基本情報

写真a

吉田 一也

YOSIDA Kazunari


生年

1986年

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

https://kyoshida-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/wp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 生物物理、化学物理、ソフトマターの物理

  • ライフサイエンス / 生物物理学

  • ナノテク・材料 / 生体化学

  • ナノテク・材料 / 高分子材料

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 青山学院大学  理工学部  物理・数理学科

    2010年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 青山学院大学  理工学研究科  理工学専攻

    博士課程,2015年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学士(理学),青山学院大学,2010年03月

  • 修士(理学),青山学院大学,2012年03月

  • 博士(理学),青山学院大学,2015年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 青山学院大学大学院理工学研究科,招聘研究員,2015年04月 ~ 2015年05月

  • 東北大学未来科学技術共同研究センター,助手,2015年06月 ~ 2016年03月

  • 東京大学大学院医学系研究科,学術支援専門職員(AMED-CREST博士研究員),2016年04月 ~ 2016年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 日本生物物理学会

  • ソフトマター研究会

  • 「細胞を創る」研究会

  • 日本バイオレオロジー学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人工の細胞膜を模したリン脂質二分子膜小胞や高分子ハイドロゲルなどのソフトマターと呼ばれるものの基礎的な研究から応用研究までを行っています。

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 人工細胞膜の物理学的性質に関する研究,2010年04月 ~ 継続中

  • 高分子を含んだ潤滑油の研究,2015年06月 ~ 2016年03月

  • モデル細胞膜への機械刺激の影響に関する研究,2016年04月 ~ 2016年09月

  • 高分子ハイドロゲルの3Dプリンティングとそのロボットへの応用,2016年10月 ~ 継続中

論文 【 表示 / 非表示

  • A Robot Finger with Many Joints Driven by One Motor Using Shape Memory Gel and Tendon-Driven Mechanism,Proceedings of 2021 IEEE International Conference on Mechatronics and Automation,1472-1477,2021年07月

    Mitsuhiro Yamano, Naoya Hanabata, Akira Okamoto, Toshihiko Yasuda, Yasutaka Nishioka, MD Nahin, Islam Shiblee, Kazunari Yoshida, Hidemitsu Furukawa, Riichiro Tadakuma

    共著(国内のみ)

  • Aggregation of Water Molecules to Phospholipid Head Groups Accompanied with Separation into Water‐ and Polysaccharide‐Rich Phases in Water‐in‐Oil Emulsions,ChemistrySelect,6(22) 5435-5440,2021年06月

    Kazunari Yoshida, Keitaro Horii, Azusa Saito, Akito Takashima, Izumi Nishio

    共著(国内のみ)

  • Perspective—A Robotic Actuation System Made of Artificial Cells and Gels,ECS Journal of Solid State Science and Technology,10(5) 057005,2021年05月

    Kazunari Yoshida

    単著

  • Prototype of 32-Joint Robot Hand Using Shape Memory Gel and Tendon-Driven Mechanism,2021 IEEE International Conference on Mechatronics (ICM),1-6,2021年03月

    Mitsuhiro Yamano, Akira Okamoto, Ryuhei Miyoshi, Toshihiko Yasuda, Yasutaka Nishioka, MD Nahin Islam Shiblee, Kazunari Yoshida, Hidemitsu Furukawa, Riichiro Tadakuma

    共著(国内のみ)

  • Fully 3D-Printed Hydrogel Actuator for Jellyfish Soft Robots,ECS Journal of Solid State Science and Technology,10(3) 037002,2021年03月

    Yuki Takishima, Kazunari Yoshida, Ajit Khosla, Masaru Kawakami, Hidemitsu Furukawa

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 3Dプリンターの医療技術への応用,ナノファイバー学会誌,10(1) 29-34,2019年07月

    齊藤梓, 吉田一也, 川上勝, 古川英光, 高木朗

  • 3Dプリンターで印刷した風車による発電,3Dプリンター活用事例集~3Dプリンターの輪を広げよう~,52-53,2019年

    牧野真人, 齊藤梓, 吉田一也, 高松久一郎, 川上勝, 古川英光, 高橋健彦

  • ホイッスルで音楽を奏でる,3Dプリンター活用事例集~3Dプリンターの輪を広げよう~,50-51,2019年

    牧野真人, 齊藤梓, 吉田一也, 高松久一郎, 川上勝, 古川英光

  • 高強度ハイドロゲルにおけるトライボロジー,トライボロジスト,63 (5) 350-355,2018年05月

    吉田一也,和田真人,川上勝,古川英光

  • ソフト材料の3Dプリンターとソフトマター・ロボティクス,日本試験機工業会 広報誌「TEST」,48 6-7,2018年

    滝島勇希, 吉田一也, 川上勝, 古川英光

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(A),2019年04月 ~ 2021年03月,イオン液体・イオンゲルを用いた生物型ソフトセンサ開発と多感覚モダリティ学習

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP),2020年11月 ~ 2021年10月,摩擦可変で低環境負荷なソフトマター複合系から構成される汎用滑り軸受の開発

    科学技術振興機構(JST)

  • 米沢市研究奨励補助金事業による研究助成,2020年06月 ~ 2021年03月,摩擦可変高分子ハイドロゲルのクランク機構への導入

    (公財)山形大学産業研究所

  • 若手研究者の奨励研究助成,2019年06月 ~ 2020年03月,クランク機構への応用を見据えた高分子ハイドロゲルの電場による摩擦制御機構の研究

    . (公財)山形大学産業研究所

  • 科学技術振興機構(JST)センター・オブ・イノベーション(COI)プログラム 若手連携研究ファンド若手デジタル(FS),2018年12月 ~ 2019年03月,人工生体組織の3D プリンティングに対するAI 活用についての調査

    文部科学省

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 山形化学工学懇話会 令和3年度講演会,国内会議,2021年05月,山形大学工学部百周年記念会館,バイオ・ソフトマターの界面物性,口頭発表(招待・特別)

  • The International Symposium on of Health Care Technology, Drug Discovery and Chemical Biology 2020 (IHDC2020),国際会議,2020年12月,Phase separation in cell-sized droplets,口頭発表(招待・特別)

  • The EMN Hawaii meeting on Polymer 2019,国際会議,2019年03月,Friction Control in High-Strength Hydrogels,口頭発表(招待・特別)

  • The EMN meeting on Droplets 2017,国際会議,2017年12月,Effect of chemical compounds on artificial cell models,口頭発表(招待・特別)

  • 日本化学会 第101春季年会,国内会議,2021年03月,リン脂質でコーティングされたヒドロキシプロピルセルロース水溶液の細胞サイズ液滴における温度変化応答ダイナミクス,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • Guest Editor of Special Issue "Gel Sensors and Actuators for Soft Robots".,2021年10月 ~ 継続中

  • IHDC2020 (国際シンポジウム),2020年12月

  • 米沢興譲館高等学校 探究フォーラム 英語ポスターセッション 聴講,2020年07月

  • SmaSys2019 (国際会議) ,2019年10月

  • 日本機械学会 機械材料・材料加工部門 第26回機械材料・材料加工技術講演会(M&P2018) ,2018年11月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 人工細胞膜を用いた研究

  • 高分子ハイドロゲル等のソフトマターの応用