基本情報

写真a

坂本 明美

SAKAMOTO Akemi


職名

准教授

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 教育学

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  教育学研究科  総合教育科学専攻(学校教育開発学コース)

    修士課程,1996年03月,修了

  • 東京大学  教育学研究科  総合教育科学専攻(学校教育開発学コース)

    博士課程,2001年03月,単位取得満期退学

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 修士(教育学),東京大学,1996年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本カリキュラム学会

  • 日本教育学会

  • フランス教育学会

  • 日本教育方法学会

  • 山形県生活科・総合的学習教育学会

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 1.「フレネ教育」に関する歴史的研究
    2.「フレネ教育」の実践に関する研究

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • 「フレネ教育」に関する研究,1991年04月 ~ 継続中

    「フレネ教育」

  • フランスにおける「フレネ技術」を導入した異年齢学級と、日本の複式学級との比較,2006年04月 ~ 2009年03月

    フレネ技術、フレネ教育、異年齢学級、複式学級、学習材、協同/協働、共同体、市民的資質(市民性)

  • フランスのフレネ教育における〈自尊感情〉と〈他者へのかかわり〉,2011年09月 ~ 2015年03月

    フレネ教育、自尊感情、かかわり、フランス

論文 【 表示 / 非表示

  • フランス・パリ郊外ナンテールにおける幼児教育実践についての一考察 ―言語教育を中心に―,フランス教育学会紀要,(第31) 75-86,2019年09月

    坂本 明美

    単著

  • フランス・ヴァンスの「フレネ学校」における教育実践に関する一考察 ―教育の継承に着目して―,山形大学 教職・教育実践研究,(第12) 45-57,2017年03月

    坂本明美

    単著

  • フランスの「ビズ学校」における異年齢学級の実践 ―「フレネ教育」の導入の視点からの考察を中心に―,『山形大学 教職・教育実践研究』,(6) 55-69,2011年03月

    坂本明美

    単著

  • フランスの公立小学校の異年齢学級において「フレネ技術」を導入した、フィリップ・ラミの教育実践 ―「マリー・キュリー学校」と「モーホガール初等学校」における実践を中心に―,『山形大学紀要(教育科学)』,15(2) 11 (105)-35 (129),2011年02月

    坂本明美

    単著

  • フレネ学校における教育実践 ―「異年齢学級」に着目して―,『技術教室』,(667) 54-59,2008年02月

    坂本明美

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 『現代フランスの教育改革』,明石書店,2018年01月

    赤星 まゆみ,綾井 桜子,池田 賢市,岩崎 久美子,岩橋 恵子,上里 正男,上原 秀一,大津 尚志,大場 淳,坂倉 裕治,坂本 明美,鈴木 規子,園山 大祐,夏目 達也,藤井 穂高,細尾 萌子,堀内 達夫,松原 勝敏

  • 『フランス教育の伝統と革新』,大学教育出版,2009年03月

    フランス教育学会編(桑原敏明、沼田裕之、原聡介、池田賢市、坂本明美、他36名執筆)

  • 『新特別活動 ~文化と自治の力を育てるために~』,学文社,2005年03月

    白井慎、西村誠、川口幸弘編著 他

  • 『教員文化の日本的特性 ―歴史、実践、実態の探究を通じてその変化と今日的課題をさぐる―』,多賀出版,2003年02月

    久冨善之,中内敏夫,石戸教嗣,山﨑準二,木村元,前田一男,高井良健一,長谷川裕 他

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 「令和2年度 生活科教育共同研究部会」,山形大学,『令和2年度 大学と附属学校園の共同研究報告書』,77-80,2021年02月

    坂本明美

  • 「令和元年度 生活科教育共同研究部会」,山形大学,『令和元年度 大学と附属学校園の共同研究報告書』,69-71,2020年02月

    坂本明美

  • 「平成30年度 生活科教育共同研究部会」,山形大学,『平成30年度 大学と附属学校園の共同研究報告書』,63-64,2019年02月

    坂本明美

  • 二つの視点「町たんけん」 (コラム≪地域と学ぶ≫),山形新聞,2018年12月

    坂本明美

  • 「フレネ教育」(坂本明美研究室),山形大学地域教育文化学部,Creation (山形大学地域教育文化学部広報誌),(26) 6,2018年08月

    坂本明美

全件表示 >>

その他研究活動 【 表示 / 非表示

  • フランス・ボルドー第二大学大学院修士課程で、1992/1993年度に、”La dimension coopérative de la Pédagogie Freinet”という論文を執筆し、口頭審査を受け、モジュール2の単位を修得した。翌年度も在学して研究を行なった。

    その他

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 小規模・複式学級の学習材と授業構成に関する研究 ―教職課程の質的向上にむけて― ,2006年 ~ 2007年03月,(平成18年度)財団法人やまがた教育振興財団,一般受託研究

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 日本教育方法学会 第50回大会,国内会議,2014年10月,広島大学,フランス・パリ郊外ナンテールの教育困難校における幼児教育の実践,口頭発表(一般)

  • 東北教育学会 第71回大会,国内会議,2014年03月,東北大学,フランス・ヴァンスの「フレネ学校」における教育実践についての一考察 ~教育(実践)の継承に着目して~,口頭発表(一般)

  • 日本教育方法学会 第46回大会,国内会議,2010年10月,国士舘大学(世田谷キャンパス),フランスの異年齢学級において「フレネ技術」を導入した教育実践 ~「モーホガール初等学校」と「ビズ学校」を中心に~,口頭発表(一般)

  • フレネ教育研究会 第49回夏季全国集会,国内会議,2009年08月,山形県 かみのやま温泉(「ニュー村尾」),フランスの学校でのフレネ教育の実際,公開講演,セミナー,チュートリアル,講習,講義等

  • フランス教育学会 第25回大会,国内会議,2007年09月,宇都宮大学(峰キャンパス),フランスにおける「フレネ技術」を導入した異年齢学級の教育実践 ~「異質性」と「多様性」を尊重した「共同体」の一員としての子ども~,口頭発表(一般)

全件表示 >>

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • フランス教育学会,幹事,2001年03月 ~ 2005年03月

  • 山形県生活科・総合的学習教育学会,事務局長,2006年12月 ~ 2008年09月

  • 山形県生活科・総合的学習教育学会,事務局員,2008年09月 ~ 2010年08月

  • 山形県生活科・総合的学習教育学会,事務局長,2010年08月 ~ 継続中

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「フランス教育学会 第33回研究大会」を山形大学(小白川キャンパス)で開催し、開催校として大会実行委員会の委員長・事務局長を担当,2015年09月

  • 山形県いじめ重大事態再調査委員会委員,2014年10月 ~ 2016年09月

  • 山形県科学技術会議委員,2014年01月 ~ 2015年05月

  • 平成24年度「置賜地区幼・保・小合同研修会」における講師としての講話,2012年10月

    平成24年10月30日(火)14:00~16:50、南陽市中央公民館(えくぼプラザ)にて開催された、平成24年度「置賜地区幼・保・小合同研修会」において、講師として、「幼保小連携を進めるために」というテーマで60分講話をさせていただいた。

  • 宮城県多賀城高等学校 「大学訪問」における模擬講義,2012年09月

    宮城県多賀城高等学校の生徒さんたちが山形大学のキャンパスを訪問された際に、地域教育文化学部の模擬講義(90分)を担当させていただいた。20名の生徒さんが私の授業を受講してくださった。

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 子どもたちの興味・関心から学びの道筋を創出する実践例、子どもたちが自分の学びを自主運営する実践例