基本情報

写真a

小倉 次郎

OGURA Jiro


研究分野 【 表示 / 非表示

  • 医療薬学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  薬学部  総合薬学科

    2006年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学  生命科学院  生命科学

    修士課程,2008年03月,修了

  • 北海道大学  生命科学院  生命科学

    博士課程,2010年04月,中退

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生命科学),北海道大学,2011年09月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 北海道大学大学院,助教,2010年05月 ~ 2015年03月

  • オウル大学,ポストドクトラルフェロー,2015年04月 ~ 2016年03月

  • テキサス工科大学,ポストドクトラルリサーチアソシエイト,2016年04月 ~ 2017年12月

  • 東北大学病院,助教,2018年01月 ~ 2020年06月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会

  • 日本薬物動態学会

  • 日本医療薬学会

  • 日本病院薬剤師会

  • 日本医療薬学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 認知症の新規治療・予防法の確立を目指した創薬・育薬研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 抗酸化物質の作用特性と体内動態特性を考慮した有用な疾患予防法の構築,2010年05月 ~ 2015年03月

  • 創薬標的としてのS-nitrosylated Protein disulfide isomerase の有用性の検証,2015年04月 ~ 2016年03月

  • 運動補助サプリメント3-ヒドロキシイソ吉草酸の輸送トランスポーターの同定,2016年04月 ~ 2017年12月

  • カルビドパの新規抗がん薬としての有用性と作用機序の解明,2016年04月 ~ 2017年12月

  • PDIに着眼した神経変性疾患の発症・進展機構の解明と新規治療・予防法の確立,2018年01月 ~ 2020年06月

論文 【 表示 / 非表示

  • Cysteine 343 in the Substrate Binding Domain is the Primary S-Nitrosylated Site in Protein Disulfide Isomerase.,Free radical biology & medicine,160 103-110,2020年08月

    Jiro Ogura, Lloyd W Ruddock, Nariyasu Mano

    共著(海外含む)

  • Development of a diagnostic screening strategy for Niemann-Pick diseases based on simultaneous liquid chromatography/tandem mass spectrometry analyses of N-palmitoyl-O-phosphocholine-serine and sphingosylphosphorylcholine.,Biological & pharmaceutical bulletin,43(9) 1398-1406,2020年06月

    Anna Iwahori, Masamitsu Maekawa, Aya Narita, Akie Kato, Toshihiro Sato, Jiro Ogura, Yu Sato, Masafumi Kikuchi, Atsuko Noguchi, Katsumi Higaki, Torayuki Okuyama, Tsutomu Takahashi, Yoshikatsu Eto, Nari...

    共著(海外含む)

  • Chronic exposure to excess iron promotes EMT and cancer via p53 loss in pancreatic cancer.,Asian journal of pharmaceutical sciences,15(2) 237-251,2020年03月

    Yangzom D Bhutia, Jiro Ogura, Paul J Grippo, Carolina Torres, Toshihiro Sato, Mitchell Wachtel, Sabarish Ramachandran, Ellappan Babu, Sathish Sivaprakasam, Devaraja Rajasekaran, Bradley Schniers, Nhu ...

    共著(海外含む)

  • Stimulatory effect on the transport mediated by organic anion transporting polypeptide 2B1.,Asian journal of pharmaceutical sciences,15(2) 181-191,2020年03月

    Jiro Ogura, Hiroaki Yamaguchi, Nariyasu Mano

    共著(海外含む)

  • Comprehensive and semi-quantitative analysis of carboxyl-containing metabolites related to gut microbiota on chronic kidney disease using 2-picolylamine isotopic labeling LC-MS/MS.,Scientific reports,9(1) 19075,2019年12月

    Yoshitomi Kanemitsu, Eikan Mishima, Masamitsu Maekawa, Yotaro Matsumoto, Daisuke Saigusa, Hiroaki Yamaguchi, Jiro Ogura, Hiroki Tsukamoto, Yoshihisa Tomioka, Takaaki Abe, Nariyasu Mano

    共著(海外含む)

全件表示 >>

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • Protein Disulfide Isomeraseの神経変性疾患に対する創薬ターゲットとしての可能性,日本臨床化学会東北支部会誌,28-29(1) ,2020年

    小倉 次郎,前川 正充,山口 浩明,眞野 成康.

  • カルビドパの新たな可能性,(一社)日本臨床化学会,臨床化学,47(2) 193,2018年04月

    小倉 次郎

  • 小腸虚血再還流により傍細胞経路からの尿酸の排泄は亢進するが, Bcrp を介した経細胞経路からの排泄は低下する,北海道医学雑誌,88(1) ,2013年

    小倉 次郎,高橋 夏子,小林 正紀,山口 浩明,井関 健.

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • リサーチフェローシップ,2015年04月 ~ 2016年03月,創薬標的としてのProtein disulfide isomerase の有用性

    上原生命科学記念財団

  • 2014年度研究助成金,2014年,ソバ含有成分ルチンの有機アニオン化合物吸収促進作用を利用した新規抗酸化製剤の開発

    旗影会

  • フードイノベーション創造支援事業 (研究シーズ発掘補助金),2014年,ケルセチン配糖体を用いたOATP2B1標的型吸収促進法の開発

    ノーステック財団

  • 平成26年度 調査・研究助成,2014年,OTC薬の消化管吸収過程における薬物相互作用リスク評価

    一般用医薬品セルフメディケーション振興財団

  • 若手研究者自立支援,2013年,NADPHオキシダーゼ由来活性酸素によるBCRP S-S bond形成への影響と痛風発症との関連

    北海道大学総長室事業推進経費

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第12 回トランスポーター研究会 年会,国内会議,2017年,ナトリウム・鉄依存性の新規クエン酸輸送システムの特性.,シンポジウム・ワークショップ パネル(指名)

  • 7th Congress of the International BioIron Society,国内会議,2017年,Identification and characterization of a novel Na+-coupled citrate-dependent transport system for non-transferrin-bound iron.,ポスター発表

  • 19th North American ISSX / 29th JSSX Joint Meeting,国内会議,2014年,The small GTPase Rab proteins regulate organic anion transporting polypeptide 2B1-mediated transport.,ポスター発表

  • 17th Biennial Meeting of Society for Free Radical Research International,国内会議,2014年,Activation of xanthine oxidase suppresses excretion of uric acid to the intestinal lumen.,ポスター発表

  • 第7回次世代を担う若手医療薬科学シンポジウム,国内会議,2013年,Effect of the Antiarrhythmic Agent Amiodarone on Absorption of Organic Anion Compound.,口頭発表(一般)

全件表示 >>