基本情報

写真a

小坂 哲夫

KOSAKA Tetsuo


職名

教授

ホームページ

http://speech-lab.yz.yamagata-u.ac.jp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 知覚情報処理

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学部  電気工学科

    1984年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東北大学  工学研究科  情報工学専攻

    修士課程,1986年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報科学),東北大学,1997年04月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • キヤノン株式会社,主幹研究員,1986年04月 ~ 2002年08月

  • ATR自動翻訳電話研究所,研究員,1991年09月 ~ 1995年03月

  • MITコンピュータサイエンス研究所,研究員,1994年05月 ~ 1994年08月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本音響学会

  • 電子情報通信学会

  • W3C Voice Browser Working Group

  • IEEE Senior Member

  • 情報処理学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 音声情報処理(音声認識,音声合成,声質変換,音声強調など),マルチモーダル・ユーザインタフェース,機械学習の応用

論文 【 表示 / 非表示

  • Emotion recognition combininb acoustic and linguistic features based on speech recognition results,Proc. of 2021 IEEE 10th Global Conference on Consumer Electronics,889-892,2021年10月

    Misaki Sakurai, Tetsuo Kosaka

    共著(国内のみ)

  • Improvement of frequency resolution using a sub-bin structure in the discrete Fourier transform,Applied optics,60(21) 6290-6301,2021年07月

    Manabu Sato, Yuuki Kimura, Junpei Masuta, Tetsuo Kosaka, Izumi Nishidate

    共著(国内のみ)

  • Language Model Adaptation for Emotional Speech Recognition using Tweet Data,Proc. of APSIPA ASC 2020,371-375,2020年12月

    Kazuya Saeki, Masaharu Kato, Tetsuo Kosaka

    共著(国内のみ)

  • Performance Improvement of Prosody-Controlled Voice Conversion by Language Model Adaptation,Proc. of 2019 IEEE 8th Global Conference on Consumer Electronics,854-856,2019年10月

    Kazuya Saeki, Masaharu Kato, Tetsuo Kosaka

    共著(国内のみ)

  • Investigation of Acoustic Models for Emotion Recognition Using a Spontaneous Speech Corpus,Proc. of 23nd International Congress on Acoustics,0300,2019年09月

    Tetsuo Kosaka, Yuka Haneda, Daisuke Makabe, Masaharu Kato,

    共著(国内のみ)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 進化するヒトと機械の音声コミュニケーション,(株)エヌ・ティー・エス,2015年09月

    小坂哲夫 他

  • Acoustics, Speech and Human-Machine Communication (Shuichi ITAHASHI et al. ed.) Chapter 2.3, No. 20.,AOSOSHA Publishing company,2013年12月

    Tetsuo Kosaka et al.

  • E-Activity and Intelligent Web Construction: Effects of Social Design, Chapter16,IGI Global,2011年05月

    Tetsuo Kosaka, Takashi Kusama, Masaharu Kato, Masaki Kohda

  • 電子情報通信学会知識ベース,電子情報通信学会,2011年01月

    原島博編

  • Speech Recognition,I-Tech Education and Publishing,2008年11月

    France Mihelic and Janez Zibert (Ed)

全件表示 >>

工業所有権 【 表示 / 非表示

  • 特許,Speech recognition method and apparatus for use therein,共著

    登録番号( USP5751898 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,Method and apparatus for processing speech,共著

    登録番号( USP5715363 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,Method and apparatus for detecting words in input speech data,共著

    登録番号( USP5369728 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,Speech synthesis apparatus and method,共著

    登録番号( USP5220629 ) ,アメリカ合衆国

  • 特許,Encoding method for syllables,共著

    登録番号( USP5208863 ) ,アメリカ合衆国

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 令和元年度山形大学研究推進報奨,2020年02月26日,日本国,山形大学,小坂哲夫

  • IEEE GCCE2017 Outstanding Demo Award,2017年10月26日,アメリカ合衆国,The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc,Takeru Koseki, Tetsuo Kosaka

  • 電子情報通信学会 情報・システムソサイエティ査読功労賞,2017年06月,日本国,電子情報通信学会,小坂哲夫

  • 平成28年度山形大学研究推進報奨,2017年03月29日,日本国,山形大学,小坂哲夫

  • 平成25年度山形大学研究推進報奨,2014年03月28日,日本国,山形大学,小坂哲夫

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2019年04月 ~ 2022年03月,高精度な感情音声認識技術を用いた音声からの感情推定の研究

    知覚情報処理関連

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,ディープラーニングに基づく音声認識の音響モデル適応の研究

  • 基盤研究(C),2016年04月 ~ 2019年03月,ディープラーニングに基づく音声認識の音響モデル適応の研究

  • 基盤研究(C),2013年04月 ~ 2016年03月,大規模コーパスを利用した音声・音響信号の自動分類と音声認識への応用

    音声コーパスの拡大および計算機の性能向上による演算スピートの増加により,高精度な音声認識が可能となりつつある.しかし音声や音響信号には多様性があり,常に良好に認識できるわけではない.話者による性能劣化,雑音や残響などの影響など,多くの問題点が残されている.本研究ではクラスタリング技術を用い,音声・音響信号の多様性による音声認識の性能劣化の問題に取り組む.信号の特徴を利用して自動分類により性質の類似した信号をクラス別にまとめ,クラスごとモデルを構築し認識に利用する.

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,高精度な話し言葉認識技術の開発

    講演や会議音声など,話し言葉音声の認識の高精度化を目指す.この目的に対し,1)音響・言語モデルの高精度化,2)話者インデキシング,3)システム統合の3点の課題について重点的に取り組む.

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会春季学術発表会,国内会議,2021年03月,オンライン,周波数サブビンによるスペクトル高分解能化の基礎検討,口頭発表(一般)

  • 電気学会光・量子デバイス研究会,国内会議,2021年03月,オンライン,サブビン周波数構造を用いたスペクトル高分解能化の基礎検討,口頭発表(一般)

  • 日本音響学会春季講演論文集,国内会議,2021年03月,オンライン,敵対的生成ネットワークを用いた歌声変換の各種検討,ポスター発表

  • 情報処理学会東北支部研究会,国内会議,2021年03月,オンライン,歌声音声合成におけるブレス挿入の検討,口頭発表(一般)

  • 東北地区音響学研究会,国内会議,2020年11月,ユーザの非言語情報を併用したマルチモーダル対話システムの開発とその評価,口頭発表(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 音声情報処理の応用に関する研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,受託研究,共同研究

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本音響学会,編集委員会委員,2007年06月 ~ 2013年05月

  • 電子情報通信学会,論文査読委員,1995年01月 ~ 継続中

  • 日本音響学会,論文査読委員,1997年01月 ~ 継続中

  • W3C Voice Browser Working Group,Member,1999年03月 ~ 2002年08月

  • 情報処理学会,音声言語情報処理研究運営委員会 委員,2009年04月 ~ 2011年03月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • サイエンスパートナープログラム講師,2009年05月 ~ 2009年10月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示

  • 音声認識などの音声情報処理

  • 機械学習の応用