基本情報

写真a

村松 怜

MURAMATSU Ryo


職名

講師(転出・退職)

ホームページ

http://www-h.yamagata-u.ac.jp/lepp/teacher/teacherdb_95.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 経済史

  • 人文・社会 / 公共経済、労働経済

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学  経済学部  国際経済学科

    2008年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 横浜国立大学  国際社会科学研究科

    修士課程,2010年03月,修了

  • 慶應義塾大学  経済学研究科

    博士課程,2013年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(経済学),慶應義塾大学,2013年03月

  • 修士(経済学),横浜国立大学,2010年03月

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 日本財政史・税制史

論文 【 表示 / 非表示

  • 戦前日本における大蔵省の所得税思想-「社会政策的税制」の再検討,『歴史と経済』,(242) ,2019年01月

    村松 怜

    単著

  • 日本の福祉財政の歴史,高端正幸・伊集守直編著『福祉財政(福祉+α 11)』,2018年

    村松 怜

    単著

  • 日本における相続税・贈与税の役割に対する認識,『税研』,(201) 70-77,2018年

    村松 怜

    単著

  • 「近代財政」の再検討,三田学会雑誌,107(4) 613-628,2015年

    村松 怜

    単著

  • 「増税なき財政再建」へ至る道,井手英策・小西砂千夫・諸富徹編『日本財政の現代史 第1巻 土建国家の時代1960〜1985』,51-74,2014年

    村松 怜

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 書評:金澤史男著『近代日本地方財政史研究』,政治経済学・経済史学会,『歴史と経済』,(215) ,2012年

    村松 怜

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究(B),2016年04月 ~ 2020年03月,戦後日本税制の形成過程−日本の租税思想とアメリカ対日占領政策との合流−

  • 特別研究員奨励費,2010年04月 ~ 2012年03月,シャウプ税制『崩壊』過程の研究-占領期から独立にかけての租税政策-

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 政治経済学・経済史学会,国内会議,2018年10月,戦前・戦時期における大蔵省の租税体系論,口頭発表(一般)

  • 政治経済学・経済史学会,国内会議,2016年10月,戦前日本における大蔵省主税局の所得税思想-『総合課税主義』の形成-,口頭発表(一般)

  • 日本財政学会,国内会議,2015年10月,西洋史における財政史研究の展開とその示唆,口頭発表(一般)

  • ミニコンファレンス『財政学の批判的再検討』,国内会議,2014年11月,「近代財政」の再検討,口頭発表(一般)

  • 日本財政学会,国内会議,2014年10月,「増税なき財政再建」へ至る道,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>