2022/01/07 更新

写真a

マツカワ ジュン
松川 淳
MATSUKAWA Jun
職名
助教
生年
1982年
メールアドレス
メールアドレス

研究分野

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

出身大学

  • 山形大学  医学部

    2009年03月,卒業

取得学位

  • 学士(医学),その他,2009年03月

所属学会・委員会

  • 日本人類遺伝学会

  • 日本産婦人科手術学会

  • 日本内視鏡外科学会

  • 日本産科婦人科内視鏡学会

  • 日本生殖医学会

  • 日本産科婦人科学会

全件表示 >>

 

論文

  • 子宮体癌に対する腹腔鏡下手術のoncologic outcomeに関する後方視的検討,日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,36(1) 60-65,2020年04月

    竹本 周二, 別宮 若菜, 佐々木 恵子, 松川 淳, 南川 麻里, 向田 幸子, 浅井 哲, 田島 博人, 浅田 弘法

    単著

  • Smooth endoplasmic reticulum clusters卵由来胚の臨床成績と生児を得た8症例の検討,日本受精着床学会雑誌,37(1) 49-54,2020年03月

    大久保 はる奈, 田島 博人, 浜木 亜由美, 櫻井 瑠佳, 生田 すみれ, 神野 亜耶, 秋元 諭, 別宮 若菜, 南川 麻里, 松川 淳, 向田 幸子, 関川 佳奈, 佐々木 恵子, 佐藤 美和, 原 周一郎, 浅田 弘法, 吉村 泰典

    単著

  • 男性化卵巣ステロイド細胞腫瘍(NOS)に対して腹腔鏡下切除術が奏効した22歳女性の1症例 1症例報告とステロイド産生経路の評価(Successful laparoscopic resection of virilizing ovarian steroid cell tumor, not otherwise specified, in a 22-year-old woman: a case report and evaluation of the steroidogenic pathway),Fukushima Journal of Medical Science,65(3) 133-139,2020年01月

    Matsukawa Jun, Takahashi Toshifumi, Hada Yurika, Kameda Wataru, Ota Kuniaki, Fukase Mika, Takahashi Kyoko, Matsuo Koki, Mizunuma Hideki, Nagase Satoru

    単著

  • 当院における挙児希望患者に対する子宮鏡下手術199例の検討,日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,35(2) 185-190,2019年12月

    佐藤 美和, 竹本 周二, 栗山 恵里沙, 松川 淳, 佐々木 恵子, 関川 佳奈, 原 周一郎, 齋藤 裕, 田島 博人, 浅田 弘法

    単著

  • 当院における腹腔鏡下子宮筋腫核出術の不妊治療成功率に与える影響についての検討,日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,35(1) 103-107,2019年04月

    原 周一郎, 別宮 若菜, 松川 淳, 佐々木 恵子, 益子 尚子, 関川 佳奈, 佐藤 美和, 齋藤 裕, 浅田 弘法

    単著

  • 腹腔鏡下子宮全摘術時の腟断端止血操作を減らすことで腟断端離開を減らす可能性がある,日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,35(1) 98-102,2019年04月

    関川 佳奈, 竹本 周二, 別宮 若菜, 松川 淳, 益子 尚子, 佐々木 恵子, 佐藤 美和, 斎藤 裕, 浅井 哲, 浅田 弘法

    単著

  • Rare urogenital anomaly variant with a separated didelphic uterus and ipsilateral renal agenesis without hemivagina: A case report,CONGENITAL ANOMALIES,59(2) 47-48,2019年03月

    Watanabe Norikazu, Igarashi Hideki, Matsukawa Jun, Matsuo Koki, Nagase Satoru

    単著

  • 卵胞液活性化精子を用いたICSI(Follicular Fluid Activation ICSI:FFA-ICSI)の導入,日本受精着床学会雑誌,36(1) 28-32,2019年03月

    向田 幸子, 田島 博人, 浜木 亜由美, 櫻井 瑠佳, 生田 すみれ, 神野 亜耶, 秋元 諭, 別宮 若菜, 南川 麻里, 松川 淳, 関川 佳奈, 大久保 はる奈, 佐藤 美和, 原 周一郎, 浅田 弘法, 吉村 泰典, 高橋 寿子

    単著

  • 片側腟閉鎖を伴わず分離重複子宮と同側腎欠損を合併した泌尿生殖器異常の稀な亜型 症例報告(Rare urogenital anomaly variant with a separated didelphic uterus and ipsilateral renal agenesis without hemivagina: A case report),Congenital Anomalies,59(2) 47-48,2019年03月

    Watanabe Norikazu, Igarashi Hideki, Matsukawa Jun, Matsuo Koki, Nagase Satoru

    単著

  • Successful laparoscopic resection of virilizing ovarian steroid cell tumor, not otherwise specified, in a 22-year-old woman : a case report and evaluation of the steroidogenic pathway,FUKUSHIMA JOURNAL OF MEDICAL SCIENCE,65(3) 133-139,2019年

    Matsukawa Jun, Takahashi Toshifumi, Hada Yurika, Kameda Wataru, Ota Kuniaki, Fukase Mika, Takahashi Kyoko, Matsuo Koki, Mizunuma Hideki, Nagase Satoru

    単著

  • Successful laparoscopic treatment of an abdominal pregnancy implanted in the utero-ovarian ligament: a case report of a rare form of ectopic pregnancy,JOURNAL OF OBSTETRICS AND GYNAECOLOGY,39(4) 579-580,2019年

    Suzuki Satoko, Takahashi Toshifumi, Ota Kuniaki, Nishimura Kyoko, Fukase Mika, Watanabe Norikazu, Matsukawa Jun, Matsuo Koki, Kawagoe Jun, Mizunuma Hideki, Nagase Satoru

    単著

  • Rare urogenital anomaly variant with a separated didelphic uterus and ipsilateral renal agenesis without hemivagina: A case report:Didelphic uterus without hemivagina,Congenital Anomalies,59(2) 47-48,2018年06月

    Watanabe Norikazu, Igarashi Hideki, Matsukawa Jun, Matsuo Koki, Nagase Satoru

    単著

  • 妊娠初期の卵巣出血に対して緊急腹腔鏡下手術を行った2例,山形医学,36(1) 77-83,2018年02月

    松尾 幸城, 堤 誠司, 西村 杏子, 深瀬 実加, 松川 淳, 竹原 功, 鈴木 聡子, 渡辺 憲和, 川越 淳, 永瀬 智

    単著

全件表示 >>

総説・解説記事

  • 【産婦人科患者説明ガイド-納得・満足を引き出すために】悪性腫瘍 子宮体がんの妊孕性温存療法についての患者説明,(株)医学書院,臨床婦人科産科,75(4) 314-318,2021年04月

    中村 文洋, 松川 淳, 太田 剛

  • LACC trial 何が悪かったのか? 俺のpreventive technique for cancer cell spillage 当院のTLRH選択について,(株)メジカルビュー社,産婦人科手術,(30) 47-51,2019年08月

    浅井 哲, 別宮 若菜, 松川 淳, 南川 麻里, 向田 幸子, 益子 尚子, 佐藤 美和, 原 周一郎, 竹本 周二, 田島 博人, 浅田 弘法, 鈴木 光明, 吉村 泰典

研究発表

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2020年11月,卵巣チョコレート嚢胞と卵巣良性腫瘍に対する手術療法が血中AMH値に与える影響についての検討,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2020年11月,右卵管妊娠で卵管切除後の人工授精で子宮内外同時妊娠にて左卵管切除を行った1例,その他

  • 産婦人科手術,国際会議,2020年08月,子宮内膜症術後の帝王切開において、高度癒着のため、子宮底部横切開が有効であった1症例,その他

  • Journal of Mammalian Ova Research,国際会議,2020年07月,当院における慢性子宮内膜炎の実態について,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2020年04月,卵巣過剰刺激症候群の茎捻転に対して術中volume reductionが有効であった1例,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2020年04月,当院不妊外来におけるクラミジア感染症と卵管因子、妊娠についての検討,その他

  • 日本産科婦人科学会雑誌,国際会議,2020年03月,Assisted reproductive technology(ART)における"卵巣予備能による卵巣刺激法決定"の有効性の検討,その他

  • 日本産科婦人科学会雑誌,国際会議,2020年03月,当院における子宮鏡下選択的卵管通水法の臨床的検討,その他

  • 日本女性医学学会雑誌,国際会議,2019年10月,重複子宮の子宮体癌IA期に対し腹腔鏡下手術を行った1例,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2019年10月,カルシウムイオノフォアは胚発生不良例にも効果的であるか?,その他

  • 神奈川産科婦人科学会誌,国際会議,2019年10月,腹腔鏡下子宮全摘術時の腟断端止血操作が腟断端離開の原因となり得るか?,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2019年10月,細径硬性鏡による外来子宮鏡下手術の有用性,その他

  • 日本癌治療学会学術集会抄録集,国際会議,2019年10月,子宮体癌症例に対する腹腔鏡下手術の腫瘍学的予後に関する検討,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2019年10月,反復着床不全に対するヒアルロン酸含有胚移植用培養液の比較,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2019年10月,卵巣チョコレート嚢胞摘出術のARTにおける採卵数への影響についての検討,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2019年10月,凍結融解単一胚盤胞移植におけるAssisted hatchingの必要性についての検討,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2019年10月,低AMH症例における自然周期採卵と刺激周期採卵の臨床成績の比較,その他

  • 神奈川産科婦人科学会誌,国際会議,2019年10月,リンパ節郭清時の血管損傷を腹腔鏡下に修復し得たが下肢静脈血栓を生じた1例,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,開腹手術既往のある腹腔鏡下手術は安全に行うことができるか?,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,術前に良悪性の鑑別が困難な骨盤内腫瘍は虫垂由来の可能性がある,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,卵巣子宮内膜症に合併した膀胱子宮内膜症に対する腹腔鏡下膀胱部分切除術の1例,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,腹腔鏡下手術における子宮筋腫核の搬出の工夫 スネーク法,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,腹腔鏡下子宮全摘出術後に出血を繰り返した子宮仮性動脈瘤の一例,その他

  • 産婦人科手術,国際会議,2019年08月,腹腔鏡下傍大動脈リンパ節郭清を行う際のアプローチ法に関する検討,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,技術認定取得に向けて(2): 「LMの勘所〜術者の立ち位置と縫合結紮の工夫〜」 筋腫核出部およびダグラス搬出部の迅速・確実な閉創のために,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,当院で経験したparasitic myomaの6症例,その他

  • 産婦人科手術,国際会議,2019年08月,広汎性卵巣浮腫に対し腹腔鏡下手術を行い卵巣温存し得た1例,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,子宮内膜症の手術適応と治療効果 術前の卵巣チョコレート嚢胞のサイズと腹腔鏡下嚢胞摘出術後の採卵数についての検討,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,卵巣海綿状血管腫の1例,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2019年08月,卵巣広汎性浮腫に対し腹腔鏡下に付属器茎捻転解除を行い、卵巣を温存し得た一例,その他

  • 日本産科婦人科学会雑誌,国際会議,2019年02月,凍結融解胚移植後のプロゲステロン値と流産率の関係,その他

  • 日本内視鏡外科学会雑誌,国際会議,2018年12月,腹腔鏡下広汎子宮全摘術の標準化を目指して 腹腔鏡による広汎子宮全摘術の再定義 切離ラインの共有化と個別化へ向けて,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2018年08月,高難度症例への挑戦 TLHにおける深部子宮内膜症処理について 直腸・尿管の剥離、解剖学的注意点を中心に,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年08月,AMHの値は受精率と相関するか?,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2018年08月,腹腔鏡下腟式子宮全摘術時に偶然発見された高分化型乳頭状中皮腫の1例,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2018年08月,腹腔鏡下子宮全摘術時の腟断端止血操作が腟断端離開の原因となり得るか?,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2018年08月,胎盤ポリープに対して子宮鏡下切除術を行った8例の検討,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2018年08月,後腹膜下PANの定型化,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2018年08月,当院における腹腔鏡下卵巣多孔術(LOD)施行症例の後方視的検討,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年08月,当院における単一凍結融解胚盤胞移植の臨床成績の検討,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2018年08月,専攻医が執刀した腹腔鏡下子宮全摘術の問題点,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年08月,妊娠初期流産に対するMVA(手動真空吸引法)を用いた愛護的な外来処置の導入,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2018年08月,低侵襲外来TCRの有用性,その他

  • 日本産科婦人科内視鏡学会雑誌,国際会議,2018年08月,リンパ節郭清時の血管損傷を腹腔鏡下に修復し得たが下肢静脈血栓を生じた1例,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年08月,ホルモン補充周期における融解胚盤胞移植決定時の至適血中エストラジオール値の検討,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年08月,ホルモン補充周期における凍結胚移植妊娠5週時点でプロゲステロン値と流産率の検討,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年08月,カルシウムイオノフォアを使用した卵子活性化法にて受精率が改善し,挙児を得た1症例,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年08月,PCOSに対し腹腔鏡下卵巣多孔術(LOD)を施行した症例の検討,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年08月,FSH製剤による排卵誘発を併用した人工授精(IUI)の臨床妊娠率の検討,その他

  • 東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集,国際会議,2018年06月,妊娠4週、5週の血中hCG値による妊娠転帰の予測,その他

  • 東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集,国際会議,2018年06月,臓器固定用シリコンデバイスを利用した妊娠中卵巣腫瘍の腹腔鏡下手術法,その他

  • 産婦人科手術,国際会議,2018年06月,腹腔鏡下に治療し得た腹膜妊娠の1例,その他

  • 産婦人科手術,国際会議,2018年06月,妊娠初期の卵巣腫瘍に臓器固定用シリコンデバイスを用いて腹腔鏡手術を行った2例,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年04月,ART前周期の黄体期に施行した子宮鏡検査による胚受容能改善効果の検討 山形大学での検討では有用性を認めなかった,その他

  • 日本生殖医学会雑誌,国際会議,2018年04月,山形県不妊相談センターの現状,その他

  • 北海道産科婦人科学会会誌,国際会議,2018年03月,内視鏡トレーニングセミナー開催後に腹腔鏡手術を施設に導入した事例,その他

  • 北海道産科婦人科学会会誌,国際会議,2018年03月,山形県における産婦人科若手医師の腹腔鏡技術習得の取り組み 山形産婦人科内視鏡若手の会,その他

  • 北海道産科婦人科学会会誌,国際会議,2018年03月,単一胚移植後の二卵性双胎 頻度と発生に関連する因子,その他

  • 日本産科婦人科学会雑誌,国際会議,2018年02月,前回のART治療周期の黄体期中期に施行した子宮鏡検査は胚の子宮着床能を改善しなかったが侵襲性の高い検査となる可能性がある(Hysteroscopy performed at mid-luteal period of previous cycle of ART treatment did not improve the uterine receptivity for embryo but might cause the over invasive examination),その他

  • 日本産科婦人科学会雑誌,国際会議,2018年02月,小胞体ストレスの制御は高齢卵母細胞の発育を改善した(The regulation of endoplasmic reticulum stress improved the development of aged oocytes),その他

  • 日本産科婦人科学会雑誌,国際会議,2018年02月,卵母細胞の採取間隔は卵子の採取数と相関しなかった(The interval between oocyte retrievals was not correlated with the number of eggs retrieved),その他

全件表示 >>

 

社会貢献活動

  • 山形県妊括不妊セミナー,2021年11月 ~ 継続中

相談に応じられる分野

  • 不妊治療

  • 生殖医学

  • 腹腔鏡下手術