基本情報

写真a

斉藤 真一

SAITOH Shinichi


職名

助教

生年

1982年

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 免疫学

  • ライフサイエンス / 代謝、内分泌学

  • ライフサイエンス / 免疫学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  理学部  生物学科

    2006年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  理学系研究科  生物学専攻

    修士課程,2008年03月,修了

  • 山形大学  理学系研究科  地球共生圏科学専攻

    博士課程,2011年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),山形大学,2011年03月

  • 修士(理学),山形大学,2008年03月

  • 学士(理学),山形大学,2006年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 山形大学,研究支援者,2017年04月 ~ 2018年05月

  • 山形大学,助教,2018年06月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本分子生物学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Heterozygous disruption of ALAS1 in mice causes an accelerated age-dependent reduction in free heme, but not total heme, in skeletal muscle and liver,ARCHIVES OF BIOCHEMISTRY AND BIOPHYSICS,697 108721,2021年01月

    van Wijk Koen, Akabane Takeru, Kimura Tomohiro, Saitoh Shinichi, Okano Satoshi, Kelly Vincent P., Takagi Michiaki, Kodama Ken, Takahashi Kiwamu, Tanaka Tohru, Nakajima Motowo, Nakajima Osamu

    単著

  • Defective biosynthesis of ascorbic acid in Sod1-deficient mice results in lethal damage to lung tissue,FREE RADICAL BIOLOGY AND MEDICINE,162 255-265,2021年01月

    Homma Takujiro, Takeda Yuji, Nakano Tomoyuki, Akatsuka Shinya, Kinoshita Daisuke, Kurahashi Toshihiro, Saitoh Shinichi, Yamada Ken-ichi, Miyata Satoshi, Asao Hironobu, Goto Kaoru, Watanabe Tetsu, Wata...

    単著

  • Physiological heating augments the anti-inflammatory reactions during granulocyte/monocyte apheresis: A in vitro study,THERAPEUTIC APHERESIS AND DIALYSIS,2020年12月

    Nishise Shoichi, Takeda Yuji, Abe Yasuhiko, Sasaki Yu, Saitoh Shinichi, Nara Hidetoshi, Asao Hironobu, Ueno Yoshiyuki

    単著

  • Interleukin-12p40 variant form reduces Interleukin-12p80 secretion,CYTOKINE,120 251-257,2019年08月

    Oshikiri Yumi, Nara Hidetoshi, Takeda Yuji, Araki Akemi, Nemoto Nobuhito, Gazi Md. Yeashin, Saito Shoko, Saitoh Shinichi, Nakajima Osamu, Asao Hironobu

    単著

  • 5-aminolevulinic acid (ALA) deficiency causes impaired glucose tolerance and insulin resistance coincident with an attenuation of mitochondrial function in aged mice,PLoS ONE,2018年01月

    Shinichi Saitoh, Osamu Nakajima 他

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 生体内のヘム欠乏は,ATP代謝障害によるグリコーゲン合成異常のため,耐糖能異常・インスリン抵抗性を発症させる,(一社)日本糖尿病学会,糖尿病,62(Suppl.1) S-316,2019年04月

    中島 修, 斉藤 真一, 尾崎 司, van Wijk Koen, 木村 朋寛, 浅尾 裕信, 山本 雅之, 高橋 究, 田中 徹, 中島 元夫

  • 生体内でのヘム欠乏は、グリコーゲン合成異常を伴うインスリン抵抗性を惹起する,(一社)日本糖尿病学会,糖尿病,62(3) 203,2019年03月

    中島 修, 斉藤 真一, 尾崎 司, 木村 朋寛, 岡野 聡, 山本 雅之, 高橋 究, 田中 徹, 中島 元夫

  • ALA欠乏マウスにおける糖代謝異常の発症メカニズムの解析,(公社)日本生化学会,日本生化学会大会(Web),91st ROMBUNNO.3T14a‐06(3P‐295) (WEB ONLY)-06(3P,2018年09月

    斉藤真一, 岡野聡, 木村朋寛, 尾崎司, 山本雅之, ケリー ビンセントP, 高橋究, 田中徹, 中島元夫, 中島修

  • Heme Deficiency Causes Impaired Glycogen Synthesis in Skeletal Muscle Leading to Insulin Resistance,DIABETES,67 ,2018年07月

    Nakajima Osamu, Saitoh Shinichi, Kimura Tomohiro, Osaki Tsukasa, Vincent Kelly P, Takahashi Kiwamu, Tanaka Tohru, Nakajima Motowo

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2022年03月,免疫抑制型好中球とがん免疫促進型好中球を指標にした最適な免疫治療のTPOの探索

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,新たな非肥満型糖尿病モデルの検討と免疫異常の解明

    病態医化学関連

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 免疫抑制型好中球とがん免疫促進型好中球を指標にした最適な免疫治療のTPOの探索,2020年04月 ~ 2021年03月,免疫抑制型好中球とがん免疫促進型好中球を指標にした最適な免疫治療のTPOの探索

    日本学術振興会

  • 新たな非肥満型糖尿病モデルの検討と免疫異常の解明,2019年04月 ~ 2022年03月,新たな非肥満型糖尿病モデルの検討と免疫異常の解明

    病態医化学関連

    日本学術振興会

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,国際会議,2020年09月,ヘム生合成系初発酵素5-アミノレブリン酸合成酵素1(ALAS1)遺伝子破壊マウスにおけるグルコース刺激インスリン分泌異常,その他

  • 日本生化学会大会プログラム・講演要旨集,国際会議,2020年09月,ALAS1ヘテロ接合型マウスにおけるALAS1 mRNA量と遊離ヘムの加齢依存的減少(Age-dependent decrease in ALAS1 mRNA expression and free heme in ALAS1+/- mice),その他

  • 山形医学,国際会議,2020年08月,ヘム生合成系初発酵素5-アミノレブリン酸合成酵素1遺伝子破壊マウスにおけるグルコース刺激インスリン分泌異常,その他

  • 山形医学,国際会議,2020年08月,ヘム生合成系初発酵素5-アミノレブリン酸合成酵素1(ALAS1)mRNA発現の加齢依存的低下とALAS1+/-マウスでの糖新生の低下,その他

  • 山形医学,国際会議,2020年08月,IL-21isoform過剰発現マウスにおける高脂肪食性肥満の抑制と脂肪組織異常,その他

全件表示 >>