基本情報

写真a

櫻木 繁雄

SAKURAGI Shigeo


職名

助教(転出・退職)

ホームページ

http://www.id.yamagata-u.ac.jp/Pharmaco/pharmacology/Top.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生理学

  • ライフサイエンス / 医療薬学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学  理学部

    2010年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 大阪大学大学院  生命機能研究科

    博士課程,2014年09月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),大阪大学,2014年09月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 東北大学,特任助教,2016年04月 ~ 2018年03月

  • 名古屋大学,博士研究員,2014年10月 ~ 2016年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生理学会

  • 日本神経科学学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1) 電位依存性カリウムチャネル開口機構の解明
    (2) 脳神経細胞における神経伝達様式の電気生理学的検討

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 大脳皮質2/3層での神経伝達様式の電気生理学的検証,2016年04月 ~ 2019年02月

  • チャネルロドプシン脱感作様式の電気生理学的検証,2016年04月 ~ 2016年12月

  • IP3受容体とストア作動性カルシウムチャネルによるアストロサイトカルシウムシグナル機構,2014年10月 ~ 2017年03月

  • BDNFとproBDNFの陰陽効果による長期シナプス可塑性,2010年04月 ~ 2014年09月

論文 【 表示 / 非表示

  • Optogenetic study of the response interaction among multi-afferent inputs in the barrel cortex of rats,Sci. Rep.,9(1) 3917,2019年03月

    Yueren Liu, Tomokazu Ohshiro, Shigeo Sakuragi, Kyo Koizumi, Hajime Mushiake, Toru Ishizuka, Hiromu Yawo

    共著(海外含む)

  • Astroglial Ca2+ signaling is generated by the coordination of IP3R and store-operated Ca2+ channels,Biochem. Biophys. Res. Commun.,486(4) 879-885,2017年05月

    Shigeo Sakuragi, Fumihiro Niwa, Yoichi Oda, Katsuhiko Mikoshiba, Hiroko Bannai

    共著(海外含む)

  • Kinetic characteristics of chimeric channelrhodopsins implicate the molecular identity involved in desensitization,Biophys. Physicobiol.,14 13-22,2017年01月

    Alemeh Zamani*, Shigeo Sakuragi* (* equal contribution), Toru Ishizuka, Hiromu Yawo

    共著(海外含む)

  • Dissection of local Ca2+ signals inside cytosol by ER-targeted Ca2+ indicator.,Biochem. Biophys. Res. Commun.,479(1) 67-73,2016年10月

    Fumihiro Niwa, Shigeo Sakuragi, Ayana Kobayashi, Shin Takagi, Yoichi Oda, Hiroko Bannai, Katsuhiko Mikoshiba

    共著(海外含む)

  • Dendritic spine dynamics leading to spine elimination after repeated inductions of LTD,Sci. Rep.,5 ,2015年01月

    Sho Hasegawa, Shigeo Sakuragi, Keiko Tominaga-Yoshino, Akihiko Ogura

    共著(海外含む)

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 5th Biophysics and Physicobiology Editors' Choice Award,2018年07月,日本国,The Biophysical Society of Japan,Zamani A, Sakuragi S, Ishizuka T, Yawo H

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第94回日本生理学会大会,国内会議,2017年03月,浜松,IP3受容体とストア作動性Ca2+チャネルの協調によるアストロサイトCa2+シグナル誘発機構,ポスター発表

  • 第48回東北生理談話会,国内会議,2016年10月,アストロサイトCa2+シグナルにおけるストア作動性Ca2+チャネルの役割,口頭発表(一般)

  • 第57回日本神経化学会大会,国内会議,2014年10月,Further evidence for the involvement of BDNF/proBDNF signaling in long-lasting synaptic plasticity,ポスター発表

  • 第93回生命機能研究科研究交流会,国内会議,2013年11月,大阪,鏡像的なシナプス可塑性におけるTrkB・p75NTR経路の関与,口頭発表(招待・特別)

  • 第36回日本神経科学大会,国内会議,2013年06月,Two opposite forms of long-lasting synaptic plasticity explained by the effects of BDNF and its precursor,ポスター発表

全件表示 >>

 
 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 脳神経細胞の神経伝達様式