基本情報

写真a

川城 壮平

KAWASHIRO Shohei


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

023-628-5386

研究室FAX

023-628-5389

ホームページ

http://radonco-yamagata-u.jp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 放射線科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  経済学部  経済学科

    2002年03月,卒業

  • 山形大学  医学部  医学科

    2010年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学系研究科  医学専攻

    博士課程,2017年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学),山形大学,2017年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東京大学医学部附属病院,臨床研修医,2010年04月 ~ 2012年03月

  • 静岡県立静岡がんセンター,非常勤医師,2013年04月 ~ 2015年03月

  • 国立研究開発法人量子科学技術研究開発機構 放射線医学総合研究所病院,医師,2015年04月 ~ 2018年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会

  • 日本放射線腫瘍学会

  • 日本食道学会

  • American Society for Radiation Oncology

  • European Society for Radiotherapy and Oncology

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 膵癌に対する重粒子線治療

論文 【 表示 / 非表示

  • Multi-institutional Study of Carbon-ion Radiotherapy for Locally Advanced Pancreatic Cancer: Japan Carbon-ion Radiation Oncology Study Group (J-CROS) Study 1403 Pancreas,International Journal of Radiation Oncology • Biology • Physics,101(5) 1212-1221,2018年08月

    Kawashiro S, Yamada S, Okamoto M, Ohno T, Nakano T, Shinoto M, Shioyama Y, Nemoto K, Isozaki Y, Tsuji H, Kamada T

    共著(国内のみ)

  • Clinical Outcome of Sacral Chordoma Patients Treated with Pencil Beam Scanning Proton Therapy,Clinical Oncology,2021年07月

    Walser M, Bojaxhiu B, Kawashiro S, Tran S, Beer J, Leiser D, Pica A, Bachtiary B, Weber DC

    共著(海外含む)

  • Prediction of the minimum spacer thickness required for definitive radiotherapy with carbon ions and photons for pelvic tumors: an in silico planning study using virtual spacers.,Journal of radiation research,62(4) 699-706,2021年07月

    Yamada M, Miyasaka Y, Kanai T, Souda H, Uematsu K, Matsueda R, Yano N, Kawashiro S, Akamatsu H, Harada M, Hagiwara Y, Ichikawa M, Sato H, Nemoto K

    共著(国内のみ)

  • Efficacy and feasibility of re-irradiation using carbon ions for pancreatic cancer that recurs after carbon-ion radiotherapy,CLINICAL AND TRANSLATIONAL RADIATION ONCOLOGY,26 24-29,2021年01月

    Hagiwara Y, Yamada S, Isozaki Y, Takiyama H, Shinoto M, Kawashiro S, Bhattacharyya T, Nemoto K, Tsuji H

    共著(国内のみ)

  • Comparison of the effects of radiotherapy doses of 50.4 Gy and 60 Gy on outcomes of chemoradiotherapy for thoracic esophageal cancer: subgroup analysis based on the Comprehensive Registry of Esophageal Cancer in Japan from 2009 to 2011 by the Japan Esophageal Society,ESOPHAGUS,17(2) 122-126,2020年04月

    Nemoto K, Kawashiro S, Toh Y, Numasaki H, Tachimori Y, Uno T, Jingu K, Matsubara H

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 新膵臓病学,南江堂,2017年02月

    下瀬川 徹 他

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 外科手術手技の実際 コツと工夫 膵癌における重粒子スキャニングの新しい方法,(株)メディカルレビュー社,膵・胆道癌Frontier,8(1) 22-26,2020年10月

    川城 壮平, 山田 滋

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 山形大学医学会学術賞(銅賞),2018年01月,日本国,山形大学医学部,川城 壮平

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線腫瘍学会第33回学術大会,国内会議,2020年10月,通過障害がある食道癌に対する緩和的放射線療法の実施状況に関する検討,口頭発表(一般)

  • 第16回日本粒子線治療臨床研究会,国内会議,2019年09月,奈良市,山形大学東日本重粒子センターの紹介,口頭発表(一般)

  • 第73回日本消化器外科学会総会,国内会議,2018年07月,鹿児島,大腸癌術後孤立性傍大動脈リンパ節再発に対する重粒子線治療の安全性と有効性の検討,ポスター発表

  • SNMMI 2018 Annual Meeting,国際会議,2018年06月,Philadelphia,Assessment of PERCIST criteria of FDG-PET/CT to predict progression-free survival after carbon-ion radiotherapy in patients with locally advanced pancreatic cancer,ポスター発表

  • 膵臓,国際会議,2018年05月,膵癌術後局所再発に対する重粒子線治療,その他

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本食道学会,食道癌診療ガイドライン第5版 システマティックレビューワー,2019年11月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 放射線腫瘍学