基本情報

写真a

柴田 晋平

SHIBATA Shinpei


職名

教授(転出・退職)

ホームページ

http:/astr-www.kj.yamagata-u.ac.jp/~shibata/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 自然科学一般 / 天文学

  • 人文・社会 / 科学教育

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学),東北大学,1983年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本天文学会

  • 国際天文学連合

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 宇宙物理学理論研究の中で,とくに磁場・プラズマに絡んだ現象・X線ガンマ線に絡んだ高エネルギー現象に注目して研究しています。基本的な道具立てである電磁流体力学,プラズマ物理学の教育を行っています。
    従来電波パルサーとして知られていた高速に回転する磁化した中性子星(パルサー)が強いガンマ線源であることが最近明らかになってきました。パルサー磁気圏では10の12乗eV以上に相対論的に粒子が加速されています。パルサー風は,ディスク・ジェット構造を示します。パルサーに限らず回転する磁気圏は粒子加速のすばらしい実験場です。このような磁気圏における粒子加速の機構を研究しています。
    パルサーにおける粒子加速の理論や磁場構造をきめるGS方程式を解いた仕事は世界的にも注目されてました。パルサーの電波の伝播効果を利用して銀河内の乱流磁場構造を探査します。
    最近は理論だけでなく、X線天文衛星の観測によってパルサー活動の観測的研究にも研究を拡大しました。最近,理研のグループと共同でパルサーが作るシンクロトロン星雲を大量に発見したのは大きな成果でした。そして,わたしたちはこのパルサー星雲の理論をただちに提出しました。
    天文学の基礎を教育する講義及びコンピュータシミュレーション教育も行なっています。
    また、やまがた天文台を中心にしてNPO法人小さな天文学者の会を主宰し、科学を文化までに高めるための活動を行っています。そのための有力な方法として「星のソムリエ(星空案内人)制度」を創始し全国展開を図っています。

論文 【 表示 / 非表示

  • Observational diversity of magnetized neutron stars.,Reports on progress in physics. Physical Society (Great Britain),82(10) 106901,2019年10月

    Enoto T, Kisaka S, Shibata S

    単著

  • XMM-Newton spectrum of the magnetar CXOUJ171405.7-381031,PUBLICATIONS OF THE ASTRONOMICAL SOCIETY OF JAPAN,71(4) ,2019年08月

    Watanabe Haruka, Bamba Aya, Shibata Shinpei, Watanabe Eri

    単著

  • A high magnetic field radio pulsar survey with Swift/XRT,MONTHLY NOTICES OF THE ROYAL ASTRONOMICAL SOCIETY,486(4) 5323-5334,2019年07月

    Watanabe Eri, Shibata Shinpei, Sakamoto Takanori, Bamba Aya

    単著

  • Region- and Cell Type-Specific Facilitation of Synaptic Function at Destination Synapses Induced by Oligodendrocyte Depolarization,JOURNAL OF NEUROSCIENCE,39(21) 4036-4050,2019年05月

    Yamazaki Yoshihiko, Abe Yoshifumi, Shibata Shinsuke, Shindo Tomoko, Fujii Satoshi, Ikenaka Kazuhiro, Tanaka Kenji F.

    単著

  • Evidence for GeV Cosmic Rays from Wite Dwarfs in the Local Cosmic Ray Spectra and in the Gamma-ray Emissivity of the Inner Galaxy,Publ. Astronomical Society of Japan,70(1) 29-39,2018年03月

    Kamae T., Lee S -H., Makishima K., Shibata S., Shigeyama T.

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 星空案内人になろう! 〜夜空が教室。やさしい天文学入門,技術評論社,2007年10月

    柴田晋平, 稲村陽子, 大野寛, 佐藤和也, 須貝秀夫, 鈴木静兒, 玉虫良明, 服部完治

  • 宇宙の灯台 パルサー,恒星社厚生閣,2006年04月

    柴田晋平

  • 宇宙旅行ガイド ---140億年の旅---,丸善株式会社,2005年12月

    福江 純 責任編集, 柴田晋平(執筆分担9章)

  • アインシュタインは朝飯前  −タイムトラベル夢飛行 (共著),愛智出版,2004年12月

    リチャード・ウォルフソン著, 柴田晋平, 滝沢元和, 坂井伸之, 訳

  • 光る星座早見,三省堂,2004年07月

    日本天文学会騙, 柴田晋平ほか8名

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,月と星の早見盤,柴田晋平

    登録番号( 3723813 ) ,社団法人日本天文学会、株式会社三省堂,日本国

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2018年04月 ~ 2022年03月,中性子星種族の多様性とそれを作り出す中性子星磁気圏の多様性・変動性の起源の解明

    天文学関連

  • 基盤研究(C),2007年04月 ~ 2009年03月,電気的に非中性な磁気中性面における粒子加速と高エネルギー天文学への応用

    電気的に非中性な磁気中性面における粒子加速と高エネルギー天文学への応用

  • 基盤研究(C),2003年04月 ~ 2005年03月,かに星雲の新しい描像の確立

    かに星雲の新しい描像の確立

受託研究受入実績 【 表示 / 非表示

  • 「星のソムリエ資格制度の全国普及モデルの開発」,2007年07月 ~ 2008年03月,科学技術振興機構 (JST),一般受託研究

  • 「指導者養成機能を持つNPO 連携アウトリーチモデルの開発」,2006年07月 ~ 2007年03月,科学技術振興機構 (JST),一般受託研究

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • やまがた天文台4次元宇宙シアター一般公開,2003年10月 ~ 継続中

  • NPO法人小さな天文学者の会,1998年11月 ~ 継続中

  • 宇宙に関する出前講義・セミナー,1998年10月 ~ 継続中

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示