基本情報

写真a

榊 宏諭

SAKAKI Hirotsugu


研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 産婦人科学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,山形大学,2019年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本産科婦人科学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 経口ゴナドトロピン放出ホルモンアンタゴニストでflare-up無く止血を得られた過多月経の3例,山形県立病院医学雑誌,54(1) 9-12,2020年01月

    金子 宙夢, 榊 宏諭, 椎名 有二

    単著

  • Successful management of cutaneous lymphangitis carcinomatosa arising from cervical cancer with paclitaxel-cisplatin and bevacizumab combination therapy: a case report and review of the literature.,Journal of medical case reports,13(1) 328,2019年11月

    Nakamura F, Seino M, Suzuki Y, Sakaki H, Sudo T, Ohta T, Tsutsumi S, Nagase S

    単著

  • METABOLOMIC ANALYSIS OF OVARIAN CANCER CELLS TREATED WITH PACLITAXEL,INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER,28 831,2018年09月

    Seino M., Ohta T., Suzuki Y., Sakaki H., Sudo T., Nagase S.

    単著

  • SULFASALAZINE INHIBITS CELL PROLIFERATION IN SEROUS UTERINE CARCINOMA VIA FERROPTOSIS,INTERNATIONAL JOURNAL OF GYNECOLOGICAL CANCER,28 203,2018年09月

    Sakaki H., Sugiyama A., Manabu S., Sudou T., Ohta T., Nagase S.

    単著

  • Metabolomic analysis of uterine serous carcinoma with acquired resistance to paclitaxel.,Oncotarget,9(62) 31985-31998,2018年08月

    Seino M, Ohta T, Sugiyama A, Sakaki H, Sudo T, Tsutsumi S, Shigeta S, Tokunaga H, Toyoshima M, Yaegashi N, Nagase S

    単著

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • The Journal of Obstetrics and Gynaecology Research,国際会議,2019年08月,パクリタキセルで治療した卵巣癌細胞の新規治療標的を発見するメタボローム分析(Metabolome analysis for discovering new therapeutic target of ovarian cancer cells treated with paclitaxel),その他

  • 日本婦人科腫瘍学会雑誌,国際会議,2019年06月,【婦人科がん治療ガイドライン検証・明日への提言】進行子宮体癌における術前化学療法に関する検討,その他

  • 日本婦人科腫瘍学会雑誌,国際会議,2019年06月,子宮頸癌で小細胞神経内分泌癌と腺様嚢胞癌、扁平上皮癌の混合癌の1例,その他

  • 日本婦人科腫瘍学会雑誌,国際会議,2019年06月,卵巣子宮内膜症性嚢胞の癌化を疑い妊娠中に手術を施行した症例の検討,その他

  • 東北連合産科婦人科学会総会・学術講演会プログラム・抄録集,国際会議,2019年05月,卵巣癌における術前D-dimer値の有効性に関する検討,その他

全件表示 >>