基本情報

写真a

松本 祥彦

MATSUMOTO Yoshihiko


プロフィール

平成17年山形大学医学部卒業
平成21年山形大学大学院医学系研究科医学専攻修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士 (医学),山形大学,2009年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床精神神経薬理学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 薬理遺伝学を専門とし、うつ病との関連や、性格・人格と神経伝達物質の受容体・輸送体の遺伝多型との関連を研究しています。

論文 【 表示 / 非表示

  • Implication of core beliefs about negative-self in neuroticism,INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHIATRY IN CLINICAL PRACTICE,24(3) 278-283,2020年09月

    Otani Koichi, Suzuki Akihito, Matsumoto Yoshihiko, Shirata Toshinori, Noto Keisuke, Kanno Muneaki

    単著

  • Mu-Opioid Receptor Polymorphism Moderates Sensitivity to Parental Behaviors During Characterization of Personality Traits,NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT,16 2161-2167,2020年

    Noto Keisuke, Suzuki Akihito, Shirata Toshinori, Matsumoto Yoshihiko, Takahashi Nana, Goto Kaoru, Otani Koichi

    単著

  • Interrelation Between Increased BDNF Gene Methylation and High Sociotropy, a Personality Vulnerability Factor in Cognitive Model of Depression,NEUROPSYCHIATRIC DISEASE AND TREATMENT,16 1257-1263,2020年

    Shirata Toshinori, Suzuki Akihito, Matsumoto Yoshihiko, Noto Keisuke, Goto Kaoru, Otan Koichi

    単著

  • Detection of decreased striatal dopamine transporter availability by 123 I-FP-CIT SPECT in a patient of carbon monoxide poisoning with severe cognitive deficits but mild parkinsonian symptoms,Asian Journal of Psychiatry,42 10-11,2019年

    Matsumoto, Y. and Suzuki, A. and Kobayashi, R. and Otani, K.

    共著(国内のみ)

  • Marked differences in core beliefs about self and others, between sociotropy and autonomy: Personality vulnerabilities in the cognitive model of depression,Neuropsychiatric Disease and Treatment,14 863-866,2018年

    Otani, K. and Suzuki, A. and Matsumoto, Y. and Shirata, T.

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 松本祥彦,鈴木昭仁,大谷浩一,モノアミン・トランスポーター遺伝子多型と人格傾向,2015年03月

    松本祥彦,鈴木昭仁,大谷浩一

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 一酸化炭素中毒患者における123I-FP-CIT SPECTを用いた線条体ドパミントランスポータの画像評価(Application of 123I-FP-CIT SPECT to the imaging of striatal dopamine transporter availability in a patient with carbon monoxide poisoning),日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会,日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集,29回・49回 165,2019年10月

    能登 契介, 松本 祥彦, 鈴木 昭仁, 小林 良太, 大谷 浩一

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 臨床薬理,国際会議,2019年11月,一酸化炭素中毒患者での線条体ドーパミントランスポーターのアベイラビリティーについての画像評価に対する123I-FP-CIT SPECTの応用(Application of 123I-FP-CIT SPECT to imaging of striatal dopamine transporter availability in a patient with carbon monoxide poisoning),その他

  • 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集,国際会議,2019年10月,一酸化炭素中毒患者における123I-FP-CIT SPECTを用いた線条体ドパミントランスポータの画像評価(Application of 123I-FP-CIT SPECT to the imaging of striatal dopamine transporter availability in a patient with carbon monoxide poisoning),その他

  • World Congress of Psychiatry 2019,国際会議,2019年08月,lispon, portugal,Relation of the DGKH genotype with openness to experience, a premorbid personality trait of bipolar disorder,ポスター発表

  • World Congress of Psychiatry 2019,国際会議,2019年08月,lispon, portugal,Relation of the DGKH genotype with openness to experience, a premorbid personality trait of bipolar disorder,その他

  • 日本臨床精神神経薬理学会・日本神経精神薬理学会合同年会プログラム・抄録集,国際会議,2018年11月,健常者における高神経症傾向のBDNF遺伝子高メチル化との関係(Relationship of high neuroticism with increased methylation of the BDNF gene in healthy subjects),その他

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山形県精神保健指定医,2014年10月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 臨床精神神経薬理学