基本情報

写真a

河合 輝久

KAWAI Teruhisa


メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 臨床心理学

  • 人文・社会 / 教育心理学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(教育学),東京大学,2019年01月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本心理学会

  • 日本教育心理学会

  • 日本心理臨床学会

  • 日本学生相談学会

  • 日本コミュニティ心理学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 大学生における身近な友人のうつ病に対するメンタルヘルス・ファーストエイドについて,研究を行っています。具体的には,大学生活において,身近な周囲の友人がうつ病の徴候や症状を呈し始めた際,周囲の身近な大学生がそれをどのように捉え,対応するか,質問紙調査や面接調査を通して検討しています。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 大学生のうつ病に対するファーストエイド,2013年 ~ 継続中

  • 大学生におけるピアサポート活動に関する研究,2016年04月 ~ 2018年03月

論文 【 表示 / 非表示

  • 大学生における身近な友人の抑うつ症状への情緒的巻き込まれの恐れ―楽観的見通し,深刻度評価,専門家への援助要請の必要性との関連―,教育心理学研究,67(4) 289-303,2019年12月

    河合輝久

    単著

  • 大学生のうつ病に対する認知およびファーストエイド方略,心理学研究,90(1) 42-52,2019年04月

    河合 輝久

    単著

  • 大学生ピアサポーターの活動継続促進要因に関する探索的検討,学生相談研究,39(2) 130-142,2018年11月

    植田 峰悠, 清水 馨, 河合 輝久, 細野 正人, 大島 紀人, 高野 明

    共著(国内のみ)

  • 大学におけるピアサポート活動がピアサポーターに与える効果,精神科,31(6) 555-563,2017年12月

    清水 馨, 植田 峰悠, 河合 輝久, 細野 正人, 大島 紀人, 高野 明

    共著(国内のみ)

  • 大学生のうつ病の早期発見と早期対応における友人の活用可能性の展望―うつ病への認知と初期対応に関する研究の概観を通して,臨床心理学,17(1) 93-107,2017年01月

    河合 輝久

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 迷わず学ぶ 認知行動療法ブックガイド (臨床心理学実践コレクション),岩崎学術出版社,2012年11月

    下山 晴彦, 林 潤一郎(著) 河合 輝久(分担執筆)

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究,2020年04月 ~ 2024年03月,友人関係の様態を考慮したうつ病大学生へのファーストエイド心理教育プログラムの開発

    臨床心理学関連

 
 

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 青年期(特に大学生)における心理的不適応

  • 大学におけるコミュニティ・アプローチ(特にピアサポート)