基本情報

写真a

金子 優子

KANEKO Yuko


職名

教授(転出・退職)

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-4291

研究室FAX

023-628-4212

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 経済政策

  • 人文・社会 / 政治学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  法学部

    1979年03月,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 法学士,東京大学,1979年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本行政学会

  • 国際行政学会

  • 行政管理国際研究会

  • 日本公共政策学会

  • 生活経済学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 行政改革、アジア太平洋諸国のガバナンス、New Public Management、Social Capital、国民経済計算体系におけるNPI(非営利団体)サテライト勘定の推計手法、我が国経済社会における公益法人の新たな役割、地方議会改革、地域活性化のための市民活動量の計測、地方行政改革における非営利セクターの役割に関する日韓比較

論文 【 表示 / 非表示

  • 地方議会の女性議員はなぜ少ないのか,議員NAVI,vol 47 12-15,2015年01月

    金子優子

    単著

  • 地域活性化のための市民活動量の計測とその寄与についての予備的考察,山形大学紀要(社会科学),45巻 (1号) 59-77,2014年07月

    金子優子

    単著

  • Managing the Great East Japan Earthquake Emergency with Emphasis on Fukushima Nuclear Crisis Communication: Best and Worst Practices,Asian Review of Public Administration,Volume 24(Nos.1-2) 50-63,2014年01月

    Yuko Kaneko, Itoko Suzuki

    共著(海外含む)

  • Contribution of Citizens’Activities to Community Development in Japan- Focusing on the activities of local community associations-,山形大学紀要(社会科学),43巻 (2号) 125-144,2013年02月

    Yuko Kaneko

    単著

  • Social Service Contracting-Out in Korea and Japan: Municipal Governments, Nonprofit Contractors, and Local Residents,The Korean Journal of Policy Studies,Vol.26(No.1) ,2011年04月

    Yuko Kaneko, Juae Kim

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 西の牛肉、東の豚肉∸家計簿から見た日本の消費‐,日本評論社,2007年07月

    金子優子、佐藤朋彦、小林健太郎

  • Public Administration Handbook of Japan (First edition), 立命館アジア太平洋大学,2010年11月

    Yuko Kaneko, Koichi Miyoshi, Itoko Suzuki

  • Japan's Disaster Governance How was the 3.11 Crisis Managed? ,Springer,2013年01月

    Yuko Kaneko, Itoko Suzuki

  • Public Administration Handbook of Japan (Digitized First Edition),BookWay Global ,2012年07月

    Yuko Kaneko, Koichi Miyoshi, Itoko Suzuki

  • 独自開発データから読み解く公益法人の構造,多賀出版,2012年01月

    金子優子、高橋朋一、小林健太郎

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • INTRODUCTION:Outline of the Asia-Pacific Panel and Future Perspectives,Kataoka Research Institute,REPORT OF THE ASIA-PACIFIC PANEL ON CONTRACTING-OUT IN LOCAL GOVERNMENTS:ITS OUTCOMES AND FUTURE CHALLENGES,2006年03月

    Yuko Kaneko

  • Introduction to the Asia-Pacific Panel on “NGOs in e-Governance”,Kataoka Research Institute,Report of the Asia-Pacific Panel on “NGOs in e-Governance,2004年12月

    Yuko Kaneko

  • 第4回OECD電子政府シンポジウムの結果について,行政情報システム研究所,行政とADP,40(10) ,2004年10月

    金子優子

  • インターネット利用の拡大に伴い変化する統計ニーズ,日本ITU協会,ITUジャーナル,33(5) ,2003年05月

    金子優子

  • 持続的成長と開発のための質の高いガバナンスに向けて,行政管理研究センター,季刊行政管理研究,(101) ,2003年03月

    金子優子

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2017年04月 ~ 2021年03月,公益法人、社会福祉法人及び学校法人を巡る改革の定量的評価についての研究

  • 研究成果公開促進費・学術図書,2011年04月 ~ 2012年03月,独自開発データで読み解く公益法人の構造

    本書は、平成19年度・20年度科学研究費補助金 課題番号19530229「経済社会における公益法人の活動実態と期待される新たな役割に関する研究」による研究成果の一部を公表するものである。
    公益法人(現行制度での特例民法法人、ここでは便宜、「公益法人」という。)については、我が国経済社会におけるその活動実態を他の経済主体との対比において明らかにする統計が長らく存在しなかった。本章では、行政記録と統計調査の完全照合により新たなデータを作成し、公益法人の産業別・従業者規模別等の統計により公益法人の活動実態を明らかにした。また、公益法人に係るウェブ・アンケート調査及び個別法人インタビュー調査の結果分析を示し、これらの分析に基づき公益法人の新たな役割について提示した。

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,地域活性化のための市民活動量の計測とその寄与に関する研究

    本研究は、さまざまな社会問題解決へのひとつの道具としてその役割が重要視されている地域社会の組織(ソーシャル・キャピタル)が地域活性化のために行う活動量(当該組織の構成員たる市民の活動量)の計測(参加人数と活動時間による)及び貨幣評価を行い、市民活動量の大きさと地域活性化計画の有無や地域自治区導入の有無などの制度的枠組み、社会経済構造及び地域経済動向との関連分析を行うことにより、地域活性化のための市民活動量の多寡に関係している制度的枠組みと社会経済構造を明らかにするとともに、地域活性化のための市民活動が地域活性化にどのように寄与しているかについて考察することを目的とする。

  • 日本学術振興会 二国間交流事業・共同研究,2008年07月 ~ 2010年06月,地方行政改革における非営利セクターの役割に関する日韓比較研究

    Both Japan and Korea have long tradition of the Confucianism and have adopted state-lead development strategies. Both countries have such commonalities that theorizing the conditions on which non-profit sector can be qualified as reliable actor in delivering public services provides significant insight for Japan and Korea in fostering non-profit sector under a smaller government. Taking account of the different administrative reform environments, the contracting-out of public facilities among many reform items was selected for comparative study. Firstly, we have re-examined the new governance theory as well as social capital theory and explore how the theory can be applicable to Japan and Korea. Secondly, we have showed what the common elements are and what the differences are in the relationship between municipality governments, non-profit contractors and local residents under the government contracting-out arrangement by making use of the survey data. The surveys were conducted with the same survey designs in Japan and Korea.
    In contracting-out of public facilities, the Japanese municipalities did so in order to reduce the government spending and civil servants, while the Korean municipalities did so to improve the quality of services and for seeking external civic expertise. On the other hand, contractors were selected based on the expertise and experiences of managing the same kind of facilities, and municipality governments regarded the capability and expertise of the staff and the financial strength of the contractors as necessary conditions for non-profit organizations to manage public facilities appropriately in both countries. In both countries, municipalities made use of various methods to supervise the contractors to deliver quality services. Non-profit contractors mostly depended upon the government funding and did hope to increase the income from the government in both countries. Thus, as for the relationship between the municipality governments and non-profit contractors, we could observe common elements between Japan and Korea.
    In conclusion, the conditions on which non-profit sector can be qualified as reliable actor in delivering public services are; expertise and financial strength on the non-profit sector side, appropriate supervising mechanisms and funding on the government side. In both countries, member fees and donations were minor contributors in the income of non-profit sector. The collaboration between the municipality governments, non-profit contractors of public facility and local resident was high and beneficial to improving the quality of services in Japan. In the Korean case, however, each actor was contributing to the services more independently which raises the question of coordination and collaboration in terms of the network. We could get the survey data from the local governments and non-profit contractors to support the four hypotheses concerning local residents and non-profit contractors.

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2009年03月,経済社会における公益法人の活動実態と期待される新たな役割に関する研究

    本研究では、公益法人に係る行政記録と統計調査の個票データを完全照合し新しい統計を集計し公益法人の活動実態についての分析を行うとともに、公益法人アンケート調査により今後の活動方針等を把握。
    1.平成19年度に実施した公益法人に係る行政記録と統計調査の個票データの完全照合結果について、2008年度統計関連学会連合大会にて報告し、手法に関する他の専門家の意見聴取
    2.全公益法人を対象として、公益法人の新制度下での対応や今後の活動方針を把握するため、ウェブ上に調査用のURLを設置し、アンケート調査を実施
    調査結果の分析により、新制度下でも従来からの延長線上で活動を行うものがほとんどであること、新制度下での新たな事務量への対応に苦慮していること、新制度は改善とも改悪ともいえないとする評価が一番多いこと、我が国の公益的活動は従来に比べ縮小するとするものが約半分であることが明らかになった。
    3.公益法人に係る行政記録と統計調査の個票データの完全照合により作成された結合データを用いて公益法人の活動を明らかにする集計表を作成・分析
    結合データは、平成16年10月現在の公益法人数25,541の69.4%である17,735法人分取得。結合データは年間収入額について97.2%のカバレッジで、データの信頼性を確認。今まで存在しなかった公益法人の産業分類別の活動実態を明らかにする統計を整備した。主な分析結果は次のとおり。公益法人の産業大分類別の分布は「Qサービス業」が69.0%を占めたが、他のすべての大分類に属する法人が確認でき、公益法人の多様な活動が明らかになった。従業者数は多い順に「医療、福祉」「政治・経済・文化団体」「教育、学習支援業」。年間収入額は多い順に「政治・経済・文化団体」「医療、福祉」「金融・保険業」。国・都道府県からの補助金等収入、委託費とも一番多いのは、「政治・経済・文化団体」。

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 平成20年度統計研究助成,2008年04月 ~ 2009年03月,社会生活基本調査の世帯単位集計手法の開発に関する研究

    民間財団等

  • 財団法人日本証券奨学財団平成18年度 研究調査助成 経済学部門,2007年01月 ~ 2008年03月,家計部門及び民間非営利団体部門の環境関連活動量を加味した環境サテライト勘定の構築

    現下の環境問題への適切な対応を図っていくためには、家計及び民間非営利団体が自発的に行う環境保全活動量を単一の指標により統合して示す統計データが重要であることから、家計部門及び民間非営利団体部門が行う環境保全活動について、特定の市(横須賀市)を対象に環境保全活動量の推計とその貨幣評価を行った。

    民間財団等

研究発表 【 表示 / 非表示

  • ASPA 2013 Annual Conference,国際会議,2013年03月,New Orleans, USA,Japan’s Disaster Governance Case Study: Managing 3.11 Mega Earthquake Emergency with Emphasis on Government Communication Issues in Fukushima Nuclear Crisis,口頭発表(一般)

  • 2012 Conference of European Group of Public Administration,国際会議,2012年09月,Bergen, Norway,Contribution of Citizens' Activity to Community Development in Japan,口頭発表(一般)

  • IATUR 33rd Conference,国際会議,2011年07月 ~ 2011年08月,Oxford University, United Kingdom,Contribution of citizens' activity to community development in Japan - a pilot analysis based on the measurement of its size,口頭発表(一般)

  • IATUR 32nd Conference,国際会議,2010年07月,Paris , France,New Statistics on Citizens’ Environmental Conservation Activities,口頭発表(一般)

  • 2009年度生活経済学会関東部会,国内会議,2009年10月,成城大学,特例民法法人(旧公益法人)の産業分野別活動実態,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,行政学演習

  • 2018年度,行政学b

  • 2018年度,行政学特別演習

  • 2018年度,公共政策とはなにか(政治学)

  • 2018年度,卒業論文

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 国際行政学会,新技術と行政ワーキンググループ委員,2001年07月 ~ 2005年09月

  • 日本行政学会,国際交流委員会委員,2003年03月 ~ 2004年03月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 鎌倉市議会議員・事務局職員研修会講師,2010年05月

  • 新庄市議会議員研修会講師,2009年11月

  • 荘内地方町村議会議員研修会講師,2009年10月

  • 最上地方町村議会議員研修会講師,2009年10月

  • 2009年度山形市行政法研修講師,2009年09月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示