Proceedings of the IEEE Global Telecommunication Conference,523-527,1990年12月

    Kazuhiro Kondo, Masashi Ohno

    共著(海外含む)

  • Single DSP 8 kbps Speech Codec,Proceedings of the IEEE International Conference on Acoustics, Speech and Signal Processing,1986年04月

    T. Miyamoto, K. Kondo, T. Suzuki, Y. Asakawa and A. Ichikawa

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • Advances in Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing Proceeding of the 18th IIH-MSP 2022,Springer Verlag,2023年04月

    Kazuhiro Kondo, Mong-Fong Horng, Jeng-Shyang Pan, Pei Hu

  • 音響情報ハイディング技術,コロナ社,2018年03月

    鵜木雅史、西村竜一、西村明、伊藤彰則、近藤和弘、薗田光太郎

  • 音響キーワードブック,コロナ社,2016年03月

    近藤 和弘、他

  • Multimedia Information Hiding Technologies and Methodologies for Controlling Data,IGI Global,2012年10月

    Kazuhiro Kondo

  • Advances in Communications and Media Research Vol. 6,Nova Science Publishers,2012年06月

    Kazuhiro Kondo, Yusuke Takano, Rui Kaga, Masaya Fujimori

  • Subjective Quality Measurement of Speech,Springer-Verlag,2012年03月

    Kazuhiro Kondo

  • Estimation of Speech Intelligibility Using Perceptual Speech Quality Scores,InTech,2011年06月

    Kazuhiro Kondo

  • Three-Dimensional Ultrasound Imaging Using Hardware Acceralator Based on FPGA,Sciyo,2010年08月

    Keiichi Satoh, Jubee Tada, Yasutaka Tamura, Gensuke Goto, Toshio Koga, Kazuhiro Kondo

  • "Auditory Display," Lecture Notes in Computer Science 5954,Springer-Verlag,2010年05月

    Yosuke Kobayashi, Kazuhiro Kondo, Kiyoshi Nakagawa

  • Signal Processing of HDTV IV,Elsevier Science Ltd.,1993年11月

    K. Kondo, H. Gunji, Y. Eto, A. Gonda, K. Naka and H. Owashi

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 超音波を用いた盗聴防止技術の検討,日本工業出版,超音波TECHNO,34(6) 75-79,2022年12月

    近藤 和弘,早坂 学起

  • 自転車用ナビゲーションに向けたDNNを用いた風雑音除去の改良,電子情報通信学会技術研究報告,118(149) 13-18,2018年07月

    北川冬弥, 近藤和弘, 小林洋介

工業所有権

  • 特許,フレーム同期検出装置,三友 勇、中林 澄江、村松 隆二郎、宮本 宜則、近藤 和弘、鈴木 俊郎

    登録番号( 特公平7-58959 ) ,日本国

  • 特許,音声パケット欠落補間方式,近藤和弘、中川清司

    公開番号( 特開2005-77889 ) ,日本国

  • 特許,能動音制御方式,近藤和弘、中川清司

    公開番号( 特開2004-23446 ) ,山形大学産業研究所,日本国

  • 特許,Digital Information System, Digital Audio Signal Processor and Signal Converter,Nobuo Hamamoto, Minoru Nagata, Masatoshi Ohtake, Katsutaka Kimura, Toshio Sasaki, Hiroshi Kishida, Isamu Orita, Katsuro Sasaki, Naoki Ozawa, Kazuhiro Kondo, Toshiaki Masuhara, Tadashi Onishi, Hidehito Obayashi, Kiyosi Aiki, Hisashi Horikoshi

    登録番号( 6,282,611 B1 ) ,日立製作所,アメリカ合衆国

  • 特許,情報記録再生方式および装置,近藤和弘、佐々木敏夫、木村勝高、佐々木勝朗、小澤直樹、渡部知行、浜本信男、増原利明

    登録番号( 3047987 ) ,日立製作所,日本国

  • 特許,Speech Recognition Using Clustered Between Word and/or Phrase Coarticulation,Kazuhiro Kondo, Ikuo Kudo, Yu-Hung Kao, Barbara Wheatley

    登録番号( 5819221 ) ,Texas Instruments Inc.,アメリカ合衆国

  • 特許,音声パケット処理方法,大野 雅史、近藤 和弘, 滝安 美弘、浅野 道雄

    登録番号( 2760810 ) ,日本国

  • 特許,音声信号処理装置,大野 雅史、滝安 美弘、近藤 和弘

    登録番号( 2708453 ) ,日本国

  • 特許,音声符号化方式,浅川 吉章、市川 熹、近藤 和弘、鈴木 俊郎

    登録番号( 2707564 ) ,日本国

  • 特許,音声多重化システム,近藤 和弘、鈴木 俊郎

    登録番号( 2692104 ) ,日本国

  • 特許,ピッチ抽出方法,浅川 吉章、宮本 宜則、近藤 和弘、鈴木 俊郎

    登録番号( 2585214 ) ,日本国

  • 特許,Speech Packet Communication System,Kazhiro Kondo, Masashi Ohno

    登録番号( 5406560 ) ,日立製作所,アメリカ合衆国

  • 特許,Speech Packet Communica-tion System and Method,Kazhiro Kondo, Masashi Ohno

    登録番号( 5130985 ) ,日立製作所,アメリカ合衆国

  • 特許,音声パケット伝送方法および装置,近藤 和弘、大野 雅史

    登録番号( 2810069 ) ,日立製作所,日本国

  • 特許,Speech Coding System Using Excitation Pulse Train,Yoshiaki Asakawa, Akira Ichikawa, Kazuhiro Kondo, Toshiro Suzuki

    登録番号( 5119424 ) ,日立製作所,アメリカ合衆国

  • 特許,Speech Coding System and Method,Yoshiaki Asakawa, Takanori Miyamoto, Kazuhiro Kondo, Akira Ichikawa, Toshiro Suzuki

    登録番号( 5060268 ) ,日立製作所,アメリカ合衆国

  • 特許,System for and Method of Multiplexing Speech Signals Utilizing Priority Signals for Individual Transmission Channels,Kazuhiro Kondo, Toshiro Suzuki

    登録番号( 4993022 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,音声符号化方式,村松 隆二郎、宮本 宜則、近藤 和弘、鈴木 俊郎

    登録番号( 特公平7-48695 ) ,日本国

  • 特許,Method and System for Transmitting Variable Rate Speech Signal,Kazuhiro Kondo, Toshiro Suzuki

    登録番号( 4903301 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,可変レート音声信号伝送方法および伝送システム,近藤 和弘、鈴木 俊郎

    登録番号( 2914974 ) ,日本国

  • 特許,Echo Suppressor,Takanori Miyamoto, Sumie Nakabayashi, Toshiro Suzuki, Kazuhiro Kondo, Shinichi Niina

    登録番号( 4864608 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,エコーサプレッサ,宮本 宜則、中林 澄江、鈴木 俊郎、近藤 和弘、新名 真一

    登録番号( 特公平7-123235 ) ,日本国

  • 特許,Voice and Data Multiplexer System,Kazuhiro Kondo, Toshiro Suzuki, Takanori Miyamoto

    登録番号( 4809271 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,音声/データ伝送装置,近藤 和弘、鈴木 俊郎、宮本 宜則

    登録番号( 特公平7-118749 ) ,日本国

全件表示 >>

学術関係受賞

  • シニア会員,2016年12月19日,日本国,電子情報通信学会,近藤和弘

  • IIH-MSP2016 Best Paper Award,2016年11月22日,日本国,IIH-MSP2016 Organizers,Kazuhiro Kondo, Joji Yamada

  • Senior Member,2006年01月21日,アメリカ合衆国,IEEE,Kazuhiro Kondo

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,実時間音声了解度測定メータの基礎検討

    さまざまな環境音の中で音声通信が行われるようになり、正確な発話内容伝達を保証するため音声了解度等の品質モニタリングが必要になった。音声了解度は多数被験者により音声標本を評価することが必要で高価なので、被験者を用いず受話音声の物理量のみから了解度を推定することを目指す。
    本提案では図1に示すように、実時間通信でも通話品質が推定できるように、原音を必要としない、メータのように簡単に利用できる音声了解度推定方法の確立を目指す。試験音の劣化量推定には試験音と原音との比較が必要だが、実時間通信では後者は利用できないので、劣化音から音声成分を推定して、その残留雑音量から劣化量や了解度への影響の推定を目指す。また、筆者らが提案している二者択一型の了解度を推定するが、その特徴である評価音に対し2つの単語を候補として提示し、一方を被験者が選択する弁別過程を積極的に利用して、高精度で推定する方法を検討する。人間の弁別過程をより忠実に推定で再現して、推定精度と頑強性の向上を図る。

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2020年03月,実時間音声了解度測定メータの基礎検討

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,客観指標を用いた雑音混入音声の主観音質推定方式

    携帯電話、IP電話等の普及で様々な音質、環境での音声通信が行われるようになっているが、必ずしも目的に合致した品質が確保されているとは限らない。特に音声通信においては正確に発話内容が伝わっていることが重要であり、音声了解度がこれを測る最も適切な尺度である。しかし音声了解度の測定には被験者を用いて相当量の音声標本を評価することが必要である。この方法では運用中の通信路の品質をモニタすることは不可能である。
    そこで、本研究では図1で示すように、実際通信中の音声信号より了解度に関連する特徴量を算出し、この特徴量からあらかじめ学習した対応関係から了解度を高精度で推定することを目標とする。これにより実時間での品質のモニタリングを可能にする。

  • 基盤研究(C),2008年04月 ~ 2011年05月,音声認識システム出力を用いた音声了解度推定方式

    本研究では妨害を含む音声の了解度を、被験者を用いずに計算により予測する方法を提供することを目的とする。このため音声認識システムを利用して、その認識結果ならびに途中経過から了解度を推定する。妨害音のある入力音声を単語対のみを許す認識文法を用いて認識する。複数の単語音声の認識率や、その認識スコアなど認識の中途結果を用いて了解度を推定する。このため、各種妨害を含む音声とその認識率、認識スコアを集めたデータベースを作成し、実際被験者が評価した了解度との相関、妨害の影響等を系統的に調べる。この結果、妨害の種類に応じた認識率や認識スコアから対応する推定了解度の変換テーブルを提供する。

  • 萌芽研究,2003年04月 ~ 2005年03月,光周波数シフト形フォトニックネットワークに関する研究

    ユビキタス情報通信の進展により,マルチメディアネットワークでは,映像を含む広帯域なトラフィックを運ぶため,通信回線の大容量化・高速化が必要とされる.また防犯など環境情報など信頼性が要求される情報を伝達する必要がある.信号速度や信頼性などへの柔軟な対応を可能とするダイナミックな通信ネットワークの実現に向けて,高能率光通信方式によるVWP(仮想波長パス)光ネットワークの制御法について研究した.

    平成15年度は,主として新たに提案した光周波数シフタを用いたフォトニックネットワークのVWPによるセルフヒーリング(障害自己回復)アルゴリズムによる障害復旧特性を解明した.平成16年度は高密度高速WDM伝送のための光信号処理形光SSB変調回路として,光ヒルベルト変換型と空間処理型光フィルタ型の2種類の構成法について検討した.また,高密度WDMネットワークのための波長基準となる高安定多波長光周波数供給装置として,これまでのパルス化光周波数発生法と新たな連続波(CW)光周波数発生法の研究を行い,数百のCW光搬送波が発生できることを示した.

    最終年度の平成17年度では,マンチェスタ符号による光SSB信号伝送方式が,光ファイバ非線形性の影響を大幅に軽減できることを示した.また,フォトニックノードに必要な光周波数シフタとして,WDM用の数十GHzの光周波数シフタと,経路探索用ホップ数計数に用いる数MHzの光周波数シフタについて検討した.さらに,地上波ディジタル放送の難視聴地域におけるアナログ信号のSCM-SSB光変調法,および多数の信号チャネルと基準搬送波を同時に送出する新しいネットワーク構成法の基礎検討を行い,群別光パス制御の必要性を示した.

    以上,高密度WDM伝送のための高速光SSB伝送方式,光周波数シフト形フォトニックネットワーク制御法,高安定多波長光周波数供給装置などを研究し,基本技術の実現可能性を明らかにした.本研究の成果を分岐挿入(ADM)形高密度WDMネットワークやバースト形光波長パスネットワークに適用すれば,品質,信頼性,障害復旧,需要増,経済性などの効果が高いことが分かった.

その他競争的資金獲得実績

  • 実時間音声了解度測定メータの基礎検討,2017年04月 ~ 2020年03月,実時間音声了解度測定メータの基礎検討

    さまざまな環境音の中で音声通信が行われるようになり、正確な発話内容伝達を保証するため音声了解度等の品質モニタリングが必要になった。音声了解度は多数被験者により音声標本を評価することが必要で高価なので、被験者を用いず受話音声の物理量のみから了解度を推定することを目指す。
    本提案では図1に示すように、実時間通信でも通話品質が推定できるように、原音を必要としない、メータのように簡単に利用できる音声了解度推定方法の確立を目指す。試験音の劣化量推定には試験音と原音との比較が必要だが、実時間通信では後者は利用できないので、劣化音から音声成分を推定して、その残留雑音量から劣化量や了解度への影響の推定を目指す。また、筆者らが提案している二者択一型の了解度を推定するが、その特徴である評価音に対し2つの単語を候補として提示し、一方を被験者が選択する弁別過程を積極的に利用して、高精度で推定する方法を検討する。人間の弁別過程をより忠実に推定で再現して、推定精度と頑強性の向上を図る。

    日本学術振興会

  • 実時間音声了解度測定メータの基礎検討,2017年04月 ~ 2020年03月,実時間音声了解度測定メータの基礎検討

    日本学術振興会

  • 実時間音声了解度測定メータの基礎検討,2017年04月 ~ 2020年03月,実時間音声了解度測定メータの基礎検討

    さまざまな環境音の中で音声通信が行われるようになり、正確な発話内容伝達を保証するため音声了解度等の品質モニタリングが必要になった。音声了解度は多数被験者により音声標本を評価することが必要で高価なので、被験者を用いず受話音声の物理量のみから了解度を推定することを目指す。
    本提案では図1に示すように、実時間通信でも通話品質が推定できるように、原音を必要としない、メータのように簡単に利用できる音声了解度推定方法の確立を目指す。試験音の劣化量推定には試験音と原音との比較が必要だが、実時間通信では後者は利用できないので、劣化音から音声成分を推定して、その残留雑音量から劣化量や了解度への影響の推定を目指す。また、筆者らが提案している二者択一型の了解度を推定するが、その特徴である評価音に対し2つの単語を候補として提示し、一方を被験者が選択する弁別過程を積極的に利用して、高精度で推定する方法を検討する。人間の弁別過程をより忠実に推定で再現して、推定精度と頑強性の向上を図る。

    日本学術振興会

受託研究受入実績

  • 会議音声漏えい遮断方式の検討,2010年05月 ~ 2011年03月,インフィニテック,一般受託研究

  • 骨伝導マイク入力等化方式の高騒音下特性評価と改良,2006年09月 ~ 2007年02月,科学技術振興機構,一般受託研究

  • 骨伝導マイク入力音声適応等化方式の基礎検討,2005年04月 ~ 2006年03月,米沢市,一般受託研究

  • 携帯電話等発話音声の能動制御に関する研究,2002年04月 ~ 2003年03月,米沢市,一般受託研究

共同研究実施実績

  • MRI室外騒音の分析および低減対策の検討,2010年10月 ~ 2011年03月,Sメディカルシールド,国内共同研究

  • 3次元音響空間におけるコミュニケーションの高度化に関する研究,2009年04月 ~ 2012年03月,東北大学電気通信研究所,国内共同研究

  • マルチメディア情報ハイディングの研究,2007年10月 ~ 継続中,東北大学電気通信研究所,国内共同研究

研究発表

  • 日本音響学会東北支部学術講演,国内会議,2022年05月,オンライン,超音波を用いた指向性および極在性を制御した音提示の試み,口頭発表(招待・特別)

  • RIEC International Symposium on Ultra-Realistic Interactive Acoustic Communications,国際会議,2016年05月,宮城蔵王ロイヤルホテル,Recent advances in the estimation of speech intelligibility using objective measures,口頭発表(招待・特別)

共同研究希望テーマ

  • 強化現実技術を用いたOJTを指向した遠隔協働作業システム,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

  • Robust multimedia communication systems,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

  • 騒音・音の能動制御技術,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究,共同研究

  • 新しい日本語了解度試験方法の検討,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 日本音響学会,東北支部会計幹事,2007年04月 ~ 2009年03月

  • 電子情報通信学会,代議員,2007年04月 ~ 2009年03月

  • 電子情報通信学会,マルチメディア情報ハイディング時限研究専門委員会専門委員,2007年04月 ~ 2011年03月

  • 電子情報通信学会,東北支部評議員,2007年04月 ~ 2011年03月

  • 日本音響学会,査読委員,2007年12月 ~ 継続中

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),情報ハイディングとマルチメディア信号処理国際会議 プログラム委員会,2008年02月 ~ 継続中

  • 日本音響学会,東北支部庶務幹事,2009年04月 ~ 2011年04月

  • 日本音響学会,電気関係学会東北支部連合大会実行委員,2010年08月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),情報ハイディングとマルチメディア信号処理国際会議インバイテッド・セッション・オーガナイザ,2010年11月 ~ 2014年10月

  • 日本音響学会,東北支部会計監査,2011年04月 ~ 2012年04月

  • 電子情報通信学会,マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究専門委員会専門委員,2011年04月 ~ 2015年03月

  • 電子情報通信学会,情報ハイディング及びその評価基準第2種研究会専門委員,2011年04月 ~ 継続中

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),Sendai Section Executive Committee,2012年01月 ~ 2015年12月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),Signal Processing Society Sendai Chapter Vice Chair,2013年11月 ~ 2017年02月

  • 電子情報通信学会,情報ハイディングとその評価基準 国際ワークショップ プログラム委員会,2013年12月 ~ 継続中

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),情報ハイディングとマルチメディア信号処理国際会議インバイテッド・セッション・チェア,2014年01月 ~ 2014年12月

  • International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,Invited sessions chair,2014年01月 ~ 2018年12月

  • 米国電気電子工学会,情報ハイディングとマルチメディア信号処理国際会議インバイテッド・セッション・チェア,2014年01月 ~ 継続中

  • 日本音響学会,電気音響研究委員会委員,2014年05月 ~ 2020年06月

  • 電子情報通信学会,応用音響研究専門委員会専門委員,2014年06月 ~ 2020年06月

  • 電子情報通信学会,応用音響研究専門委員会専門委員,2014年06月 ~ 2020年06月

  • 日本音響学会,電気音響研究委員会委員,2014年06月 ~ 2020年06月

  • 電子情報通信学会,マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究専門委員会専門委員,2016年04月 ~ 2022年03月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),情報ハイディングとマルチメディア信号処理国際会議インバイテッド・セッション・オーガナイザ,2016年06月 ~ 2016年12月

  • 電子情報通信学会,論文誌EMM特集号編集委員,2016年10月 ~ 2019年10月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),Signal Processing Society Sendai Chapter Chair,2017年03月 ~ 2019年12月

  • 日本音響学会,東北支部評議員,2017年04月 ~ 2019年04月

  • International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,Technical Program Committee Chair,2017年11月 ~ 2018年11月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),情報ハイディングとマルチメディア信号処理国際会議プログラム委員長,2017年11月 ~ 2018年11月

  • International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,Technical Program Committee Chair,2017年11月 ~ 2018年11月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),GCCE 2018 Technical Program Committee Member,2018年04月 ~ 2018年10月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),GCCE 2019 Technical Program Committee Member,2019年04月 ~ 2019年10月

  • 日本音響学会,東北支部長,2019年04月 ~ 2021年03月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),GCCE 2020 Technical Program Committee Member,2020年04月 ~ 2020年10月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),GCCE 2021 Technical Program Committee Member,2021年04月 ~ 2021年10月

  • International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,IIHMSP2021 Program co-chair,2021年10月

  • 52nd International Congress and Exposition on Noise Control Engineering,募金委員会委員,2022年05月 ~ 2023年08月

  • International Conference on Intelligent Information Hiding and Multimedia Signal Processing,IIHMSP2022 Conference co-chair,2022年07月 ~ 2022年10月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),GCCE 2022 Technical Program Committee Member,2022年07月 ~ 2022年10月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),GCCE 2022 Session Chair,2022年10月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),GCCE 2023 Technical Program Committee Member,2023年05月 ~ 2023年10月

  • 電子情報通信学会,マルチメディア情報ハイディング・エンリッチメント研究専門委員会専門委員,2023年06月 ~ 2025年06月

  • I-INCE Internoise2023,座長,2023年08月

  • 米国電気電子工学会(The Institute of Electrical and Electronics Engineers),ICCE 2024 Technical Program Committee Member,2023年09月 ~ 2024年01月

全件表示 >>

社会貢献活動

  • 米沢電機工業会テクノサークルYONEZAWAセミナー講演,2015年03月

    少し変わった音出力を用いた音響システムの研究開発

  • 東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会,2015年02月

    H26年から行ってきた東北大電気通信研究所共同プロジェクト研究「ロングパスエコー下での伝送パラメータを用いない音声了解度推定」の成果紹介

  • スーパーサイエンスハイスクール異分野融合サイエンスコース「英語発音と科学」講義,2014年10月

    言葉が発音されてから意味を伴って理解するまでの過程について認知科学や調音音声学、音声認識の面から学ぶ。その中で日本語における了解度とその測定方法について講義する。

  • ボランティア翻訳,2014年05月 ~ 継続中

    Khan Academy教育ビデオ字幕翻訳
    Solving Equations 2

  • ボランティア翻訳,2014年05月 ~ 継続中

    Khan Academy教育ビデオ字幕翻訳
    Solving Equations 2

  • ボランティア翻訳,2014年01月

    Amara video transcripts翻訳
    我々はGlobal Voicesだ?
    http://www.amara.org/ja/videos/vVg824UMnQZl/info/we-are-global-voices/

  • ボランティア翻訳,2013年02月

    GlobalVoices online 記事翻訳
    スペイン:飛行機のない空港?
    http://jp.globalvoicesonline.org/2013/02/21/20215/

  • ボランティア翻訳,2013年01月

    GlobalVoices online 記事翻訳
    「Vフォー・ヴェンデッタ」の放映解禁が中国を震撼させる
    http://jp.globalvoicesonline.org/2013/01/16/19615/

  • ボランティア翻訳,2013年01月

    GlobalVoices online 記事翻訳
    ウェブマッピングって何?
    http://jp.globalvoicesonline.org/2013/01/23/19658/

  • ボランティア翻訳,2012年12月

    GlobalVoices online 記事翻訳
    台湾:学問の自由が企業の訴訟で脅かされる
    http://jp.globalvoicesonline.org/2012/12/22/18889/

  • 文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター専門委員,2012年08月 ~ 継続中

    「科学技術専門家ネットワーク」におけるインターネットを介した情報収集への任意協力

  • 文部科学省科学技術政策研究所科学技術動向研究センター専門委員,2012年08月 ~ 継続中

    「科学技術専門家ネットワーク」におけるインターネットを介した情報収集への任意協力

  • 東北大学電気通信研究所共同プロジェクト研究発表会,2012年03月

    H20年から行ってきた東北大電気通信研究所共同プロジェクト研究「3次元音響空間における多人数参加型音声コミュニケーションの音声了解度」の成果紹介

  • 山形県大規模小売店舗立地審議会委員,2010年10月 ~ 継続中

    山形県内の大規模小売店立地法の公正かつ適正な運用を交通、環境などの面から審議する。

  • 山形県大規模小売店舗立地審議会委員,2010年10月 ~ 継続中

    山形県内の大規模小売店立地法の公正かつ適正な運用を交通、環境などの面から審議する。

  • 教員免許更新講習,2010年08月

    一定期間ごとに教員が技術や知識を獲得する機会を与える。特に本講義では聴覚の錯覚現象等,聴覚の不思議な特性を、パソコンの音声出力を使ったデモを通して紹介する。また,音楽信号の圧縮への応用例も紹介した。

  • JSTサイエンスパートナーシッププロジェクト,2007年12月

    米沢市立興譲館高校学生に対し、大学での先端研究や実験活動の一端に触れてもらい、科学する心を育ませる。JST支援によるプロジェクト。「音の不思議、耳の不思議」と題し、PCを用いた音のデモを中心として、耳の錯覚とその工業応用について解説した。

  • CEATEC,2005年10月

    音質評価方法の発表、デモとCDROMの配布。

  • 山形県情報産業協会 産学情報交換会,2005年10月

    情報処理関連の研究課題の紹介と交流

  • 日本電子工業振興協会(JEIDA)専門委員会,2000年10月

    提案音質評価方法の情報提供と情報交換

  • 電子情報通信学会東北支部専門講習会,1999年09月

    最新マルチメディア通信技術動向の紹介

全件表示 >>

メディア報道

  • 防災無線 雪国の課題,2022年01月

    山形大学工学部情報・エレクトロニクス専攻近藤研究室 修士1年の丸山翼の降雪時の防災無線実験の紹介

  • 山大工学部 院生の受賞相次ぐ,2022年01月

    ペットボトルのラベルをもっときっちり貼るには。雪の中の防災無線の音の広がりは―。そんな研究に取り組んだ山形大工学部・大学院(米沢市)の学生たちが今年度、学会などで相次いで受賞した。

  • 「雪で音小さく」解明へ 山形大、防災無線改善も,2021年11月

    雪が降ると音が聞こえにくくなるのはなぜか―。豪雪地帯にある山形大大学院理工学研究科(山形県米沢市)の研究グループが、広く知られる「雪と音の関係」について科学的な解明を進め、特に高音が聞こえにくくなり、降雪量が大きな影響を与えることを突き止めた。降雪時でも聞きやすい防災無線の改善につなげたい考えだ。

  • 降雪時の無線音声確保 山大大学院生研究、国内外で評価 「豪雪地帯の避難誘導改善期待」,2021年11月

    山形大工学部は10日、同大大学院生が災害時による防災無線の音声確保について研究し、国内外の権威ある賞を受賞したと発表した。大学関係者は「米沢のような豪雪地帯で避難誘導する際の改善策につながる」と期待している。

相談に応じられる分野

 
      

提供可能な資源

  • 日本語DRTテスト用単語リスト、音声データ