基本情報

写真a

アーウィン マーク

Mark IRWIN


職名

教授

生年

1967年

研究室電話

023 628-4784

研究室FAX

023 628-4784

ホームページ

http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~irwin/site/Home.html

研究分野 【 表示 / 非表示

  • 人文・社会 / 言語学

  • 人文・社会 / 日本語学

出身大学 【 表示 / 非表示

  • Cambridge University  現代言語・中世言語学部

    1989年07月,卒業

  • Cambridge University  Modern & Mediaeval Languages

    1993年07月,卒業

  • Sheffield University  East Asian Studies

    2006年,卒業

出身大学院 【 表示 / 非表示

  • Sheffield University  東アジア学部

    博士課程,2006年05月,修了

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士号 (PhD),シェフィールド大学,2006年05月

  • 修士号 (MA),シェフィールド大学,2001年07月

  • 修士号 (MA),ケンブリッジ大学,1993年05月

  • 学士 (BA),ケンブリッジ大学,1989年07月

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本言語学会

 

研究テーマ 【 表示 / 非表示

  • 社会言語学
    歴史言語学・日本語音韻史

論文 【 表示 / 非表示

  • Japanese Apophonic Compounds,Journal of East Asian Linguistics,37(37) 25-67,2021年04月

    Laurence Labrune and Mark Irwin

    共著(海外含む)

  • The Productivity of Apophony in Japanese: An Experimental Approach ,Graduate School of Social & Cultural Systems at Yamagata University,17 41-52,2020年09月

    Mark Irwin & Laurence Labrune

    共著(海外含む)

  • Apophony, Prosodic Size and Initial Mora Integrity,音韻研究,22 3-10,2020年03月

    Laurence Labrune & Mark Irwin

    共著(海外含む)

  • Rendaku Awareness of Japanese Language Learners in Taiwan: Students at Ming Chuan University,Sequential Voicing in Japanese,57-77,2016年06月

    Nakazawa, Nobuyuki; Vance, Timothy; Irwin, Mark; Lyddon, Paul

    共著(海外含む)

  • Rosen's Rule,Sequential Voicing in Japanese,2016年06月

    Mark Irwin

    単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • Japanese Linguistics,朝倉書店,2019年05月

    Mark Irwin

  • Sequential Voicing in Japanese,John Benjamins,2016年06月

    Timothy Vance

  • Loanwords in Japanese,John Benjamins,2011年05月

    Mark Irwin

  • Mora Obstruent Allomorphy in Sino-Japanese Morphemes,VDM Verlag,2009年04月

    Mark Irwin

  • English For Law,三修社,2006年02月

    Mark IRWIN

科研費(文科省・学振)獲得実績 【 表示 / 非表示

  • 基盤研究(B),2019年04月 ~ 2021年03月,多言語による日本語学用語辞典および日琉諸語の用例に対するグロス規範の作成

  • 基盤研究(C),2018年04月 ~ 2021年03月,Redundancy in Japanese Compounds: the Apophony-Rendaku Interface

    日本語学関連

 
 

社会貢献活動 【 表示 / 非表示

  • 「英語の発音と外来語の功罪」(福島市立西高等学校、「一日大学」講座),2008年06月

相談に応じられる分野 【 表示 / 非表示