基本情報

写真a

今田 恒夫

KONTA Tsuneo


メールアドレス

メールアドレス

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ライフサイエンス / 腎臓内科学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学部  医学科

    1990年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  医学研究科

    博士課程,1996年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士,山形大学,2006年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 英国ロンドン大学医学部,研究員,1999年09月 ~ 2001年03月

  • 山形大学,教授,2017年08月 ~ 継続中

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本腎臓学会

  • 日本透析療法学会

  • アメリカ腎臓学会

  • 日本リウマチ学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 腎不全の進行機序、バイオマーカー、コホート研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 腎障害の進行機序に関する研究,1990年04月 ~ 継続中

    腎,腎臓病

論文 【 表示 / 非表示

  • Serum cholinesterase levels to predict all-cause mortality in a community-based study: The Takahata study.,Annals of nutrition & metabolism,2021年12月

    Saegusa M, Matsuda Y, Konta T, Saitoh T, Sakurada K, Furuse M, Uno C, Kayama T, Ueno Y

    単著

  • Weight loss reduces the incidence of dipstick proteinuria: a cohort study from the Japanese general population.,Clinical and experimental nephrology,25(12) 1329-1335,2021年12月

    Nagai K, Yamagata K, Iseki K, Moriyama T, Tsuruya K, Fujimoto S, Narita I, Konta T, Kondo M, Kasahara M, Shibagaki Y, Asahi K, Watanabe T

    単著

  • The distribution of eGFR by age in a community-based healthy population: the Japan specific health checkups study (J-SHC study),CLINICAL AND EXPERIMENTAL NEPHROLOGY,25(12) 1303-1310,2021年12月

    Araumi Akira, Ichikawa Kazunobu, Konta Tsuneo, Fujimoto Shouichi, Iseki Kunitoshi, Moriyama Toshiki, Yamagata Kunihiro, Tsuruya Kazuhiko, Narita Ichiei, Kondo Masahide, Kasahara Masato, Shibagaki Yugo...

    単著

  • One-Year Change in Diastolic Blood Pressure and Aortic Disease-Related Mortality in a Japanese General Population Aged 50-75 Years,CIRCULATION JOURNAL,85(12) 2222-+,2021年12月

    Otaki Yoichiro, Watanabe Tetsu, Konta Tsuneo, Watanabe Masafumi, Fujimoto Shouichi, Sato Yuji, Asahi Koichi, Yamagata Kunihiro, Tsuruya Kazuhiko, Narita Ichiei, Kasahara Masato, Shibagaki Yugo, Iseki ...

    単著

  • Blood Pressure, Hypertension and The Risk of Aortic Dissection Incidence and Mortality: results from the Japan-Specific Health Checkups Study, the UK Biobank Study and a Meta-analysis of Cohort Studies.,Circulation,2021年11月

    Hibino M, Otaki Y, Kobeissi E, Pan H, Hibino H, Taddese H, Majeed A, Verma S, Konta T, Yamagata K, Fujimoto S, Tsuruya K, Narita I, Kasahara M, Shibagaki Y, Iseki K, Moriyama T, Kondo M, Asahi K, Wata...

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • シンプル腎・泌尿器学,南江堂,2019年

    冨田 善彦, 今田 恒夫

  • シンプル腎・泌尿器学,南江堂,2019年

    冨田 善彦, 今田 恒夫

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 【腎領域疫学研究の進歩】地域住民コホート高畠研究からの知見,(一社)日本腎臓学会,日本腎臓学会誌,63(2) 232-237,2021年03月

    今田 恒夫, 市川 一誠

  • 山形県急性心筋梗塞発症登録評価研究事業 平成30年のまとめ,山形県医師会,山形県医師会学術雑誌,58 211-216,2020年07月

    小林 祐太, 後藤 準, 西山 悟史, 和根崎 真大, 大瀧 陽一郎, 渡邉 哲, 久保田 功, 渡辺 昌文, 今田 恒夫, 中目 千之

  • 山形県急性心筋梗塞発症登録評価研究事業 平成29年のまとめ,山形県医師会,山形県医師会学術雑誌,57 71-75,2019年10月

    後藤 準, 小林 裕太, 豊島 拓, 和根崎 真大, 西山 悟史, 渡邉 哲, 久保田 功, 渡辺 昌文, 今田 恒夫, 中目 千之

  • 地域住民コホート研究からみた高尿酸血症の重要性,(一社)日本痛風・尿酸核酸学会,痛風と尿酸・核酸,44(2) 153-158,2020年12月

    今田 恒夫

  • 【腎疾患の重症化予防-現状と将来】腎疾患の早期発見方法,(株)自然科学社,医学と薬学,76(7) 947-951,2019年06月

    今田 恒夫

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第9回山形大学医学部学術賞特別賞(金賞),2010年03月,日本国,Yamagata University School of Medicine,Tsuneo Konta

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2021年04月 ~ 2022年03月,笑いとオキシトシンの効果に着目した健康寿命延伸法開発の基礎的研究

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,性差を考慮した正常体重内臓脂肪肥満の発症および重症化に関わる食生活要因の解明

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,腎疾患での尿microRNAの発現調節機序とバイオマーカーとしての有用性の検討

    腎臓内科学関連

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 性差を考慮した正常体重内臓脂肪肥満の発症および重症化に関わる食生活要因の解明,2019年04月 ~ 2021年03月,性差を考慮した正常体重内臓脂肪肥満の発症および重症化に関わる食生活要因の解明

    日本学術振興会

  • 腎疾患での尿microRNAの発現調節機序とバイオマーカーとしての有用性の検討,2018年04月 ~ 2021年03月,腎疾患での尿microRNAの発現調節機序とバイオマーカーとしての有用性の検討

    腎臓内科学関連

    日本学術振興会

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 保存期慢性腎臓病患者を対象とした臨床研究-ダルベポエチン アルファ製剤低反応に関する研究-(BRIGHTEN),2016年01月 ~ 2019年09月,公益財団法人神戸医療産業都市推進機構医療,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2020年10月,患者由来の口腔がんオルガノイド培養系の構築,その他

  • 日本透析医学会雑誌,国際会議,2020年10月,血液透析導入後に多発性骨髄腫と診断された2症例,その他

  • 日本癌学会総会記事,国際会議,2020年10月,患者由来の口腔がんオルガノイド培養系の構築,その他

  • 日本透析医学会雑誌,国際会議,2020年10月,血液透析導入後に多発性骨髄腫と診断された2症例,その他

  • 日本腎臓学会誌,国際会議,2020年09月,腎診療におけるビッグデータ:何のために何ができる? 健診データの集積と活用,その他

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会,専門医部会東北支部支部長,2017年02月 ~ 2021年01月

  • 日本内科学会,専門医部会東北支部支部長,2017年02月 ~ 2021年01月

  • 日本腎臓学会,英文誌編集委員,2020年06月 ~ 継続中

  • 日本腎臓学会,英文誌編集委員,2020年06月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 腎臓病学・膠原病学に関する分野