2024/05/20 更新

写真a

オオスギ タカユキ
大杉 尚之
OSUGI Takayuki
職名
准教授
メールアドレス
メールアドレス
研究室電話
023-628-4862
 

研究分野

  • 情報通信 / 知覚情報処理

  • 人文・社会 / 認知科学

  • 人文・社会 / 実験心理学

  • 情報通信 / 知覚情報処理

出身大学

  • 中京大学  心理学部  心理学科

    2004年03月,卒業

出身大学院

  • 中京大学  心理学研究科  実験・応用心理学専攻

    博士課程,2010年03月,修了

  • 中京大学  心理学研究科  実験・応用心理学専攻

    博士課程,2010年03月,修了

取得学位

  • 博士(心理学),中京大学,2010年03月

学外略歴

  • 東海学院大学,非常勤講師,2009年09月 ~ 2010年03月

  • 国立研究開発法人産業技術総合研究所,大学等非常勤研究員,2010年04月 ~ 2012年03月

  • 東京大学,大学等非常勤研究員,2012年04月 ~ 2013年03月

  • 東京大学,大学等非常勤研究員,2013年04月 ~ 2014年03月

  • 専修大学,非常勤講師,2014年04月 ~ 2016年09月

  • 日本学術振興会,日本学術振興会特別研究員,2014年04月 ~ 2016年09月

  • 専修大学,非常勤講師,2016年06月 ~ 2016年09月

全件表示 >>

所属学会・委員会

  • 日本心理学会

  • 日本認知心理学会

  • 日本基礎心理学会

  • 日本視覚学会

  • 日本認知科学会

  • 日本生理人類学会

全件表示 >>

 

研究テーマ

  • 人間の行動を支える注意,知覚,記憶機能に関する研究,対人知覚に影響する魅力と文化に関する研究を行っています。基礎的な研究成果をもとに人間が「モノや人を認識する仕組み」を理解し,誰にとっても使いやすい情報表示方法の提案を目指します。

研究経歴

  • 注意と心的資源に関する研究,2004年04月 ~ 継続中

    選択的注意 視覚探索 注意資源 心的構え

  • 物体・場面認知と記憶に関する研究,2010年04月 ~ 継続中

    物体認知 場面認知 フーリエ記述子 視覚記憶 

  • 知覚と見落としに関する研究,2012年04月 ~ 継続中

    非注意 見落とし 心理物理学

  • 魅力と文化に関する研究,2012年04月 ~ 継続中

    対人認知 お辞儀 文化 ノンバーバルコミュニケーション

論文

  • Attentional shift to the newer object in the successive and simultaneous distractors previewing search. ,Vision Research.,2023年

    Osugi T

    単著

  • The Spill-over Effect of the Formal Bowing Motion on Subjective Facial Attractiveness. ,Japanese Psychological Research,2021年05月

    Osugi T, Kawahara J

    共著(国内のみ)

  • GUIベースのweb実験作成ツール(lab.js)の紹介と実践,認知心理学研究,2021年

    大杉尚之・小林正法

    共著(国内のみ)

  • 分割呈示探索における視覚的印付け,認知科学,26(2) 254-271,2019年06月

    大杉 尚之

    単著

  • Feature-based attentional selection affects the perceived duration of a stimulus having two superposed patterns,VISION RESEARCH,156 46-55,2019年03月

    Hayashi Daisuke, Iwasawa Hiroki, Osugi Takayuki, Murakami Ikuya

    共著(国内のみ)

  • Preview benefit survives a three-dimensional rotation of the rigid configuration of search items.,Vision research,156 56-65,2019年03月

    Osugi T, Murakami I

    共著(国内のみ)

  • お辞儀と顔の外見的特徴が主観的魅力に及ぼす影響,認知心理学研究,2019年

    大杉尚之・河原純一郎

    共著(国内のみ)

  • Effects of Head Nodding and Shaking Motions on Perceptions of Likeability and Approachability,PERCEPTION,47(1) 16-29,2018年01月

    Osugi Takayuki, Kawahara Jun I.

    共著(国内のみ)

  • A Drastic Change in Background Luminance or Motion Degrades the Preview Benefit,FRONTIERS IN PSYCHOLOGY,8 1252,2017年07月

    Takayuki Osugi, Ikuya Murakami

    共著(国内のみ)

  • Attentional Capture to a Singleton Distractor Degrades Visual Marking in Visual Search,FRONTIERS IN PSYCHOLOGY,8 801,2017年05月

    Kenji Yamauchi, Takayuki Osugi, Ikuya Murakami

    共著(国内のみ)

  • Inhibition of return shortens perceived duration of a brief visual event.,Vision research,128 39-44,2016年11月

    Osugi T, Takeda Y, Murakami I

    共著(国内のみ)

  • Selection of new objects by onset capture and visual marking,Vision Research,122 21-33,2016年05月

    Osugi, T., Hayashi, D., & Murakami, I.

    共著(海外含む)

  • 位置変化が視覚探索における累積的抑制効果に及ぼす影響,認知心理学研究,2016年

    大杉尚之・小澤良

    共著(国内のみ)

  • Effects of bowing on perception of attractiveness.,Attention, perception & psychophysics,77(5) 1697-714,2015年07月

    Osugi T, Kawahara JI

    共著(国内のみ)

  • 断片的な場面情報の時間的保持特性,認知心理学研究,12 77-87,2015年04月

    小澤良・大杉尚之

    共著(国内のみ)

  • Previewing distractors reduces efficiency of visual processing at previewed locations,Vision Research,95 51-60,2014年02月

    Takayuki Osugi, Ikuya Murakami

    単著

  • The precision of visual memory for a complex contour shape measured by a freehand drawing task.,Vision research,79 17-26,2013年03月

    Osugi T, Takeda Y

    共著(国内のみ)

  • 妨害刺激への注意の捕捉による視覚的印付けの不全,認知心理学研究,11 201-211,2013年03月

    大杉尚之・小澤良

    共著(国内のみ)

  • 視覚的印付けに伴う抑制の位置に基づく波及効果,基礎心理学研究,31 146-151,2013年03月

    大杉尚之・小澤良

    共著(国内のみ)

  • Attentional set protects visual marking from visual transients.,Quarterly journal of experimental psychology,66(1) 69-90,2013年

    Osugi T, Kawahara JI

    共著(国内のみ)

  • Visual marking survives graphical change if meaning is retained.,Attention, perception & psychophysics,72(8) 2144-56,2010年11月

    Osugi T, Kumada T, Kawahara J

    共著(国内のみ)

  • 視覚探索における視覚的印付けへの課題関連性の影響,基礎心理学研究,28 201-211,2010年03月

    大杉尚之・小澤良・牧野義隆・森孝行

    共著(国内のみ)

  • The spatial distribution of inhibition in preview search.,Vision Research,49 851-861,2009年05月

    Osugi, T., Kumada, T., & Kawahara, J.

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書

  • II-16 何気ない動作で印象が変わる 三浦佳世・河原純一郎 (編著) 美しさと魅力の心理,サイエンス社,2019年

    大杉尚之

総説・解説記事

  • 山形大学生の相談相手の実態と相談窓口の利 用 :2022年度の大学生の調査から,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,20 1-10,2023年04月

    大杉 尚之

  • 他者の評価が自己不全感および自己呈示において女子大学生の痩身願望に与える影響,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,20 43-54,2023年04月

    高 萍・大杉 尚之

  • ナスカの地上絵の認知過程:無意味図形の心的回転課題を用いた検討,山形大学人文社会科学年報,19 87-104,2022年04月

    佐久間 春奈・大杉 尚之・本多 薫

  • 山形大学小白川キャンパス周辺における小学生保護者の不安経験と大学生の問題認識,山形大学人文社会科学年報,18 205-215,2021年04月

    大杉 尚之

  • 心理学系学部の大学生のためのlab.jsによる実験プログラミング学習環境の構築,基礎心理学研究,40 3-9,2021年04月

    大杉 尚之

  • オンライン実験・調査への参加・作成を介した心理教育,映像情報メディア学会誌,75 474-479,2021年04月

    小林 正法・大杉 尚之

  • 高大連携授業を通じた探究活動の相互連携の試みー山形大学と米沢興譲館高等学校を事例としてー,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,18 37-50,2021年04月

    大杉 尚之・本多 薫・山本 陽史・小林 正法

  • 他者の評価が女子大学生の痩身願望に与える影響,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,18 1-18,2021年04月

    高 萍・大杉 尚之

  • 心の健康に関する相談相手の実態と相談窓口の認知度について:山形市民と山形大学生の事例,山形大学人文社会科学年報,18 163-174,2021年04月

    大杉 尚之

  • 記述的規範と人数が歩行者の信号無視に及ぼす影響,山形大学大学院社会文化システム研究科紀要,14 55-64,2017年04月

    佐藤 祐也・大杉 尚之

  • 視覚心理実験プログラミングワークショップ」実施報告<さろん>,Vision,28 1-4,2016年04月

    中嶋 豊, 久方 瑠美, 大杉 尚之, 細川 研知, 丸谷 和史

  • 短時間提示された場面情報の時間的保持特性,中京大学心理学研究科・心理学部紀要,12 1-6,2013年04月

    大杉 尚之・小澤 良・牧野 義隆

全件表示 >>

学術関係受賞

  • 日本心理学会第77回大会 学術大会特別優秀発表賞,2013年,日本国,日本心理学会,大杉尚之・河原純一郎

科研費(文科省・学振)獲得実績

  • 基盤研究(C),2023年04月 ~ 2027年03月,「ホスピタリティ」を感じさせる身体動作のパラメータ推定

    実験心理学関連

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,場面の視覚的理解における自然画像の符号化・保持・統合プロセスの解明

    実験心理学関連

  • 新学術領域研究(研究領域提案型),2020年04月 ~ 2022年03月,お辞儀が印象形成に及ぼす影響の文化間比較

  • 基盤研究(A),2020年04月 ~ 2021年03月,人工知能を利用した世界遺産ナスカの地上絵研究

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,物体認識プロセスにおける視覚的注意の抑制機能の解明

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2020年03月,物体認識プロセスにおける視覚的注意の抑制機能の解明

  • 特別研究員奨励費,2014年04月 ~ 2017年03月,等価雑音解析による注意の抑制機能の解明

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績

  • 学内競争的資金等,2022年04月 ~ 2023年03月,若者世代のSOSの出し方,受け止め方教育に関する産学官連携の推進

    つなぐちから。社会共創スタートアッププロジェクト

  • 学内競争的資金等,2022年04月 ~ 2023年03月,若者世代のSOSの出し方,受け止め方教育に関する産学官連携の推進

    山形大学と交流する会

  • 学内競争的資金等,2020年04月 ~ 2021年03月,地域社会における安心・安全に関する学際的研究拠点

    YU-COE「山形大学先進的研究拠点」(M)形成支援

  • 学内競争的資金等,2019年04月 ~ 2020年03月,地域社会における安心・安全に関する学際的研究拠点

    YU-COE「山形大学先進的研究拠点」(M)形成支援

  • 学内競争的資金等,2018年10月 ~ 2019年03月,地域社会における安心・安全に関する学際的研究拠点

    YU-COE「山形大学先進的研究拠点」(M)形成支援

  • 財団法人 堀情報科学振興財団 第 19期研究助成費,2010年04月 ~ 2011年03月,複数の注視による自然場面の保持・統合過程に関する研究

    民間財団等

全件表示 >>

共同研究実施実績

  • 地域社会における安心・安全に関する学際的研究拠点,2018年10月 ~ 継続中,学内共同研究

  • 複数の注視による自然場面の保持・統合過程に関する研究,2010年04月 ~ 2011年03月,国内共同研究

研究発表

  • 日本基礎心理学会第41会大会,国内会議,2022年12月,新規出現する色シングルトンへの注意捕捉の不全,ポスター発表

  • 日本認知心理学会第20回大会,国内会議,2022年10月,頷きと首振りが選択判断に及ぼす誘導効果,ポスター発表

  • 日本心理学会第86回大会,国内会議,2022年09月,ウェブ実験による断片的な場面情報の保持特性の検討.,ポスター発表

  • 日本心理学会第86回大会,国内会議,2022年09月,他者の評価が女子大学生の痩身願望に与える影響,ポスター発表

  • 2021年度 日本基礎心理学会公開シンポジウム「こころ」ってそうなっているのか! -基礎心理学が拓く「こころ」の不思議,国内会議,2021年10月,オンライン,"ヒト"のこころをスマホのブラウザで計ってみよう!,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 日本心理学会第85回大会,国内会議,2021年09月,オンライン,TWS「はじめてのオンライン心理学実験・調査: jsPsychとlab.jsを用いた作成」,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 日本心理学会第85回大会,国内会議,2021年09月,オンライン,ウェブ実験によるお辞儀効果の再現性の検証,ポスター発表

  • 山形大学人文社会科学部FDワークショップ「学生からのSOSを見逃さない~若者の生きにくさと自殺予防~」 教育方法検討部会・安全安心価値創造研究所・山形県精神保健福祉センター共催,国内会議,2021年08月,オンライン,山形大学人文社会科学の学生の相談相手,相談窓口の認知度の現,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第19回日本心理学会 注意と認知研究会合宿研究会,国内会議,2021年03月,オンライン,視覚的ワーキングメモリに視線・表情が及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 日本基礎心理学会第39回大会シンポジウム,「オンライン心理実験(lab.js & Gorilla)」,国内会議,2020年11月,オンライン,「lab.js」による文系フレンドリーなプログラミング学習環境の構築,口頭発表(一般)

  • 顔身体学・身体性シンポジウム,国内会議,2020年09月,オンライン,お辞儀が印象形成に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • パンデミック下における心理学研究法,国内会議,2020年08月,オンライン,ブラウザ完結型でGUIベースの心理学実験環境の提案,口頭発表(一般)

  • 日本基礎心理学会第38会大会,国際会議,2019年11月 ~ 2019年12月,分割呈示コスト:新規出現への注意捕捉の不全,口頭発表(一般)

  • 日本心理学会第83回大会,国際会議,2019年09月,お辞儀の丁寧さが顔の魅力に及ぼす影響.,ポスター発表

  • 日本心理学会大会発表論文集,国際会議,2019年08月,超高速提示される画像の再認成績は視覚記憶負荷に影響されるか,ポスター発表

  • The 15th Asia-Pacific Conference on Vision,国際会議,2019年07月 ~ 2019年08月,Attentional shift to the newer object in the preview and simultaneous search. ,ポスター発表

  • 日本基礎心理学会第37会大会,国内会議,2018年12月,視覚的印付に伴う抑制が光点検出に及ぼす影響,ポスター発表

  • 日本ブリーフセラピー協会学術会議第10回大会,国内会議,2018年10月,ソーシャル・サポートと自己開示がレジリエンスに与える影響,ポスター発表

  • 日本心理学会第82会大会,国内会議,2018年09月,演技場面における声質のステレオタイプに関する研究,ポスター発表

  • 日本ゴム協会・ゴムの力学研究分科会,国内会議,2018年06月,山形,注意と見落としの実験心理学,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • Vision Sciences Society 17th Annual Meeting,国際会議,2017年05月,A superposition of moving and static stimuli appears to dilate in time when the moving stimulus is attended to.,ポスター発表

  • 日本視覚学会2017冬期大会,国内会議,2017年01月,運動刺激色への注意が持続時間の知覚に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • International Congress of Psychology (2016),国際会議,2016年07月,Preview benefit survives 3D rotation if the configuration of old items remains constant. ,ポスター発表

  • International Congress of Psychology (2016),国際会議,2016年07月,Utility of prior exposure for perceivers, for searchers, and for researchers. ,ポスター発表

  • Vision Sciences Society 16th Annual Meeting,国際会議,2016年05月,Brief visual events look briefer at location suffering inhibition of return. ,ポスター発表

  • 日本視覚学会2016冬期大会,国内会議,2016年01月,ひし形の歪み錯視の時間特性に関する検討,ポスター発表

  • 日本視覚学会2016冬期大会,国際会議,2016年01月,復帰の抑制による知覚時間の短縮,ポスター発表

  • 日本視覚学会2016冬期大会,国際会議,2016年01月,ひし形の歪み錯視の時間特性に関する検討,ポスター発表

  • 視覚心理実験プログラミングワークショップ,国内会議,2015年10月,東京,視覚心理実験プログラミングワークショップ,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 日本視覚学会2015夏期大会,国内会議,2015年07月,周辺の刺激によって2点間の距離が異なって見える錯視 ,ポスター発表

  • Vision Sciences Society 15th Annual Meeting,国際会議,2015年05月,Additivity of prioritizing selection for new objects by onset capture and visual marking.,ポスター発表

  • Vision Sciences Society 15th Annual Meeting,国際会議,2015年05月,Diagonal Stretch Illusion: the distance between dots appearing longer when surrounded by circles.,ポスター発表

  • 日本視覚学会2015冬期大会,国内会議,2015年01月,視覚的印付けへの連続的な背景変化の影響,ポスター発表

  • 日本視覚学会2015冬期大会,国際会議,2015年01月,刺激提示位置の範囲が視覚的印付けに及ぼす影響,ポスター発表

  • 日本基礎心理学会第33回大会,国内会議,2014年12月,注意の捕捉効果と視覚的印付け効果の加算性,ポスター発表

  • Vision Sciences Society 14th Annual Meeting,国際会議,2014年05月,The onset of background dynamic noise degrades preview benefit in inefficient visual search.,ポスター発表

  • Vision Sciences Society 14th Annual Meeting,国際会議,2014年05月,Effects of bowing on perception of attractiveness. ,ポスター発表

  • 日本視覚学会2014冬期大会,国内会議,2014年01月,視覚的印付けへの背景変化の影響,ポスター発表

  • 日本心理学会第77回大会,国内会議,2013年09月,お辞儀は顔の主観的魅力を飛躍的に向上させる,ポスター発表

  • 日本心理学会第 77回大会,国際会議,2013年09月,魅力の知覚心理学: モノ,人,空間,ポスター発表

  • Vision Sciences Society 13th Annual Meeting,国際会議,2013年05月,Previewing distractors reduce efficiency of visual processing at previewed locations.,ポスター発表

  • 第11回日本心理学会 注意と認知研究会合宿研究会,国内会議,2013年03月,視覚的印付けが雑音内の信号検出に及ぼす影響,口頭発表(一般)

  • 日本視覚学会2013冬期大会,国際会議,2013年01月,視覚的印付けが雑音内の信号検出に及ぼす影響,ポスター発表

  • 日本心理学会第75回大会,国内会議,2011年09月,視覚的短期記憶における無意味図形の保持精度,ポスター発表

  • 日本認知心理学会第9回大会,国内会議,2011年05月,注意の構えは過渡的変化から視覚的印付けを守る,ポスター発表

  • 第9回日本心理学会 注意と認知研究会合宿研究会,国内会議,2011年03月,言語から変換された視覚表象と視覚入力との照合速度,口頭発表(一般)

  • 日本心理学会第 74回大会,国内会議,2010年10月,視覚的印付けにおける空間表象および意味表象の働き,口頭発表(招待・特別)

  • 日本心理学会第74回大会,国内会議,2010年09月,複数の注視による画像情報の保持,ポスター発表

  • 日本心理学会第74回大会,国際会議,2010年09月,配置が反復する視覚探索における抑制の持続,ポスター発表

  • 日本基礎心理学会第28回大会,国内会議,2009年05月,短時間提示された分割画像の記憶に提示間隔が及ぼす影響,ポスター発表

  • Vision Sciences Society 9th Annual Meeting,国際会議,2009年05月,Visual marking survives graphical change without semantic change. ,ポスター発表

  • 日本基礎心理学会第27回大会,国内会議,2008年12月,視覚的印付けへの意味変化の影響,ポスター発表

  • Vision Sciences Society 8th Annual Meeting,国際会議,2008年05月,The spatial distribution of visual marking.,ポスター発表

  • 日本基礎心理学会第26回大会,国内会議,2007年12月,視覚的印付けに伴う抑制の空間的分布,ポスター発表

  • 第6回日本心理学会, 注意と認知研究会合宿研究会,国内会議,2007年03月,先行提示探索における先行提示効果への課題関連性の影響,口頭発表(一般)

  • 日本心理学会第70回大会,国内会議,2006年11月,視覚的印付けへの遮蔽と物体変化の影響,ポスター発表

  • 日本認知心理学会第4回大会,国内会議,2006年08月,先行提示探索における課題関連性による視覚的印付け効果の変化,ポスター発表

  • 日本基礎心理学会第25回大会,国内会議,2006年05月,視覚的印付けへの遮蔽の影響.,ポスター発表

  • 第5回日本心理学会, 注意と認知研究会合宿研究会,国内会議,2006年03月,先行提示探索における位置ベースの抑制処理への色マップ情報の影響,口頭発表(一般)

  • 日本基礎心理学会第24回大会,国内会議,2005年12月,Preview Search における予測の構えと知覚的分節の相互作用,ポスター発表

  • 日本心理学会第69回大会,国内会議,2005年09月,Preview Search における注意のキャプチャと特徴ベースの抑制処理の相互作用,ポスター発表

  • 日本認知心理学会第3回大会,国内会議,2005年05月,Preview Search における先行刺激の自動的抑制,ポスター発表

全件表示 >>

共同研究希望テーマ

  • ヒューマンエラー 人間工学 産業応用,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談,受託研究

 

担当授業科目

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動

  • 日本基礎心理学会,編集委員,2018年04月 ~ 継続中

  • 日本基礎心理学会,理事,2020年04月 ~ 継続中

社会貢献活動

  • Discordで課題演習(地域情報)のポスター発表会,2021年08月

  • 課題演習(地域情報)の授業で,山形大学の学生と興譲館高等学校の学生間で意見交換,2021年07月

  • 課題演習(地域情報)の授業で,山形大学の学生が興譲館高等学校の中間発表に参加,2020年10月

  • 興譲館高等学校の中間発表の審査,2020年10月

  • Slackで課題演習(地域情報)のポスター発表会,2020年08月

  • 山形大学オープンキャンパスで認知情報科学プログラムの活動を紹介する動画を公開,2020年08月

  • 課題演習(地域情報)の授業で,山形大学の学生と興譲館高等学校の学生間で意見交換,2020年07月

  • 興譲館高等学校の中間発表の審査,2019年11月

  • 課題演習(地域情報)の授業で,山形大学の学生が興譲館高等学校の中間発表に参加,2019年11月

  • 山形大学オープンキャンパスで課題演習(地域情報)のポスター発表会,2019年08月

  • 山形大学オープンキャンパスで認知情報科学プログラムの活動を紹介する動画を公開,2019年08月

  • 課題演習(地域情報)の授業で,山形大学の学生と興譲館高等学校の学生間で意見交換,2019年06月

  • 新庄東高等学校への模擬講義「認知心理学:心と脳とコンピューター」,2019年06月

  • 新庄東高等学校への模擬講義「認知心理学:心と脳とコンピューター」,2019年06月

  • 課題演習(地域情報)の授業で,山形大学の学生が興譲館高等学校の研究指導,2019年05月 ~ 継続中

  • 富谷高等学校への模擬講義「認知心理学:心のエラーを科学する」,2018年11月

  • 会津高等学校への模擬講義「認知心理学:心のエラーを科学する」,2018年10月

  • 宮城県泉高等学校への模擬講義「認知心理学:心と脳とコンピューター」,2018年10月

  • 会津高等学校への模擬講義「認知心理学:心のエラーを科学する」,2018年10月

  • 山形大学オープンキャンパスでの教室見学ツアー,2018年08月

  • 山形大学公開講座[人文社会科学部]『記憶との対話:ことばとイメージ』,2018年06月

  • 日本ゴム協会・ゴムの力学研究分科会で講演「題目 注意と見落としの実験心理学」,2018年06月

  • 山形大学オープンキャンパスでの教室見学ツアー,2017年08月

  • 山形大学オープンキャンパスでの模擬講義「認知心理学:心のエラーを科学する」,2017年08月

  • 米沢中央高等学校への模擬講義「認知心理学:心と脳とコンピューター」,2017年05月

全件表示 >>

メディア報道

  • プレスリリース「地域社会における安心・安全意識調査を実施~学術的知見を活かした住みよいまちづくりへの提言~」 ,2021年04月

  • プレスリリース「「うなずき」が印象に与える効果を検証-好ましさと近づきやすさが4割上昇-,2017年10月

学術貢献活動

  • GUIベースのweb実験作成ツール(lab.js)ワークショップ,2021年11月

  • "ヒト"のこころをスマホのブラウザで計ってみよう!,2021年10月

  • TWS「はじめてのオンライン心理学実験・調査: jsPsychとlab.jsを用いた作成」,2021年09月

  • 「lab.js」による文系フレンドリーなプログラミング学習環境の構築,2020年11月

  • ブラウザ完結型でGUIベースの心理学実験環境の提案,2020年08月

  • 日本基礎心理学会の編集委員,2018年04月 ~ 継続中

  • 視覚心理実験プログラミングワークショップ,2015年10月

全件表示 >>

相談に応じられる分野

  • 認知心理学,知覚心理学,人間工学,対人知覚と文化