基本情報

写真a

小池 邦博

KOIKE Kunihiro


職名

准教授

生年

1967年

ホームページ

http://i-physics.yz.yamagata-u.ac.jp/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • ナノテク・材料 / 金属材料物性

  • ナノテク・材料 / 構造材料、機能材料

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電気電子材料工学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 長岡工業高等専門学校  工学部  機械科

    1987年03月,卒業

  • 山形大学  工学部  機械工学科

    1990年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 山形大学  工学研究科  機械工学

    修士課程,1992年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学),山形大学,2005年09月

  • 工学修士,山形大学,1992年03月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本磁気学会

  • 日本金属学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  •  現在,将来に渡って豊かな社会を持続させるための基本技術のシーズ発掘やニーズへの対応を目指し,学内外での共同研究に積極的に取り組んでいます.

    ①強磁性ナノコンポジット磁石薄膜の創製
    ②希土類/Nd-Fe-B薄膜における高保磁力の発現とそのメカニズムの解明
    ③強磁性ホイスラー合金薄膜の磁気抵抗効果

     何れの研究テーマも物質の結晶粒子サイズ,形状,界面などのナノ構造を制御することによって磁気特性や電気伝導特性を飛躍的に改善することを目指しています..
     今後は学内外のみならず民間企業の研究者とのプロジェクト研究による共同研究を進め,ナノ構造制御をより精密化し,地球環境問題への対応も念頭においた機能性材料の開発をテーマとした研究に積極的に取り組みたいと考えています.

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • Sm-Fe系磁石膜の局所磁気異方性と保磁力発現,2017年03月 ~ 継続中

    希土類磁石,磁石膜,局所磁気異方性,保磁力

  • ナノコンポジットマテリアルの微細構造と磁性,2006年04月 ~ 継続中

  • 希土類/Nd-Fe-B薄膜における高保磁力の発現とメカニズムの解明,2006年10月 ~ 継続中

    保磁力,Nd-Fe-B,希土類,界面

  • ホイスラー形状記憶合金膜の磁性と電気伝導特性,2003年03月 ~ 2008年03月

    ホイスラー合金,磁気抵抗効果,マルテンサイト変態

  • 強磁性合金/貴金属積層膜の磁気異方性,2004年03月 ~ 2011年03月

    希土類, 強磁性合金, 貴金属, 積層膜, 磁気異方性

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Rare-earth moment reduction and local magnetic anisotropy in Pr2Fe14B and Tm2Fe14B,Journal of Magnetism and Magnetic Materials,545 168684-1-168684-9,2022年03月

    H. Sato, Yoshioka, H. Tsuchiura, Y. Mizuno, K. Koike, K. Takahashi, and H. Kato

    共著(国内のみ)

  • Reduction of Nd moments and local magnetic anisotropy in Nd2Fe14B single crystals,AIP Advances,11 ,2021年02月

    H. Sato, Y. Kubo, T. Yoshioka, H. Tsuchiura, Y. Mizuno, K. Koike, K. Takahashi, and H. Kato

    共著(国内のみ)

  • Effect of Mo monoatomic interlayer on magnetic properties of in-plane anisotropic Nd-Fe-B/Mo/FeCo nanocomposite multilayered films,AIP Advances,11 015134-1-015134-5,2021年01月

    K. Koike, K. Ohashi, T. Suzuki, C. Okita, N. Inaba, H. Kato, M. Itakura, S. Hara, Y. Saito, S. Okubo, and H. Ohta

    共著(国内のみ)

  • マイケルソン光干渉法による磁歪測定装置の作製,日本磁気学会誌,3(1)  ,2019年05月

    佐藤睦規, 吉田悠人, 鈴木貴彦, 高橋豊, 小池邦博, 稲葉信幸

    共著(国内のみ)

  • MEMS Magnetic Sensor with Bridge-Type Resonator and Magnetostrictive Thin Film,Electronics and Communications in Japan,101(3) 90-95,2018年02月

    N. Okada, T. Sasabuchi, K. Koike, and T. Mineta

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 次世代永久磁石の開発最前線,(株)エヌ・ティー・エス,2019年02月

    加藤宏朗, 小池邦博

  • 磁性材料・部品の最新開発事例と応用技術,技術情報協会,2018年03月

    小池邦博, 加藤宏朗

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • 薄膜プロセスによるNd2Fe14Bの界面修飾と磁気特性,日本磁気学会,日本磁気学会誌 まぐね,11(6) 333-343,2016年12月

    小池邦博,小川大介,加藤宏朗

  • Nd2Fe14B/α-Feナノコンポジット薄膜磁石の界面と交換結合,日本磁気学会,日本磁気学会誌 まぐね,13(1) 19-27,2018年02月

    小池邦博,小川大介,加藤宏朗

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会・第33回優秀ポスター賞,2019年09月12日,日本国,日本金属学会,古賀 詩悠、板倉 賢、西田 稔、赤嶺大志、村上 恭和、小池邦博、加 藤宏朗

  • 日本金属学会・第30回優秀ポスター賞,2018年03月19日,日本国,日本金属学会,大橋一輝,鈴木拓哉、小池邦博,稲葉信幸,加藤宏朗,近藤政孝,板倉 賢,西田 稔

  • 日本金属学会・第28回優秀ポスター賞,2017年03月16日,日本国,日本金属学会,近藤政孝, 板倉 賢, 西田 稔, 小池邦博, 加藤宏朗, 小林奎大

  • 日本顕微鏡学会 九州支部会議・学術講演会優秀発表賞,2016年12月03日,日本国,日本顕微鏡学会九州支部・学術講演会,近藤政孝, 赤嶺大志, 板倉 賢, 西田 稔, 小池邦博, 加藤宏朗

  • 第68回応用物理学会東北支部学術講演会(2013) 講演奨励賞,2013年12月05日,日本国,応用物理学会東北支部,石川裕也, 小池邦博, 小川大介, 宮崎孝道, 安藤康夫, 加藤宏朗

全件表示 >>

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2020年04月 ~ 2024年03月,Sm-Fe系化合物における局所磁気異方性の回復による高保磁力の発現

    金属材料物性関連

  • 基盤研究(B),2020年04月 ~ 2023年03月,超顕微解析に基づく積層型ナノコンポジット膜磁石の配向界面制御

  • 基盤研究(B),2016年04月 ~ 2019年03月,界面制御された積層型ナノコンポジットモデル磁石膜の開発

  • 基盤研究(C),2010年04月 ~ 2013年03月,省レアメタルを可能とするHRE理想界面を持ったナノマグネットモデル薄膜の創成

    高性能モーター用希土類永久磁石では,DyやTbなどの重希土類元素(HRE)を大量に消費するため,資源枯渇問題へと繋がる恐れが高い.よって,HREを極力使用せずに高い耐熱性を持つ高保磁力希土類焼結磁石の開発が急務である. 本申請課題では高保磁力化の指導指針を獲得するために,HRE粒界拡散型Nd-Fe-B焼結磁石の粒界・界面と粒子サイズに着目し,UHV薄膜プロセスを用いて単磁区サイズ以下の主相粒子とHREを含む粒界相との理想界面を持ったナノマグネットモデル膜を創成して保磁力 メカニズムの解明を目指す.

  • 基盤研究(B),2015年04月 ~ 2018年03月,液中での近接デリバリを可能にする磁歪駆動型デュアルAFMプローブの開発

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • H25年度山形大学-東海理化株式会社 公募共同研究,2013年04月 ~ 2016年03月,高エネルギー積を実現するフェライト系ナノコンポジットマグネットモデルの創製

    レアメタルを使用しないで低コストで高いエネルギー積(BH)maxを有する永久磁石材料を含む磁気センサー用プラマグの開発

    東海理化株式会社

  • 科学技術研究助成金,2013年03月 ~ 2014年04月,理想界面をもつナノコンポジットモデル薄膜の創製

    公益財団法人スズキ財団

共同研究実施実績 【 表示 / 非表示

  • テラヘルツESRによるNd2Fe14B/Mo/Fe系ナノコンポジット膜の交換結合状態の研究,2017年06月 ~ 継続中,神戸大学,国内共同研究

  • 薄膜プロセスで制御した理想界面による保磁力向上の研究 ,2007年10月 ~ 継続中,東北大学,国内共同研究

  • 薄膜プロセスによる界面制御されたナノコンポジット磁石膜の創成,2006年03月 ~ 継続中,国内共同研究

  • 強磁場プロセスによる高保磁力希土類永久磁石材料の開発,2007年04月 ~ 継続中,東北大学金属材料研究所強磁場超伝導材料研究センター,国内共同研究

  • リモート駆動型マクロプローブ・アクチュエータの開発,2014年09月 ~ 2017年03月,国内共同研究

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 第169回日本金属学会 2021年秋期大会,国内会議,2021年09月,オンライン,3Dシードを導入した異方性Nd-Fe-B薄膜の微細構造解析,ポスター発表

  • 第169回日本金属学会 2021年秋期大会,国内会議,2021年09月,オンライン,3Dシードを導入したNd-Fe-B/Mo/α–Fe積層膜の磁気特性,口頭発表(一般)

  • 日本磁気会第45回学術講演会,国内会議,2021年08月 ~ 2021年09月,オンライン,改良型2ステップ法によって作製されたNd-Fe-B膜の磁気特性,口頭発表(一般)

  • The 2021 Around-the-Clock Around-the-Globe Magnetics Conference,国際会議,2021年08月,online virtual conference,Systematic Difference in the Local Magnetic Anisotropy of Rare-Earth (R) on Inequivalent Sites in R2Fe14B Systems,ポスター発表

  • 第168回日本金属学会 2021年春期大会,国内会議,2021年03月,オンライン,MgO(001)/Mo上に形成されたSmFe12薄膜の磁気特性,ポスター発表

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

全件表示 >>

 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本磁気学会,編集論文委員会 幹事,2013年06月 ~ 継続中

  • 日本磁気学会,R1年度論文賞・学術奨励賞および出版賞選考委員,2019年06月 ~ 2020年03月

  • IEEE INTERMAG2020 ProCom,IEEE INTERMAG2020 ProCom,2019年10月 ~ 2020年10月

  • 日本磁気学会,R2年度論文賞・学術奨励賞および出版賞選考委員,2020年06月 ~ 2021年03月

  • 日本学術振興会,JSPS R3年度基盤研究(S)評価協力者,2021年05月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 【米沢興譲館高等学校】探究活動発表会審査員,2019年11月 ~ 2021年05月

  • R&D支援センター セミナー「磁性材料の基礎入門」,2020年01月

  • 2019年 科学フェスティバル in 山形大学工学部,2019年07月

  • 地域企業と大学の連携による事業創出のための技術講座,2018年12月

    米沢産業育成事業(技術講座)を活用の上,研究分野・技術の説明回を実施して地域企業の課題解決による事業化支援につなげる

  • 2017年 科学フェスティバル in 山形大学工学部,2017年07月

全件表示 >>

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示