基本情報

写真a

井村 匠

IMURA Takumi


研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 固体地球科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学  工学資源学部  地球資源学科

    2015年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 秋田大学大学院  国際資源学研究科  資源学

    博士課程,2020年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),秋田大学,2020年03月

 

論文 【 表示 / 非表示

  • Geologic and petrologic evolution of subvolcanic hydrothermal system: A case on pyroclastic deposits since the 1331 CE eruption at Azuma-Jododaira volcano, central Fukushima, North-Eastern Japan (in press),Journal of Volcanology and Geothermal Research,2021年

    Takumi Imura, Tsukasa Ohba, Kenta Horikoshi

    単著

  • 火山灰中の鉱物からみた水蒸気噴火のメカニズム (受理済),地学雑誌,2021年

    大場 司, 井村 匠, 南 裕介, シャレザ サイディナ アンカサ

    単著

  • 東北日本弧背弧,鮮新統久六島玄武岩の Sr-Nd 同位体組成,地球科学,75(2) 17-20,2021年

    相澤正隆, 安井光大, 井村 匠

    単著

  • Anorthosites in Nishiyama volcanic products from the Hachijo-jima island, Izu-Bonin arc: The direct evidence for ‘plagioclase control’ in shallow magma reservoir (Accepted),Journal of Mineralogical and Petrological Sciences,2020年

    Aizawa, M, Saito, T, Imura, T, Yasui, M

    共著(国内のみ)

  • Hydrothermal Aluminum-Phosphate-Sulfates in Ash from the 2014 Hydrothermal Eruption at Ontake Volcano, Central Honshu, Japan,Minerals,9(462) ,2019年07月

    Takumi Imura 1,*, Yusuke Minami 2, Tsukasa Ohba 1, Akiko Matsumoto 3, Antonio Arribas 1 and Mitsuhiro Nakagawa 3

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • IAVCEI-CSV Sumer Field Trip 2018 “Submarine syn- and post-rifting volcanic successions in the Shimane Peninsula. SW Japan”参加報告,火山,64(1) 21-27,2019年03月

    井村 匠, レザ フィルマンシャー ハシブアン,ジェームス セザール アヴィサド レフラン

  • 火山学勉強会2018報告,火山,63(4) 79-83,2018年11月

    近藤健太郎,井村 匠

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 若手研究,2021年04月 ~ 2024年03月,火山熱水系の物質科学に基づく噴火発生予測モデルの構築:水蒸気噴火減災に向けて

  • 国際共同研究加速基金(国際共同研究強化(B)),2021年04月 ~ 2022年03月,噴出物の複合的解析にもとづく水蒸気爆発を駆動する火山システムの解明

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2022年03月,突発的な火山爆発災害の軽減に向けた物質科学的解析法:伏在マグマの挙動を解析する

  • 基盤研究(B),2021年04月 ~ 2022年03月,水蒸気噴火の推移予測法の開発:物質科学的特徴から探る熱水ーマグマ系プロセス

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 2021年度 新潟大学災害・復興科学研究所共同研究,2021年05月 ~ 2022年03月,水蒸気噴火および粘着性土石流を多発する現象発生 場の地質・岩石学的特徴の解明:安達太良火山沼ノ平 での事例研究

    新潟大学災害・復興科学研究所

  • 2021年度深田研究助成,2021年04月 ~ 2022年03月,UAV 写真測量を活用した水蒸気噴火発生場の三次元形 成・発達モデルの構築:蔵王火山,安達太良火山におけ る事例研究

    民間財団等

  • 2020年度 新潟大学災害・復興科学研究所共同研究,2020年07月 ~ 2021年03月,水蒸気噴火および粘着性土石流を多発する現象発生 場の地質・岩石学的特徴の解明:安達太良火山沼ノ平 での事例研究

    新潟大学災害・復興科学研究所

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • 噴出物の複合的解析にもとづく水蒸気爆発を駆動する火山システムの解明,2020年10月 ~ 2024年03月,東京大学,海洋研究開発機構, 産業技術総合研究所,国際共同研究

  • 水蒸気噴火および粘着性土石流を多発する現象発生場の地質・岩石学的特徴の解明:安達太良火山沼ノ平での事例研究,2020年08月 ~ 2021年03月,新潟大学災害・復興科学研究所,国内共同研究

  • 突発的な火山爆発災害の軽減に向けた物質科学的解析法:伏在マグマの挙動を解析する,2020年04月 ~ 2023年03月,日本学術振興会,国内共同研究

  • 火山噴出物に含まれる熱水変質物の物質科学的特徴からみた火山直下の熱水系 ―木曽御嶽火山2014年噴火火山灰と北海道十勝岳火山噴出物の例―,2015年07月 ~ 2016年03月,Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) leading program,国内共同研究

  • Geology, mineralogy, petrology on subvolcanic hydrothermal system at active volcanoes in Japan,2015年04月 ~ 2020年03月,Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) leading program,国内共同研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本火山学会2020年度秋季大会,国内会議,2020年10月,蔵王山東麓濁川・遠刈田地域の過去8000 年間のラハール堆積物,口頭発表(一般)

  • 日本火山学会2020年度秋季大会,国内会議,2020年10月,東北日本弧北部、八甲田-十和田カルデラ群西部で噴出した珪長質マグマの成因とその起源物質」,口頭発表(一般)

  • 日本火山学会2020年度秋季大会,国内会議,2020年10月,蔵王火山丸山沢噴気地熱地帯の火山物質科学的研究,口頭発表(一般)

  • 日本火山学会2020年度秋季大会,国内会議,2020年10月,鳥海火山における約2500年前の山体崩壊を伴う噴火活動,ポスター発表

  • 日本鉱物科学会2019年会,国内会議,2020年09月,モンゴル,ハンガイ山地第四紀ハルグイット火山における溶岩流の定置過程,口頭発表(一般)

全件表示 >>