基本情報

写真a

神谷 淳

KAMITANI Atsushi


職名

教授

生年

1960年

ホームページ

http://emperor.yz.yamagata-u.ac.jp/~e1/

部局ホームページ

https://infoele.yz.yamagata-u.ac.jp/laboratory/information-intellect/labo-011/

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 情報通信 / 計算科学

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 電力工学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学部  物理工学科

    1983年03月,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • 東京大学  工学研究科  物理工学専攻

    修士課程,1985年03月,修了

  • 東京大学  工学研究科  物理工学専攻

    博士課程,1988年03月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士,東京大学,1988年03月

  • 工学修士,東京大学,1985年03月

  • 工学学士,東京大学,1983年03月

学外略歴 【 表示 / 非表示

  • 三菱電機株式会社,研究員,1988年04月 ~ 1990年03月

  • ウェッセックス工科大学,客員研究員,1996年03月 ~ 1996年09月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本物理学会

  • 低温工学・超電導学会

  • 日本応用数理学会

  • 日本計算数理工学会

  • 電気学会『実用設計のための電磁界数値解析新技術調査専門委員会』

全件表示 >>

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • (1)境界要素法,有限要素法の数理 
    (2)メッシュレスFEM,メッシュレスBEMの数理 
    (3)Multigrid法の数理 
    (4)クリロフ部分空間法の数理 
    (5)3Dオブジェクトの陰関数表現の数理
    (6)高温超伝導体の電磁界シミュレーション 
    (7)強制冷却式超伝導マグネットの過渡的安定性解析 
    (8)プラズマの電磁流体力学的平衡及び安定性解析
    (9)完全メッシュレス法の開発

研究経歴 【 表示 / 非表示

  • トロイダル・プラズマのMHD安定性,1983年04月 ~ 継続中

    トロイダル・プラズマ,電磁流体力学

  • 自動要素分割法の開発,1993年04月 ~ 継続中

    有限要素法,境界要素法

  • 超電導体中の遮蔽電流密度解析,1994年04月 ~ 継続中

    磁気シールド,超電導体

  • 大型連立1次方程式の高速数値解法,1999年04月 ~ 継続中

    共役勾配法,Lanczos原理,Arnoldi原理

  • メッシュレス法の数理,2002年04月 ~ 継続中

    有限要素法,Galerkin法

全件表示 >>

論文 【 表示 / 非表示

  • Numerical investigations on nondestructive and contactless method for measuring critical current density by permanent magnet method,Physica C,445 417-448,2006年08月

    A. Kamitani, T. Takayama, A. Saitoh, S. Ikuno

    共著(海外含む)

  • High Performance Method for Calculating Shielding Current Density in HTS Plate -Application of Adaptively Deaccelerated Newton Method-,IEICE Trans. Electron.,E87-C(1) 101-108,2004年01月

    A. Kamitani, S. Ikuno, T. Yokono

    共著(海外含む)

  • Magnetic Shielding Analysis of Axisymmetric HTS Plates in Mixed State,IEICE Trans. Electron.,E82-C(5) 766-773,1999年05月

    A. Kamitani, S. Ohshima

    共著(海外含む)

  • Spectral Analysis of Magnetic Fields Generated by Shielding Current Density in HTS,IEEE Trans. Magn. ,39(3) 1511-1514,2003年05月

    A. Kamitani, K. Hasegawa, T. Yokono

    共著(海外含む)

  • Stability analysis of a forced-flow cooled superconducting coil: numerical simulation of multiple stability,Cryogenics,31 110-118,1991年01月

    A.Kamitani, T.Amano, S.Sekiya, A.Ohara

    共著(海外含む)

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 理工系のための微分積分学,近代科学社Digital,近代科学社 (発売),2020年06月

    神谷, 淳, 生野, 壮一郎, 仲田, 晋, 宮崎, 佳典

  • 解く!微分積分,講談社サイエンティフィク,2006年10月

    神谷淳,生野壮一郎,仲田晋,宮崎佳典

  • 応用数学ハンドブック,丸善,2005年03月

    藤原毅夫,平尾公彦,久田俊明,広瀬啓吉編

  • パワーアップ・ベクトル解析,共立出版,1997年04月

    神谷 淳

  • 理工系のための Fortran77 入門,近代科学社,1992年04月

    中津山幹男,岩月正見,樋口喜啓,横山孝男,大友照彦,渡辺富夫,高橋良雄,神谷淳,神長裕明

総説・解説記事 【 表示 / 非表示

  • ベクトル解析ー空間を使いこなすー,サイエンス社,数理科学,(527) ,2007年04月

    神谷 淳

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,高温超伝導体の応用機器設計へ向けた高性能遮蔽電流密度解析技術の実用化研究

    電力工学関連

  • 基盤研究(C),2014年04月 ~ 2017年03月,形状関数の数理構造を用いた3次元完全メッシュレス法の高性能化

    内容省略

  • 基盤研究(C),2012年04月 ~ 2014年03月,高温超伝導体の実規模電磁界解析に関する高性能数値解析技術の開発

    内容省略

  • 基盤研究(B),2010年04月 ~ 2012年03月,有限節点法,境界節点法の完全メッシュレス化とその工学的応用

    内容省略

  • 基盤研究(C),2009年04月 ~ 2012年03月,高温超伝導体の応用機器設計を前提とした高精度・高速電磁界解析技術の開発

    内容省略

全件表示 >>

その他競争的資金獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 東電記念科学技術研究所海外渡航援助,1998年04月 ~ 1999年03月,Magnetic Shielding Analysis of Axisymmetric HTS Plate by Flux Flow Creep Model

    詳細省略

    民間財団等

  • 井上科学振興財団海外渡航援助,1995年04月 ~ 1996年03月,Magnetic Shielding Effects of High-Tc Superconducting Plates -Application of Low-Permeability Model and Bean Model-

    詳細省略

    民間財団等

  • 矢崎科学技術振興記念財団海外渡航援助,1995年04月 ~ 1996年03月,MHD Stability of Tight-Aspect-Ratio Toroidal Plasma -Transition of Spheromak to Tokamak-

    詳細省略

    民間財団等

  • 小笠原科学技術振興財団海外渡航援助,1995年04月 ~ 1996年03月,核融合プラズマの電磁流体力学的平衡と安定性に関する数値的研究

    詳細省略

    民間財団等

  • CSK科学技術助成金,1993年04月 ~ 1994年03月,任意形状領域の自動要素分割法の開発

    詳細省略

    民間財団等

全件表示 >>

研究発表 【 表示 / 非表示

  • 【非線形問題の解法と可視化に関する研究会】 2019 年度第2 回研究会,国内会議,2020年01月,核融合科学研究所,遺伝的アルゴリズムによる電磁石中の電流分布の最適化:超伝導リニア加速システムへの応用,口頭発表(一般)

  • 【非線形問題の解法と可視化に関する研究会】 2019 年度第2 回研究会,国内会議,2020年01月,核融合科学研究所,超伝導リニア加速システムの数値シミュレーション:ペレット入射速度の高速化,口頭発表(一般)

  • The 38th JSST Annual International Conference on Simulation Technology (JSST2019),国際会議,2019年11月,ニューウェルシティ宮崎,Numerical Simulation of Superconducting Linear Acceleration System by Using Equivalent-Circuit Model: Improvement of Acceleration Performance,口頭発表(一般)

  • The 38th JSST Annual International Conference on Simulation Technology (JSST2019),国際会議,2019年11月,ニューウェルシティ宮崎,FEM-Simulation of Superconducting Linear Acceleration System for Pellet Injection,口頭発表(一般)

  • The 38th JSST Annual International Conference on Simulation Technology (JSST2019),国際会議,2019年11月,ニューウェルシティ宮崎,Volumetric 3D Reconstruction Based on Tomographic Image Data: Acceleration by Global ICCG Method,口頭発表(一般)

全件表示 >>

共同研究希望テーマ 【 表示 / 非表示

  • 電磁界解析,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,技術相談

  • 3次元オブジェクトの陰関数表現に関する基礎・応用研究,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

  • メッシュレス新手法の開発と工学的応用,産学連携、民間を含む他機関等との共同研究等を希望する,共同研究

 
 

学会・委員会等活動 【 表示 / 非表示

  • 日本計算数理工学会,評議員,1998年05月 ~ 継続中

  • 電気学会『実用設計のための電磁界数値解析新技術調査専門委員会』,委員,1999年06月 ~ 2002年03月

  • 日本応用数理学会,Member of Local Organizing Committee of IUTAM Symposium on Dynamics of Advanced Materials and Smart Structures ,2002年01月 ~ 2002年05月

  • 電気学会『高速大規模電磁界数値解析技術調査調査専門委員会』,委員,2002年04月 ~ 2005年03月

  • 電気学会,「静止器・回転機合同研究会」実行委員会委員長,2004年07月

全件表示 >>

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 山形大学工学部主催公開講座,2005年09月

    「手取り足取り教えます −インターネットのイロハ−」という題材の公開講座を企画立案し,実施した.

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示