基本情報

写真a

山本 雅大

YAMAMOTO Masahiro


職名

助教

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 実験病理学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部  医学科

    2002年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 旭川医科大学  医学研究科

    博士課程,2006年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,旭川医科大学,2006年03月

  • 医学士,山形大学,2002年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 旭川医科大学,職員(医療系),2006年04月 ~ 2008年05月

  • 旭川医科大学,助教,2008年06月 ~ 2016年03月

  • 旭川医科大学,講師,2016年04月 ~ 2018年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 病理学会

  • 臨床細胞学会

  • 肝細胞研究会

  • 日本がん学会

  • アメリカがん学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • がん治療、発がん

論文 【 表示 / 非表示

  • Roles for hENT1 and dCK in gemcitabine sensitivity and malignancy of meningioma.,Neuro-oncology,23(6) 945-954,2021年02月

    Yamamoto M, Sanomachi T, Suzuki S, Uchida H, Yonezawa H, Higa N, Takajo T, Yamada Y, Sugai A, Togashi K, Seino S, Okada M, Sonoda Y, Hirano H, Yoshimoto K, Kitanaka C

    単著

  • Inhibition of the Lipid Droplet-Peroxisome Proliferator-Activated Receptor alpha Axis Suppresses Cancer Stem Cell Properties,GENES,12(1) ,2021年01月

    Kuramoto Kenta, Yamamoto Masahiro, Suzuki Shuhei, Togashi Keita, Sanomachi Tomomi, Kitanaka Chifumi, Okada Masashi

    単著

  • Therapeutic targeting of pancreatic cancer stem cells by dexamethasone modulation of the MKP-1-JNK axis,JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY,295(52) 18328-18342,2020年12月

    Suzuki Shuhei, Okada Masashi, Sanomachi Tomomi, Togashi Keita, Seino Shizuka, Sato Atsushi, Yamamoto Masahiro, Kitanaka Chifumi

    単著

  • Hepatocyte MKK7 Contributes to Restoration of the Liver Parenchyma Following Injury.,Hepatology (Baltimore, Md.),73(6) 2510-2526,2020年09月

    Ooshio T, Yamamoto M, Fujii K, Xin B, Watanabe K, Goto M, Okada Y, Suzuki A, Penninger JM, Nishina H, Nishikawa Y

    単著

  • Inhibition of Retinoblastoma Cell Growth by CEP1347 Through Activation of the P53 Pathway,ANTICANCER RESEARCH,40(9) 4961-4968,2020年09月

    Togashi Keita, Okada Masashi, Suzuki Shuhei, Sanomachi Tomomi, Seino Shizuka, Yamamoto Masahiro, Yamashita Hidetoshi, Kitanaka Chifumi

    単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 肝細胞研究会ポスター賞,2016年,日本国,肝細胞研究会,山本雅大

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2023年03月,Sleeping Beautyマウス肝発がんモデルを用いた新規肝がん治療薬の開発

    実験病理学関連

  • 若手研究(B),2017年04月 ~ 2019年03月,マウス肝癌モデルにおけるコンテクスト依存的なNotch経路活性化の意義

  • 挑戦的萌芽研究,2015年04月 ~ 2017年03月,肝上皮系細胞の分化を規定するマスタースイッチの探索

  • 若手研究(B),2014年04月 ~ 2017年03月,肝発癌に関わる癌遺伝子の腫瘍維持・進展における役割の検討

  • 挑戦的萌芽研究,2013年04月 ~ 2015年03月,鉄過剰投与による肝細胞特異的傷害―胆管上皮細胞・肝幹細胞分離への応用

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2019年09月,新規抗がん幹細胞薬AS602801はサバイビンとMDR1の抑制を介して卵巣癌幹細胞のカルボプラチンとパクリタキセルへの感受性を高める(AS602801 chemosensitizes ovarian cancer stem cells to carboplatin and paclitaxel by suppressing survivin and MDR1),その他

  • 日本臨床細胞学会雑誌,国際会議,2018年10月,腹水細胞診に出現した卵巣顆粒膜細胞腫の1例,その他