基本情報

写真a

髙橋 真彦

TAKAHASHI Masahiko


職名

准教授

ホームページ

http://www-h.yamagata-u.ac.jp/hscs/teacher/teacherdb_87.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 言語学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  国際文化研究科

    修士課程,2006年03月,修了

  • コネチカット大学  言語学科

    博士課程,2011年08月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(言語学),コネチカット大学,2011年08月

  • 修士(国際文化),東北大学,2006年03月

  • 学士(教育),東京学芸大学,2004年03月

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • ヒトが文を組み立てたり理解したりする際に必要な基盤となる知識について研究しています。

論文 【 表示 / 非表示

  • Reconsidering the optionality of raising in Japanese exceptional Case-marking constructions,Syntax,24(2) 224-262,2021年06月

    Masahiko Takahashi

    単著

  • Accusative subjects in Japanese ECM constructions,Nanzan Linguistics,16 133-148,2021年03月

    Masahiko Takahashi

    単著

  • Some notes on the scope properties of nominative objects in Japanese,The size of things I Structure building,153-171,2021年

    Masahiko Takahashi

    単著

  • 例外的格標示構文の対格主語,日本語研究から生成文法理論へ,266-281,2020年09月

    髙橋真彦

    単著

  • Masayoshi Shibatani, Shigeru Miyagawa, and Hisashi Noda (eds.), Handbook of Japanese Syntax (Review),英文学研究,97 132-141,2020年

    Masahiko Takahashi

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語研究から生成文法理論へ,開拓社,2020年09月

    斎藤衛,高橋大厚,瀧田健介,高橋真彦,村杉恵子 

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,最小探査とラベル付けに基づく文法格の比較統語論研究

    言語学関連

  • 若手研究,2018年04月 ~ 2021年03月,併合に基づく格付与の比較統語論研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • Comparative Syntax and Language Acquisition (CSLA) #11 2020年度統語論ワークショップ,国内会議,2021年02月,主格/対格目的語の作用域について,口頭発表(一般)

  • Keio-Nanzan One Day Workshop on Minimalist Syntax,国際会議,2019年06月,慶應義塾大学,Raising to Object, Clausal Arguments, and Labeling,口頭発表(招待・特別)

  • The 5th Workshop of the NINJAL Collaborative Research Project: Generative Perspectives on the Syntax and Acquisition of Japanese,国際会議,2018年12月,東北大学国際文化研究科,Raising to object and clausal arguments,口頭発表(招待・特別)

  • 日本英文学会第90回大会シンポジウム「Merge と Labeling を巡って」,国内会議,2018年05月,東京女子大学,例外的格標示構文における対格主語の統語的位置について,口頭発表(招待・特別)

  • The 3rd Workshop of the NINJAL Collaborative Research "Generative Perspectives on the Syntax and Acquisition of Japanese",国内会議,2017年12月,国立国語研究所,On the optionality of raising in the Japanese ECM construction,口頭発表(招待・特別)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>