基本情報

写真a

竹内 麻貴

TAKEUCHI Maki


職名

講師

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 社会学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学  産業社会学部  産業社会学科

    2010年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 立命館大学大学院  社会学研究科  応用社会学専攻博士課程前期課程

    修士課程,2012年03月,修了

  • 立命館大学大学院  社会学研究科  応用社会学専攻博士課程後期課程

    博士課程,2016年09月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(社会学),立命館大学,2016年09月

  • 修士(社会学),立命館大学,2012年03月

  • 学士(社会学),立命館大学,2010年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 日本学術振興会,特別研究員(DC2),2013年04月 ~ 2015年03月

  • 京都第一赤十字看護専門学校,非常勤講師,2015年09月 ~ 2017年03月

  • 中京大学,非常勤講師,2016年04月 ~ 2017年03月

  • 大阪商業大学,非常勤講師,2016年04月 ~ 2017年09月

  • 立命館大学,専門研究員,2017年04月 ~ 2017年09月

全件表示 >>

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • International Sociological Association Research Committee 06

  • 関西社会学会

  • 数理社会学会

  • 日本家族社会学会

  • 日本社会学会

 

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 構造と制度の動態的モデルによる女性労働の国際比較研究:統一的比較理論の構築と実証,2013年04月 ~ 2015年03月

  • 日本における〈ケアペナルティ〉の解明,2017年08月 ~ 2019年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • 現代日本におけるMotherhood Penaltyの検証,フォーラム現代社会学,17 93-107,2018年05月

    竹内 麻貴

    単著

  • The Motherhood Wage Penalty,2015年SSM調査報告書第7巻労働市場Ⅱ,169-181,2018年03月

    TAKEUCHI, Maki

    単著

  • Combining Egalitarian Working Lives with Traditional Attitudes: Gender Role Attitudes in Taiwan, Japan, and Korea,International Journal of Japanese Sociology,25(1) 100-116,2016年03月

    TAKEUCHI, Maki and TSUTSUI, Junya

    共著(海外含む)

  • 家事分担研究の課題 : 公平の視点から効果の視点へ (特集 家事),家計経済研究,(109) 13-25,2016年01月

    筒井 淳也・竹内 麻貴

    単著

  • 女性労働力参加の動態的理論枠組みに向けて : 台湾を事例として,立命館産業社会論集,51(2) 73-92,2015年09月

    竹内麻貴

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新世界の社会福祉 第7巻 東アジア,旬報社,2020年03月

    上村泰裕

  • パネルデータの調査と分析・入門,ナカニシヤ出版,2016年11月

    竹内麻貴

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2020年04月 ~ 2021年03月,インフォーマル雇用に立ち向かう社会政策の構想——仕事と福祉を結ぶ社会学的基礎研究

  • 若手研究,2018年04月 ~ 継続中,政府統計とサーベイ実験を用いたケアペナルティの検証

  • 若手研究,2018年04月 ~ 2022年03月,政府統計とサーベイ実験を用いたケアペナルティの検証

    社会学関連

  • 研究活動スタート支援,2017年08月 ~ 2018年03月,日本における〈ケアペナルティ〉の解明

  • 特別研究員奨励費,2013年04月 ~ 2015年03月,構造と制度の動態的モデルによる女性労働の国際比較研究:統一的比較理論の構築と実証

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 東北大学 社会にインパクトある研究 ランチセミナー,国内会議,2018年11月,東北大学川内キャンパス,日本におけるMotherhood Penalty研究の現在地,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • 第90回日本社会学会大会,国内会議,2017年11月,未就学児をもつ母親の賃金ペナルティの推定,口頭発表(一般)

  • 第64回数理社会学会大会,国内会議,2017年09月,母親ペナルティにおけるセレクションバイアス,ポスター発表

  • 二次分析研究会2016課題公募型研究成果報告会「就労・家族・意識の変化に関するパネルデータ分析」,国内会議,2016年03月,母親の賃金ペナルティ,その他

  • 第59回数理社会学会大会,国内会議,2015年03月,教養教育としての社会調査教育:中学生を対象とした授業実践による検討,ポスター発表

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 数理社会学会,研究活動委員会 事務局,2013年04月 ~ 2015年03月

  • 数理社会学会,研究活動委員会 委員,2015年04月 ~ 2017年03月

  • 数理社会学会,編集委員会 委員,2019年04月 ~ 2022年03月

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山形県立寒河江高校大学訪問時の模擬講義,2019年11月

  • 山形市仕事の検証システム 外部検証委員,2019年01月 ~ 継続中

  • 山形大学オープンキャンパス模擬講義「三世代同居は家族を救うか」,2018年08月