基本情報

写真a

菅原 正登

SUGAWARA Masato


研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 整形外科学

  • ライフサイエンス / 整形外科学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2012年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本整形外科学会

  • 日本癌学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本臨床腫瘍学会

  • 日本整形外科スポーツ医学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 胎児組織、骨関節疾患における変異型IDH1/2とポドプラニンの発現

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • ヒト骨発生および骨・軟骨形成性腫瘍におけるRUNX2発現とその制御因子の検討,2008年04月 ~ 2012年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • Secondary malignant giant cell tumor of bone with histone H3.3 mutation: A case series(和訳中),Journal of Orthopaedic Science,26(5) 926-930,2021年09月

    Emori Makoto, Nagoya Satoshi, Sugawara Masato, Mizushima Emi, Shimizu Junya, Murahashi Yasutaka, Murase Kazuyuki, Takada Kohichi, Sugita Shintaro, Takagi Michiaki, Hasegawa Tadashi, Yamashita Toshihik...

    単著

  • Establishment and characterization of patient-derived cancer models of malignant peripheral nerve sheath tumors.,Cancer cell international,20 58,2020年

    Oyama R, Kito F, Takahashi M, Hattori E, Noguchi R, Takai Y, Sakumoto M, Qiao Z, Toki S, Sugawara M, Tanzawa Y, Kobayashi E, Nakatani F, Iwata S, Yoshida A, Kawai A, Kondo T

    単著

  • Malignant Peripheral Nerve Sheath Tumor of the Femur: A Rare Diagnosis Supported by Complete Immunohistochemical Loss of H3K27me3.,Int J Surg Pathol.,2017年10月

    Sugawara M, Kobayashi E, Asano N, Yoshida A, Kawai A

    単著

  • Runx2 expression in developing human bones and various bone tumors,Pathology International,2011年

    Sugawara M, Kato N, Tsuchiya T, Motoyama T

    共著(海外含む)

  • Clonal expansion of multiple pulmonary leiomyomatous hamartoma: 12-year follow-up,Pathology International,2009年

    Sugawara M, Kato N, Endo M, Oizumi H, Motoyama T

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Handbook of research on curriculum reform initiatives in English education,IGI Global,2019年

    Denman Christopher, Al-Mahrooqi Rahma

  • 1.関節-上肢-,中外医学社,2010年

    菅原正登,村成幸、尾鷲和也

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 【希少がん-がん診療の新たな課題-】希少がん疾患各論 骨軟部腫瘍・肉腫 胞巣状軟部肉腫の診断と治療,(株)日本臨床社,日本臨床,79(増刊1 希少がん) 548-551,2021年03月

    菅原 正登

  • 【肉腫-基礎・臨床の最新知見-】肉腫の部位別治療と成績 軟部肉腫 上肢に発生した軟部肉腫に対する治療とその成績,(株)日本臨床社,日本臨床,78(増刊5 肉腫) 557-562,2020年10月

    菅原 正登

  • 【肉腫-基礎・臨床の最新知見-】肉腫の部位別治療と成績 軟部肉腫 上肢に発生した軟部肉腫に対する治療とその成績,(株)日本臨床社,日本臨床,78(増刊5 肉腫) 557-562,2020年10月

    菅原 正登

  • 【骨転移の画像診断】骨転移の現状 転移性骨腫瘍の発生部位,予後に関する検討 肺癌,前立腺癌,乳癌の転移性骨腫瘍の現状,(株)メジカルビュー社,臨床画像,36(8) 844-852,2020年08月

    浅野 多聞, 菅原 正登, 高木 理彰

  • 【骨転移の画像診断】骨転移の現状 転移性骨腫瘍の発生部位,予後に関する検討 肺癌,前立腺癌,乳癌の転移性骨腫瘍の現状,(株)メジカルビュー社,臨床画像,36(8) 844-852,2020年08月

    浅野 多聞, 菅原 正登, 高木 理彰

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 東日本整形災害外科学会雑誌,国際会議,2020年08月,90歳以上の悪性軟部腫瘍における臨床成績,その他

  • 東日本整形災害外科学会雑誌,国際会議,2020年08月,90歳以上の悪性軟部腫瘍における臨床成績,その他

  • 日本整形外科学会雑誌,国際会議,2020年07月,Trousseau症候群を呈した粘液型脂肪肉腫多発転移の1例,その他

  • 日本整形外科学会雑誌,国際会議,2020年07月,ハイブリッド手術室における骨生検の有用性の検討,その他

  • 日本整形外科学会雑誌,国際会議,2020年07月,膝関節内に発生した結節性筋膜炎の1例,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 骨軟部腫瘍