基本情報

写真a

香田 智則

KODA Tomonori


職名

准教授

生年

1967年

メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 応用物理一般

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  工学部  応用物理学科

    1990年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 名古屋大学  工学研究科  応用物理学専攻

    博士課程,1994年03月,中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),名古屋大学,1998年02月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 山形大学,准教授,2016年04月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 高分子学会

  • 日本液晶学会

  • 応用糖質科学会

  • プラスチック成形加工学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)液晶が示す様々な物性や構造と,液晶を構成する分子の特徴との間にある関係を,統計力学的な手法とコンピュータシミュレーションを用いて明らかにしていく。(2)高分子材料の分子シミュレーション。

論文 【 表示 / 非表示

  • Hard Spherocylinders of Two Different Lengths as a Model System of a Nematic Liquid Crystal on an Anisotropic Substrate,Journal of the Physical Society of Japan,85(2) 024601,2016年01月

    Tomonori Koda, Yosuke Hyodo, Yuichi Momoi, Musun Kwak, Dongwoo Kang, Youngseok Choi, Akihiro Nishioka, Osamu Haba, Koichiro Yonetake

    共著(海外含む)

  • Polyimide-free LCD by dissolving dendrimers,Journal of the Society for Information Display,20(9) 486-492,2012年09月

    Yuichi Momoi, Musun Kwak, Donsik Choi, Youngseok Choi, Kyongdeuk Jeong, Tomonori Koda, Osamu Haba, Koichiro Yonetake

    共著(海外含む)

  • Computing chemical potential using the phase space multi-histogram method,Journal of the Physical Society of Japan,81(1) 014001-1-014001-5,2012年01月

    Hitomi Nomura, Tomonori Koda, Akihiro Nishioka, Ken Miyata

    共著(海外含む)

  • Test of the scaled particle theory for aligned hard spherocylinders using Monte Carlo simulation,Journal of Chemical Physics,2002年04月

    香田 智則,Tomonori Koda and Susumu Ikeda

    共著(海外含む)

  • Smectic-A phase of a bidisperse system of parallel hardrods and hard spheres, J. Phys. Soc. Jpn., vol.65(1996)3551-3556,,1996年11月

    香田 智則, Tomonori Koda, Manabu Numajiri and Susumu Ikeda

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 液晶便覧,丸善,2000年10月

    赤木和夫,飯塚英策,池田富樹,石川 謙,一ノ瀬秀男,市村國宏,稲葉 豊,井上俊英,上村 強,氏家誠司,内田欣吾,浦野妙子,大内幸雄,大竹俊裕,太田和親,大西博之,岡崎正樹,岡野光治,尾崎雅則,折原 宏,梶山千里,加藤隆史,加中桂一,蟹江澄志,川村康彬,菊池裕嗣,木原秀元,木村邦生,木村初男,木村康之,木村好次,京谷陸征,楠本哲生, 國枝博信,熊井 裕,栗原清二,香田智則,小菅一彦,小村真一,斉藤伸...

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • デンプン分子をほどいてパンを焼く,公益社団法人 日本化学会,化学と教育,67(10) 488-489,2019年

    香田 智則, 西岡 昭博

  • 工業レオロジー,一般社団法人 プラスチック成形加工学会,成形加工,31(5) 193,2019年

    香田 智則

  • 工業レオロジー,一般社団法人 プラスチック成形加工学会,成形加工,31(10) 366_2-363,2019年

    香田 智則

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • Outstanding Poster Paper Award,2014年12月,日本国,THE 21st INTERNATIONAL DISPLAY WORKSHOPS,T. Koda, M. Uchida, A. Nishioka, O. Haba, K. Yonetake, M. Kwak, Y. Momoi, N. Kim, S. Hong, D. Kang, Y. Choi

  • 平成12年度 高分子研究奨励賞,2001年05月,日本国,高分子学会,香田智則

  • 日本液晶学会奨励賞,2000年04月,日本国,日本液晶学会,香田 智則

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2019年04月 ~ 2021年03月,プラスチック研究者の知見が可能にする成形性に優れた澱粉構造の決定と加工技術の開発

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,独自の粉砕技術で製造し た粉体状セルロースを用いた水分子移送デバイスの開発

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,独自の粉砕技術で製造した粉体状セルロースを用いた水分子移送デバイスの開発

  • 基盤研究(B),2005年04月 ~ 2008年03月,高度なメゾ構造制御を可能にする剛体微粒子 シミュレーターの開発

  • 基盤研究(C),2003年04月 ~ 2005年03月,棒状微粒子の計算機シミュレーションに よる新規なナノ構造材料の創製

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 応用糖質科学,国際会議,2018年08月,セルロースナノファイバーの添加が米澱粉の糊化に与える影響,その他

  • 日本レオロジー学会第38年会,国内会議,2011年05月,京都リサーチパーク,三元ブロック共重合体(SEEPS)/オイルブレンド系におけるレオロジー特性とモルフォロジー,ポスター発表

  • 第59回高分子学会討論会,国際会議,2010年09月,北海道大学高等教育機能開発総合センター,剛体円板分子系における分子カラム連鎖構造,口頭発表(一般)

  • 2010年日本液晶学会討論会,国際会議,2010年09月,九州大学医学部百年講堂,剛体円板分子系のカラム構造,口頭発表(一般)

  • 2010年日本液晶学会討論会,国際会議,2010年09月,九州大学医学部百年講堂,インプレーン電極とAC駆動による配向膜表面レオロジーの効果,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本液晶学会,編集委員会,1999年04月 ~ 2001年03月

  • 日本液晶学会,物理・物性フォーラム幹事,2005年01月 ~ 2006年12月

  • 日本液晶学会,情報委員,2005年01月 ~ 2007年12月

  • 日本液晶学会,編集委員会,2006年07月 ~ 2008年12月

  • 日本液晶学会,物理・物性フォーラム主査,2007年01月 ~ 2007年12月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示