基本情報

写真a

小峰 浩隆

KOMINE Hirotaka


ホームページ

https://researchmap.jp/hkomine?lang=ja

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 生態学、環境学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京農工大学  農学部  連合農学研究科

    2019年03月,卒業

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学),東京農工大学,2019年03月

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 人間社会と野生生物との双方向の影響に関する研究(外来種、都市開発、マダニ媒介感染症等)

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 感染リスクと生物多様性:都市化傾度による希釈効果仮説の検証,2021年04月

  • 島嶼環境への野生生物の急速な適応的変化-外来オオヒキガ エルでの検証-,2019年04月 ~ 2020年03月

  • 外来種によって駆動される、在来種の急速な生態的形質置換,2017年10月 ~ 2018年04月

  • 奄美大島における、外来マングースに対する在来種の急速な進化とその波及効果の解明,2015年04月 ~ 2018年03月

  • Regional characteristics analysis of invasive mongoose and an estimation of their risk assesment for Amami-Oshima island in Japan.,2014年12月

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Rapid responses in morphology and performance of native frogs induced by predation pressure from invasive mongooses,Biological Invasions,in press ,2021年

    Hirotaka Komine, Noriko Iwai, Koichi Kaji

    共著(国内のみ)

  • First synthesis of the economic costs of biological invasions in Japan,NeoBiota,accepted ,2021年

    WATARI, Y, KOMINE, H, ANGULO, E, DIAGNE, C, BALLESTEROS-MEJIA, L, COURCHAMP, F

    共著(海外含む)

  • Rapid behavioural responses of native frogs caused by past predation pressure from invasive mongooses,Journal of Zoology,310(2) 126-134,2020年

    Hirotaka Komine, Keita Fukasawa, Munemitsu Akasaka, Yuya Watari, Noriko Iwai, Koichi Kaji

    共著(国内のみ)

  • ODORRANA AMAMIENSIS (Amami Tip-nosed Frog). PREDATION,Herpetological Review,51(2) 301,2020年

    Hirotaka Komine

    単著

  • Temporal changes in number of breeding individuals of the Amami tip-nosed frog,Current herpetology,39(1) 13-18,2020年

    Hirotaka Komine, Bruna Elisa Trentin

    共著(海外含む)

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本生態学会第68回全国大会 (2021年3月、岡山),国内会議,2021年03月,SFTS流行地域における、媒介マダニ-宿主動物-土地利用の関係,口頭発表(一般)

  • 日本生態学会第67回全国大会 (2020年3月、名古屋),国内会議,2020年03月,島嶼環境への急速な形態変化-外来オオヒキガエルを用いた検証-,口頭発表(一般)

  • 第66回日本生態学会大会,国内会議,2019年03月,Rapid morphological change to the urban environment of invasive toad in Australia 都市環境への急速な形態変化_オーストラリアの外来オオヒキガエルでの検証,口頭発表(一般)

  • 第65回日本生態学会大会,国内会議,2018年03月,進化を考慮した外来種管理の枠組みを検討する_シンポジウム 進化を考慮した応用生態学の展開:理論と実践 [S01-4],シンポジウム・ワークショップ パネル(公募)

  • 日本生態学会第64回全国大会,国内会議,2017年03月,Possibility of intergeneric ecological character displacement in Amami tip-nosed frog,口頭発表(一般)

全件表示 >>